【ulefone】大容量Sony6050mAhバッテリー内蔵★激安スマホ セール中

スポンサーリンク

ミドルシップモデルでバッテリーがSony製の6050mAhを搭載したスマートフォンがGearBestでセール中です。

激安のスマホ欲しくなって調べていたら見つかりました。

ただ、聞いたことのないメーカーで、「ulefone」ウレフォン?なんて読むのだろうか?読み方も分からないメーカー。

ulefoneが特設ページでセール開催中

GearBestでulefoneを売出中なのか?特設ページがありました。

フラッグシップモデルをぶっ潰す年(正確には違うが書けない)という触れ込みでセールを行っています。

Screen Shot 2016-02-16 at 09.25.52

ulefon製品が20ドルから40ドルほど値下げセールしています。

期間は2016/02/22までです。

GearBestでの買い物の仕方をまとめておきました。

海外通販★GearBestでの買い方 送料無料で実際に買ってみて何日で届くか?クーポンもあるヨ
人柱というより・・・GearBestで欲しい物があったので買うだけですが(汗)せっかくなので実際にGearBestで商品を買って送料無料で送...

こちらをみれば、英語ができなくても買い物できると思います。(自分も英語ぜんぜんできません(汗))

ulefone Power という大容量バッテリーモデル

ビデオを見る限りではそこそこの品質レベルには達しているようです。

というより普通にXperiaと同じくらいの出来ではないだろうか?

ただ、実際に手にとって肉眼で見てみないと正直仕上がりは全くわからない。

しかし、バッテリーが大容量なだけあってものすごく分厚く感じます。

コレ、営業マンやスマホを充電できない職場で仕事をしている方なんかはバッテリー持ちが良いと助かりそうで、分厚いけどものすごく需要がありそうな機種です。

ulefone Powerの大容量バッテリーと特徴

大容量バッテリー

特徴は大容量6050mAhのバッテリーですが、それ以外にもハイスペックモデルに迫る性能がありそうです。

バッテリーがデカイ分だけ分厚そうですね。

それにしても普通に使って4日も持つなんて本当デスカ?

中華パッドはすぐにバッテリーがヘタってくるのが特徴なので、Sony製のバッテリーなのである程度は信頼できそう。

バッテリーが長持ちすればスマホも長く使えるようになって中華スマホも2年間使えるくらいのレベルになるのかもしれません。

バッテリーチャージも速そうです。

チャージ時間

  • 5分:2時間使える
  • 30分:1日使える
  • 120分:フルチャージ 4日使える

このようになっていて急速充電できるACアダプターを使っているようですが・・・プラグが日本と合いません(T_T)同梱のアダプター使うには変換コネクターが必要ですね。

カバーや液晶保護フィルムが最初から付いているのも中華スマホの特徴です。

メモリが3GBある

メモリだけ比べたらiPhone 6S Plusよりも高性能と言える、メモリが3GBある。

ただし、ストレージは16GBで少ないけどMicroSD128GBまでさせるので問題はなさそう。

カメラと指紋認証

カメラもSony製でXperia C5 Ultraと同じようなカメラです。

カメラの下にちゃっかり指紋認証付き♪

スマートキー

こちらは詳しくは分かりませんが、クリックでカメラ起動とかホールドしていると録音などのことが起動ボタンでできるようです。

赤外線リモコン付き!

なかなかユニークな特徴として赤外線リモコンが付いていますヨ。

ulefone Powerを使ってエアコンやテレビを操作できちゃうわけです。

ガラパゴス・ケータイの赤外線リモコンと同じで懐かしい気もします。

事務職の方はコレで密かにエアコンの温度調整もできちゃうわけですわ。冬は温度をガンガン上げたり夏なんか、冷えすぎたエコンの温度を密かにあげちゃうこともできますね♪

MicroSIM2枚とMicroSD両方使える仕様にしてほしい

MicroSD使ったらせっかくデュアルで使えるMicroSIMが1個使えなくなるんですけど、これはいただけない。

なんでこういう仕様にしちゃうのだろうか?

ただ、SIMもLTEだと両方同時待ち受けにはできないので実際に日本ではSIM1枚しか使えず問題なさそう。

でもSIM2枚刺さるんだから2枚使いたいのがヲタク心というものです。

機能・スペックを観た限りではハイスペックモデルと同等かも

確かにハイスペックモデルとも機能は劣らないかもしれません。

あとはCPU速度だけクリアすればいけそうです。

ハイスペック・ミドルシップ5.5インチモデル比較

ここでハイスペックモデルのスマホや中華スマホとulefone Powerを比較してみます。

ディスプレイの大きさはみんな同じで5.5インチ、性能が低い順に並べたつもりです。

画像
機種名Ulefone PowerMeizu metalRedmi Note 3Redmi Note 3 ProiPhone6s PlusXperia Z5 Premium (docomo>SO-03H)
メーカーulefone181Meizu132Xiaomi163Xiaomi173Apple51SONY16
キャリアSIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
ドコモ
au
Softbank
SIMフリー
ドコモ
OSAndroid 5.1Android 5.1,FlymeAndroid 5,MIUI7Android 5,MIUI7iOS 9Android 5.1
CPUMediaTek MTK6753 1.3GHz オクタコアMediaTek MTK6795 Helio X10 2.0GHz オクタコアMediaTek MTK6795 Helio X10 2.2GHz オクタコアQualcomm Snapdragon 650 MSM8956 1.8GHz ヘキサコアApple A9 デュアルコア 1.85GHzQualcomm Snapdragon 810 MSM8994 2.0GHz + 1.5GHz (オクタコア)
メモリ3GB2GB2/3GB2/3GB2GB3GB
ストレージ16GB16/32GB16/32GB16/32GB16/64/128GB32GB
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ5.5インチ5.5インチ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)4K(3840x2160)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス3
パネルTFTTFTTFTTFTTFTTFT
画素密度401ppi401ppi401ppi403ppi401ppi801ppi
バッテリー6050mAh3140mAh4000mAh4000mAh2750mAh3430mAh
フロント カメラ500万画素500万画素500万画素500万画素500万画素510万画素
リア カメラ1300万画素1300万画素1300万画素1600万画素1200万画素2300万画素
重量202g162g164g164g192g181g
サイズ 縦x横x奥行152x76x9.5mm150.7x75.3x8.2mm150x76x8.7mm150x76x8.7mm158.2x77.9x7.3mm154×76×7.8mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)-MicroSD(最大128GB)-MicroSD(最大200GB)
BluetoothV4.0V4.1+LEV4.1+LEV4.0V4.2V4.1
NFC
GPS
WiFiIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/nIEEE802.11 b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/n/ac 2x2(MIMO)IEEE802.11 a/b/g/n/ac
生体認証指紋-指紋指紋指紋指紋
防水機能-----IPX5/8相当
防塵性能-----IP6X相当
充電MicroUSBMicroUSBMicroUSBMicroUSBLightningMicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)Dual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(MicroSIM2枚)Dual(MicroSIM2枚)NanoSIMNanoSIM
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)
MHz(BAND)
900(8),2100(1)850(5,26),900(8),2100(1)
4G(LTE)
MHz(BAND)
800(19,20),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)1800(3),2100(1),2600(7)
価格98800円~122800円約95000円
価格調査Ulefone Power
価格調査
Redmi Note 3
価格調査
iPhone6s Plus
価格調査
Xperia Z5 Premium
価格調査
動画https://youtu.be/B5JXX3KqTzU
備考・特徴CDMA 2000: BC0
4Kビデオ
3D Touch

16GB/98800円
64GB/110800円
128GB/122800円
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。

ulefone Powerのスペックは約20400円としては驚くべき高さと言えそうです。

バッテリーは他スマホの倍以上で、メモリは3GB、MicroSD128GBまで入る。指紋認証もあるし、DualSIMでSIMフリー!

弱点はCPUがちょっと、トロそうなのとWifiがb/g/nまでしかなくac使ってる方は物足りないかも。

そのくらいの弱点は安いということで許容範囲な気もします。

次期メインのスマホとしてXperia Z5 Premiumが欲しいのですが現在7万円台まで下がってきて、もう少し入手は後になりそうです。

でも、Xperia Z5 Premiumの代わりに中華スマホ3台か4台くらい(3台で7万円くらいしかしないので)代わりばんこに使っても良い気がしてきた。

ulefone PowerのAntutu(スピードは?)

Antutuの数値ですべての性能を図れませんがどのくらいサクサク動くかのある程度の指標として比べてみました。

(Antutuは実機を測ってみないと差が大きいようなので参考程度にしてくださいね。)

ulefone PowerやXiaomi Redomi Note 3は実際に自分でAntutuテストをしたわけではなく調べて他の方がテストした結果です。

Antutuテスト結果

  • iPhone 6S Plus :約59000~66000?
  • Sony Xperia Z5 :約76000
  • Google Nexusu 6:約71000
  • Xperia C5 Ultra:約47000(今使用しているスマホ)
  • Chuwi Hi8   :約48000(家族用)
  • Teclast X98 Plus:約52000(10インチ中華タブレット)
  • Xiaomi Redomi Note 3:約50000
  • meizu metal  :約50000
  • ulefone Power :約36000

ちょっとトロそうなのでまだまだハイスペックモデルと対抗するにはスピードが足りない。

これで50ドル高くてもCPUがもっと速ければ完全に買いだったのに、惜しい。

せめて45000くらいは無いと今使っているXperia C5 Ultraより数段トロくてストレスたまりそう。

と思ったけど、Xperia C5 Ultraとあまり変わりなさそうなCPUだぞ?

以下、左3機種は「MediaTek MTK6753 1.3GHz オクタコア」、右4機種は「MediaTek MTK6752 1.7GHz オクタコア」の製品です。

画像
機種名Ulefone PowerFlash 2Meizu m2 noteXperia C5 UltraFlash Plusvivo X5 Max+
メーカーulefone181Alcatel141Meizu136SONY2Alcatel142vivo151
キャリアSIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
OSAndroid 5.1Android 5.1Android 5,FlymeAndroid 5Android 4.4.4Android 4.4.4
CPUMediaTek MTK6753 1.3GHz オクタコアMediaTek MTK6753 1.3GHz オクタコアMediaTek MTK6753 1.3GHz オクタコアMediaTek MTK6752 1.7GHz 64-bit Octa-coreMediaTek MTK6752 1.7GHz 64-bit オクタコアMediaTek MTK6752 1.7GHz 64-bit オクタコア
メモリ3GB2GB2GB2GB2GB2GB
ストレージ16GB16GB16/32GB16GB16GB16GB
ディスプレイ5.5インチ5インチ5.5インチ6インチ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)HD(1280x720)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)HD(1280x720)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス3
パネルTFTTFTTFTTFTTFTTFT
画素密度401ppi294ppi401ppi367ppi267ppi401ppi
バッテリー6050mAh3000mAh3100mAh2930mAh3500mAh2300mAh
フロント カメラ500万画素500万画素500万画素1300万画素800万画素500万画素
リア カメラ1300万画素1300万画素1300万画素1300万画素1300万画素1300万画素
重量202g140g149g187g147g156g
サイズ 縦x横x奥行152x76x9.5mm145.8x70.4x9mm150.9x75.2x8.7mm164.2x79.6x8.2mm152.3x76.4x8mm153.9x78x5.1mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)MicroSD(最大200GB)MicroSD(最大32GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.0+LEV4.1V4.0V4.0
NFC
GPS
WiFiIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n
生体認証指紋-----
防水機能------
防塵性能------
充電MicroUSBMicroUSBMicroUSBMicroUSBMicroUSBMicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)Dual(MicroSIM2枚)NanoSIMDual(NanoSIM2枚)Dual(MicroSIM2枚)Dual(NanoSIM+MicroSIM)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)
MHz(BAND)
900(8),2100(1)850(5,26),900(8),2100(1)850(5,26),900(8),2100(1)
4G(LTE)
MHz(BAND)
800(19,20),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)1800(3),2100(1),2600(7)1800(3),2100(1),2600(7)
価格2998元(約60000円)
価格調査Ulefone Power
価格調査
Meizu m2 note
価格調査
Xperia C5 Ultra
価格調査
備考・特徴TDD LTE: B40
画像
機種名K3 Note
メーカーLENOVO175
キャリアSIMフリー
OSAndroid 5
CPUMediaTek MTK6752 1.7GHz オクタコア
メモリ2GB
ストレージ16GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)
パネルTFT
画素密度401ppi
バッテリー3000mAh
フロント カメラ500万画素
リア カメラ1300万画素
重量150g
サイズ 縦x横x奥行152.6x76.2x8mm
SDMicroSD(最大32GB)
BluetoothV4.0
NFC
GPS
WiFiIEEE802.11 b/g/n
生体認証-
防水機能-
防塵性能-
充電MicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)
4G(LTE)
MHz(BAND)
1800(3),2100(1),2600(7)
価格調査K3 Note
価格調査
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。

そこで、それぞれのCPUのAntutuスコアを調べてみました。

MediaTek MTK6753 1.3GHz オクタコア

  • ulefone Power :約36000
  • Alcatel Flash 2:約36000
  • Meizu m2 note:約32000

MediaTek MTK6752 1.7GHz オクタコア

  • Xperia C5 Ultra :約47000(今使用しているスマホ)
  • Alcatel Flash Plus:約43000
  • vivo X5 Max+  :不明
  • LENOVO K3 Note:約46000

あっ、MTK675●と型番は似てるけどCPU速度が違いました。

やっぱりXiaomi Redomi Note 3のほうが良さそう。

MicroSDカード入れられればすぐにXiaomi Redomi Note 3買うんだけど・・・と言ってる間に$186.31に戻ってしまった(汗)

XIAOMI REDMI Note3 16GB激安すぎて欲しくなってきた、が・・・
Xiaomi Redmi Note 3 16GBが62%オフの激安販売されています。まだ発売されたばかりですよ! ちょっと目を疑います。

自分はバッテリー小さくても良い生活をしているので合いませんが、仕事で外にでて、なかなか充電できなかったりする人にはこの大容量バッテリーは必須で16000円弱でulefone Powerが買えるのでぴったりな人は多数いると思われます。

実質20400円で購入する方法 Ulefone価格帯

ulefone製品の価格帯

ulefoneというメーカー、普通に買っても60ドルから最高でも200ドル程度で日本円では7200円程度から24000円程度になります。

主に低スペックからミドルシップモデルを販売している企業のようです。

セール会場を見てもulefone Power 20ドル値引きして179.99ドルだけど・・・

海外通販★GearBestでの買い方 送料無料で実際に買ってみて何日で届くか?クーポンもあるヨ
人柱というより・・・GearBestで欲しい物があったので買うだけですが(汗)せっかくなので実際にGearBestで商品を買って送料無料で送...

クーポン50ドルと10ドルについては上記ページで書きましたので御覧ください。

現在2/17は10ドルクーポン適用できます。

WS000004

確認できたのは実質20400円になります。

世の中の傾向としてミドルスペックが主流に

調べていくうちにハイスペックモデルを7万円とか出して買うのがバカバカしくなってきて、

中華スマホのハイスペック寄りのスマホを半年ごとに買い換えて使うほうが面白そうに思えてきた。(セールだと1万円台で買えるしね。)

あわよくば中華スマホでも1年、1年半くらい使えるレベルになってきているので今後はGearBestでちょくちょく購入して人柱として報告します。

Xperia C5 Ultraまだまだ使うつもりだけど、1万円台のスマホ欲しくなってきてもう止まらない(汗)

今度はHuawei Mate SとXiaomi Redmi Note 3 Proが気になってきました。

このレベルのスマホだと足りないとかいうこともなく普通に使えそう・・・でもメインで使うつもりは無いのであくまでもお遊びなわけで、安くて高速・高機能なのを探していきます。

Lenovo VIBE P1 と ulefone Power 比較

コメントあったので比較してみます。

画像
機種名Ulefone PowerVibe P1
メーカーulefone181LENOVO176
キャリアSIMフリー
SIMフリー
OSAndroid 5.1Android 5.1
CPUMediaTek MTK6753 1.3GHz オクタコアQualcomm Snapdragon 615 MSM8939 1.5GHz クアッドコア
メモリ3GB2GB
ストレージ16GB32GB
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス3
パネルTFTTFT
画素密度401ppi401ppi
バッテリー6050mAh5000mAh
フロント カメラ500万画素500万画素
リア カメラ1300万画素1300万画素
重量202g189g
サイズ 縦x横x奥行152x76x9.5mm152.9x75.6x9.9mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.1+LE
NFC
GPS
WiFiIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n/ac
生体認証指紋-
防水機能--
防塵性能--
充電MicroUSBMicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)
MHz(BAND)
900(8),2100(1)
4G(LTE)
MHz(BAND)
800(19,20),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)
価格調査Ulefone Power
価格調査
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。

たしかにLenovo VIBE P1も大容量バッテリーですね。

CPUスピードもAntutuスコア36000程度で同じみたいです。

かなり近いです!

Lenovo VIBE P1のほうが100ドルくらい高い。

スポンサーリンク

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. NN より:

    GearBestをはじめて使ってみましたが、新規会員登録の50ドルクーポンは10回分の5ドルクーポンで、小計50ドルの買い物につき1枚使えるものでした。
    他の割引コードとの併用は不可でした。
    ですので自分の場合Ulefone Powerは実質15600円にはなりませんでした。
    もし新規会員登録の際に1回で使える50ドルクーポンの出し方をおわかりでしたらご教授ください。
    よろしくお願いします。

    • GO より:

      NN様
      コメントありがとうございます。
      申し訳ございませんm(_ _)m
      こちら当方未検証のまま記事にしてしまいました。
      http://bey.jp/?p=16237
      こちらでも書きましたがこれから検証して訂正させていただきます。
      誤った情報を流してご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。

  2. at より:

    これはlenovoのVIBE P1を意識したスマホですよ。たぶん

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。