【シャオミ スマホ 中国で購入】 Xiaomi Redmi Note 3 Pro 16G ちょいレビュー

スポンサーリンク

初めまして、Syenyang gadget(日本人)と申します。

私は今、仕事の関係で中国の地方都市に住んでいます。

そのうちに街の紹介もしたいと思いますが、

まずは私が使っている中華スマホ(Redmi Note3 Pro16G)の紹介をさせて頂きます。

Redmi Note3 Proの購入は中国の友人に頼んだ

Redmi Note3 Pro 今年の3月の999元で購入

1

中国の同僚に今年の3月に買ってもらいました。その時には999元(約17,500円)でした

今調べると、ディスカウントされて899元で買えます。

Xiaomiは59元で1年間の無償修理のサービス付き

3

購入してもらった時は気づきませんでしたが、購入時に59元払うと1年間の無償修理のサービスがあるようです。

水没、落下のも故意でなければ無償修理してもらえるようです。知っていれば入りました。中国に来る機会のある方で購入されるなら、入ったほうが良いように思います。

5

保障は以下の通りです。

  1. スマホ購入時に保険に入ることができる、保障期間は1年間。
  2. 落下、水没、画面割れなどに適応され、修理か本体交換を選べる。通常使用時に発生した、錆、摩耗破損、熱等による故障には適応されない。また、盗難、紛失にも適応されない。
  3. 一度適応されたら、保障はそこで終了、2回目はなし。

59元ですからだいたい1000円です。良心的だと思います。

中国人のXiaomiの評価

Xiaomiブランドの中国の同僚の評価は、「安くて使いやすい」が「壊れやすいかも」、というものです。

結構Xiaomiのスマホを持っていますが、一番人気はやはりiphoneです。

聞くところでは日本の2~3割増しの価格らしいのですが、持っている人が多いです。

なんといっても中国は面子の世界ですから、相手に見られるもの(車、時計、携帯など)にお金をかける人が多いです。

Xiaomi Redmi Note3 Pro スペック

画像Redmi Note 3 Pro Snapdragon 650 MSM8956 1.8GHz 6コア
機種名Redmi Note 3 Pro
メーカーXiaomi173
キャリアSIMフリー
Wish
10
8
9
OSMIUI7,Android 5
SocブランドQualcomm
SocSnapdragon 650 MSM8956 1.8GHz 6コア
メモリ2/3GB
ストレージ16/32GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)
パネルTFT
画素密度403ppi
バッテリー4000mAh
フロント カメラ500万画素
リア カメラ1600万画素
重量164g
サイズ 縦x横x奥行150x76x8.7mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0
GPS
WiFib/g/n/ac
生体認証指紋
充電MicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
850(5,26),900(8),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
1800(3),2100(1),2600(7)
備考・特徴CDMA 2000: BC0
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。

4
スペックは、Qualcomm Snapdragon 650(ヘキサコアCPU 最大クロック数 1.8GHz)、カメラの画素数は1600万画素です。

実はRedmi Note3 32G(GearBestで購入)も持っているのですが、Redmi Note3 Proの良いところはSDカードが入れられることです(Redmi Note3はSDカードを入れられません)。

いろいろな重たいアプリを入れて使われる方には内部メモリー16Gでは不足気味でしょうが、私のようにカメラ、ビデオ、暇つぶしの小説ファイルなどを入れる程度の方には、安く持てる端末として非常にありがたいです。

128GBまで対応しているようですが、私は32GBのカードを入れて使っています。カメラ、ビデオのデータもそこに格納していますが、特にアクセスが遅いと感じたことはありません。 

私はアプリをLINE、Wechat(中国版LINEのようなもの)、GoogleMap、百度地図(中国版GoogleMapのようなもの)、あとメモ書きや小説読みようのアプリなどで軽いものしか入れていませんが、すでに5.62Gしか空き容量がありません。

SDカードがないと、16GBでは苦しいですね。

Xiaomi Redmi Note 3 Proを使って改造・気づいた点

指紋認証は指が濡れて(湿って)いると認識できない

2

背面の金属色の丸い部分はロック解除のための指紋認証です。何本かの指を登録できます。

私は左と右の人差し指を認識させていて、すばやく使えてとても便利です。ただし、指が濡れている(湿っている)と認識できません。

手を洗ったり、おしぼりで拭いたりした後は、乾かさないとロック解除ができないです。

ロック解除は指紋認証、PIN番号、パターンの3種類あり、指紋認証で何度も間違うと、PIN番号、パターンでのロック解除が必要になります。

いつも指紋認証を使っていると登録したPIN番号やパターンを忘れるので、注意が必要です。

Redmi Note3 Proの日本語化

画面の写真でおわかりのように、日本語化しています。MoreLocale2を使いました。

ですがカスタムROM「MIUI」が載っているのでシステム設定等は日本語化できていません。

ROMはそのままの状態で使っています。

文字入力は、もちろん日本語も使えます。

10

11

日本での使用はグレーゾーン

日本で使えるか、ということですが技適がないのでグレーだと思いますが、実際に使えます

私は日本に帰ったときには、SIMを入れ替えて使っています。

7

上がイオンモバイルのSIM(docomoと思い切り書いてますが・・)

下が中国で使っている中国移動のSIMです。

中国でイオンモバイルSIMを入れると、ローミングマークが付き3Gになりました。日本では、ちゃんと4Gで使えます。

8

中国移動のSIMでは4Gです。

9

最近サービスを開始したイオンモバイルSIMを使っているのですが、特に問題なく使えています。

日本SIMの設定方法

イオンモバイルでの設定方法

セッティング画面で設定を行います。

12

まずは、写真のSIM cards & mobile networks に入ります。

13

イオンモバイルSIMはNTT DOCOMOと出てきます。ここをまたクリックします。

14

次に、Access Point Names をクリック。

15

New APNを設定します。

上の写真ではオレンジの「ion」とあるのは私が設定したAPNです。その他はデフォルトで入っています。デフォルトであるAPN対応のSIMカードの場合は、ここでAPNを選択して設定終了です。

16

後は、SIMカードの設定に従って、各項目を設定します。

「Name」はなんでもいいですが、その他の設定はSIMカードを購入した時に渡される設定表の名前や番号を入力します。

  • APN     i-aeonmobile.com(なんでもOK)
  • ユーザ名     user
  • パスワード     0000
  • 認証タイプ     chap

ion SIMはこちらでも通信可能のようですが、個別に設定する場合もあります。

15

最後に、自分の使いAPNを選択します。オレンジになっていると、選択されています。

これで日本でも電話、インターネット、デザリング、すべて使えます。

中国移動 中国SIMでの設定方法

中国SIMの場合は、SIMカードを入れれば自動認識されるので、なにもしなくて使えます

18

また街で面白いものを見つけたら、投稿したいと思います。

注記

中華スマホで日本国内のSIMを使うと技適違反の可能性があります。
当サイトは技適違反を助長するものではありません。
海外で使うことを前提にしています。お約束として中華スマホで日本SIM・Wifi・Bluetoothを使う場合はテストに留めて常用はしないでくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。