【Aukey】Bluetoothマイク付きスポーツイヤホン EP-B16 開封の儀 レビュー

スポンサーリンク

今回からまた新たにAukeyというメーカーの商品をレビューさせていただくことになりました。

ちょっと調べてみるとこのAukeyのCEOの方は元々ebayでモバイルバッテリーなど販売して商売していたようですね。後にAnkeyを立ち上げたようです。

似たような名前でANKERというメーカーもありこちらのほうが有名ですが、Ankeyは真似したわけでは無いようです。

どちらもXiaomiなどと同じように中国の優秀で物凄いパワーがある人が起業して成功を収めているようです。

28年くらい前の日本のバブルは個人ではなく中小や・大企業が成功して膨大な利益を得たのに対し、今の中国バブルは個人が起業して成功することが多いようで、ネットのおかげで人間一人の力で世界を動かせるようになってきて今後ますます個人の力が重要になってくる時代がくるのでしょう。

自分としてはメンドウなのでそこまでのパワーとやる気が無く(汗)ガジェットを勢力的に作っているパワーある起業のお手伝いをして、やりたいふうに気楽に生きていきます。

話はそれましたが今回はそんなAukeyのBluetoothマイク付きスポーツイヤホン EP-B16 のレビューです。

早速見ていきましょう。

Aukey Bluetoothスポーツイヤホン EP-B16 開封の儀

梱包

Amazonの大きめのダンボール箱に入っているいつもの梱包です。

化粧箱の状態

キレイに梱包されていて化粧箱もキズなし!

IMG_20160811_111125

透明ビニールで密封されています。

IMG_20160811_111138

ビニールを剥がす

IMG_20160811_111216

箱もキレイな状態でGoodです。

IMG_20160811_111228

開封

早速開けてみましょう。

IMG_20160811_111251

パカっと開けるとイヤホンが蝶のような印象的な収まり方で入っています。

IMG_20160811_111311

AUKEYの文字が見えるようにしっかりこちらを向いています。

IMG_20160811_111317

ただ、高級感は特にない感じですね。

IMG_20160811_111451

密封型イヤーピースがS・M・Lの三種類はいってます。

それと、MicroUSBケーブルと取説・AUKEY会員登録カード

取説

取説は日本語ありましたのでその部分だけ。

けっこう長い取説です。6カ国分あってAukeyは6カ国展開のようです。中国はない?

AukeyはCEOがドイツ留学した経験もあってか、ドイツでは主流な周辺機器メーカーのようですよ。

Aukey Bluetoothイヤホン EP-B16 詳細チェック

イヤホン部

IMG_20160811_111544

耳に掛ける部分に耳型に型のついたゴムチューブ

IMG_20160812_110112

ハウジングのプラの質感はあまり高くはない。

IMG_20160812_110128

コードのゴム皮膜は固めでちょっとゴワゴワしているがブラブラと暴れないので見た目は良くないかもしれませんがコードが肌にあたって気になりづらかった。

イヤーピース

IMG_20160811_111757

コントローラー

表:「+」と「-」の音量ボタンとLEDランプ

IMG_20160811_111658

裏:電源ボタン(マルチファンクションボタン)とマイク穴

IMG_20160811_111642

充電

IMG_20160811_111930

MicroUSBを刺して充電、充電時は赤ランプが点く。満充電で赤ランプ消灯

  • 2時間で満充電
  • 連続使用(通話時):最大4時間
  • 連続使用(スタンバイ):最大137時間

本体重量

  • Aukey EP-B16:14g
  • SoundPEATS Q15:12g
  • Sony防水Bluetoothウォークマン:36g

Aukey Bluetoothスポーツイヤホン EP-B16 使ってみる

こちらのBluetoothイヤホンも2台同時に接続できます。

2台同時に接続しても音楽は両方から同時には聴けません(聴く必要は無いと思うけど)Youtubeを同時に聴けるか試しましたが、片方の再生ボタンを押すともう片方は停止します。

もう片方側で音楽ではなく警告音などが鳴っても片方の再生は停止するようです。

起動・ペアリング・終了

  • 起動:マルチファンクションボタンを4秒長押しで起動(ピポ↑と音がでる)
       
  • ペアリング:マルチファンクションボタンを起動しても押し続ける(ビロと音がでる)
       LEDが青・赤点滅する。  
  • 終了:マルチファンクションボタンを4秒長押しで終了(ピポ↓と音がでる)

ペアリング

こちらのAukey EP-B16はBluetooth4.1なので最近でたほとんどのスマホ・タブレットBluetooth4.1、4.0のやつに接続できそうです。

Bluetooth3.0の機器はどうなんだろうか?注意が必要みたいです。

ただ、相性・Bluetooth規格によってもバージョンが4の場合でも接続できない場合もあるので注意が必要です。(注意といっても注意しようがなく・・・買って試すまでは分からないので自分の今持っている機器で試して欲しい場合はリクエストしてくださいね。)

音楽を聴く

  • マルチファンクションボタン:一時停止・再生(Youtubeでは再生できなかった)
  • ボリューム +:音量+ ・ 長押しで曲送り
  • ボリューム – :音量 - ・ 長押しで曲戻り

Youtubeの音楽を聞いたところ、中・低音はクリアで良い音でしたが高音がちょっとあまりよく無いなぁと思いました。

EDMやポップミュージック聴くには良いかもしれませんが、ジャズ・クラッシック系は合わないでしょう。

電話使用時

電話 操作方法

  • 通話応答・終了:マルチファンクションボタン押す
  • 音量調節:ボリューム 「+」「-」
  • 最後の番号リダイヤル:マルチファンクションボタン2回押す
  • 着信拒否:マルチファンクションボタン2秒長押し
  • ミュート・再開:ボリューム「-」を2秒長押し
  • 音切替:スマホから直接音を出すにはボリューム「+」を2秒長押し

050IP電話・LINE・Skypeは着信できるか?

Bluetoothイヤホンでの電話機能はちょっとクセがあるかもしれません。

いや、普通のスマホのTELアプリでは着信音は当然聞こえてあたりまえですが、050IP電話やLINE電話・Skypeなどは着信音がならない・受話器とれない場合が多いのです。

LINE電話・050・SkypeはBluetoothヘッドセットで着信応答できない(TOT)

BluetoothがA2DPに対応していれば着信音がなるようです。

こちらのAukey Bluetoothスポーツイヤホン EP-B16もA2DPに対応しているので試してみました。

050のSmarTalkを試す

Screenshot_2016-08-12-05-35-15_jp.co.fusioncom.smartalk.android

スマホ本体・EP-B16どちらも着信音が鳴りました。

マルチファンクションボタンで応答・終了も可能でした。

LINE電話を試す

Screenshot_2016-08-12-05-48-58_jp.naver.line.android

スマホ本体で着信音が鳴ってもEP-B16からは着信音が鳴りませんでした(泣)

ただし着信後、チャット画面に表示される【不在着信】の「ピンポーン」はEP-B16で鳴りました。

Aukey Bluetoothマイク付きスポーツイヤホン EP-B16使ってみた感想

高級感は無いものの実用的でしっかりと基本的な機能を備えていて音質もよく、一言で言うならば質実剛健といったところ。

シュア掛けなのでイヤーフックなどの余計なパーツが無く、簡潔な構造でスポーツなどの激しい運動をしても外れることはないでしょう。

中・低音重視で重低音の音楽を聞く用で高音がイマイチで高音重視の音楽を聴く場合は向かない。

コード部分がSoundPEATS Q15よりちょっと固めのゴム皮膜でグニグニして見栄えはよく無いがブラブラせずに皮膚にまとわりつかないので自分としてはこちらのほうが好み。

マイクがあって電話機能もあるので運動中にもよくTELする方には便利そう。

しかしBluetoothがA2DPに対応しているとはいえ、電話機能を試した所050IP電話は着信音・受話・終了ともにできたがLINE電話では着信音がイヤホンから聞こえなかったのでLINE電話目的では使えない、

通常のTELアプリと050IP電話を使う場合は問題なく着信音・応答・終了可能という結果です。

Aukey Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン ランニング用 スポーツイヤホン 高音質 内蔵式マイク EP-B16
Aukey Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン ランニング用 スポーツイヤホン 高音質 内蔵式マイク EP-B16

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。