【スマホ キーボードに最適】Banggood MantisTek MK1 2.4GHz ワイヤレス ミニキーボード 開封の儀 レビュー

スポンサーリンク

新たにBanggoodがガジェット提供スポンサー様になってくださいました。

Banggoodは主にオモチャのRCカーやドローンなどを販売している海外ネットショップです。ドローンも来てますので後ほどレビューしますね。

今回は、第一段としてMantisTek  MK1 2.4GHz ワイヤレス ミニキーボードです。

D5684FE94138E6CCC2ADB97E5CA6841A

よくあるタイプの小さいキーボード

ゲームのコントローラーのような十字キー(左側は音楽アプリ操作用)のようなのも左右にあって、真ん中はトラックパッド、下にキーボードといった配置になってます。

その他にメールボタンや右・左クリック、ブラウザボタンなどがあって便利かも。

F5C572AB354747ADA16081BFD5019A8A

こんなふうにゲームパッドのように持ってキーボード打ったりトラックパッドでカーソルを操作したりします。

ABA2AA6A9C48F047A3AE9DE356C7F6F1

こちらBluetooth接続ではなく、2.4GHzで通信するUSBドングルがあるので基本的にパソコンで使用するものですが、

Androidスマホでも使えました!

後ほど詳しく説明します。

MantisTek  MK1 ミニキーボード 開封の儀

Banggoodの梱包

DSC_2010

Banggoodの送料無料の梱包はどうやら黒いビニール袋のようです。

中国ではスーパーで買物するとこういう黒いビニール袋に商品入れてくれるのでその影響かもしれません。

DSC_2012

ライトロン(高発泡ポリエチレンシート)で包まれていますが、サイドは包んでない(汗)

化粧箱の状態

DSC_2014

届いた状態でフタが空いてる。

DSC_2016

裏面、フタを閉じて撮影した。箱も特にダメージなど無かったです。

開封

DSC_2018

プチプチに包まれてました。

中身を見てみましょう。

DSC_2029

取説と本体のみです。シンプルですね。

取説

取説は英語ですがスキャンしたので載せておきます。

2016年07月04日11時42分50秒_001 2016年07月04日11時42分50秒

MantisTek  MK1 ミニキーボード 外観チェック

表面

指が触れるキーの部分は触れていて気持ちの良い感触のモケット塗装(起毛)のような感じの仕上がりになっていて、なでなですると気持ちいい。

キー以外の部分は普通のプラ仕上げになってます。

トラックパッドの部分はザラザラした手触り、右側は指でスクロールできるパッドになっています。

DSC_2019

横155mmとちっちゃいキーボードです。両手で持つタイプですので、ブラインドタッチはできそうにないですね。

6CA1CF858961F7F9707F74C6E58FEAE0

サイズ・仕様はこんな感じでWindows・MacやAndroidも対応、Linuxはあたりまえか。

両手で掴んで親指でプチプチ押すタイプのキーボードですね。

裏面

裏面の両サイドのモッコリを外して単4電池を装着します。

それとUSBドングルもこの中に収まっています。

DSC_2027

この両側のフタを開けようと手前の穴にツメを引っ掛けて開けますが・・・開かない!

ツメが折れそうになるまで力を入れますが開かない!

IMG_20160704_103530_HDR

仕方がないので精密ドライバーのマイナスでこじって開けました。よくあるバッテリーが外せるタイプのスマホのように一定間隔にツメがあってパチパチはまるタイプの裏ぶたでした。

ツメが強い人しか指で開けられない。

両脇に1個づつ単4電池を入れてUSBドングルを抜いてフタをします。

スイッチ ON!

やっとこさ裏のフタをあけてエネループの単4電池を入れたので早速使ってみます。

7375FBB72C6E6AE761F6E256E8CDEAAA

スイッチの場所は上右側にあります。

IMG_20160704_103707_HDR

このスイッチが電源

IMG_20160704_103716_HDR

オンにすると赤くランプが点灯しました。2秒後くらいに消灯する。

F909D67C856667ABE88454BADC4BB165

これ電源付けておいても勝手にスリープして使うと起きるみたいです。

MantisTek  MK1 ミニキーボードを使ってみる

Teclast X3 Proでキーボードを使ってみる

このキーボードはUSB接続なのでもしかしたら非常に役立つキーボードだと今気が付きました。

だってウチにはメインで使ってるHHKBの1台しかキーボードがなく、タブレット達が起動しなくなってBIOSでゴニョゴニョしなくてはいけない事態になったらこのキーボードが活躍するじゃないですか!

BluetoothキーボードだとBIOSで操作できないのでいざというとき使えないけど、これだったら無線キーボードだけどUSB接続なのでBIOSレベルからキーボード使える。

これは便利かも、というよりいざという時に1台あると非常に助かる。

普段は使わなくても引き出しにしまっておける小ささでグットです。

で、X3 ProにUSBドングルを刺してみます。

標準USBが無い中華タブレットでも、MicroUSB変換アダプタ刺せば使えそう。

IMG_20160704_103856_HDR

ただし、USBドングルの頭がちょっとデカイので出っ張ります。

IMG_20160704_103843_HDR

もう少し引っ込んでいたらもっとスマートだったかも。

USBドングル刺しただけで使えた

USBドングル刺してなにかドライバーでも入れる、と思っていましたが刺しただけで使えました。コリャ便利

(USBドングルを刺してない状態だとLEDが5回ほど点滅する。)

ただ、キーを押すといちいち赤く光るのが眩しくダメな点。

IMG_20160704_104029_HDR

キーボード・十字キー・トラックパッド以外にもファンクションキーもあってちょっとゴチャゴチャしてるけど、完全にキーを見ながら打つタイプのキーボードなので問題は無さそう。

CD2134AB6AF7E94F639A32CA9CD4DEF4

上画像のStart Menuを押したらWindows10の場合はGrooveミュージックが起動した。

Homeでエクスプローラーのホームフォルダが開く。

TVのリモコンのような感覚でWindowsパソコンが使えるといったところでしょうか。

IMG_20160704_104252_HDR

単4電池2本入れた状態で実測120gだったので持ったまま空中で使っても重さはそれほど負担にはならないでしょう。

IMG_20160704_144124_HDR

スリープした状態からの動作はすぐに反応するようです。(いつ頃スリープするか分かりませんが2,30分放置して操作したらすぐ反応しました。)

自分はデスクのモニタアームに装着したTeclast X3 Pro用に使ってみます。

USBドングルをMicroUSBアダプタで変換してスマホで使う

このキーボードを買った時にMicroUSB変換アダプタもオマケで0円で買えて、オマケと思ってましたが『スマホで使えるようにこのアダプタを着けたんだ』と後で分かりました。

Banggood、なかなか気が利いてるじゃないですか!

MicroUSB変換アダプタ 2種

これは標準USBからMicroUSBに変換するアダプターです。

何が良いかと言うと、標準USBのメモリやケーブルに刺すとMicroUSBのスマホやタブレットに接続できちゃう点です。

【Mi5ストレージ不足解消】dodocool USB Type-C変換コネクタ と ちっちゃい仲間たち♪クーポンコードあり

上の記事は使い道の一部で、これで使い道がかなり広がるんですよ。便利な小物です。

DSC_1788

左側の白い大きいMicroUSB変換アダプタがBanggoodが無料で送ってきてくれたやつ。

DSC_1791

右側の超小さいほうは以前1ドルほどで購入したやつ。

2つのMicroUSB変換アダプタを合体させるとMicroUSB⇔MicroUSBを刺せる、使い道あるかな?

これを使ってキーボードでスマホを操作できるかやってみます。

Xiaomi Mi Maxで接続

USBドングルを刺しただけで普通に使えるようになりました。

トラックパッドがあるのでマウスとしても使えて便利です。

DSC_0017

英語と日本語入力の切替は[Alt]+[~]です。「~」は左上のESCの下にあります。

Xperia C5 Ultraでもドングル刺しただけで使えたのでAndroid機全般で使えると思います。

USB Type-CのXiaomi Mi5ではどうだろう

IMG_20160704_152601_HDR

まずはアダプタ三連続刺し

IMG_20160704_151656_HDR

ぜんぜん反応せず・・・Type-Cの部分を裏返して刺しても反応せず。

Type-Cアダプタもう一個あったんだ。

IMG_20160704_151947_HDR

こちらのdodocoolのType-Cアダプタは使えた!

IMG_20160704_151905_HDR

反応しました!このキーボードほぼなんでも使えるじゃん。理想的な構造・デザインだけどクセのあるMicrosoftのBluetoothキーボードとは大違いだ。

Microsoft Universal Foldable Keyboard 英語キーボード レビュー(クセありすぎ)

このキーボードなかなか使える

超小さいほうのMicroUSB変換アダプタは刺そうとしても途中でなにかが引っかかってささりませんでした。刺さっても抜けなくなりそうなのでやめておきます。

DSC_0020

これで持ってるスマホ・タブレット・パソコン全てこのキーボード使えそうです。

IMG_20160704_152121_HDR

ちっちゃいブツを使って遊ぶのはなかなか楽しいです♪

MantisTek  MK1 2.4GHz ワイヤレス ミニキーボードを使ってみた感想・まとめ

2.4GHzで接続するワイヤレスなキーボードなのでUSBドングルが邪魔だけどWindowsPCにもAndroidスマホにもUSBドングルを差すだけで認識されて使えた。

パソコンが故障したなどのいざという時にBIOSで手軽に使えるので非常に便利。

Bluetooth接続とちがって相性とか途切れたなどの不具合が起こりにくいのであれば便利。

キーを押す度に赤く点灯するLEDがちょっと眩しくて好きではない。

キーボードを目で見て押すタイプなので高速な入力には向かない、ちょっとキー操作したい時に使うキーボードですね。

当面の間、Teclast X3 Proで使用してみます。

Banggoodとは?

今回商品提供いただいたBanggoodは中国系のオモチャ・スマホ・タブレット・ガジェット・スポーツ用品を扱っている海外通販会社でこれから幾つか人柱として購入して信用できるのか検証してみたいと思います。(一応スポンサーだけど歯に衣着せぬ主義なのでダメだしはガンガンします(汗)GearBestのほうも結構酷いこと書いてますのでご存知だとは思います)

今回は送料無料で2つ商品を買いましたがまとめての発送ではなく、1個1個 個別に送ってきました。

購入から発送・到着までレポートを作成中なので、できたら別サイトに投稿予定です。URLなどここに追記していきますね。

海外通販に慣れていない方はまだ自分が人柱通販完了してないのでオススメはできませんが、海外通販に慣れている方はご利用されてもトラブルはあまり起こらないかと思います。

Banggoodはこちら

ひとまずはこちらからチェックしてみてくださいね。

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。