Xiaomi Mi Band 1S Heart Rate 開封レビュー

スポンサーリンク

GearBestで買って送料無料で送ってもらったお品の中の一つ、Xiaomi Mi Band 1S Heart Rateを試してみます。

こちら心拍数を測れるタイプのMi Bandですが・・・常時測ってくれていません。

結論から言うと以下のような胸バンドで計測する機器の代わりにはならない。

Mi Band 1S Heart Rateはマラソン・登山・自転車での運動中にチラ見して心拍数の上昇値を確認するものではなく、平常時に測るためのもののよう。(いつ使うのだろう?)

GearBestで買った時は$18.99だったが現在は$16.42まで下がっている。

Mi Band 1S Heart Rate 開封

化粧箱の状態

同梱されていた他の商品とは違ってちゃんとビニールでパッケージングされていてどこか特別な商品といった印象をうける。

特に海外商品の化粧箱の扱いはずさんなので、それと比べると神々しささえ感じさせる。

ただ、輸送時に投げられたか?ぶつけられたかしたので角にダメージがある。

DSC_0183

こっちのスマートウォッチの化粧箱はもっと凹んだダメージがありました。

送料無料の海外の郵便局から送られてくる荷物はこのようになります(汗)

箱を開ける

DSC_0209

本体だけが真ん中に見える。よく見るとワンちゃんの顔みたいで好感持てる。

DSC_0210

さらに開けるとバンドとUSB充電ケーブル・取説が入っている。

なかなかおしゃれで無印良品のパッケージを参考にしたみたい。

DSC_0212

シンプルで完成度は非常に高い。日本やアメリカのブランドだったら8000円ほどで売られていそうなお品。

品質は問題なく、日本製(スミマセン、若い人は知らないかもしれませんが昔は日本の工業製品は世界一だったんですヨ)と言っても信じる人は多数いそうです。

本体も小さいですがちゃんと作りこんであります。表面金属のような部分の角も面がとってありましてキラリと光って高級感すらある。

2016年06月22日10時40分30秒_0052016年06月22日10時40分30秒_004

まずは充電

腕に装着する前に充電します。

1時間くらい充電したら満充電になった。

本体表面にLEDランプが3つあって3つとも光ったら充電完了。点滅している場合は充電中。

ちょっと長くなったので続く。

次回は腕に装着してアプリのMi Fit入れて使ってみます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。