【シャオミ】Xiaomi Mi5 ドコモ プラスエリア化 BAND6を使えるようにする

スポンサーリンク

Xiaomi Mi5のプラスエリア化をして欲しいとコメントいただいたのと、前々からやろうと思っていて先送り(汗)にしていたのでコレを気にMi5をBAND6使えるようにしてみます。

以下の作業は非常に危険です。下手すると文鎮化の可能性もありますので完全自己責任でお願い致します。

参考にしたのは下記のブログ

投資・スマホ・写真・電子回路などを不定期で更新していきます。

それと、コメントいただいた方に丁寧に教えていただきありがとうございますm(_ _)m 詳細に解説していただいたので本当に参考になりました。

スポンサーリンク



Mi5 プラスエリア化 必要なもの

作業するにはWindows10の64ビットパソコンが必要です。

  • Windows10 64bit
  • DFS-WCDMA-Tool (Windowsアプリ)
  • Mi5 Qualcomm Drivers

プラスエリア化の作業する前の確認

  • USBデバッグモードの確認
  • BAND 状況の確認
  • Diag USB Port enable の確認 (DIAGモードに変更)

上記3つの確認作業をします。順番にやっていきましょう。

USBデバッグモードの確認

デベロッパーになる

まだデベロッパーになってない場合は以下の操作をします。

Settings > About phone > MIUI version

Developper optionsが表示されていない場合はMIUI versionを連打タップしてデベロッパーになってください。

Screenshot_2016-05-19-08-48-58_com.android.settings

USB debuggingの項目をオンにする

Settings > Additional settings > Developper options > USB debugging

こちらがオンになっているか確認します。

Screenshot_2016-05-19-08-44-42_com.android.settings

BAND 状況の確認

作業をする前に「USA Band」になっているかどうか、現状を確認しましょう。

BANDの状況を確認するには、Testingという裏メニューを表示する必要があります。

行き方は2通りあり、以下で2通り説明していきます。

Testing 表示方法

Internal memory連打でTesting画面へ

Settings > About phone > Internal memory

Screenshot_2016-05-19-09-49-24_com.android.settings

こちらを数回タップすると表示されます。

電話アプリからTesting画面へ

電話アプリで以下を打つとTesting画面が表示されます。

*#*#4636#*#*

Screenshot_2016-05-19-09-11-19_com.android.contacts

上記画像は最後の「*」が無いのでご注意ください。

Testing画面

Diag USB Port enable の確認 (DIAGモードに変更)

電話アプリを使います。以下を打ってください。

*#*#717717#*#*

Screenshot_2016-05-19-10-10-12_com.android.contacts
上記画像は最後の「*」が無いのでご注意ください。

「*#*#717717#*#*」を打つたびに交互にdisable,enableになるようです。

enableになった状態でOKです。

Xiaomi Mi5用の Diag Driverインストール

Xiaomi Mi5用 Diag Driver ダウンロード

以下のページにDiagドライバーがあります。

WS000007

上記赤枠の部分をクリックしてダウンロード

Mi5_Qualcomm_Driversを解凍しておく

WS000007

rarを解凍すると上記のようにドライバーが出てきました。

このドライバーをMi5に1個ずつあてていきます。(ソフトウェア更新)

デバイスマネージャーを開く

WS000001

デバイスマネージャーは左下のWindowsアイコンを右クリックするとあります。

WS000006

Mi5をパソコンに接続すると上記のようにビックリマークが5個表示されました。(MS-ABTP,MS-TCCは関係ないようです。)

WS000008

ここでQDSS DATA以外の4つのビックリマークのアイコンを右クリックして「ドライバー ソフトウェアの更新」を押します。

WS000009

ここで「下のコンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を選ぶ

WS000011

参照ボタンを押して、Mi5_Qualcomm_Driversを指定し、次へを押すとドライバーがインストールされる。

WS000012

ドライバーインストール完了。この作業を合計4回繰り返します。

WS000013

このようになりました。QDSS DATAだけドライバーがあたらなかった。

これで事前準備完了。

DFS CDMA Tool でBAND操作

DFS CDMA ToolでBANDを操作します。

DFS CDMA Tool ダウンロード

こちらからダウンロードできます。

WS000002

DFS 14.9.4.0.zipをダウンロードしました。

DFS CDMA Tool インストール・起動

解凍してexeでインストーラが起動しますのでインストールします。

WS000004

インストール後の最初の起動でユーザー登録うんぬんがありますが、無視して閉じると以下のようにDFS CDMA Toolが起動します。(Log画面も表示されますが使わないみたい。)

WS000005

Xiaomi Mi5とパソコンを接続してDFS CDMA Toolで操作

いよいよMi5をDFS CDMA Toolで操作します。

WS000005

Portsをクリックします。

WS000008

DFS Port Managerウィンドウが開くので「Qualcomm HS-USB Diagnostics 90AD」をダブルクリック

WS000002

上記のように緑丸がついたら右上の「X」でDFS Port Managerウィンドウを閉じます。

WS000003

DFS CDMA Toolは何やら文字がたくさん出てきましたね。

WS000000

その後、「SPC」を押してください。コレを押さないとうまくいかない場合があるようです。自分の場合はうまく行ったので不明です。

DFS CDMA Toolが正常にMi5の情報を読み取れるかテスト

Mi5と正常に通信できていて読み書きできるかテストします。

Readのみ押してテストします。Writeボタンは押さない方が良いでしょう。

WS000004

Programingタブを押すと上記のような画面になりますのでReadを押すと緑枠のようにずらずらと数字が並びます。これでMi5から情報を読めるようになっているようです。

現在Mi5に設定されているBANDを読み込む

テストがうまく行ったらいよいよMi5に設定されているBANDを読み込みましょう。

WS000007

右下の「RF BC Config」をチェックして、「Read」を押します。

WS000009

このように表示されました。

WCDMA VI(800 MHz) JPN 追加して書き込む

真ん中下にある「WCDMA VI(800 MHz) JPN」をチェックして下にあるWhiteを押しましょう。

WS000010

Whiteし終わったら確認のために、Readを押してみましょう。WCDMA VI(800 MHz) JPNの部分にチェックが入っていれば成功です。

DFS CDMA Toolから切断する

作業が終わったのでDFS CDMA ToolからMi5を切断しましょう。

WS000011

Portsの右側のプラグアイコンをクリックすると赤いコンセントが抜けたアイコンになります。

JAPAN BANDを選ぶ

最後にBANDを選ぶ作業で終了です。この作業はDFS CDMA ToolのBand Preferedでもできそうですが、今回はMi5から直接操作します。

一度Mi5を再起動しましょう。パソコンから切断して操作したらJAPAN BANDが表示されませんでした。再起動後以下のように表示されました。

この作業はPhone infomation1,2両方共やったほうがどちらにSIMを刺してもBAND6に対応するようになります。

作業は自己責任で!

以上でプラスエリア化 全体の作業は終了になります。

長いですが落ち着いて作業すれば失敗はしないと思います。

どちらにしても最悪で文鎮化しますので軽い気持ちで作業しないほうが良いと思います。

Mi5をお持ちの方、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

ついでにMi4Sもプラスエリア化できるかやってみます。

以上です。長旅ご苦労さまです。

注記

中華スマホで日本国内のSIMを使うと技適違反の可能性があります。
当サイトは技適違反を助長するものではありません。
海外で使うことを前提にしています。お約束として中華スマホで日本SIM・Wifi・Bluetoothを使う場合はテストに留めて常用はしないでくださいね。

追記 Band Preferedの初期状態

ご質問ありましたのでBand Preferedの初期状態の画像を載せておきます。

WS000001

最新Xiaomiスマホ スペック8選

画像Xiaomi Mi 5X Snapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアスキXiaomi Mi Notebook Air Fingerprint Sensor Core i5-6200u 2.3GHz 2コア嬉しスキXiaomi Mi Max 2 Snapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアスキ嬉しスキXiaomi Mi6 Snapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コアイイスキタレ
機種名Xiaomi Mi 5XXiaomi Mi Notebook Air Fingerprint SensorXiaomi Mi Max 2Xiaomi Mi6
メーカーXiaomi718Xiaomi703Xiaomi666Xiaomi619
キャリアSIMフリー
Wi-Fiモデル
SIMフリー
SIMフリー
GearBestクーポン
BLACK 4GB/64GB
29965円
~8/3150台

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

BLACK 6GB/64GB
$409.99
~8/2630台

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

Banggoodクーポン
BLACK 6GB/128GB
50624円
~8/20

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

TOMTOPクーポン
BLACK 4GB/64GB
$249.99
~8/31

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

BLACK 6GB/64GB
$379.89
~8/31

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

評価

低信頼 評価4:1人

低信頼 評価3.8:1人

Wish
3
3
 
 
5
 
17
38
12
9
135
14
OSAndroid 7,MIUI9Windows10Android 7,MIUI8Android 7,MIUI8
SocブランドQualcommIntelQualcommQualcomm
SocSnapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアCore i5-6200u 2.3GHz 2コアSnapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コアSnapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コア
メモリ4GB8GB4GB4/6GB
ストレージ64GB128GB/256GB64/128GB64/128GB
ディスプレイ5.5インチ13.3インチ6.44インチ5.15インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D2.5D2.5D
パネルTFTTFTTFTTFT
画素密度401ppi166ppi342ppi428ppi
バッテリー3080mAh5400mAh5300mAh3350mAh
フロント カメラ500万画素92万画素500万画素800万画素
リア カメラデュアル 1200万画素+1200万画素-1200万画素デュアル 1200万画素+1200万画素
重量165g1252g211g168g
サイズ 縦x横x奥行155.4x75.8x7.3mm309.6x210.9x14.8mm174.1x88.7x7.6mm145.17x70.497x7.45mm
SDMicroSD(最大128GB)-MicroSD(最大128GB)-
BluetoothV4.2V4.1V4.2V5
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
850(5,26),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)850(5,26),1800(3),2100(1),2600(7)850(5,26),900(8),1800(3),2100(1),2600(7),1700(3)
接続標準USB3.0x2,HDMI出力
備考・特徴 2G: CDMA BC0
3G: TD-SCDMA B34/B39
CDMA EVDO BC0
4G: TDD-LTE B38/B39/B40/B41: 2555-2655MHz
TD-SCDMA 1900/2000MHz
TD-LTE B38/B39/B40/41
TD-SCDMA: B34/39
TD-LTE: B38/B39/B40/B41
画像Mi Pad 3 MTK8176 2.1GHz 6コアスキイイヨシXiaomi Redmi 4X Snapdragon 435 MSM8940 1.4GHz 8コアスネヨシタレXiaomi Mi5C Pinecone Surge S1 V670 2.2GHz 8コアXiaomi Redmi Note 4X Snapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コア嬉しスキ
機種名Mi Pad 3Xiaomi Redmi 4XXiaomi Mi5CXiaomi Redmi Note 4X
メーカーXiaomi608Xiaomi614Xiaomi605Xiaomi572
キャリアWi-Fiモデル
SIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
GearBestクーポン

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

TOMTOPクーポン
BLACK 4GB/64GB
$149.99
~8/31

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

評価

低信頼 評価4.1:1人

Wish
9
51
9
12
6
5
4
9
 
22
48
13
OSAndroid 6,MIUI8Android 6,MIUI8MIUI8Android 6,MIUI8
SocブランドMediaTekQualcommXiaomiQualcomm
SocMTK8176 2.1GHz 6コアSnapdragon 435 MSM8940 1.4GHz 8コアPinecone Surge S1 V670 2.2GHz 8コアSnapdragon 625 MSM8953 2.0GHz 8コア
メモリ4GB3GB3GB2/3/4GB
ストレージ64GB32GB64GB32/64GB
ディスプレイ7.9インチ5インチ5.15インチ5.5インチ
解像度QXGA(2048x1536)HD(1280x720)フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D2.5D
パネルTFTTFTTFTTFT
画素密度324ppi294ppi428ppi401ppi
バッテリー6600mAh4100mAh2860mAh4100mAh
フロント カメラ500万画素500万画素800万画素500万画素
リア カメラ1300万画素1300万画素1200万画素1300万画素
重量328g150g135g175g
サイズ 縦x横x奥行200.4x132.6x6.9mm139.24x69.96x8.65mm144.3x70.9x6.9mm151x76x8.4mm
SD-MicroSD(最大128GB)-MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.2V4.1V4.2
GPS
WiFia/b/g/n/acb/g/na/b/g/n/aca/b/g/n
生体認証指紋指紋指紋
充電USB Type-CMicroUSBUSB Type-CMicroUSB
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM+MicroSIM)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
850(5,26),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)850(5,26),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)
備考・特徴CDMA 2000/1X BC0
TD-SCDMA B34/B39
TD-LTE B38/B39/B40/B41(2555-2655MHz)
TD-LTEバージョン
3G: TD-SCDMA B34/B39
4G: TD-LTE B38/B39/B40/B41
CDMA 2000/1X BC0
TD-SCDMA B34/B39
TD-LTEB38/B39/B40/B41(2555-2655MHz)
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. YA より:

    プラスエリア化の記事どうもありがとうございます。
    参考になります。

    最後のJAPAN Band選択の所ですが、DFS CDMA ToolでBand PreferedでReadすると、
    JAPAN Bandを選択せずともWCDMA VI(800 MHz) JPNへチェックが入っておりました。
    この場合、選択不要なのでしょうか?
    →https://andmem.blogspot.jp/2015/09/rf-bc-config-band-preferred.html
    ここを読むとそう解釈できるような記述もあり・・・

    JAPAN Bandを選択すると、逆にBand Preferedにおいて別の必要なBandが減ったりしないのでしょうか?(上記サイトにそんな記述もあり・・・)

    もし分かりましたら教えたいただけますか。
    よろしくお願い致します。

    • GO より:

      YA様
      JAPAN BANDとデフォルトのBANDを比べてみれば良いと思います。
      どちらも一緒のBANDにチェックしてあればどちらを選んでも一緒ということになりそうです。

  2. KT より:

    いつも楽しく拝見しております。突然失礼致します。
    いざやろうとした時に、xiaomiのプリインストール電話アプリをアンインストールしていたことに気づきました。。。
    初歩的な質問で大変申し訳ありませんが、DIAGモードへの変更はプリインストールの電話アプリカラでしかできないですよね。他にやり方がもしございましたらご教授頂けますと幸いです。
    プリインストールの電話アプリの再インストール方法が、初期化しかググってもわからず、日本語化からアプリの設定まで色々設定してきたことを全てやり直すのことに地団駄踏んでいます。。。笑
    ご教授をお願いいたします。

    • KT より:

      すみません、KTです。結局Mi5を初期化しました(汗
      ただ、今度は、DFSツールの操作のところでつまづきました。DFSを起動したときに、product key errorというのエラーが発生します。これは普通でしょうか。また、readができませんでした。Xiaomi Mi5用の Diag Driverインストールまでは出来たのですが。。
      尚、私のPCではデバイスマネージャーの画面で、Qualcomm HS-USB Diagnostics 90ADの後ろが(COM5)となっているのと、Qualcomm HS-USB NMEA 90ADの後ろが(COM3)となっています。COMの数値が違いますが、これは問題ないでしょうか。
      質問ばかりですみません。もし、何かご存知でしたら、何卒ご教授の程お願い致します。

      • GO より:

        KT様
        初期化しましたか(汗)
        Windows10・Mi5再起動したりUSBケーブルを外したり刺したりして一度落ち着いて作業しましょう。
        落ち着くとすんなりできる場合があります。
        COMポートはパソコンによって違うのでどの番号でも問題ありません。空いているポートを使うようになっています。

        • KT より:

          ただいまできました!本当にありがとうございました!
          問題は、「DFS CDMA Toolが正常にMi5の情報を読み取れるかテスト」のところで、色々な項目のreadボタンを押す前に、「Ports」ボタンの下の「SPC」の水色丸の右向きの三角ボタンを押していないことでした。「SPC」の水色丸の右向きの三角ボタンを押してからreadボタンを押すと読み込まれました。
          それ以降の作業はすんなりいきました。

          ご迷惑おかけし、すみませんでした。重ね重ね、本当にありがとうございました。

          • GO より:

            KT様
            SPCを押して解決したとのこと、連絡ありがとうございます。
            早速記事を修正しておきました。これ自分は押さないでもうまくいったので気が付きませんでした。
            お役に立てて幸いです。またお気軽に連絡くださいね。

        • KT より:

          KTです。SPCの件、記事に書いてくださった通りです。
          以下のサイトを慎重に上から読んでいったら書いてありました。
          http://andmem.blogspot.jp/2014/12/dfs-cdma-tool.html?m=1

          何にせよ、ありがとうございました。これからも、本サイトを応援しています

          • GO より:

            はい、お役に立てて嬉しいです。
            またご連絡くださいね。

    • GO より:

      KT様
      コメントありがとうございます。
      他にもやる方法あると思うのですが、ちょっと調べてみますね。

  3. 匿名 より:

    なぜかREADができません。
    ドライバのインストールなどはうまくいきました。
    なにが原因なのでしょうか?

    • GO より:

      Windows10を再起動したりMi5を再起動したり切断・接続したりしてもう一度お試しください。
      ドライバーをちゃんあてられたら問題ないと思います。
      DFS CDMA Toolで最初はReadできない場合があるようです。

      • 匿名 より:

        あ、それとMi5側でSelect radio bandがそもそも表示されないのですが、バンドを追加したら表示されるものなのでしょうか?

        • GO より:

          マジですか(汗)よかったら表示されている項目を教えて下さい。

          • 匿名 より:

            View SIM address book
            View Fixed Dialing Numbers
            View Service Dialing Numbers
            Get PDP list
            Enable data connection
            上記5項目のみです。

          • GO より:

            そうですね、自分のMi4SもSelect radio bandがありません、さらにGet PDP listもありませんでした。
            もしかしたらMi4SはMIUI7.9なのでその影響もあるかもしれません。もしくはROMが影響するのかも。
            どちらにしてもROMを書き換えればてっとり早いのですが危険ですので諦めたほうがよろしいかと思います。

  4. Seiji より:

    こんにちは。
    私もやってみてますが、Mi5を認識出来ずにジタバタしてます。
    ちなみにDFS CDMA Toolのバンドをチェック入れる項目って2種類ありませんでしたっけ?
    最近このツールをいじってないのですっかり忘れてしまいました。

    そういえばいまさらながらMi4Cを入手したので、そちらもやってみようと思ってます!!

    • GO より:

      Seiji様
      そうですか!けっこうクセあるんですかね?
      えっ2種類ありますか?Mi4SではSelect radio bandも無いので全くできそうにありませんでした(汗)
      ROMからいじくるしかなさそうな予感。
      自分は一応JAPAN BANDにできましたが、検証はしてないのでちゃんと動くか分からない状態です。
      どこか山奥に検証しにいくしか無さそうです。

  5. TY より:

    MI5でプラスエリア化はしていないのですが、画面右上の部分に「NTT DOCOMO 4G+」と表示されることがあります。
    この+というのはプラスエリアのことを表わしているのか、別の意味なのかがさっぱりわかりません。
    何かご存じないでしょうか?
    ちなみにROMはXiaomi.eu-romです。

    • GO より:

      TY様
      それ、多分Premium4G(4G+)エリアに入った時に表示されるやつですね。自分はいるところが田舎なので4G+の経験ありませんが(汗)
      https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/premium_4g/
      受信最大375Mbps出るらしいです。
      プラスエリアは800Mhz帯のFOMAプラスエリアのことです。800Mhz帯は山間部など田舎などで2GHzが使えないときに使う帯域のようです。
      登山など山間部に行かれる方は重宝しそうですが、都会にずっといる場合は使わなさそうです。

  6. まんま より:

    大変参考になるサイトです。で一点質問なのですがwin10ではなくwin7 64bit環境でも可能でしょうか?その場合DLするドライバが異なるだけで、それ以外の手順は同じなのでしょうか?いきなりで申し訳ありませんがご教授頂けると助かります。

    • GO より:

      まんま様
      コメントありがとうございます。
      はい、ドライバーがあればいけると思うのですがちょっと探したところWin7用はなさそうな感じでした。
      この際、恐怖のWindows10強制アップデートするのもあり?かもしれません汗

      • まんま より:

        返信ありがとうございます。やはり7環境では厳しそうですね。
        ちなみに例えば先ずはプラスエリア非対応の状態で使用し、色々なアプリを入れながら途中でプラスエリア化をした場合、端末は初期化されますか?それとも運用途中の状態はキープされるのでしょうか?
        キープされるのであれば暫くは非対応で使いながら、追って手を加えてもいいのかと。
        なんどもすいませんが、お知恵を拝借できればと。

        • GO より:

          まんま様
          Bandを操作して特に初期化されることはありません。
          とりあえずはそのままお使いになって、時期がきたらプラスエリア化するのが良いと思います。

          • まんま より:

            それがよさそうですね。
            しかしながら白もいいのですが、128gbの黒は出ないものですかねぇ。
            はたまた白に手を出してみるか・・・
            色々とありがとうございました。

          • GO より:

            黒ももうすぐ出てきますよ。
            Mi5の発売順は低スペック白→黒→ミドルスペック白→黒→ハイスペック白→黒
            という順番で出るようです。

        • はせくらえみ より:

          横から失礼いたします。

          bey.jpさんの記事のおかげで無事プラスエリア化できました!丁寧な説明に感謝しますm(__)m

          Win7のドライバが~ということですが、記事内で紹介されているxda-developersのドライバがWin7(x64)で使えました。

          * 環境
          Windows7 Pro(x64)
          昨日届いたばかりの香港版Mi5(32GB) ※バージョンは昨日のOTAでMIUI Global 7.3 Stable 7.3.5.0(MAAMIDD)

          香港版なので、ご参考まで。
          これからの記事も楽しみにしております。

          • GO より:

            はせくらえみ様
            コメントありがとうございます。
            お役に立てて幸いです♪
            えっ!?そうですかWin7でも使えましたか!
            有力情報ありがとうございます。

  7. ズルトラ再購入しかけ より:

    こんにちは。

    mi maxでもできるかな?と試してみようとしたところドライバーがない? ですが、

    usa band と表示されるとこで、BAND6と表示されました。(そして選択)

    これでBAND6対応完了?ですかね・・・

    • GO より:

      たしか違ったと思いましたが、ちょっと調べてみないとなんともいえません。
      えと、大阪の都心でのご使用だと思いますので下手にバンド変更しないほうが良いと思います(汗)
      逆につかみが悪くなる場合もあるので、

  8. mmm より:

    xiaomi redmi note 3 proのプラスエリア化の方法を教えて欲しいです。

    • GO より:

      mmm様
      コメントありがとうございます。
      自分もRedmi note 3 Proを頼んでいましたが・・・間違えてRedmi note 3のほうが来てしまいましたが(泣)
      プラスエリア化できるか試してみますね。

  9. はせくらえみ より:

    香港版の情報なので参考までに…。
    先日のOTAアップデートでMIUIバージョンが上がり、
    プラスエリア化を再度やり直したところ、Phone infoからJAPAN Bandを選択するところの画面表示が変わりましたのでお知らせします。

    * MIUI Version
    MIUI Global 7.3 Stable 7.3.10.0(MAAMIDD)

    * Phone info
    [USA Band]→[Band mode 6]
    [JAPAN Band]→[Band mode 11]
    (※香港版のMi5 32GBで確認した内容です。ご参考まで。)

    ちなみに、OTAアップデートしたら画面の明るさを自動で調整する機能がまともに動かなくなったり、同じSSID同士のローミングが不安定になったりしています。
    来月台湾に行くので、台湾版Mi5(売っていれば…)の対応バンドを見てきます。(さすがにB3,B8,B28を入れていると思いますが)

    • GO より:

      はせくらえみ様
      いつも有力な情報ありがとうございます。
      Band mode 11などに変更されたってことですよね。ちょっとわかりにくくなったような。
      台湾旅行いいですね♪ 自分も台湾大好きです。
      はせくらさんはスマホのことに詳しそうなのでBey.jpに記事書いてもらえませんか?

      • はせくらえみ より:

        GOさま、こんばんは。

        いえいえー、こちらの記事はほんとに分かりやすくて助かっております。

        ところで…、

        香港版 Mi5の下記ファームウェアにおいてプラスエリア化手順実施後の不具合を確認しました。

        MIUI Global 7.3 Stable 7.3.10.0(MAAMIDD)でDFS CDMA Toolでプラスエリアバンドの書き込み後、
        Phone infoでBand(6、11どちらでも)を選択すると音声通話ができなくなります。

        端末のリブートでは治らず、再度DFS CDMA Toolを使って使用バンドにチェックを入れなおして書き込むことで修復されました。
        (BandタブでReadしたらチェックが全て外れていました!)

        台湾に行っても特別安くスマホ等が買えるわけでは無いのですが、
        通販では入手できないinfocusや秋葉にも並ばないような機種に触れたらいいな~と思っております。
        (そして多分買ってしまう)

        そういえば最近の台湾TVドラマ「後菜鳥的燦爛時代」に出てくるスマホはHTCのみでした!
        リアタイで見たらHTCのCMが見られるかもしれませんね。

        え…、記事ですか?
        私は昔から作文下手なので、サイトが汚れてしまいますよ~。

        • GO より:

          はせくら様
          あっ、自分のMi5はChina版ですが同じバージョンMIUI 7.3 Stable 7.3.10.0です。でも通話はできるようです。
          そうですか!むやみやたらにアップデートするのも考えものなのかな?

          はい、記事作成お願いできたら嬉しいです。
          台湾で出会ったガジェットや買ったガジェットなどを紹介したりしてほしいです。
          今お話しているMi5のアップデートの不具合など。

          作文は自分もド下手で、所詮素人ですから。サイトも元々適当日記だったわけで(汗)
          むしろはせくらさんの情報が加わればサイトがビシっと締まります。
          適当に書いてもこちらで修正しますのでご安心あれ。
          報酬はガジェットでお願いします。
          よかったらメルアドつけてコメントいただくかお問い合わせからご連絡くださいね。
          http://bey.jp/?page_id=5098

  10. しゃちょ より:

    お世話様です!
    大変参考にさせて頂いております!
    質問があります・
    「このドライバーをMi5に1個ずつあてていきます。(ソフトウェア更新)」
    というのは、ドラッグ&ドロップでMI5に入れるということでよろしいでしょうか?

    • GO より:

      しゃちょ様
      ご質問ありがとうございます。
      ちょっと説明が悪くてスンマセン(汗)
      ドラッグ&ドロップではなく、
      ソフトウェア更新は、デバイスマネージャーで作業する「ドライバー ソフトウェア更新」です。
      http://bey.jp/?p=20596#i-3
      こちらの項目のとおりにデバイスマネージャーを操作してドライバーを1個1個あててください。

  11. しゃちょ より:

    GO様

    迅速な回答ありがとうございます!

    なんとか進めましたが、「DFS CDMA Toolが正常にMi5の情報を読み取れるかテスト」
    のところで、「read]をクリックしてもなにも変わらず、数字が出てきません・・・

    ちなみにですが、「Qualcomm HS-USB Diagnostics 90AD」が、私の場合は[com11]になっています。

    よろしければ、ご教授頂ければ幸いです!

  12. しゃちょ より:

    お騒がせしました!
    GO様のお蔭で無事にプラスエリア化出来ました!
    ありがとうございました!

  13. アキロー より:

    お世話になります。
    Mi5のプラスエリア化を試みておりますが、うまくいきません。ご教授願いますm(__)m

    【状態】
    MiとPCをUSBで接続(PTP接続)しても、当記事のようにデバイスマネージャーに認識されない。
    ちなみみ、Mi5の状態は下記です。
    MIUI ver:MIUI Global 7.3.8.0(MAACNDB)Stable

    よろしくお願いします!

    • GO より:

      アキロー様
      コメントありがとうございます。
      デバイスマネージャーに認識されない、というのはどういう状況ですか。
      もう少し詳しく教えて下さい。
      「他のデバイス」の項目にビックリマークが出てませんか?

      • アキロー より:

        お返信ありがとうございます。
        「他のデバイス」の項目も出ない状態です。
        当記事の手順はちゃんとふんでます。
        mi5のUnlock申請はまだですが、それは関係ありますか?

        • GO より:

          アキロー様
          デバイスマネージャーの「ポート(COMとLPT)」の項目にQualcomm・・・などの表記がありますか?
          Mi5のアンロックとは無関係です。

          • アキロー より:

            お世話になります。
            落ち着いて、一から手順を踏めば、無事にプラスエリア化できました。ありがとうございます。

          • GO より:

            アキロー様
            スンマセン、スパムに入っていて気が付きませんでした。
            はい、お役に立てて嬉しいです♪

  14. K.M より:

    大変参考になりますm(__)m

    MI5を購入時にこちらのサイトを参考にradio bandを確認はしていたのですが、MIUIをアップデート後にプラスエリア化をしようと思い、MIUIをアップデートしたらradio bandの選択が無くなってしまいました。

    ROMを焼き戻してプラスエリア化に取り組んでいるのですが、最終段階の確認をさせて下さいm(__)m

    【JAPAN BANDを選んでOKを押す】でJAPAN BANDを選んでOKを押しも変化が画面上に無くてOKなんでしょうか?
    JAPAN BANDを選んでOKを押しても画面上のUSA BANDとJAPAN BANDの選択画面は表示されたままです。

    再度DFS CDMA ToolからMI5のBANDを読み込んでみたところWCDMA VI(800 MHz) JPNにチェックはちゃんと入ってましたが。

    宜しくお願いします。

    • GO より:

      K.M様
      コメントありがとうございます。
      DFS CDMA ToolでWCDMA VI(800 MHz) JPNにチェックが入っていたらプラスエリアに対応していると思います。
      ただ、自分は実際にプラスエリアの田舎に行って対応しているか試しているわけではないので(汗)参考程度にお考え下さい。

      プラスエリアはよく登山する方や田舎にドライブする方や田舎にお住まいの方以外にはあまり役に立つとは言えないかもしれません。
      https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/
      こちらからご確認いただき地域を選んでいって、地図が表示されたらFOMAを押して黄色い部分がプラスエリアです。
      キャンプ・登山・林道ドライブ行かない人はあまり役に立たないかもです。
      なので、知識の無いまま無理に誤った操作をすると端末を壊しかねないのでプラスエリアを本当に使う方以外は現状維持のほうがよろしいかと、
      趣味でやる方は知識を付けてから操作することをオススメします。
      文鎮化は後悔で枕を濡らしますヨ(泣)

      • マダオ より:

        FOMAプラスエリア(Band6)の電波を掴むかどうかは、端末を電子レンジに入れて電話をかければ、一発で判るんじゃないですか?

        ちなみに、自分の入手した端末はMIUIバージョンが『MIUI 7 Global 6.5.30』だったのですが、こちらでもBand選択の項目が現れず、FOMAプラスエリア化は出来ませんでしたね。

        • GO より:

          マダオ様
          そういうこともできるんですね。えとBAND1の2100MHzのLTEを遮断するということでしょうか?
          3GのBAND6は800Mhzだから通すのかな?
          よく分かりませんが、機会あったら実験してみます。
          ただ!電子レンジの電源抜いとかないともしボタン押しちゃったらスマホがチンされて【エライコッチャ】になりそうですね(汗)

          • マダオ より:

            そういうことです。
            多分、電波の直進性の強弱の違いによるものではないかと。
            SoftBankのプラチナバンド(Band8)も同様に、電子レンジの庫内でも着信しますね。
            逆に、FOMAプラスエリアやプラチナバンドに対応していない端末は着信しません。

            それにしてもBand選択の項目は、ブートローダー取ってMIUIのバージョンアップをROM焼きするなりすれば、現れるんですかね?
            ちょっと、面倒だな…

          • GO より:

            マダオ様
            そうですか!ぜひ実験してみます。
            ROMによってBAND選択出てこないことが多いようです。ただBAND選択できなくてもDFSでBANDの変更はできたとの報告いただいてますのでまずはROM焼きする前にDFSやってみても良いかと思います。
            どちらにしても面倒なので、プラスエリアする必要があまり無い場合はしないほうが良さそうです。

  15. KEI より:

    大変参考になるサイトで本当にお世話になっております。

    6月初旬にMi5グローバルモデル(MIUI 7.24)を購入し、先日、MIUI7.52グローバル版にバージョンアップしたところ、やはりradio bandの選択がありません。(MIUI7.24は未確認)
    DFS CDMA ToolでWCDMA VI(800 MHz) JPNにチェックは入っていますが機能しているかどうかは分かりません。今のところ不具合はでていませんので田舎に行った時にでも検証したいと思います。

    • GO より:

      KEI様
      コメントありがとうございます。
      WCDMA VI(800 MHz) JPNにチェックが入っていればプラスエリア化できていると思います。
      はい、もし検証してつながったら教えていただけると喜びます♪

      • KEI より:

        検証してきました。

        結果から申しますと残念ですがダメでした。
        WCDMA VI(800 MHz) JPNにチェックは入っていますがMIUI7.52グローバル版バンドではバンド選択がないため無理のようです。今のところバージョンダウンしかなそうです。

        • GO より:

          KEI様
          検証ありがとうございますm(_ _)m
          そうですか・・・残念です。
          自分もそろそろ本腰を入れて裏山に登ってBAND6が使えるかチェックしてみます。

          • KEI より:

            GO様
            お世話になっております
            ROMバージョンを変更して再検証しましたので報告いたします。結果から申しますとバッチリ対応していました。

            検証状況:Mi5グローバルモデル(MIUI 8.0.5)本体にradio band選択はありませんがWCDMA VI(800 MHz) JPNのチェックを確認しSIM13G(通話)・SIM24G(DATA)両方のスロットで対応していました。
            検証場所:和歌山県 龍神スカイラインのプラスエリア区間(40㎞)にて検証しました。山間部でも安心して使用することを確認できました。
            重ね重ね有益な情報ありがとうございました。

          • GO より:

            KEI様
            有力情報ありがとうございますm(_ _)m
            あっ!MIUI8はわざわざプラスエリア化しなくても対応しているということのようですね。
            検証ありがとうございます。
            自分もMIUI8機で検証してみます。

          • KEI より:

            GO様

            お世話になってます。

            紛らわしい表記で申し訳ありません。
            プラスエリア化をMIUI8で行っての結果です。
            MI5のradio band選択(項目なし)にかかわらず有効になっています。
            以上よろしくお願いします。

          • GO より:

            KEI様
            スミマセン、見落としてました。
            あっ、了解です。radio bandの項目がなくてもできたってことですね。
            ちょっとやってみないと分からないのでやってみますね。

  16. RZ より:

    大変参考になる情報をありがとうございます。
    円高になったので、6月末にAliexpressでmi5の64GB(MIUI7.9.11.0)をほぼ4万円で入手したまでは良かったのですが、住んでいるエリアが本当に田舎なもので、なんと自宅でドコモのアンテナが一本も立たないという事態に泣いておりました。
    記事の通りに進めて、無事、バンド6に対応しました。今晩家に帰って、アンテナが立つかどうかドキドキしています。(今は立派にアンテナが立つ職場で作業中です)
    まずは、うまくいったというご報告と、お礼まで。

    • RZ より:

      画期的な変化です!
      無事にアンテナが立派に立つようになりました。
      昨日の絶望が嘘のようです。

      私のように、冗談じゃない田舎に住んでいて、この記事がクリティカルにmi5の生死に関わる環境にいる人は少ないかもしれませんが、本当に助かりました。
      ありがとうございました。

      • GO より:

        RZ様
        コメントありがとうございます。
        よかったですね!
        お役に立てて嬉しいです♪
        プラスエリア化にして実際に使えたということを実証できたことになりまして、こちらこそありがとうございますm(_ _)m

  17. 匿名 より:

    恥ずかしながら何をミスったのかband設定のチェックがめちゃくちゃになってしまいました
    RF BC configの初期チェックは御blogに上がっているSSで確認できるのですが、
    band preferedの初期状態が分からなくなってしまいました
    何とか確認出来る方法はありませんでしょうか

    • GO より:

      返信遅くなりましてスミマセン。
      今ちょっと立てこんでるので落ち着いたら見てみますね。

    • GO より:

      遅くなりましてスミマセン。
      Band Preferedの初期状態を載せておきました。
      このページの最後に載せました。
      ご確認ください。

  18. ALOHA より:

    お世話になります
    MIUI7.52からバージョンダウンするにはどのようにすればよろしいでしょうか、お教えいただければ幸いです

    • GO より:

      ALOHA様
      コメントありがとうございます。
      バージョンダウンは多分ROMを書き換えるしかないと思います。
      http://en.miui.com/download.html
      公式ROMはここに置いてあります。古いのも少しだけあるようですね。
      探せばいろいろと落ちてると思いますが、文鎮化の可能性が大きいのでお気をつけくださいませ。

  19. taka より:

    すいません、初めまして、色々探していてここに辿り着きました。GEARBESTにて、xiaomi max128GBを購入して1日目はdualsim(日本通信SIM”netのみテザリング可能”、SB銀”SIM通話のみ”)にて使用可能でしたが、翌日朝起きてみると両方のSIMが通信サービスがありませんとの表記で一切使用できません、auのiphoneのsimを入れると使用可能ですが2枚auiphonesimを入れると1枚しか認識しません。拙い文章ですがご教授いただけませんでしょうか?調べて色々試しましたがわかりません、故障かと思ってGEARBESTに連絡すると、GEARBESTのWALLETにて15ドル修理代として返金とつれない返答だけでした。よろしくお願いします

    • GO より:

      taka様
      コメントありがとうございます。
      1日目はもしかしたら買った直後なのでアップデートして設定がおかしくなったのかもしれません。設定をもう一度見なおせばよいかと思います。
      Settings>SIM cards & mobile networksの部分のMobile dataをオンにしてDialとInternetを適宜設定しましょう。
      それと、それぞれのSIMカードをタップしてAccess Point Namesをチェックしてみてください。
      設定後再起動したりして試してください。

      えと、2枚同時使用については自分はドコモSIMとSo-netSIM、IIJSIMしか持ってないので確実なことは言えませんが、
      ドコモ系SIMとau系SIM2枚差しだと1枚TEL+1枚LTEデータ使えるようですよ。
      この辺の組み合わせは検証してないのでなんとも言えませんスミマセン。

      えと、多分故障では無いと思うのでGearBestの対応も曖昧だと思います(汗)

  20. minto より:

    本日mi5購入しまして、プラスエリア化の際参考にさせていただきましたが『DFS CDMA Tool』にて変更点確認いたしましたのでご報告致します。

    1.インストールファイル
    旧:DFS 14.9.4.0.zip
    新:Setup_DFS_Studio_16.08.25.0.zip

    2.ツール名
    旧:DFS CDMA Tool
    新:DFS Studio / QualcommTool

    3.変更点
    ・DFS Port Managerの廃止
     Ports 設定はmainタブで設定可能
    ・SPCが文字のみに(再生みたいなマークが表示されない)ちゃんと押せます
    ・ProgramingタブでのUI変更
    ・BANDタブでのUI変更

    //以上

    (注1)9/3現在Xiaomi Mi5 (グローバル)プラスエリア化成功しました

    (注2)環境としてはMac book pro / ParallelsDesktop12でのWindows10ですのでちょっと変わってますw

    (注3)1回でうまくできなく2回目で成功しました。おそらく関係ないですが2回目はユーザー登録(Freeの方)してから作業しました。

    長文失礼しました、、、

    • GO より:

      minto様
      詳しいご報告ありがとうございますm(_ _)m
      感謝です!
      DFS StudioはDFS CDMA Toolとは別のツールのようですね。
      https://www.dfstudio.com/support/
      こちらのでしょうか?

      • minto より:

        上記リンク先はおそらく関係ありません。
        説明わかりづらくてすいませんm(_ _)m

        //以下補足

        本記事にあります
        『DFS CDMA Tool ダウンロード』の項より
        “http://cdmatool.com/download”にアクセスしますと
        Download DFSの欄に
        “Setup_DFS_Studio_16.08.25.0.zip”しかありません

        “Setup_DFS_Studio_16.08.25.0.zip”をインストール後、解凍すると
        “DFS Studio”といったファイルが出てきました。
        そのファイル内にある”QualcommTool.exe”を開くと
        “DFS CDMA Tool”と同じような機能でした。

        おそらく何らかの事情で”DFS CDMA Tool” の配信が停止して
        “DFS Studio”が新しく出たのだと思います。

          ※ 参考 ファイルパス ※
        “C:\Program Files (x86)\Telecom Logic\DFS Studio\QualcommTool.exe”

  21. kaeru より:

    はじめまして!
    とても有用な情報が満載のブログ、いつも拝見しています!

    さて、こちらのプラスエリア化の方法ですが、新しく出たmi5s plusでも
    同様に有効でしょうか?

    もしmi5 plus用のドライバ等をご存知でしたら教えていただけると助かります。
    お手数をおかけいたしますが、何とぞよろしくお願いいたします。

    • GO より:

      kaeru様
      コメントありがとうございます。
      プラスエリア化まだ試してないのでなんとも言えませんがちらっと見たところ、このページの
      http://bey.jp/?p=20596#Testing-3
      Select radio Bandの項目が出てこなかったので現在のROMでは無理っぽいですね(汗)
      もう少し調査してみないと分かりませんが、GearBestのInternational EditionのROMではできない可能性大です。
      ドライバも現在探してます。もしドライバあったら教えて下さいね。

  22. kaeru より:

    GO様

    早速のお返事ありがとうございます!

    現在のROMでは無理っぽいとのことで残念です…
    そのうちmi5s plus用のcmでも出るようになれば、
    プラスエリア化できるようになるでしょうかね…
    そんな日が来ることを気長に待つことにします。

    有用な情報ありがとうございました。
    私ももし情報を見つけましたらお知らせいたしますね。

    ありがとうございました。

    • GO より:

      kaeru様
      はい、プラスエリア化は山間部の田舎にお住いでは無い場合は必要ないと思います。
      それか狩人とか登山によく山に行く方とかそういう方はプラスエリア入らないとヤバイですね。
      すぐにプラスエリアが必要なければ無理に改造しないで気長に待つのが正解です。無理して改造すると文鎮化して・・・(泣)
      Mi5s Plus3日間くらいいじってますが使いやすいですねぇ!ディスプレイ超キレイだし、OnePlus3やめてこっちにしようか浮気心が出ちゃってます(^_^)

  23. kaeru より:

    GO様

    ご丁寧なお返事ありがとうございます。
    当方、北海道なのですが、日常的に移動・滞在するエリアにプラスエリアしか電波のない場所があるため、プラスエリア化は重要なんですよね…

    なお、信じられないかもしれませんが、道内の主要な都市を結ぶ幹線道路でも、途中にFOMAプラスエリアの電波すらない区間があったりします。もちろんトンネルじゃないですよ〜(汗)

    さて、op3しばらくantutuで1位の座に座り続けていましたが、近ごろは状況が変わってきたようですね。

    小米もmi5sやmi5s plusが出たばっかりと思っていたら、今度はmi noteの新しいのが出ましたよね。http://androidlover.net/minote2

    こっちの方がデザインも洗練されていて対応バンドも増えて(小米にしてはお値段高目だけど)けっこう良さげですよ〜…

    小米まだまだ元気ですね〜

    • GO より:

      kaeru様
      北海道!いいですね。昔車で一周しましたがすごく素敵なところですね。
      ただ、夏は良いのですが冬はきつすぎる(汗)
      プラスエリア化重要なようですね。早めに試して記事にしてみます。
      はい、中国では落ち目っぽいXiaomiですが小米が一番精力的にいろんな機種だしているようです。
      HuaweiとLeEcoには勝てそうにないかなぁ・・・どうなんでしょう。
      Mi5s PlusとMi Note2はどういう住み分けなんでしょうね?
      androidlover.netってkaeruさんのサイトかな?

  24. kaeru より:

    GO様

    ありがとうございます。
    これから北海道は長く寒い冬に入ります。

    LeEcoも良さそうですよね。私も検討したのですが、
    デザインやカメラ性能などを比較して、結局小米にしました。

    小米、最近ポコポコと新製品が発表されますね。
    miシリーズはスマホ、mi noteシリーズはファブレットぐらいの認識でしたが、
    plusが出てきてよく分からなくなりました。
    意外と小米も組織内は縦割りなのかもしれませんね(笑)

    androidlover.netは人様のサイトです。失礼しました〜

    • GO より:

      kaeru様
      北海道はこれからチェーン必須ですね。もし北海道くらいの天候がずっと九州で続いたら九州の人は冬中外に出られないでしょう(汗)今年の冬に雪が積もってバス以外は車が動いていませんでした・・・だって自分も含めて誰もチェーン持ってないから(笑)気温は東京と同じくらいなんですが雪は積もるくらいにはあまり降らないようです。

      LeEcoすごく良いですよ!ただ、同じようなお顔のスマホ機種が多いのは中国圏でTVとかSTB(セットトップボックス)とかスマホの抱き合わせで販売してるので、その一環としてスマホも販売しているという背景があるようです。
      最近はなくなってしまった日本の携帯キャリアのスマホ実質無料などのキャンペーンと同じような商法でLeEcoスマホやTVを安くするからLeTVの番組視聴契約してね、というような商法のようです。LeEcoは電気自動車とか家電とか・・・ヤバイくらいに色んな方面に手を伸ばしてます。

      はい、Xiaomiもいろんなガジェット出してきてMi5s Plusのチームと別にMi Note 2のチームが知らないで出してきたのか?自由にやってるのかもしれません。
      縦割り、ということはあまり無さそうです。自分のお仕事仲間の中国人はかなり自由にやってて、GearBestの担当とかも若い女性ですが価格を自由に決められたりある程度の決定権も持っていました。英語は普通に話せないと仕事にならないしけっこうアメリカナイズされていると思います。
      日本の会社のことははほぼ分かりませんが、いちいち上司にお伺いを立ててハンコを押してもらって・・・とか、どんくさい事やってたら毎週進化していくIT業界では未来人と原始人くらいの差が出ちゃって(もう出てますが汗)マジで滅びます。
      自発的に動くのを良しとする社会なのか、上司に言われたことだけをやる社会なのかの違いかもしれません。

  25. もびお より:

    この方法でMi5s PlusもBAND6対応ってできるのでしょうか?
    GearBestで注文してみたのでちょっと気になりました。

    • GO より:

      もびお様
      コメントありがとうございます。
      今のところDiag Driverが無いので無理だと思います(汗)

      • I hisanori より:

        Mi5s plusもMi5Diag Driverを同じ様に当てたら認識しましたよ。
        書き換えも完了し電子レンジでも着信しましたよ!!
        あとは後日、山間部でのテストです。

        • I hisanori より:

          Mi5s plus (6G 128GB)です.

        • GO より:

          I hisanori様
          コメントありがとうございます。
          自分のMi5s Plus場合はBAND変更しないとダメみたいでした。
          アプリで変更できるようなのでもう一度ためしてみますね。

  26. もびお より:

    ご返信ありがとうございます。
    やっぱりそうですよね(汗)
    *#*#~のから情報みてもBand情報の表示もありませんでしたし、グローバルROMが出るのとDiag Driverが出るのを気長に待ってみるとします~

    • GO より:

      もびお様
      はい、もしプラスエリア化しないでも使えるエリアでしたら気長にお待ち下さい♪
      知りませんでしたが北海道は結構プラスエリアが重要なようですので、Mi5のほうが良さそうです。

  27. dragon7577 より:

    DFSでWCDMA Ⅵを選択し本体変更後、下記の内容についての質問です。
    ご教授願えれば非常にありがたい。
    1.MIUI 8.0以降では、エンジニアモード*#*#4636*#*#からバンドモードの選択・変更が出来ません。
    2.アプリHidden Settingsからバンドモードで、Japan Bandを選択できるのですがPhone1への割り当て変更かPhone2への割り当て変更か不明です。おそらくはDFSで読み込まれるIMEIだけが変更されるものと思われますが。
    3.Phone1とhone2の両方へJapan Bandを明確に割り当てる方法があれば、教えていただけますか。

    • GO より:

      dragon7577様
      コメントありがとうございます。
      はい、自分はMi5s Plusで同じ状況ですが、Hidden Android Settingsアプリを入れてBandを切り替えてプラスエリア化できた方もいます。
      http://bey.jp/?p=35878
      Hidden Android SettingsアプリでBandを切り替えても自分はうまくいきませんでした(汗)ショップROMのままなのでそれがいけないのかもしれません。
      上記ページを参考にしてくださいね。プラスエリア化できたら教えていただけると喜びます。

  28. dragon7577 より:

    ちなみに当方の機種は、Mi Max 32GBです。
    MIUI Version:MIUI Global 8.2/Stable 8.2.12.0.0

    この端末だと初期状態でHidden SettingsでBand Modeを見てみるとBand 6は存在しています。
    ですがDFSに繋ぎ見てみると、WCDMA Ⅵ(800MHz)Japanにはチェックが入っていません。
    既存のBand 6とJapan Band 6との関係はどういうことなんでしょうかね。

    • GO より:

      dragon7577様
      MIUIバージョンを見るとどうやらショップROMのようですね。
      ROMのせいでプラスエリア化できない可能性もあります。

      そうですね。Bandについてはよく分かりません(汗)ただROMを焼いたMi MaxでJAPAN Bandにしないで(なかった)プラスエリア化したらできたので、Japan BANDはただのリストの可能性もあります。

  29. あらしー より:

    こんにちわ
    mi mixを購入(まだ届いてませんが)し、プラスエリア化しようと思っているのですが、なかなかネットで検索してもmi mixでやった事例がなくて、、
    機種は違いますがこちらのサイトを参考にやってみたいとおもっております。
    ちなみにmi mix所持しているようですが(ちがってたらすみません)このページの方法でプラスエリア化されましたでしょうか?

    • GO より:

      あらしー様
      コメントありがとうございます。
      自分もMi MIXでプラスエリア化ちょっと試しましたが、現状はできていません。
      Mi5のDiagドライバーをあててみましたが不可で、やはりDiagドライバーが無いと無理のようですね。
      ただ、すでにMi MIXでプラスエリア化されている方がいるようですが詳細が分かりません。かなり知識のある方はできているようです。
      まだ自分もよく試してないのでもしかしたらできるかもしれませんが現状はできていません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。