【ドローン】Parrot(パロット) Jumping SUMOで遊んでみる

スポンサーリンク

去年12月に韓国友人の結婚式で韓国に行った時、子供のプレゼントとしてもらったParrot Jumping Sumoが放置されていたので遊んでみます。

DSC_1251

これ、空を飛べないのに結構なお値段します。

パロット ジャンピング SUMOを見てみる

全体的な作りはプラでオモチャ感がします。

電源ボタンを押すと目が光って「ピョロピョロ」とロボットのペットのようなR2D2(スターウォーズ)のような音を発します。

で抑えたり掴んだりすると目を緑とか赤に点滅させて「ググググ」と音を発する。

なかなかカワイイ♥

DSC_1269

充電はUSBケーブルでMicroUSBプラグ(最近のスマホと同じ)で接続しますが、プラグの接触が悪く押し込まないとちゃんと充電されない。

動かすと接触が悪くなって充電されない・・・

満充電になると緑に光ります。

あと、バッテリーがある程度充電されていないとジャンプできなくなります。

専用アプリFreeFlight 3を入れる

Playストアで「Parrot」と検索すればでてきます。

FreeFlight 3というアプリです。

FreeFlight 3を起動

Screenshot_2016-02-13-06-22-53

最初の画面。「DRONE ACADEMY」を押してParrot Jumping Sumoを操作する画面に移動します。

Screenshot_2016-02-13-06-23-04

この画面が初期状態だと思う。Parrot Jumping Sumoと接続すると操作画面に変わる。

専用アプリがすぐ落ちる

放置された理由として専用アプリがすぐに落ちるのが原因(子供のスマホではアプリが起動しなくなった!)

自分のスマホXperia C5 Ultraでも専用アプリを入れてParrot ジャンピング SUMOで遊んでいると、いいところで落ちる。

Screenshot_2016-02-05-17-10-04

アララ・・・こりゃ興ざめするワ(T_T)

Parrot Jumping Sumoと接続

Screenshot_2016-02-05-17-06-27

Parrot Jumping SumoとはWi-fiで接続します。

特にカギかかってないのでタップすれば接続されます。

Screenshot_2016-02-13-06-24-53

アプリのFreeFlight 3を起動するとJumping Sumoの登録をする画面になります。

Screenshot_2016-02-13-06-25-55

登録したら遊んでみましょう。

Parrot Jumping Sumoを操作して遊んでみる

ものすごい速さで動きます!

Screenshot_2016-02-05-17-08-09

子供のころのトロいRCラジコンとは違ってすごく機敏(本体がすごく軽いからだと思います。)

Screenshot_2016-02-05-17-07-55

かなり機敏で操作もプログラム化されたスピンとかウェーブとかボタン一発で発動します。

Screenshot_2016-02-05-17-08-20

バッタのようにジャンプもしてなかなか楽しめる。

カメラもビデオもあってマイクで話せる。

ラジコンカーの数倍機敏で高機能なのでこういうの好きな人はたまらないかもしれない。

空撮できるドローンが欲しくなってきた

一通り遊んでみましたけどパロット ジャンピング SUMOの全体的な完成度は低い。軽量化しているので完成度は低いのかもしれません。

ドローンと言われているオモチャはこのくらいの完成度なのでしょうか?

今度は空撮できるドローンが欲しくなりましたが、数十万のドローンでないと完成度低くすぐ飽きる気がしてきました。

ちゃんとしたドローン

こういうのとか、

定番のこういうのとかじゃないとやっぱりオモチャという気がしちゃうかもしれない。

安いオモチャのドローン

LiDi RC L6F / RC126 5.8GHz FPV HD 2 Mega Pixel CAM 2.4G 4CH 6 Axis Gyro Hexacopter 3D Rollover

こういうの、89.99ドルで売ってます。

ドローンはどこで飛ばす?

というより空を飛ぶドローンはどこで飛ばしたら良いのか?多摩川の土手とかのだだっ広いところで飛ばさないと都会ではすごく危険な気がします。

子供の頃の凧揚げのようにウチの前では飛ばせないので『学校の校庭で飛ばすか多摩川の土手行って飛ばしなさい』と親では無く、今度は警察とかに言われそう。

今住んでいるのは田舎のマンションなので怒られないで飛ばせそうかな?部屋から裏山まで飛ばせたら楽しそうです。

今は免許がないけど将来はドローン飛ばすのに資格・免許が必要になってくると思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。