【高級感】10.1インチ中華パッド Chuwi Hibook 開封の儀 レビュー

スポンサーリンク

最近Teclastがすごいたくさんの製品を出して追い上げていますがChuwiも負けずに製品だしてますね。

今回はTeclast Tbook 10と同じ部類の高級感を出したChuwi Hibookの開封の儀レビューをします。

Hibook、Tbook10と見てみると持った感じ、触った感じは少しの違いがありますがまぁ兄弟ですね。ほぼ一緒。

DSC_0216

Tbook10のほうはカチッとした印象で中身が詰まってる優等生タイプ、できるサラリーマンといった印象。

一方、Hibookのほうは持った感じ中身が詰まってなく軽いと思わせてくれて堅苦しくなく自由な気風が感じられた。

自分の感覚なのであまりあてになりませんが(汗)

Chuwi Hibook スペック

HibookとTbook10を比べてみました。

スペックもほぼ一緒ですね。Hibookのほうが横幅2Cmほど広いのでひと回り大きいように見えます。

あとはスピーカー、両脇に付いてますが自然なサウンドです。Tbook 10の場合も両脇に付いてますが真ん中で聴くと聴きにくいような気がします。

画像Chuwi HiBook Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアTeclast Tbook 10 Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
機種名Chuwi HiBookTeclast Tbook 10
メーカーChuwi264Teclast255
キャリアWi-Fiモデル
Wi-Fiモデル
GearBestクーポン

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

EverBuyingクーポン

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

価格表示
価格
最安値
4GB/64GB
更新:2017/02/10
最安値
4GB/64GB
発泡梱包 $189.99
更新:2017/02/10
Wish
1
1
4
3
5
 
OSWindows10,Android 5.1Windows10,Android 5.1
SocブランドIntelIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ10.1インチ10.1インチ
解像度WUXGA(1920x1200)WUXGA(1920x1200)
パネルTFTTFT
画素密度224ppi224ppi
バッテリー6600mAh3.8V / 22800mWh
フロント カメラ200万画素200万画素
リア カメラ500万画素-
重量550g574g
サイズ 縦x横x奥行262x167.5x8.5mm246.5x165.9x8mm
SDMicroSD(最大64GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.0
WiFib/g/nb/g/n
充電USB Type-CDCプラグ,MicroUSB
接続MicroHDMI出力,MicroUSB
動画https://youtu.be/E72L82rhI8s
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。

そして主な違いは充電、Tbook10はACアダプターで丸いDCプラグで充電するのに対して、HibookはUSB3.1 Type-Cで充電できる。コノ点でHibookのほうが進んでいますね。

Teclastの商品画像にご注意

上の画像で見るとTbook10の角が丸みが無いように見えてベゼルが狭いように見えますが・・・Teclastお決まりの画像加工なので画像で騙されないようにご注意ください。

Hibookのほうはほぼ画像通りといったところか、Chuwiの商品画像はけっこう控えめな感じです。

こういう画像を見るとあまり高級感が無い気がしますが実際に手に取ると高級感あります。

反対にTeclastの場合は・・・

こんなに薄くないし、ベゼルもこんなに狭くない・・・商品画像にだまされないようお願いします(汗)ただ雰囲気はあってると思います。

Hibook、Tbook 10、兄弟のように似ててもChuwiとTeclastの社風が違うようで、両機持つと違いが分かって楽しい。

違いと言っても微々たるもので製造工場が一緒なのか躯体構造がほぼ一緒で、中華パッドに馴染みが無い方が見ると同じメーカーの製品と思われてもおかしくないほど似ています。

あとは、Chuwi,Teclastどちらの会社が好きかの違いですかね。

Chuwi Hibook 外観チェック

では早速Hibookを見てみましょう。

Chuwi Hibook 開封の儀

GearBestの梱包状態

プチプチ有効活用できてないのでGearBestに改善クレームもう一度出してみます。

Chuwiの化粧箱

おなじみですね。

開封の儀

パカっと、左の箱と本体の周りのダンボールが少し潰れてるのが気になる。

DSC_0342

ビニール取ってみた。

DSC_0340

裏面、なかなか高級感ある。

DSC_0343

液晶保護フィルム1枚目を取る

このシールどうやって使うか分からないけど2枚あるから1枚剥がして角にくっつけて保護フィルムを取る。

DSC_0351

1枚取った、けどもう一枚貼ってある。これは取りたいけどとらないでおこう。

DSC_0357

ACアダプターは5V3Aでした。

DSC_0360

でもACアダプターは差し込みが違うので日本では使えない。充電ケーブルはType-Cケーブル、いいですね。

表面

すみません、Mi5で撮影したのですが、「Add time stamp in photo」をオンにしちゃったらしく日付が表示されてしまいました(汗)

まぁ、また撮影するのメンドウなのでこのまま掲載しちゃいます。

DSC_0362

Windows10は日本語なかったので初期設定終わったら日本語パックをダウンロードする必要あり。

ベゼル幅

  • 上下:側面金属約1mm+表示されない部分約21.5mm=22.5mm
  • 左右:側面金属約1mm+表示されない部分約15mm=16mm

裏面

裏・横と金属一体型です。

裏面はなだらかに少しだけ丸みがあります。Tbook10も丸みがありますがHibookのほうが丸みが多い。

側面

側面と裏面一体型になっています。

DSC_0197

面取りがしてあって輝いています。

DSC_0198 DSC_0201

側面の両側面取りしてあってツヤがあるので輝いて高級感ありです。

ただ、側面から表面が出っ張ってるのがやはり気に入らない。

MicroSD

Hibookのスペックでは64GBまでサポートでしたが128GB刺したら認識されました。

リアカメラ

DSC_0200

リア・フロントカメラも一応付いてますのでLINE・Skypeなどのビデオ通話もいけると思います。

Androidも普通に日本語可能

Androidは最初は中国語ですが、設定で日本語にすれば全て日本語になります。

Google Play ストアもデフォルトで入ってます。

ベンチマークテスト

AnTuTu

Androidで計測

Windows10で計測

ブランド 型番 計測OS AnTuTu Geekbench3 価格(約)
Link 商品ページ レビュー カテゴリ
    価格調査
ASUS 自作PC Core i7-6700 Windows10 309088
Jumper EZpad 5s Windows10 72530 28,000円
Teclast Teclast Tbook 10 Windows10 70955 23,000円
Android5.1 58070 718 2067
Chuwi Chuwi Hibook Windows10 65719 23,000円
Android5.1 57884 738 2161
Teclast Teclast X98 Plus 3G Windows10 71792 23,000円
Android5.1 56264 708 2048
Teclast Teclast X98 Plus Android5.1 52728 20,000円
Chuwi Chuwi Hi8 Android4.4.4 48869 897 2128 12,000円
Teclast X89 Kindow Reader Android4.4.4 48500 803 2124 10,000円

Geekbench3

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

Screenshot_2016-06-04-03-27-25

Storage RAM Internal
memory
SD card
MB/s Read Write Read Write
X89 Kindow Reader 7627.51 62.00 29.59 25.25 11.12
Chuwi Hi8 4930.95 76.19 18.91
Teclast X98 Plus 3G 3541.77 137.34 79.63 107.18 82.80
Chuwi Hibook 3484.84 123.17 84.12
Teclast Tbook 10 3322.29 117.29 75.87

他のスマホとのベンチマーク比較

今まで計測したAnTuTu・Geekbench3 ベンチマークテスト結果一覧表
結構な数のスマホやタブレットのベンチマークテストを計測したので、このページで計測結果をまとめておきます。
【日本・韓国・中華スマホ・タブレット】A1 SD Bench メモリ・ストレージ ベンチマークテスト一覧表
せっかく自宅にスマホやタブレットが多数あるのでRAMやストレージの速度を計測してみたくなったのでまとめてみました。

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Crystaldiskmark

1

Storage Seq Q32T1 4K Q32T1 Seq 4K
MB/s Read Write Read Write Read Write Read Write
自作パソコン 545.3 442.9 329.0 269.3 519.9 426.2 42.32 126.8
Teclast Tbook 10 100.6 35.02 15.52 1.377 120.4 47.60 12.34 1.316
Chuwi Hibook 131.5 80.53 22.29 11.07 143.2 66.27 13.66 8.785

その他のストレージベンチマーク

【自作パソコン+中華パッド】CrystalDiskMarkの結果 Windows10 Cドライブ
MicroSDをタブレットやスマホで計測したりしているとストレージの速度が気になりだしたので今おウチにある全てのスマホ・タブレットと自作パソ...

Chuwi Hibookは高級感あり

最近の流行りでしょうか?中華パッドもどんどん進化してきて、もう以前のように不具合連発というのは無くなってしまったようです。

ちゃんと動けば動いたで嬉しいんですが・・・トラブルが無いとちょっと中華パッドという気もせずなんか物足りないというか、遊べない・・・←ワガママすぎ(汗)

行き着くところまで行き着いてしまって、普通のiPadやAndroidタブレットと変りなく使える状態になったようですね。

中華パッドの特徴であるWin+Androidのデュアルブートでもう少し速くなればもっと使い道も広がってくるでしょうね。

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. Yoshi より:

    お世話になります。
    いつも更新を楽しみにして拝見しております。
    お聞きしたいのですが、このても中華パッドでCore-Mを
    搭載している機種は有るのでしょうか?
    宜しくお願い致します。

    • GO より:

      Yoshi様
      コメントありがとうございます。
      Chuwiはたしかなかったような、Core MはCube i7かTeclast X2,Onda V919とかその辺りだと思います。

  2. Yoshi より:

    GOさま
    お世話になります。
    ご回答有難う御座いました。
    教えて頂いた品名から調べてみたら、今度Ondaから
    oBook Proという物が出るらしく購入の機会があったら
    購入を検討してみます。(sureface bookに似ていて)
    有難う御座いました。

    • GO より:

      Yoshi様
      oBook Pro・・・あはは、Surface Bookとそっくりですね(^^)
      なかなか面白そうなので一度手にとってみたいです。
      有力な情報ありがとうございますm(_ _)m

  3. Yoshi より:

    GOさま
    お世話になります。
    GOさまのレビューまっております。
    (いつ頃発売だかわかりませんが?)
    また、普段はiphone6s plusをしようしていましたが
    スペックに魅力を感じてLeEco Le MAX 2を購入してみました。中華スマホは、初めてでしたが中々良いです。
    価格も半分くらいですし。
    中華スマホすごいです。

    • GO より:

      Yoshi様
      LeEco Le MAX 2購入されましたか!
      自分も狙ってた機種なんですよねぇ、スナドラ820だしすごい性能ですね。
      GearBestではプレオープン中で6/15以降の発送になっててローズゴールドしか無いようですが、
      他で購入されましたか?どこか在庫あるところあるのかしら。

  4. tensho より:

    はじめまして。
    Everbuyingで200ドル強で、Hibook proを購入しました。
    中華タブレットは初めてなので、心配しましたが、
    2週間ほどで無事到着しました。
    すばらしい製品です。中華タブレットのファンになりました。
    日本の企業がこれだけものもを作れないのは、本当に悲しいです。
    画面が高精細でとても気に入っています。
    無線LANが実効速度72Mbpsぐらいなので、残念です。
    SDカードもSandiskの200GBを認識しました。すばらしい。
    雑誌や本の電子書籍ビューワー用に使うので、Androidだけで十分です。
    Windowsのないバージョンを作って欲しいです。
    また、来年は、Surface Proのように4Kの製品を出してほしいです。
    それとLanをacの5MHzまで対応してほしいです。
    3~4万円になってもいいですのでぜひお願いしたいところです。
    Hibook proを改変して、Windowsなしの全部Android化して
    全ROMをAndroidで使いたいです。
    LTE対応をするなら再来年でもいいです。
    ところで、Androidは5ですが、6や7にアップデートされることはないのでしょうか。
    中華タブレットは、初期のママというスタンスなのでしょうか。

    • GO より:

      tensho様
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      最近の中華タブレットいいですよねぇ、数年前は安かろう悪かろうだったのですが今は急激に進化して激安なのに高品質という日本企業は太刀打ちできないタブレットになりました。
      自分もWindowsは要らない派です。でもメイン機が使えなくなったなどいざという時にWindowsは使えそうです。
      Android6のアップデートはあまり聞きませんね。多分アップデートはChuwiが配布しないと無理だと思います。
      手動で誰かがやったようですがやり方は分かりません。

      • tensho より:

        GO様
        以前は中華タブレットは軽蔑的でしたが、すっかり評価を変えました。
        むしろ激安高性能の面では最高を意味する代名詞になったと。
        希望仕様は、さっそく、Chuwiにメールして、リクエストしておきました。
        4Kディスプレイ搭載、11ac対応のAndroidタブレットを出してほしいと。
        また、Androidのアップグレードについても聞きました。
        回答があるかわかりませんが。
        何事も、コミュニケーション次第と思うので。ダメモトです。

        • GO より:

          tensho様
          はい、中華タブレットは品質高くなりましたねぇ、中華スマホのほうは更に品質高くて世界最高峰レベルですね。来年にはHuawei・Xiaomi・LeEcoあたりが世界最高品質でスマホ界を牛耳るでしょう。
          中華タブレットは現在Chuwi・Teclastの2強で若干下がOndaのようですが、タブレットはデカイのでそれほど高品質にする必要が無いジャンルもあったりして、コスパ重視のものもあるので品質が高ければ良いということでは無さそうです。
          Chuwiにメールされましたか!行動力ありますね、素晴らしいです。自分も頑張って見習います!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。