【中華イヤホン】1000円切っちゃう ハイエンドイヤホン KZ-ATE レビュー

スポンサーリンク

今後定期的に記事を書くことになった、【satoshi】です。

今回は今話題の中華イヤホンについて書いていきます。

注記

この記事において”ハイエンド”はあくまで”高性能”という意味で使用してます。また”ハイエンド”という言葉の定義は曖昧であり、必ずしも高級品であるとは限りません。

以前デュアルブート環境構築の記事を書かせていただいた者です。

【文鎮化したくない!】中華Winタブレットにwindows10+Androidデュアルブート環境構築 (バックアップ準備編)
はじめまして。 今回から数回に渡り記事を書かせていただく【satoshi】と申します。

覚えてますでしょうか…?(笑)

改めてよろしくお願いします。

ビッグウエーブに乗れ!!中華イヤホン♪♪

近年、ガジェットヲタク達の間で熱い!「安価で高スペックで質が良い」中華製品達…!

特にタブレットPCとかスマートウォッチなんかは流行ってますね。

しかし!今、中華ガジェットのビッグウエーブに乗りまくってるのはこれらだけではない!!

それは…

「高コスパイヤホン」

である。

エントリークラスの参入が始まる

以前から、中華オーディオというと…

“ibasso Audio”や”FiiO”とか…

高級な分野では名が通っていたが、一方エントリークラスは…というとそうでもなかった。

しかし、ここ最近で技術力の向上と共に一気にエントリークラスの参入が始まった。

最近巷で話題な、「Auglamour R8」とかを聞いたことがある人は少なくないでしょう。

これよりもさらに安いKZ-ATEを紹介します。


KZ-ATE 3.5mm In-Ear Earphones マイク無し

KZ-ATE スペック

こちらが今回紹介します、「KZ-ATE」のスペック表になります。

公開されている情報がサイトによってまちまちなので(笑)もしかしたら一部事実と異なる可能性があります。ご了承ください。

いろいろ本当かよとツッコミたくなるところがありますが…まあ中華製ですし…

それも”味”ですかね(笑)

画像 DSC09625
機種名 KZ-ATE
メーカー名 Shenzhen Electronic Technology Co., Ltd.(Mindkoo)
カラー ブラック(クリア系)、シルバー
装着タイプ カナル型,SHURE掛け
接続端子 3.5mmステレオイヤホンジャック(金メッキ)
重量 24g(カタログ値)
コード長 約1.3m(実測値)
リケーブル 不可
マイク 設定あり
ドライバ ダイナミック(情報不確か)
ドライバ径 8.2mm
インピーダンス 18Ω
出力音圧レベル 106dB
再生周波数帯域 15~29000Hz
生産国 中華人民共和国
価格

約1000~2000円

一応ここに化粧箱裏の商品概要を載せておきますね。

DSC09654

いよいよ神聖なる”開封の儀”

それでは、話題の中華イヤホン「KZ-ATE」を開封していきます。

KZ-ATEの化粧箱

DSC09622

材質はプラスチックで、一風変わった”ホームベース”のような形をしてます。

盾みたいな形といったら伝わりやすいかな…?(笑)

いよいよ開封!

今回購入したのは”ブラック”のモデルです。

ブラックの方は透明で中のドライバが見えるようになってますが、シルバーの方は透明になっていません。

DSC09623

あれ…?イヤピースがない…

DSC09627

ああ…ありました(笑)

DSC09628

みっしり入ってるんですね…(笑)

ハウジングの様子

~表~

DSC09645

~裏~

DSC09649

いや~これ…本当に中華製…?と、感じるほど見た目はよくできてる。

パッと見、高級感MAXですよ(笑)

第一印象は、高級感というのもあるが、とにかくゴツい…というのがあった。

人によったら重く感じるかも…?

何かと肝心なケーブル部分

ケーブルは半透明のブラウンっぽい感じです。

イヤホン被膜部分はシリコン…ゴム…?のような感じでちょっと絡まりやすいかな…

DSC09659

イヤホンプラグは3.5mmステレオプラグです。

“L字”タイプなのでプラグあたりからの断線の心配はないです。

DSC09671

この金色の部分、リケーブル可能のように見えるのだが、残念ながら非対応…

ここまで作ってなんかもったいない…さすがに中国でも1000円ちょっとじゃ無理か…

DSC09642

これで音質が良かったらいいな…

付属品達

説明書等は特に無く、イヤーピースが3セット付属してました。

DSC09675

シリコンのイヤピースが大きいサイズが1セット小さいサイズが1セット。

そして、低反発…?のスポンジイヤピース1セット。

うーん…

スポンジは全然低反発じゃないし…シリコンの方はペラッペラ。

どれもちょっとチープだなあ…買い替えかな…

装着した感じ

DSC09697

早速、付属のイヤピースを付け、装着してみました。

(汚くてすみません

SHERE掛けでカスタムIMEような感じでとてもカッコいいです。

ただ、少しハウジングのサイズが大きいので人によっては耳からはみ出てしまう可能性があります。

はみ出た時の風切り音が心配…

慣れれば比較的簡単…?な装着方法

では、そろそろ気になる音質レビューに移りたい…!ところですが、焦らない焦らない(笑)

装着方法についてお話したいと思います。

高級イヤホンの大定番SHURE掛け

SHURE掛け。少しでもイヤホンにこだわってるよってひとなら知っているのではないのでしょうか?

どういう装着方法かというと、イヤホンケーブルを耳の上の溝に通して装着するといったものです。

先程の装着した画像を見ていただけるとわかりやすいかと…

実際に買ったからわかる装着のコツ

このKZ-ATE、正直すごい着けづらい

もう、最初届いた時は

「は?説明書なしでどうやって着けるんじゃ」

って感じでしたよ。頼むから説明書付けて下さい…

なので今回ここで装着のコツをお話したいと思います。

IMG_20160619_104551[1]

ハウジングのL、Rの表記を確認し、このように持ちます。

その後、グイグイ耳に入れていきます。

その、耳に入れる際、リケーブルできそうな(端子)ケーブルの黒い部分が地面と平行になるようにします。

  • L、R表記の確認
  • ハウジングの持ち方
  • リケーブル端子っぽいヤツと地面が平行

この3つをしっかりと抑えて装着すればフィットします。

頼むから、説明書を…(笑)

気になるKZ-ATEの音質♪

1000円ちょっとのイヤホンの音質というと、味のないペラッペラの印象を持った方も多いのでは…?

でも、このイヤホンはいい意味で裏切られますゾ

(ちなみに私が普段使用しているイヤホンはBOSE IE2です。

※イヤホンレビュー初心者です。あくまで個人の感想としてお読みください。

解像度が高くバランスの良い音質♪

まず、とりあえずお決まりのアレを言わせて下さい(笑)

1000円ちょっとの音質には到底思えません。お世辞とかじゃありません。これは本当です!

音質としてはとにかく”バランス”が良いです。

よくあるような「キンキン高音」とか「ドゥンドゥン低音」ではなくどの音域もバランス良く出ています。

だからといって平坦、フラットな感じではなく、どちらかというと”どんしゃり”傾向にあります。

しかし、バランスが良いため全く不愉快感がありません。とても良い…

また、程よく音と音が分離していて解像度も高いです。

普段聞いている音楽でも

「あれ…この曲のこのメロディってこんな音してたんだ…」

と新しい発見があるほどです。

イヤピースを変更することをおすすめします

とにかくイヤピースがショボい…

音質ががらりと本当に変わる程です。うーん…安っちい…(゜-゜)

付属のイヤピースはシリコン製の大小。スポンジ製のイヤピース。の計3セット。

すべて試しましたが、すべて音が軽く安く感じました。

高音は”シャカシャカ”、低音は”スカスカ”…

スポンジのイヤピースに限っては低反発でもないし…なんだこれ…

メーカー様、もう少しイヤピースを頑張って改良してください。

ドライバはいいのにすごいもったいない。

装着位置の定め

すべてのイヤピースを試しに装着してみました。

そこで、気づいたのはイヤピースの位置によって全然音質が変わるということ。

言い方を変えればこのイヤホン、なかなかフィットしない…

奥に入れすぎると「低音が主張して音が籠ってしまう。」

外ギリギリだと「シャカシャカと安っぽくなってしまう。」

もちろん個人差はあるのですが、上手くつけてあげないと実力発揮できない。

この点は最大の問題かな…

ちなみに”イヤピースを浅めに装着する”のが私のおすすめです。

Gear bestでは1000円でお釣りがくる!?

皆さんご存知の通販サイト”Gear best”での価格は

マイク無し……955円

スクリーンショット (30)

1000円でお釣り来ちゃいますよ!?(笑)

マイク有り……1257円

スクリーンショット (31)

うーん…すごい安いんですけど、後継機の”KZ-ATEs”のマイク付きが1114円

WS000003

マイク付きが欲しいなら後継機に手を伸ばしてみるのもいいかと…

まあ、安いから両方というのも(笑)

KZ-ATE 総まとめ

本当によくできてる。それに尽きると思います。このイヤホンは…

どの音域もバランスよく出ているので万人受けしやすいと思います。

ただ、”説明書がない”ことや、”イヤピースがゴミ”ということが残念。

ぜひそのあたりは改善するなど頑張って欲しい点。

でも、それ以外は本当に良く出来ている。

1,000円なので買って損はないかと思います。

後継機のKZ-ATEsも気になるので今度機会があれば購入してみようと思います。

KZ-ATE 3.5mm In-Ear Earphones with Mic マイク有り


KZ-ATE 3.5mm In-Ear Earphones マイク無し

新バージョン


KZ ATE-S 3.5mm Jack HiFi In-ear Earphones with Mic マイク有り

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。