【コイツ予想外にサクサク動くぞ】 Jumper EZpad 5s 11.6インチ中華パッド AnTuTU比較+細部の見た目

スポンサーリンク

CPUがZ8300でTeclast X98 PlusのWindows10だとちょっとトロい時があったのですが Jumper EZpad 5sはなぜかサクサクうごく・・・スミマセンZ8300かぁ、と舐めてましたm(_ _)m

同じCPUのはずのTeclast X98 PlusとJumper EZpad 5sをWindows10の操作を比べた場合の体感速度が違うのが気になったのでいじくりまわしてみます。

6

EZpadのバージョン情報はこのようになってました。

Jumper EZpad 5s ベンチマークテスト

まずはベンチマークテスト

AnTuTuベンチマークテスト

Windows10にもAnTuTuあったんですね、知りませんでした汗

9

Storeで検索したらありました。

なかなかの速さです。

ブランド 型番 AnTuTu 価格(約)
中国 Xiaomi Xiaomi Mi5 3/32GB 115219 50,000円
日本 Sony Xperia Z5 80154 60,000円
日本 Sony Xperia Z5 Premium 76504 78,000円
中国 Jumper EZpad 5s 72530 28,000円
韓国 Samsung Galaxy A8 68309 60,000円
日本 富士通 Arrows NX F-02H 65884 70,000円
中国 Teclast Teclast X98 Plus 52728 20,000円
中国 Chuwi Chuwi Hi8 48869 12,000円
日本 Sony Xperia C5 Ultra 44591 40,000円
日本 シャープ AQUOS ZETA SH-01H 43238 70,000円
中国 Ulefone Ulefone Power 37733 18,000円

同じCPUのTexlast X98 PlusはAndroidで計測した結果です。

それにしても2万も違うのはどういうことだろうか?チューニングの違いとかある?

ドラゴンクエストX ベンチマークテスト

Teclast X98 Plusと比較したいのでドラクエXのベンチマークもやってみます。

キャプチャ1

  • Teclast X98 Plus :1343
  •  Jumper EZpad 5s:1757

まぁ両機とも『重い』ですがJumper EZpad 5sのほうが少し速いようです。もちろんPCゲームはできそうにないですね。

体感でも速いと感じたのでかなりの差かと思います。体感的には3世代前くらいのCore i5のノートパソコン程度の速さで、外出時の営業などのライトな業務では使えそう。

やはり同じCPU、4GB/64GBなのですが、フルHDとX98 Plusは9.7インチだけど解像度が高いQXGA(2048×1536)なのでGPUでパワーが必要なのだろうか?

画像
比較

比較するガジェットを選んだあと右下にある
【スペック表示】ボタンを押します。

比較するガジェットを選んだあと右下にある
【スペック表示】ボタンを押します。

機種名EZpad 5sTeclast X98 Plus  Wifi 3G
メーカーJumper204Teclast170
キャリアWi-Fiモデル
SIMフリー
Wi-Fiモデル
価格表示
価格
最安値
WITH KEYBOARD
WITHOUT KEYBOARD
更新:2017/01/11
最安値
Win10+Android5.1 3G 4GB/64GB
Win10+Android5.1 Wifi 4GB/64GB
更新:2017/01/11
Wish
1
 
1
 
 
 
OSWindows10Windows10,Android 5.1
SocブランドIntelIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ11.6インチ9.7インチ
解像度フルHD(1920x1080)QXGA(2048x1536)
パネルTFTTFT
画素密度190ppi264ppi
バッテリー8500mAh8000mAh
フロント カメラ200万画素200万画素
リア カメラ500万画素500万画素
重量941g533g,540g
サイズ 縦x横x奥行299.5x185.8x10.5mm / 117.9x73.1x4.1mm240x169x7.8mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.0+LE
WiFib/g/nb/g/n
充電DCプラグMicroUSB
SIM標準SIM
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
900(8),2100(1)
接続MicroHDMI出力,標準USB2.0x2,標準USB3.0x1MicroHDMI出力
価格調査Teclast X98 Plus
価格調査
備考・特徴キーボード有り・無しの2バージョン
AC adapter:5V 3A
Wifi・3Gモデルあり
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。

Windows10の細かい設定など

日本語化

Windows10の場合は言語セットをダウンロードしてJapaneseに設定するだけです。

Teclast X98 Plusでやりました。以下を参考にしてください。

Teclast X98 Plus Windows10起動 日本語化・ベンチマークは『重い』(T_T)
X98 PlusでAndroidを一通り見終わったので今度はWindows10を起動してみます。

Teclast X98 Plusのほうは時刻が狂う時がありましたがこちらは設定せずとも合ってました。

中国のクラウド?

1つだけ中国のクラウドアプリのようなのが入っていたので速攻削除しました。

4

128GBのMicroSDカード認識されました

10

DSC_1350

キックスタンドの裏側にスロットがある。MicroSDカードが若干斜めに刺さるのがちょっと気になる。

Jumper EZpad 5s 細部の見た目

キーボードの磁石が強力

IMG_20160420_165352

逆さまにしても落ちる気配がありません。

表面の出っ張り

側面の金属の上にディスプレイを乗っけたような構造になっていて、ほとんどの中華パッド・スマホやXperiaなどと同じような構造になっています。

この構造はあまり見た目がよろしくないので、そろそろiPhoneやXiaomi,Galaxyのようにディスプレイを側面金属にすっぽり入れるようにしたほうが見た目が良いと思います。

DSC_1359

Jumper EZpad 5sにかんしては側面金属がシルバーで表面が黒なのでそれほど収まりが悪く見えずにこれはこれでよいのかもしれない。

キックスタンドの裏側

DSC_1349

裏側も悪くは無い見た目。

DSC_1355

ビスがたくさんある。

この楕円のゴムのようなのはなんだろうか?剛性を高めるために必要なのかも。

キックスタンドのスリッド

スリッドがありますが、微妙に役立たずで結局ツメを差し込んでスタンドを開くしかないです。

キーボードの収まり

キーボードをドッキングして使い終わったらキーボードをたたんだ状態が美しくなく、あまり良い見た目とは言えません。

こちらも神経質に見なければ問題はなく実用レベルです。逆にキーボードが分厚いのでしっかりしていてノートパソコンのキーボードと同じなのでSurfaceよりはキーが打ちやすい感じ。

美しさをとるか、使いやすさをとるか、どちらかですね。Surfaceは両方とも備えてるのでそっちのほうが良いと言えばそうですが、値段が少なくとも4倍は違うので美しさよりもコスパ優先の方が中華パッドを手にすると吉のようです。

IMG_20160420_165331

キーボードを上にすることは無いとは思いますが、真ん中が反っているので左右が浮いてしまう。

キーボードを下にして置くと反り返っている部分はまっすぐになって普通に使えるので逆にするほうが間違っている使い方だと思いますが、一応こういうふうになりましたというご報告です。難癖をつけてるともいう(汗)

Jumper EZpad 5sはどのような方が買いか?

icon

Jumper EZpad 5s、完成度はかなり高く使い心地も実用的とはいえ、Surfaceの完成度には遠く及びません。

ただ、コスパが劇的によろしいために【コスパ重視+ライトな使用+海外輸入したことがある】方向けでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。