Chuwi機のUSB Type-CとMicroUSB挙動 Chuwi Hibook Pro 再びレビュー

スポンサーリンク

最近はタブレットのレビューをしてなかったので久しぶりの中華タブレットのレビューです。

といっても以前レビューしたChuwi Hibook Proが再びおウチにやってきたのでもう一度レビューついでにChiwiのUSBポートのクセなどを説明しておきます。

Chuwi Hibook Pro と Hi10 Plusで検証

今ウチにあるChuwiの中華タブレットはコレしかないので2つをてみましょう。

スペック

両方とも200ドル切る値段で、Hi10 Plusのほうは普通のAndroidではなく、Remix OSというWindowsライクな操作感のOSを積んでます。RemixOSはAndroidベースなので基本的にはAndroidで操作感を変更したものになります。

画像Chuwi Hibook Pro Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.84GHz 4コアChuwi HI10 PLUS Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア,Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア
機種名Chuwi Hibook ProChuwi HI10 PLUS
メーカーChuwi381Chuwi432
キャリアWi-Fiモデル
Wi-Fiモデル
GearBestクーポン

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

価格表示
価格
最安値
GRAY 4GB/64GB
更新:2017/02/10
最安値
Atom X5 Z8350 GRAY 4GB/64GB
GRAY 4GB/64GB
更新:2017/02/10
Wish
 
2
6
1
3
2
OSWindows10,Android 5.1Windows10,Remix 2.0
SocブランドIntelIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.84GHz 4コアAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ10.1インチ10.8インチ
解像度WQXGA(2560x1600)1920x1280
パネルTFTTFT
画素密度299ppi214ppi
バッテリー8000mAh8400mAh
フロント カメラ200万画素200万画素
リア カメラ500万画素200万画素
重量550g686g
サイズ 縦x横x奥行262x167.5x8.5mm276.4x184.8x8.8mm
SDMicroSD(最大64GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.0
WiFib/g/nb/g/n
充電USB Type-CUSB Type-C
接続MicroHDMI出力,MicroUSBMicroHDMI出力,MicroUSB
レビュー
カラー・バージョン表示
カラー・バージョン
4GB/64GB
GRAY(グレイ)
gearbest Chuwi Hibook Pro Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.84GHz 4コア GRAY(グレイ)
4GB/64GB
GRAY(グレイ)
banggood Chuwi Hibook Pro Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.84GHz 4コア GRAY(グレイ)
4GB/64GB
GRAY(グレイ)
gearbest Chuwi HI10 PLUS Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア,Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア GRAY(グレイ)
Atom X5 Z8350 4GB/64GB
GRAY(グレイ)
gearbest Chuwi HI10 PLUS Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア,Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア GRAY(グレイ)
発泡梱包 4GB/64GB
GRAY(グレイ)
banggood Chuwi HI10 PLUS Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア,Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア GRAY(グレイ)
4GB/64GB
GRAY(グレイ)
banggood Chuwi HI10 PLUS Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア,Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア GRAY(グレイ)

メタルな裏と側面

以前は裏面が安っぽい白いプラスチック製の中華タブレットが多かったのですが、最近のChuwiやTeclast・Onda・Cubeなどの中華タブレットを代表するメーカーは高級感がある側面・裏面メタルな仕様が増えてきました。

Chuwiも100ドル以下のHi8はプラですがそれ以外はほとんどメタルに変わってきているので以前の【安かろう悪かろう】ではなく、安くてもちゃんとした作りのタブレットに変わってきました。

ただ、中華スマホと比べると構造や完成度(繊細さ)はやや落ちる気がします。

ツヤあり面取り加工

Chuwi Hibook Pro と Hi10 Plusは200ドル弱の値段しますのでやはり高級感を出して側面と裏面の角にツヤあり面取り加工がしてあります。

このツヤあり面取り加工はAppleのiPhone5でNC加工を取り入れて作られた技術で当時は唯一無二の筐体でその頃はiPhoneがやはり世界最高のスマホだったようです。

今ではどのメーカーも面取り加工しているので珍しいものではなくなりましたね。

リアカメラ

Teclastにはリアカメラは付いてない場合が多いのですが、Chuwiの場合はほとんどのタブレットでリアカメラが付いてます。

上:Chuwi Hibook Pro ・ 下:Chuwi Hi10 Plus よく見るとカメラ周りの形がちょっと違いますね。

タブレットではカメラを使う機会があまりないし解像度も悪いのでついてなくてもよさそう。

Windows10かAndroidを選ぶ

電源ボタンを押す(中華タブレットは長押ししないと起動しない場合もあります。)とカウントダウンが始まってAndroidかWindowsを選ぶ画面になります。

この時、タッチ画面は反応が悪いのでボリュームボタンの上下でOSを選択して電源ボタンを押すと選択したOSが起動する。(Teclastはボリュームボタンで選択したら電源ボタンを押さないでも起動する。)

Chuwi USBポートのクセ

最近のChuwiはUSB Type-CとMicroUSBポートが一個づつある場合が多いのですが、この両USBポートにちょっとクセがあります。

USB Type-CとMicroUSBポートはプラグを選ぶ

2つのポートに共通するクセはUSBケーブルによってスカスカな場合+接触が悪く反応しない場合があります。

この赤いプラグの充電専用MicroUSBケーブルは問題なくさせるが、MicroUSBポートでは充電できないんです(汗)

MicroUSBプラグにType-C変換コネクタを付けてType-Cポートに刺したら充電+通信もできた。こちらはゆるくはなくちゃんとさせる。

こちらのUSB Type-CケーブルはNexus 5Xのものだけどユルユルでうまく接続できるときと全く接続デキない時がある。ぐっと奥まで刺せば接続するが、少し動かすと切断されてしまう。

あと、Chuwi機をWindows10にした場合はUSBケーブルをつなげて母艦のWindowsには基本的に通信できません。(Windows8以前とMac・Windowsをつないで通信できるようになるUSBリンクケーブルというのがありますが、Windows10では対応しているのか不明です。)

Windowsのファイル共有(Samba)を使ったほうが良いと思います。

各種ケーブルで実験した結果が以下のようになりました。

MicroUSB ポートで接続

こちらはOTG専用のポートのようで、パソコンとも接続不可でした。

  • OTG(USBメモリと接続可能)
  • PCと接続不可
  • バッテリー充電不可

充電もPCとの接続もできないダメMicroUSB仕様ですが、OTGだけ使えます。上記はUSBメモリと標準USB⇒MicroUSB変換アダプタをかましてMicroUSBポートに刺しました。

Chuwi機付属アプリのFile Managerを起動して確認したらUSBメモリがマウントされてます。

USB Type-C ポートで接続

  • OTG(USBメモリと接続可能)
  • PCと接続可能
  • バッテリー充電可能

こちらのType-Cポートは全部可能でOTGにも対応しているのでUSBメモリもマウントされます。

ちなみにパソコンと接続できた場合でもカメラ(PTP)としてしか接続できませんでした。メディアデバイス(MTP)で接続する場合はドライバのインストールが必要です。

Windowsと接続 カメラ(PTP)可能

Windowsと接続 メディアデバイス(MTP)不可

ドライバがあたってないのでMTP接続ではマウントしませんでした。

ドライバどこかにあるかもしれないので探してみます。

Chuwi機 USB Type-C・MicroUSB ポート まとめ

  • MicroUSBはOTGしか使えない。
  • Type-Cは全部使える。

というわけでChuwi機を検討されている場合はご注意ください。

Teclastの場合はDCプラグとMicroUSBが多いのでこちらもあまり良くは無い仕様だと思う。DCプラグはちょっと取扱いしにくいし交換しにくいのでやめてほしい。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. tensho より:

    いつもレビューを楽しみにしています。
    私も購入したHibook proのレビューはとてもありがたいです。
    搭載Androidや、BIOS、Windowsがかなりアップデートされているようです。
    それらの安全で確実なアップデート方法についても素人に分かるように
    ご教示いただければ助かります。
    バージョンの確認、アップデート要不要、ダウンロードサイト、
    アップデート方法など具体的に。
    アップデートしてさらに悪くなったこともあるようなので心配ですが。
    Androidのアップデートがスマホのように自動であればいいのですが、
    なぜChuwi等はそうならないのでしょうか。
    いちいち焼かないといけない?

    • GO より:

      tensho様
      コメントありがとうございます。
      はい、多分焼くしかないと思います・・・
      というのもデュアルブートなのでAndroidはそういうの想定してないからいつまでたっても5.1のまんまなんだと、
      どの中華タブレットのメーカーもAndroid5.1のままなのとIntelが次期Atomを開発しないので、中身のAndroidも更新してもしょうがないや、とメーカーが思ってるのかもしれません。
      来年あたりQualcommが中華タブレット用のSoc出しそうなのでARM版Windows10とAndroidデュアルブートになったらAndroidバージョンも上がる気がします。それまではAndroid5.1の確率がすごく高いですね。
      Windows10は勝手にAnniversary Updateしてしまいます(汗)
      Chuwiについては、こちらのフォーラムや
      http://forum.chuwi.com/
      復旧についてはこちらなどを参考にしてくださいね。
      http://bey.jp/?p=36352

      • tensho より:

        ご返信、ありがとうございます。
        とりあえずHibook proは現状であきらめます。

        最初はAndroidだけでいいと思っていましたが、
        Windows 10の勉強にはデュアルブートが便利でした。
        (メイン機はまだXP機を使用しているので)
        Hibook proは高解像度なので画面がほれぼれするほどきれいです。
        画面はフルHDではなく、これくらいあるべきです。電池の消耗が激しいですが。

        私の場合、なぜかWindows 10がAnniversary Updateしにいくのですが、
        途中でエラーとなり、できません。何度か勝手にやるのですが、エラーです。
        なので、最初のバージョンのままです。
        もっともそのままのほうが好都合なので、別途ダウンロードしてアップデートはしませんが。
        このHibook proは最初から画面にフィルムが貼ってあり、大評価に値します。
        ガラスフィルムの選択と貼付に神経をすり減らす必要もないし、すぐに使えるから。

        Qualcommが中華タブレット用のSocには驚きです。
        そうなったら、価値が上がりそうです。
        Atomはやはり動作が遅すぎます。
        LTEもWiFi-11acも可能になるとうれしいですね。
        ぜひ低価格の真のSurfaceもどき(デュアルブート)を販売してもらいたいものです。

  2. tensho より:

    追記で恐縮ですが、
    その背景は、MicroUSBにOTGをかまして有線のXBOX360ゲームコントローラーをつなげても
    Androidの場合は認識しません。WindowsはOKです。
    なお、BluetoothのコントローラーはAndroidでも正常に認識します。
    これを解決したいのですが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。