タブレットを急速充電できる充電器とケーブルの組み合わせを検証する

スポンサーリンク

9.7インチの中華タブレットX98 Plusが来たので適当に使っていて電源管理をしないとウチで使っていてもバッテリー切れになることがあって、

ちょっと困ったのでどの充電器(USBアダプター)とUSBケーブルが急速充電できるのか試してみました。

DSC_0050

急速充電できるものとできないもの

現在うちには大きな電力を消費するタブレットが最近来たTeclast X98 Plusしかないのでコレで実験します。

スマホやタブレットを充電する機器としてはUSBアダプター(充電器)とUSBケーブルがありますが、この2つの組み合わせによっては急速充電にならない場合があります。

USBは電圧5Vと決まっていて、違いは電流で急速充電かそうでないかを判断できます。

パソコンのUSBを使った場合

USBアダプターを使わないでパソコンからUSBケーブルを接続して充電した場合、

  • USB2.0:最大0.5A
  • USB3.0:最大0.9A
  • USB3.1:最大1A(Type-C)

USB3.0に接続すればある程度速く充電できそうですが、タブレットなど画面が大きい端末ですと消費電力が大きいため充電しながらでも使用するとバッテリーは減っていくことになりそうです。

現状ではタブレットをパソコンで充電する場合は最大で1Aしか出ないので急速充電できるとは言えないと思います。

スマートフォンの場合は急速充電用のUSBケーブルを使って1A出れば急速充電充電できます。ただより速く充電したい場合はやはり1A以上でる充電器から充電したほうが速く充電完了します。

USBケーブルは2種類ある

USBケーブルには、パソコンと通信できるUSBケーブルと充電のみができるUSBケーブルがあります。

  • 通信用USBケーブル:パソコンと通信できて充電もできる。急速充電できるケーブルもある。通常のスマホに付いていたケーブルは急速充電できない物が多い。
  • 充電用USBケーブル:通信できないが、急速充電できるケーブルもある。急速充電できないケーブルもあるので注意!

USBアダプターを使った場合

やはりコンセントからUSBアダプターを介して充電したほうが速く充電完了できます。

  • 1A以上出る急速充電用USBアダプター:3Aまで出るUSBアダプターもある
  • 1A以上流れるUSBケーブル:急速充電用は2.4Aまで流れるケーブル

最大3Aまで電流が流れるUSBケーブル

スマートフォン・タブレットに接続するUSB端子の形状は、現在はほとんどMicroUSB(Micro-B)コネクタになっています。(最近はNexus 6P,Nexus 5XなどUSB3.1規格のType-Cコネクタも出てきました。)

2.4Aまで出力するUSBケーブルアダプター

このようなUSBケーブルとUSBアダプターを使うと急速充電できます。

また、大容量の電流が流れるとスマートフォンを壊してしまう恐れもありますが、最近のスマホ・タブレットは大電流を遮断するシステムがのであまり心配ないと思います。

電流測定実験開始

それでは、自宅にあるアダプターを使って実際にどのくらいの電流が流れるか実験してみます。

各種充電器をコンセントに刺してケーブルはNexus6に付いていた大容量流れるUSBケーブルを使います。

充電される側は、9.7インチの中華タブレットTeclast X98 Plus(以下、中華パッドと呼びます。)を使います。

【9.7インチ中華パッド】Teclast X98 Plus Windows10+Android 5.1 開封・レビュー
GearBest担当者の手違いで到着が遅くなった、中華パッドTeclast X98 Plusが届いたので早速開封してみます。

Teclast X98 Plusについてはこちらでレビューしました。

Nexus 6 充電器

充電器に「ターボ電源」と書いてあります。

  • 標準出力:5V,1.6A
  • ターボ1出力:9V,1.6A
  • ターボ2出力:12V,1.2A

ターボ1と2は何に使うのか?分かりません。もしかしたら他の12V対応のタブレットとかに使用するのかもしれません。

DSC_0032

  • 最大電流:1.6A
  • 電流実測値:約1.88A

1.8Aでれば急速充電できてると言えそう。

Teclast X98 Plus 充電器

今度は中華パッド純正のUSBアダプターを使ってみます。

こちら、日本でも使えるコンセントの形状で100V対応していますので日本で普通に使えます。

中華パッドは中国のコンセントの場合もあるのでプラグ変換しないと使えない場合もあるので気をつけましょう。

DSC_0019

  • 最大電流:2.5A
  • 電流実測値:約1.64A

Nexus 6用の充電器より少ない数値です。

この充電器が一番高出力だと思いましたがそうでもなさそう。(中華アダプターだからか?)

Sony製 デジカメ(多分)充電器

Sonyのサイバーショットに付いていたUSBアダプターだと思いますが詳細不明です。

DSC_0031

  • 最大電流:1.5A
  • 電流実測値:約1.63A

なかなか健闘してます。

Apple iPad用(多分) 充電器

Amazon.co.jpでApple iPad純正のUSBアダプターと書いてあったので買いましたが本当かどうかは不明です。

ただ、Apple純正のUSBアダプターの重量感と質感なので多分純正だとは思います。

DSC_0022

  • 最大電流:2.1A
  • 電流実測値:約1.41A

1.5A以上でてほしかった。

BUFFALO BSIPA19 充電器

USBが2口付いていて合計3Aまで電流が流れるUSBアダプターです。

合計で3Aなので1つでどのくらい出るのか試してみます。

DSC_0028

  • 最大電流:合計3.0A
  • 電流実測値:約1.33A

どうやら片方のUSBにつき最大1.5Aしか出ないようです。

NTTドコモ HW01 充電器

どのスマホ・携帯電話に付いていたUSBアダプターか分かりませんが家にあったのでテストしてみます。

DSC_0015

  • 最大電流:1.0A
  • 電流実測値:約1.16A

急速充電用のUSBアダプターでは無いので健闘してるほうかと思う。

電流の流れないUSBケーブルを使うと

スマホや携帯電話のオマケなどで付いているUSBケーブルはもしかしたら電流があまり流れないタイプで急速充電できないですね。

たいていは出力電流が最大1Aになっているようです。

DSC_0037

Teclast X98 Plus USBアダプターになにかのスマホに付いていたUSBケーブルを挿すと0.95Aしか出ませんでした。

急速充電用のUSBケーブルを使うと1.64A出ていたので、なかなか充電できない原因はUSBはケーブルにあるという可能性が高いのかもしれません。

どの充電器が効率よく急速充電できるか

このような結果になりました。

中華パッド純正のUSBアダプターは2.5A出るはずなのにそんなには出ないようです。

逆にNexus6のUSBアダプターは健闘して、書いてある数値以上の1.88Aも出ました。

 USBアダプター(充電器) 電流(最大) 実測電流
Nexus 6 1.6A  1.88A
Teclast X98 Plus 2.5A 1.64A
 Sony製 デジカメ 1.5A 1.63A
 Apple iPad 2.1A 1.41A
 BUFFALO BSIPA19 合計3.0A 1.33A
NTTドコモ HW01 1.0A 1.16A
 1AまでのUSBケーブル使用 2.5A 0.95A

これはちょっと見ただけの数値で、本当は1日の平均値とかで計測しないといけないのであくまでも目安ですけど充電器とUSBケーブルの違いによって充電のされ方が全然違うというのが分かりました。

タブレットだとこういうことにも気を使わないといけないのはちょっとキツイです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。