タップでスペックのセレクトフォームがフォーム表示されます。

gbsm

家電批評4月付録 IIJmioプリペイド SIM(お試し版)3ヶ月500MBが来て開通手続き

スポンサーリンク

前回、家電批評4月を買って申し込むところまで書きました。

4日ほど経ってSIMカードが届いたのでアクティベーションして使ってみます。

家電批評4月付録ずっとは使えないIIJmioプリペイド SIM(お試し版)3ヶ月500MBだった
この家電批評4月号に付いている500MBFreeスターターキットという付録SIMはずっと使えるのではなく、お試しで3ヶ月だけ合計500MB使...

ビックカメラのBIC SIMで来た。

http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/#prepaid

通常は税込み4093円で3ヶ月2GB付いているBIC SIMプリペイドパックのようです。

税抜きで3000円は初期費用(SIM本体+パッケージ費用)790円は2GBの料金といったところでしょうか。

ビックカメラの戦略は先のレイトマジョリティの皆様にMVNO(格安SIM)を普及させるうえですごく有効だと思います。

このページにアクセスしている方はもうすでにMVNO1枚は持っていると思うので、これからはネットで検索できない方々や田舎のオジサン・オバサン(レイトマジョリティ)にMVNOを普及させるには実店舗の対面販売が不可欠になってくる。

なのでイオンやビックカメラなどの大量に実店舗のある量販店がMVNO(格安SIM)契約してもらうのに優位に立ってくるのでしょう。

これからはドコモショップやauショップの変わりにいろんな場所でMVNO(格安SIM)カウンターができてきそうでますます普及しそうです。

BIC SIM パッケージの中身

DSC_0556

DSC_0555

開通手続きの方法

IIJmioサービス契約約款

公衆無線LANサービス プリペイド時には使えない

IIJmioの無料Wifiサービス Wi2 300の利用案内。

プリペイド SIM(お試し版)の期間中は使えなく、月額サービスに移行した場合は使えるようになる。

SIMカードの台紙が真っ白

クレジットカードの大きさのSIMカードがくっついている台紙が真っ白でした。

今までは派手なガラがプリントされているのが多かったのでちょっと驚いた。

START PASS カード

このカードの裏に書いてある電話番号とパスコードを使ってアクティベーションします。

開通手続き(アクティベーション)

最初APNの接続設定だけやればネットにつながると思いきや、TELで開通手続きが必要でした。(APNだけ設定してつながらないからアセった。)

【毎月499MBまで無料】デジモノステーション So-net 0SIM 買ってみた
So-net SIM付きのデジモノステーションという雑誌を買ってみました。これスッゴクお得で初期手数料も無しで毎月499MBまではずっと無料...

So-net 0SIMは専用ページにアクセスして開通手続きでした。(クレジットカード必須)

こちらのIIJmioプリペイド SIMは特にクレジットカードは必要としませんでした。

以下の電話番号に電話して開通手続きをします。

186-0120-711-122

かけると自動音声が聞こえてきます。

  • タイプ選択:プリペイド 1(MNPの場合は 2)
  • 利用約款:同意 1
  • TEL + パスワード入力:送られてきたSTART PASSの裏にあるTELとパスワード入力

「ピッ」と音がしたあとに希望の番号を押さないと終了してしまうようです。

(利用約款の時にすぐに1を押したら終了してしまいました汗)

スマートフォン設定 Android

Androidでも機種やバージョンによっても違いますが、今回はXperia Z5 Premiumで設定してみます。

(デュアルSIMの場合は別途「デュアルUSIM設定(SIMカード)」で使うSIMをオンにしてください。)

モバイルデータ通信

モバイルデータ通信をオンにしましょう。(コレ、機種やAndroidバージョンによって少し違うので見落としがちです。)

Xperia Z5 Premiumの場合

設定 > その他の設定 > モバイルネットワーク

上画像の通知パネルはスマホを上からスワイプすると出てきます。

SIMロックフリー デュアルSIMの場合

設定 > その他の設定 > データ使用

こちらで該当SIMカードを選んだあとに「モバイルデータ通信」が表示されますのでオンにします。

Xperia C5 Ultraは通知パネルに「モバイルデータ」がありましたが、中華スマホUlefone Powerはちょっとアイコンが違うので最初分かりませんでした。右下画像

モバイルデータをオンにしないとネットに接続できないのでデュアルSIMのスマホ使っているかたは覚えておきましょう

アクセスポイント名(APN設定)

設定 > その他の設定 > モバイルネットワーク > アクセスポイント名 > APN

こちらで右上の「+」を押して新しくAPNを作ります。

  • 名前:iijmio(なんでもOK)
  • APN:iijmio.jp
  • ユーザ名:mio@iij
  • パスワード:iij
  • 認証タイプ:PAP または CHAP

アクセスポイントを作ったら最後に「iijmio」を選択するのを忘れずにチェックしましょう。

以上でネットに接続できるようになりました。

さすがにSo-net 0SIMより速そう

お試し版のSIMなのでさすがに毎月499MBまで無料で使えるSo-net 0SIMより通信速度が速いようでした。

次はド田舎の自宅でどのSIMが速いか通信速度比べてみます。

通信速度ってスマートフォンによっても違います。

SIMロックフリーの輸入スマホはドコモのバンドに対応していない場合があるので不利ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。