【防水・防塵・頑丈】中華スマホ Blackview BV6000 開封の儀 レビュー 分厚い・ゴムの質感が(汗)

スポンサーリンク

ついに中華スマホも防水・防塵の領域に入りだしてきました。これで日本スマホのお家芸である防水・防塵機能がどのスマホでも付くようになったら・・・日本スマホヤバイぞ!

2009年に日本のGDPは中国に抜かされて以来、現在は2倍から3倍くらいの差をつけられて残念な状態になってしまってアメリカには4倍も抜かされて・・・そっちのお国の方と商売したほうが断然お得に楽にお仕事できる状態になってきてしまいました(泣)

日本の大卒の初任給はバブルのころから初任給18万ほどでしたが、現在は・・・19万円ほどのようで20年以上ほぼ変わらず・・・このグラフを見ると給料が変わらないのがうなずけて、悲しい限りです。

中国では北京の住み込みメイドさんが2011年当時1000~1500元(1万5000円前後レート13倍)でしたが2013年に行ったら4000元(約64000円レート16倍)に値上がりしてました(汗)今はどうなんでしょう・・・ものすごい値上がりしている気がします。

とはいえ、日本はこういう状態なので生活費も20年くらいほぼ上がらずどの国よりも安くなってきているのでその辺がお得なところ。今時300円程度で牛丼など清潔な食べ物買える国はあまり無いですね。(中国でも屋台など数百円で食べられますが不清潔です。)外国でお仕事して日本の物価が安いところで生活するのが現在では良いかもしれません。下手にフィリピン・マレーシアとか行っても、もう物価も安くないし余計な経費がかかりすぎてしまって、大人しく日本にいたほうが良さそうです。

そのうち外国に出稼ぎする人もでてきそうで、自分もネット出稼ぎしている人間の一人です。

話はソレましたが、中華スマホも防水・防塵がでてきて日本スマホが対抗意識がでてきて、GDPのような状態になってしまうのか、それともこれから一気に盛り返すのか見守っていきたいと思います。

Blackview BV6000

今回はこちらの中華スマホ、見るからに頑丈そうです。

Blackview BV6000 スペック

こちら、中華スマホには珍しくNFCがついています。

画像BV6000 MTK6755 Helio P10 2.0GHz 8コア
機種名BV6000
メーカーBlackview254
キャリアSIMフリー
Wish
15
66
22
OSAndroid 6
SocブランドMediaTek
SocMTK6755 Helio P10 2.0GHz 8コア
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ4.7インチ
解像度HD(1280x720)
スクリーンゴリラガラス3
パネルTFT
画素密度312ppi
バッテリー4200mAh
フロント カメラ500万画素
リア カメラ1300万画素
重量170g
サイズ 縦x横x奥行152.3x81x16.6mm
SDMicroSD(最大32GB)
BluetoothV4.1
NFC
GPS
WiFib/g/n
生体認証指紋
防水機能IP68水没に対する保護
防塵性能IP68耐塵形
充電MicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
900(8),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
800(19,20),1800(3),2100(1),2600(7)
備考・特徴気圧センサー

Blackview BV6000 カラー

3GB/32GB
YELLOW(イエロー)  YELLOW(イエロー)
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
GREEN(グリーン)  GREEN(グリーン)

Blackview BV6000 開封の儀

GearBestの梱包

こちら香港倉庫から来たのでいつもの梱包とは違いDHLのビニール袋の中もビニール袋だけ・・・段ボール箱に入れてほしかった。

化粧箱の状態

ちょっと擦り傷があって角が凹んでますが大したダメージもありませんでした。

開封

パカっと・・・ゴムの部分が・・・

付属品

img_20160915_173733

付属品の白いUSBアダプタ・イヤホン・MicroUSBケーブルは黒いホコリのようなのが散りばめられている・・・ケーブル・イヤホンも薄汚れがあってあまり良い印象ではありません。

img_20160915_173852

付属品はドライバーや上下にあるイヤホンやMicroUSBのゴムのフタの換えが同梱されていました。

あと、ディスプレイの保護シートも1枚入ってます。

Blackview BV6000 外観チェック

起動してみましょう。下のMicroUSBのフタ開けて撮影しちゃいました。

img_20160915_174046

上下のフタを閉じなさいって、早速言われた。

img_20160915_174154

表面

とにかく分厚くてゴツい見た目です。

img_20160916_160909

側面のボタン類がある部分のみ金属でできていて、六角の穴があるビスが3つも意匠的でハードなイメージを彷彿とさせるようです。

それにしてもこの分厚さはなんとかならなかったものなのか・・・

img_20160916_160732

ゴムがゴムだけにハードに使って外装に傷をつけても全く気にならないのですが、もう少し良いゴムを使ってほしかった。

分厚いのが他のスマホには無い特徴(短所?)かもしれません。

ベゼル幅

この機種はベゼルが狭いとか広いとかは関係ないのですが、一応計測してみました。

  • 上:ゴム先端約10mm+黒ベゼル約12mm=22mm
  • 左右:側面金属約3mm+ゴムパッキン約4mm+黒ベゼル約4mm=11mm
  • 下:ゴム先端約14mm+黒ベゼル約12mm=26mm

ナチュラルな光で肉眼に近い見た目に変える

上の画像はちょっと強い光をあてすぎたので通常は下のような光のあたり具合が実際の見た目に近いかもしれません。

img_20160916_160207

この見た目が肉眼で見るのと同じくらいの見た目です。

img_20160916_160153

裏面

裏面も頑丈さをアピールしている形状になっています。どこかロボットのような?近未来的な宇宙船のドアのような形。

img_20160916_155728

デザインは悪くは無いのですが、もっと薄くて金属だったら良かった気がします。それだと頑丈にならないのかもしれませんね。

ハードなドロまみれになったり泥水にぽっちゃり落としちゃったり、工事現場だったり山岳調査だったり、山奥の原人?だったり・・・の場合はかなり使えるでしょう。

裏の下のほうにはブットいストラップホールもあって落としても無くしちゃわないように首にかけたりできます。

img_20160916_160114

側面

ぶ分厚い(汗)これほんと厚すぎる気がするけど、16mmもあるから薄いスマホ2台はゆうにあるでしょう。

上にイヤホンジャック、下にMicroUSBコネクタがある。それぞれゴムのフタが付いていてビスで留まっているのでフタは外れることはない。

img_20160916_155654

ちゃんとフタを閉じておかないと防水・防塵にはなりません。

ゴムの質感がよろしくない

img_20160916_155753

このゴムの外装はちょっとあまり良くないですね。

img_20160916_155731

近くで見なければ問題無いのですが、近くでじっとみると、ううん・・・

img_20160916_155617

近くで見てはいけないスマホ、もしくはディスプレイ以外は傷を気にしちゃいけないスマホですね。

img_20160916_155856

ディスプレイには保護シートが貼ってあります。指が滑りにくいので剥がしたいところですが、このままにしておきましょう。

ボタン類

左側

左真ん中あたりにあるPTT

PTTだけどうやって使うのかわからなかった。現在調査中です。

img_20160916_155639

こちらはSOS

img_20160916_155620

左上にカメラのボタンがあります。

img_20160916_155630

右側

img_20160916_155737

右側は音量ボタンと電源ボタンで普通です。

MicoriUSBコネクタが深すぎる

img_20160916_155711

コネクタがこんなに深いんです(汗)普通のMicroUSBケーブル刺せません。ちなみにイヤホンジャックも深いです。

付属のMicroUSBケーブルは充電専用なので、PCと通信するときはどうしましょう。

MicroUSBケーブルの差込口のゴムを少し削ってさせるようにするしかないですね・・・

イヤホンジャックと気圧計

img_20160917_143549

イヤホンジャックも深くてイヤホンさせないと思いやってみましたが、ギリギリさせました。

SIMスロット・MicroSD

SIMスロットにアクセスするにはこのマイナスのビスを外さなければなりません。

img_20160916_155806

img_20160917_141537

そんなことはなく、MicoroSIM2枚とMicroSDも別途入れられる。分厚いのは良いことだ♪

MicroSDは楽に入りますが、MicroSD2枚はキツイのでけっこう神経つかいます。外すときもきつかった。

Blackview BV6000 アプリ・機能

なにはともあれ日本語化

普通のAndroid6なので特に説明する必要もなさそうです。

ホーム画面

右画像のAntutuから下は自分でインストールしました。

結構少ないアプリで助かります。

通知パネル

普通のAndroidですね。テーマで色とかアイコンを少し変えてるみたいです。

ライトアプリもあるけど通知パネルのライトを押してもLEDフラッシュが点灯する。

img_20160917_143008

Smart Assistant

こちらも目新しくは無いですね。

screenshot_20150208-193515

MiraVision

ディスプレイ設定にMiraVisionというのがありました。調べていないので詳しくは不明。

グローブモードもある

ハードな使用を想定してグローブモードもありました。

絵が書いてあるけどミトンのようなグローブでも使えるのかなぁ。

One Key SOS

これが側面左下のSOSボタンの設定です。

まずは、「Set the help contact」を見てみましょう。

下の+を押して「Add from contacts」を選択するとリストがでてくる。しかし?普通にウチに電話をかけるとかないのだろうか?

つづいて「Set the message content」を見てみましょう。

現在地座標付きのメッセージを設定できるようになっています。

SOSは長押しする

5秒間カウントダウンが始まって、5秒SOSボタンを押し続けていると緊急電話をかけます。

カウントダウン中はすごい大音量でピーッ、ピーッと音がします。

右側の画像になったときにSMSとかTELするようですが、SIMを入れてないのでかけられないって怒ってるようです。

ライト・コンパス

ハード仕様のスマホならではのアプリ

こういうアプリはUlefone Powerとかにもあった気がします。

気圧はCompassで計測しているようです。他にも気圧を表示できるアプリなどがあったらできそうで、トレッキングなどに役立ちそう。

Blackview BV6000 ベンチマークテスト

AnTuTu

Geekbench

ブランド 型番 計測OS AnTuTu Geekbench
Link 商品ページ レビュー カテゴリ
   
Sony Xperia Z3 Android4.4.4 48419 961 2678
Huawei Huawei P8 Max Android5.1.1 47497 792 3347
UMI  UMI Super Android6 46962 856 3179
シャープ AQUOS Xx mini 303SH Android4.2.2 46459 912 2858
Blackview Blackview BV6000 Android6 45918 732 2541
シャープ AQUOS SERIE mini SHV31 Android4.4.2 45179 911 2221
Sony Xperia C5 Ultra Android5.1 44591 800 4223
シャープ AQUOS ZETA SH-01H Android5.1 43238
LG L22 Android4.4.2 42845 930 2718
Xiaomi Xiaomi Redmi 3X Android6 41613 624 2660
MEIZU M3 note Flyme OS5.8 Android5.1 40416 737 2412

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

screenshot_20160917-012650

他のスマホとのベンチマーク比較

スマホ・タブレット ベンチマークテスト 一覧
AnTutuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 ブランド 型番 計測OS AnTuTu Geekbench...
スマホ・タブレット メモリ速度計測
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Blackview BV6000 価格調査

日本で買うとやはり割高のようです。

合計:8 件   Amazon:8件 
ショップ イメージ 商品名 価格 ポイント 送料

hommee-jp
Blackview BV6000s スマートフォン アウトドア IP68 防水 防塵、耐衝撃4G FDD-LTE 4.7インチ HD MT6735A クアッドコア1.3GHz 2GB+16GB 8.0MP カメラ Android 6.0 OS 4200mAh デュアルSIMカード NFCコンパスGPS+ GLONAS Blackview BV6000s スマートフォン アウトドア IP68 防水 防塵、耐衝撃4G FDD-LTE 4.7インチ HD MT6735A クアッドコア1.3GHz 2GB+16GB 8.0MP カメラ Android 6.0 OS 4200mAh デュアルSIMカード NFCコンパスGPS+ GLONAS 19,900円

hommee-jp
Blackview BV6000 スマートフォン アウトドア IP68防水、防塵、耐衝撃 4.7" HD 720*1280 MT6755 オクタコア 2.0GHz 4G FDD-LTE 3GB+32GB 5.0MP+13.0MPカメラ Android 6.0 4500mAh NFC コンパスGPS+ GLONAS Blackview BV6000 スマートフォン アウトドア IP68防水、防塵、耐衝撃 4.7" HD 720*1280 MT6755 オクタコア 2.0GHz 4G FDD-LTE 3GB+32GB 5.0MP+13.0MPカメラ Android 6.0 4500mAh NFC コンパスGPS+ GLONAS 25,200円
Blackview BV6000 IP68防水・防塵・耐衝撃 スマートフォン 4.7" HD 720*1280 MT6755 オクタコア 2.0GHz 4G FDD-LTE 3GB RAM 32GB ROM 5.0MP+13.0MPカメラ Android 6.0 4500mAh NFC コンパスGPS+ GLONAS アウトドアに適用 オレンジ Blackview BV6000 IP68防水・防塵・耐衝撃 スマートフォン 4.7" HD 720*1280 MT6755 オクタコア 2.0GHz 4G FDD-LTE 3GB RAM 32GB ROM 5.0MP+13.0MPカメラ Android 6.0 4500mAh NFC コンパスGPS+ GLONAS アウトドアに適用 オレンジ 25,600円
Blackview BV7000 Pro スマートフォン屋外 IP68 防水防塵耐衝撃 4G FDD-LTE simフリー(au不可) MTK6750T オクタコア Android 6.0 5.0インチFHD 1920*1080 スクリーン 4GB RAM+64GB ROM 8+13MPカメラ 3500mAh 指紋認識 E-コンパス KKmoonスタンドつき 国内用充電器つき Blackview BV7000 Pro スマートフォン屋外 IP68 防水防塵耐衝撃 4G FDD-LTE simフリー(au不可) MTK6750T オクタコア Android 6.0 5.0インチFHD 1920*1080 スクリーン 4GB RAM+64GB ROM 8+13MPカメラ 3500mAh 指紋認識 E-コンパス KKmoonスタンドつき 国内用充電器つき 25,990円

生活雑貨流通センター
京セラ 高耐久性スマートフォン TORQUE NTTドコモ SIMフリー 米国国防総省軍事規格対応 SKT-01 京セラ 高耐久性スマートフォン TORQUE NTTドコモ SIMフリー 米国国防総省軍事規格対応 SKT-01 27,200円

hommee-jp
Blackview BV6000 スマートフォン アウトドア IP68防水、防塵、耐衝撃 4.7" HD 720*1280 MT6755 オクタコア 2.0GHz 4G FDD-LTE 3GB+32GB 5.0MP+13.0MPカメラ Android 6.0 4500mAh NFC コンパスGPS+ GLONAS Blackview BV6000 スマートフォン アウトドア IP68防水、防塵、耐衝撃 4.7" HD 720*1280 MT6755 オクタコア 2.0GHz 4G FDD-LTE 3GB+32GB 5.0MP+13.0MPカメラ Android 6.0 4500mAh NFC コンパスGPS+ GLONAS 27,900円
blackview bv6000 [並行輸入品] blackview bv6000 [並行輸入品] 31,180円
こちらの価格表は自動更新になっております。
型違いなど類似商品が表示されている場合がありますのでご注意ください。

Blackview BV6000 使ってみた感想

分厚くてゴツいスマホです。その分頑丈にできているようですが、筐体のゴムの部分があまり良いゴムを使っていないようで、完成度が低い。

MTBダウンヒルとかトレッキングとかスポーツやるときには気軽にダイレクトにポケットに入れておくことができそうで、落っことしても大丈夫そうなので良いかもしれませんね。

あと、工事現場とかハードなお仕事をする方にはもってこいかもしれません。

スーツ着てこのスマホ持つとちょっと違うかなぁ、会社とかに持っていったら上司に怒られたりして(そんなわけないですね。)

そういうわけで、スポーツなどハードなシーンでは使えそうですが、日常の会社とか営業などのシーンではちょっと合わないかもしれません。

普段使いではなくアドベンチャー仕様です。

このゴツさでやっと防水・防塵機能が実現できる技術ならば日本のスマホのほうが技術は上となるでしょうけど、どうなんでしょうか?

iPhone7はこれより低いIP67ですがスマートになっていますし、iPhoneを真似る企業がたくさんあるのでこれからは防水・防塵が流行るのかもしれません。

日本のXperiaなどは昔からスマートな筐体で防水・防塵なのでこの技術が中華スマホのメーカにもあって、高級感がある筐体で防水・防塵の中華スマホが出てきたら、もう日本スマホ撤退でしょう。

Blackview BV6000

※この商品はGearBestからサンプル提供していただいてレビューしています。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. ハットリ より:

    本日楽天モバイルに行くと対応不可でした。
    使えるSIMのキャリアご存じでしょうか?
    急にスピーカーから音が出無くなったのですが、アプリ
    とか関係ありますか?
    ご存じであれば教えて頂けると助かります

    • GO より:

      ハットリ様
      コメントありがとうございます。
      SIMフリー機なので楽天モバイルでは対応してくれないでしょう。
      ドコモ回線を使用しているのでつながると思います。ドコモSIM・So-netSIMではつながりました。
      スピーカーはちょっと分かりません。アプリでサイレントにする設定とかがあればそちらが原因かもしれません。

  2. ハットリ より:

    GO様
    ありがとうござます。初心者の海外機なので戸惑いました。対応はむりでも個人判断で入れればドコモ回線は行けるという事ですかね。
    スピーカーは、いろんなアプリなどもためしましたが、改善されずおそらく断線ですね。
    アマゾンの評価にも同じような人がいました。
    多少のトラブルは海外製なので覚悟は、しておりました。
    Go様のサイトは解り易く勉強になります。ありがとうございます

    • GO より:

      ハットリ様
      はい、少なくともドコモSIMとSonetSIMはTEL・データ通信できました。
      そうですか、スピーカー断線(汗)ですか。自分のはまだ音が鳴るようです。
      ありがとうございます♪ もっとわかりやすく説明できるように精進します。

  3. ハットリ より:

    失礼します。

    本日ドコモ系のフリーテル購入しました。
    アンテナは立つのですが、ネットが繋がりません。
    APNも規定の通りにしたのですが、何かコツが
    あるのでしょうか?
    おわかりであればご指導下さい。

    • GO より:

      ハットリ様、こんにちは
      基本的なことですが、「モバイルデータ」はオンにしてありますか?
      あとはSIM2枚刺しなので該当SIMのほうに設定してないとか、
      自分がやったのはドコモSIM・So-netSIMともにデータ通信いけました。

  4. 匿名 より:

    初めまして、通りすがりの者です。
    PTTボタンですがPush to Talkのボタンではないでしょうか(トランシーバーで喋るときに押す横のボタンのような)。
    話すときだけ押すようにして使うとか…。

    • GO より:

      コメントありがとうございます。
      はいトランシーバーのPTTボタンですね・・・ただどのアプリを使うのか?分からないのです(汗)
      トランシーバーになるアプリ?では使えそうですね。

  5. 通りすがり より:

    PTT用のアプリは箱の横にQRコード付いてて飛べるようになってますよ!

    • GO より:

      あっ!マジですか(汗)よくみてなくてスミマセン。ほんとドジなものでm(_ _)m
      有力情報ありがとうございます。

  6. ホワイト より:

    当機種でauのLTE通話simで使用したところ、
    データ使用はできるものの通話はできませんでした。
    simフリー機は初めてなのですが、auは相性がよくないようですね。
    これを機会にドコモ系のsimに変えてみようかと思います。

    • GO より:

      ホワイト様
      auは場所によってデータ通信もできないところがあるようなのでやはりドコモ系のほうが良いと思います。
      Blackview BV6000を使ってますか?どうなんでしょう?防水は良いのですが分厚くないですか・・・
      自分としてはもう少しスマートに仕上げてもらいたかった気がしますが、アウトドアではピッタリですね。

  7. ホワイト より:

    大きすぎて、今までのバイクやクルマのスマホホルダーに合致しないのが悩みです
    以前はTORQUE01を使っていたのですが、スペックに現れない使いやすさでは、
    まだまだ国産には及ばないとは感じます。
    とはいえ中華純正スマホの魅力を十分感じております。

    陰ながらブログを楽しみに読んでおりました。これからも楽しみにしております。

    • GO より:

      ホワイト様
      Blackview BV6000完成度低いですよねぇ、
      コレだったら国産のにはまだまだ及びませんが、Xiaomi機やLeEco、Huaweiなどは完全に日本製の上を行っちゃってて悲しい限りです(泣)
      富士通・シャープなんかはプラ製が得意のようでプラ成形技術しかないのか?メタルのが出ないんですよねぇ、安っぽいし。
      唯一Xperiaだけ検討してますがXなんて、Xiaomiのミドルスペック機レベルになったかなぁという印象
      中華スマホは今年前半あたりから完全に日本製を抜き去っている気がします。日本人としてはホント残念ですが消費者としては争ってもらって良いもの作って貰いたいです。
      他の方はどういう印象なんでしょうか?気になります。

  8. 12 より:

    初めまして、私もbv6000を11月位から使い出してmineo dで使っています。
    重いのと大きいのには慣れるものですね。
    メーカー側もandroid7.0まで引き上げられて
    それに伴ってカメラの画質の問題等も解決しました。
    7.1もロールアウトする予定らしいですが
    ルート化も出来ますし、概ね満足です。

    • GO より:

      コメントありがとうございます。
      bv6000ルート化もしましたか!素晴らしい♪
      自分にはちょっと向かなかったのですが(汗)かなり人気があるようですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。