Xiaomi Mi5 もうコンデジ必要ない?多彩なカメラ機能 検証レビュー

スポンサーリンク

Xiaomi Mi5は設定でシャッター音をオフにできますので日本のSIMが入っていても完全に音が鳴らないようにできます。

音が鳴るようにしても極小のシャッター音なのであまり気にならないでしょう。MIUI(Xiaomiのユーザーインターフェース)は中国や欧米用に作られているので日本人にはちょっと使いづらいかもしれませんが、シャッター音が消えるという点では嬉しいです。

それと、シャッターは押した瞬間撮影が終わってしまうので慣れるまでは、『撮影できてない?』と思ってしまい、同じ写真が何枚も撮れてしまうほど速いです。

そんなXiaomi Mi5の多彩なカメラ機能をみていきます。

Xperiaでは感じなかったのですが、暖色系のLEDライトを当てているからだと思いますが、カメラの写りがGalaxy A8と同じように黄色っぽく写ってしまいます。

Xperia C5 UltraやXperia Z5 Premium(場合によっては黄色くなる場合があったのでただ単に自分の撮影が下手なだけかもしれません。)では黄色く写らないようでしたのでカメラの設定が違うようです。

ただ白色LEDライトを使うと人間の目と同じような色で撮影できましたので、どっちが良いのでしょうか?多分好みでしょう。

Xiaomi Mi5 と Xiaomi Mi Pad2 のカメラ機能の違い

Xiaomi Mi 5とXiaomi Mi Pad2のカメラ機能はスマホとタブレットなので違うは当たり前かもしれませんが、Xiaomi Mi Pad2のほうは機能がかなり少ないです。

MIUI7のバージョン

Mi5とMi Pad2のMIUIバージョンが違いました。

  • Xiaomi Mi 5:MIUI I 7.2.11.0 Stable
  • Xiaomi Mi Pad2:MIUI 7.0 I Stable

また、タブレットのMIUIとスマートフォンのMIUIの見え方も違うし機能も少し違っているのでやはり別物なのでしょう。Xiaomi Mi Pad2はSIMもないですし、単純に画面が大きくなったということではないですね。

Xiaomi Mi Pad2のカメラ機能

まだ開発途中なのか?機能が少ない。

ただ、タブレットでカメラ使う機会はあまり無いと思うのでカメラ機能の開発に力をいれてないだけのようです。

逆にXiaomi Mi 5はカメラ機能がXperiaくらいに多彩だと思いました。

Xiaomi Mi 5の多彩なカメラ機能

カメラの設定・機能はXperiaと同じくらい多彩な機能があります。

左右スワイプでモード・フィルターを選べる

基本的には白いボタンを押すだけでいつの間にか撮影完了していてピントもちゃんとあってます。(Xperia C5 Ultraを使い慣れてしまったのでタップし過ぎで同じ写真を何枚も撮ってしまう汗)

画面のピントを合わせたい部分をタップしてもピントがあいます。

ピント合わせタップ+回転で露出調整

ピントを合わせたい場所をタップするとタップした場所にカメラアイコンが表示されて、その周りになにやら点の円が表示される。

回してみると、露出が調整できた。

これで「暗いな」と思ったら時計回りで回していけば明るさを調整できる。すごく考えて作ってあります。

そのまま時計アイコンをタップしても撮影する。かなり便利。

Camera modes カメラモード

カメラモードは9個あります。

  • Panorama:パノラマ撮影
  • Timer:カウントダウンタイマー
  • Audio:声を出すと3秒カウントダウンタイマー
  • Manual:マニュアル操作
  • Straighten:水平調整 四角い枠が表示される
  • Beautify:自撮り顔を美しく、シミ・シワが全て消えた(汗)
  • HHT:月撮影?不明
  • Tilt-Shift:チルトシフト ミニチュア撮影
  • Fish eye:魚眼レンズ

全てのモードは「Turn off・・・」をタップするとモードを解除できる。

別途、マニュアルとビューティフィを以下でみていきます。

Manual:マニュアル操作

マニュアル操作はカメラ素人の自分でも直感的に操作できて使いやすくできています。

フォーカスでピントを合わせたり

まぁ、でもこれはカメラ好きでもない限りはあまり使わないかもしれません。ほとんどが自動でやってくれるので、普通は適当にボタンを押すだけでキレイな写真が撮れます。

自分としては今後カメラの撮り方をうまくならないといけないので勉強のために少しずついじくってみます。

Beautify:ビューティフィ

これはシミやシワが全て消えて・・・女性には嬉しい機能ではないでしょうか?

ただ、オッサン(自分)がやると肌がツルツルになりすぎてちょっとキモい気がしました汗

Filters フィルター

こちらはInstagramのようなフィルターを撮影時からかけることができる機能。

右にスワイプでフィルター

右にスワイプでフィルター

  • Mono:白黒
  • Vivid:ビビッド 鮮やか
  • Yesteryear:古いイメージ
  • Sketch:スケッチ
  • Blur:指定した枠以外をぼかす
  • Mosaic:指定した枠中をぼかす
  • Dawn:暗いオレンジ
  • Japanese:ジャパニーズ 暗い蒼
  • Autumn:オータム
  • Indigo:インディゴ
  • Normal:ノーマル
  • Mirror:ミラー

Camera settings カメラ設定

カメラの状態で左にスワイプして「モード」の下のほうにある歯車アイコンでCamera settingsが表示されます。

それとCamera settingsはカメラアプリの状態で左ボタン長押しでも表示されます。

設定内容を順に見ていきましょう。

camera-settingsDEVICE

  • Save location info:位置情報を画像に保存
  • Camera sounds:シャッター音

CAMERA

  • Time watermark:撮影日付を画像に表示
  • Show face info in photo:撮影画像にビューティフィの年齢表示を表示
  • Show gridlines:画面に4本線のグリッド表示
  • Scan QR codes:QRコードスキャン
  • Enhancd lowlight pictures automaticaly:暗い場所を明るく撮影
  • Notify when flash is needed:Autoでフラッシュ必要なときに表示
  • Press & hold Shutter button:シャッタボタンを押し続ける 連続撮影、フォーカス
  • Mirror front camera:不明 When face is detected,On,Off
  • Camra frame:カメラフレーム 4:3,16:9
  • Picture quality:画像クオリティ High,Standard,Low

ADDITIONAL SETTINGS

  • Face detection:顔検出
  • Age & gender:年齢・性別、年齢、オフが選べる
  • Volume buttons function:ボリュームボタンの動作 シャッター、ズーム、ボリューム
  • Anti banding:周波数 Auto,50Hz,60Hz,Off
  • Auto exposure settings:自動露出 センター重視、フレーム平均、スポット測光
  • Contrast:コントラスト Lowest,Lower,Low,Normal,High,Higher,Highest
  • Saturation:サチュレーション Lowest,Lower,Low,Normal,High,Higher,Highest
  • Sharpness:シャープネス Lowest,Lower,Low,Normal,High,Higher,Highest
  • Restore default settings:初期状態に戻す

背景が水色の項目はリアカメラ時のみに設定できる項目、背景黄色の項目はフロントカメラ時のみの設定

Xperia Z5 Premium とXiaomi Mi 5と比べた感覚

それぞれカメラについて感じた特徴を挙げてみます。

Xperia Z5 Premium

  • ピンぼけする場合が多い
  • ピント合わせ速い
  • カメラアプリで機能満載

Xiaomi Mi5

  • シャッター押した瞬間撮影完了
  • 黄色っぽい画像になる
  • ピント合わせ(Xperia Z5 Premiumより遅いかも)のついでに露出調整できて便利

SONYだけあってカメラ性能はXperiaのほうが優れているのかもしれませんが、自分としてはXiaomi Mi5のほうが使いやすくキレイな写真が撮れた。

Xperia同士で比べるとXperia Z5 PremiumよりもXperia C5 Ultraの撮影画像のほうがピントがちゃんと合って好みでした。(使い方悪いだけかも。)

プロカメラマンだと物足りないと思いますが、自分のような素人だとこれ以上機能があっても困るだけでXiaomi Mi 5があればコンデジは必要ないと思いました。

XiaoMi Mi5 スペック

まだXiaomi Mi5 32GBしか出回ってないのでProと呼ばれる128GBでスナドラ820の2.15GHzも比べてみたい気もしますが、比べてみても体感速度は変わりなさそう。

2016年4月の段階ではXiaomi Mi5 32GBモデルでも最強すぎます。

さらに最強を目指す方はもうすぐXiaomi Mi5 Pro 128GBが出ると思いますのでそれまで少し我慢ですね。

画像Xiaomi Mi5 Snapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア,Snapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コア
機種名Xiaomi Mi5
メーカーXiaomi102
キャリアSIMフリー
Wish
12
69
45
OSAndroid 6,MIUI7
SocブランドQualcomm
SocSnapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア
Snapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コア
メモリ3/4GB
ストレージ32/64GB/128GB
ディスプレイ5.15インチ
解像度フルHD(1920x1080)
パネルTFT
画素密度428ppi
バッテリー3000mAh
フロント カメラ600万画素
リア カメラ1600万画素
重量129g /139g
サイズ 縦x横x奥行144.6x69.2x7.3mm
SD-
BluetoothV4.1
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/ac
生体認証指紋
充電USB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
850(5,26),900(8),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
1800(3),2100(1),2600(7)
動画https://youtu.be/iRwC_BIMwy4
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。
3GB/32GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)
3GB/64GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)
4GB/128GB
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)
International Edition 3GB/32GB
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)
香港 3GB/64GB
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。