【Banggood】Teclast T98 4G 開封の義 レビュー 電話もデータ通信もできる激安中華タブレット

スポンサーリンク

久々のTeclastちゃんのレビューです。Teclast T98 4G というその名のとおり、標準SIMを刺して4Gも使えちゃう激安中華タブレットです。


Teclast T98

10インチの15000円切る激安中華タブレットです。

これで4G使えるということは、ナビ代わりにも使えるようですね。

6f7a06f0-ee87-49cc-9ae5-d98e083030e1

ただし、本体を見た限りでは高級感ままったく無くプラスチックな質感丸出しの状態で側面のジョイントの部分はここでプラを繋いでますというのがバレるので近くで見るのは禁物です(汗)

質感・完成度を求めるのではなく実用性最重視の場合はすごく重宝するでしょう。雑に扱ってもプラだし激安なのでストレスも少なくなります。

000b34b1-7c25-4d7f-ab39-a0f18fb73c33

805a8634-0ed8-4687-b358-dbe45a0d926d

Teclast T98 4G スペック

画像Teclast T98 4G MTK8735P 1.0GHz 4コア怒り
機種名Teclast T98 4G
メーカーTeclast439
キャリアSIMフリー
Feel 表示
口コミ

★評価のみ 工事中!

Wish
 
 
3
OSAndroid 5.1
SocブランドMediaTek
SocMTK8735P 1.0GHz 4コア
メモリ2GB
ストレージ32GB
ディスプレイ10.1インチ
解像度WXGA(1280x800)
パネルTFT
画素密度149ppi
バッテリー5800mAh
フロント カメラ30万画素
リア カメラ200万画素
重量549g
サイズ 縦x横x奥行258x162x9.3mm
SDMicroSD(最大64GB)
BluetoothV4.0
GPS
WiFia/b/g/n/ac
充電DCプラグ,MicroUSB
SIM標準SIM
2G(GSM)
MHz(BAND)
900(8),1800(3)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
1800(3),2100(1)
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。

Teclast T98 4G 開封の儀

Banggoodの梱包

BanggoodからはいつもどおりEMS(国際スピード郵便)で届きます。国際スピード郵便なので郵便局から届く荷物になります。

img_20161020_103318

EMSは注文から早くて5日程度で遅くて2週間弱かかるようです。中国・広州からなのでそれほど遠くは無いのですが時間がかかるときもあります。

EMSだと韓国からは通常1日か2日程度で来るので広州からはいろいろと経由してくるようですね。

img_20161020_103353

Banggoodのタブレットはライトロンに包む↑か、化粧箱無しの発泡スチロールに本体と付属品が入れられて届きます。このどちらかで届きます。商品ページに発泡スチロール梱包か、ノーマルの化粧箱にライトロンとかで普通に梱包するか書いてあるのでチェックしてから注文しましょう。

wsa013928

商品ページにこのように書いてある場合は中華タブレットが発泡スチロールに入って届くと思います。(メーカーの化粧箱が無い状態です。)

wsa013929

もしメーカー化粧箱が欲しい場合は上画像のように「Original Box Version Please Click here」などと表示されているのでクリックしてその商品を選びましょう。

化粧箱を選んだ場合は上記のようにライトロンでの簡易梱包になりますので輸送時はちょっと不安ですね。

化粧箱の状態

おっ、Teclastの化粧箱変わった?久々なので変わったのかどうなんだろう?

素敵なロボットの画が書いてあって高感度アップです。

img_20161020_103423

あっ、Teclast Tbook16 Proも来たけど以前と同じXUltrapadの箱でした。XUltrapadとtPadの箱で区別しているのかな?

img_20161020_103432

中華タブレットは中華スマホに比べてそれほど最先端なところまで来ていないのでちょっと素人っぽいロボットのデザインがそれを象徴しているのか今の中華タブレットにピッタリだと思います。

img_20161020_103445

裏面もなかなか良い感じの化粧箱

img_20161020_103450

開封

いつも通りのTeclastの仕様です。

img_20161020_103512

乳白色のビニールに本体が入っています。

img_20161020_103517

表側、保護シートが付いた状態

img_20161020_103543

裏側も保護シートが貼ってあります。

img_20161020_103555

裏も表も保護シートを剥がしちゃいましょう。

img_20161020_103818

ペリペリと裏面の保護シートを剥がすとエンボス加工のザラザラした建築材料で使う壁紙(クロス)のような傷が目立たない加工がしてある面が出てきました。

雑に扱っても傷が目立たないようになっているので傷つけてもショックは大きくない仕様も嬉しいところ。

付属品

MicroUSBケーブルと標準USB⇔MicroUSB変換ケーブル、DCプラグのUSBケーブル?もしかして・・・

img_20161020_103632

ACアダプタは日本のコンセントで使えるタイプの差し込みで、5V2.5Aの出力

img_20161020_103657

DCプラグでしか充電できない

ここで、ショックなことがあります。

このTeclast T98 4G はDCプラグでしか充電できない!!

DCプラグとはこういうので外径3.0mm内径1.1mmのものだと思います。

DCプラグの反対側は標準USBプラグでUSBアダプタに刺して充電します。

本体にはMicroUSBも付いているので刺して試してみましたが・・・充電しない(汗)このDCプラグからしか充電できない仕様のようです。コレは不便

ご注意あれ。

Teclast T98 4G 外観チェック

表面

Teclastはたいてい輸送用の保護シートの下にもう一枚保護シートが貼ってあります。

img_20161020_104344

ところどころ気泡が目立つのでそれほど良い保護シートでは無いですね。

保護シートは傷つきやすく少し経つと擦り傷が目立ってくる。

img_20161020_104411

裏面

Teclastならではのゴチャゴチャと文字が書いてある。どこにどんなポートがあるのか書いてあるので便利といえば便利かな?・・・

img_20161020_103913

雑に扱っても傷付いても目立ちにくく、高級感が全くない実用を最重視したコスパ激高仕様で、この仕様はコスパ重視の方に最適でしょう。

img_20161020_103916

裏面の質感は撮影しにくいのですが、目立たない四角いパターンが永遠と続いているような、ようはクロスのエンボスと同じような感じです。

側面

ポート・ボタンなどはすべて側面にあります。

裏面からみて右側にMicroUSB・充電のDCポート・イヤホンジャック・Mic穴

img_20161020_103951

上面に電源ボタンとボリュームボタン

img_20161020_104020

TF(MicroSD)カードと標準SIM刺す場所があります。

img_20161020_104013

左側側面にはなにもありません。

img_20161020_104034

側面の底の部分はプラのジョイント部分が良くわかり、プラのバリがちゃんと処理できていない部分もあった。

img_20161020_104058

SIMスロット・MicroSD

標準SIMスロットもMicroUSBスロットもプッシュするタイプなので、NanoSIMのをSIMアダプタに装着してはめるのは危険かもしれません。NanoSIMに両面テープでSIMアダプタをくっつければいけそうかな。

img_20161020_104017

Teclast T98 4G アプリ・機能

T98 4GはAndroid5.1のみの仕様でWindows10には切り替えられません。

アプリは少ないのですが、中華なアプリが幾つかはいっているので最初に削除しておきましょう。

日本語化

特に説明する必要はないかと思いますが、

Settings > Language & input > Language

こちらで日本を選べば日本語になります。

MicroUSBとPCをつなげたが・・・

なぜか「メディアデバイスとして接続」が一瞬表示されますが、すぐに消えてしまいます。

なのでPCと接続してもファイル転送(MTP)接続も写真の転送(PTP)もできませんでした。

これは困った。

4G接続

肝心の4G接続は普通のAndroidスマホと同等にできます。ただ対応しているBandが少ないので注意が必要です。

今回はドコモ系のSo-netSIMを刺してみました。NanoSIMでしたがSIMアダプタに両面テープでNanoSIMをくっつけて取れないようにして刺しました。

標準SIMを刺して、起動していた場合は再起動しますと以下のようにNTT DOCOMO(データ接続のみ)の表示がでます。

上記の状態になったらAPN設定をすれば3G/4Gでデータ通信できるようになります。

設定 > もっと見る > モバイルネットワーク設定 > アクセスポイント名

ここで、APN設定をしましょう。

Wifiを切ってテストしたら無事にGoogle検索ができました。

自分の居るところは田舎なので3G表示だったりするのはあしからず(汗)4Gの時もありました。

Teclast T98 4G ベンチマークテスト

AnTuTu

ひっ、低い・・・(汗)

Geekbench

ブランド 型番 計測OS AnTuTu Geekbench
Link 商品ページ レビュー カテゴリ
   
UMI UMI Touch Android6 37983 620 2889
Ulefone Ulefone Power Android5.1 37733 618 2862
富士通 ARROWS SV S-03H Android6 25024 489 1186
Teclast Teclast T98 Android5.1 24656 459 1257
KINGWEAR KINGWEAR KW88 Android5.1 15744 288 931
IQI IQI I2 3G Android5.1 14477 352 931
Fifine Fifine W9 3G腕時計 Android4.4.2 13332 264 482
シャープ AUQOS Crystal 305SH Android4.4.4
計測不可 344 1139

ちょっと低いのでもたつきはあると思います。グラフィックがスゴイゲームなどは使えそうにないですね。

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

screenshot_2016-10-24-12-22-08

他のスマホとのベンチマーク比較

スマホ・タブレット ベンチマークテスト 一覧
AnTutuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 ブランド 型番 計測OS AnTuTu G...
スマホ・タブレット メモリ速度計測
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Teclast T98 4G 使ってみた感想・まとめ

高級感・所有する喜びが全くない中華タブレットなので所有欲を満たすのには向いていません。

対応Bandが少ないながら4Gも使えるので電話をあまり使わない方はこれ1台あればスマホが要らないという方は一定数は居ると思います。(自分もその一人だけどデカイので・・・Mi Maxの大きさで十分です。)

コスパ最重視+スマホ・タブエット1台でタブレットの大きさで+雑に扱っても傷ついても気にならない

という方に向いています。

何より15000円切る値段で普段はタブレットとして使えて、外出時も4Gでネットできて、電話もできるのが全部入りという感覚で素晴らしいです。

注意点として、DCプラグでしか充電できないので持ち歩くときはDCプラグを一緒に持ち歩く必要があるというのがちょっとつらいところですが、どちらにせよモバイルバッテリー+USBケーブルを持ち歩くのだったら同じことかと思いました。


Teclast T98

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。