Xiaomi Mi MIX 6G/256GB 内部調査 レビュー

スポンサーリンク

Xiaomi Mi MIXレビュー3回目になりました。今回はAndroid6の内部を見ていきましょう。

Xiaomi機はAndroidベースでMIUI OSという普通のAndroidとは違ったOSになっていますので日本語が完璧に表示されなかったり中国圏をメインとしたOSなのでGoogle Playストアが入ってなかったり、日本人には使いづらい点も多々あります。

ただ、MIUI8になってからというよりXiaomiも中国以外にも進出してきたのでGoogleのアプリも使えるように改善されて最近のバージョンからは標準でGoogle Playストアもインストールされているようになったのかもしれません。

Mi MIXで最初から入っているMIUI ROMはショップが改造したROMだと思うので最初からGoogle Playストアがはいっていました。

もしかしたら正規グローバルROMを入れたら日本語表示も無くなるのかもしれません。そのあたりはまだ調査していないのでなんとも言えません。

どちらにせよXiaomi機はある程度知識がある方が改造して使うのが良いと思います、下手に知識が無いまま使うと文鎮化の恐れも多少はあるでしょう。

もし、知識が無くてもXiaomi機を使ってみたい場合は100ドル台のMi MAXとかを選んだほうが壊れてもあまり後悔せずに良いとは思います。Mi MIXもかなり魅力的ですがいかんせんまだ高価なので。

Xiaomi Mi MIX
Xiaomi Mi MIX 6G/256GB

Xiaomi Mi MIX スペックとLED

しつこいですがスペックももう一度確認しておきましょう。

画像Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア嬉し嬉しスキ
機種名Xiaomi Mi MIX
メーカーXiaomi456
キャリアSIMフリー
GearBestクーポン
BLACK 6GB/256GB
58590円
~6/30100台

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

Feel 表示
口コミ

★評価のみ 工事中!

Wish
22
279
40
OSAndroid 6,MIUI8
SocブランドQualcomm
SocSnapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア
メモリ4/6GB
ストレージ128GB/256GB
ディスプレイ6.4インチ
解像度2040x1080
スクリーン2.5D
パネルTFT
画素密度361ppi
バッテリー4400mAh
フロント カメラ500万画素
リア カメラ1600万画素
重量209g
サイズ 縦x横x奥行158x81.9x7.9mm
SD-
BluetoothV4.2
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/ac
生体認証指紋
充電USB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank(1,8,11),Y!mobile(9)
850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank(1,3,8,XGP41)
Y!mobile(3,28)
850(5,26),900(8),1800(3),2100(1),1900(2)
備考・特徴CDMA: 1X / EVDO BC0
TD-SCDMA: B34 / 39
TD-LTE: B38 / B39 / B40 / B41
カラー・バージョン表示
カラー・バージョン
4GB/128GB
BLACK(ブラック)
gearbest Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア BLACK(ブラック)
WHITE(ホワイト)
gearbest Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア WHITE(ホワイト)
6GB/256GB
BLACK(ブラック)
gearbest Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア BLACK(ブラック)
WHITE(ホワイト)
gearbest Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア WHITE(ホワイト)
香港 6GB/256GB
BLACK(ブラック)
gearbest Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア BLACK(ブラック)
4GB/128GB
BLACK(ブラック)
banggood Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア BLACK(ブラック)
WHITE(ホワイト)
banggood Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア WHITE(ホワイト)
6GB/256GB
BLACK(ブラック)
banggood Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア BLACK(ブラック)

LEDランプ

充電や通知などのLEDランプはこのように下に点灯しました。

Xiaomi Mi MIX 通知ランプ

Xiaomi Mi MIX アプリ・機能

MIUI8初期設定

言語とロケール

初期設定で一番最初に言語を選択しますが、一番下に「日本語」がありました。とりあえずは別途MoreLocale2は使う必要はないようです。

次のLocaleでは日本はなく・・・大韓民国のみになるので同じロケールUTC+9の韓国を選ぶしかなさそう。

アカウント

Xiaomi機なのでGoogleアカウントとMi Accountを取得したほうが以後楽に運用できます。

日本の電話番号の登録もできると思いますが今回は以前メルアド(Other ways to sign inを押す)で登録しといたMi Accountを使ってログインしました。

進んでいくとMi Max時代のバックアップがあるのでリカバリするか聞いてきたので、バックアップをもってくるのをやめて新しいデバイスとして進む。

指紋認証

今まで試したスマホの指紋認証はどれも同じような速度で認証具合もあまり大差なく感じましたがMi MIXはかなり正確に速い指紋認証と感じました。適当に指をあててもちゃんと認証して(感覚で)0.02秒くらいでホーム画面が表示されます。

すぐに認証するということはもしかしたら甘い認証なのかもしれませんが・・・どうなんでしょう、その辺はチップレベルまで知ってないと分からないのでどのチップを使っているかすらも分からない一般人(自分)にはちょっと分かりません。

ロケーション・テーマ

位置情報の許可とホーム画面のテーマを選んで初期設定終了

ここまでで一応終了しますが、まだ続きます。

Find Device・Bottons

スマホを紛失したり盗まれたりした場合に見つけ出す機能ですね。

あと、下に表示させるホームボタンを常駐させるか数秒経ったら引っ込めるかを設定します。

Settings > Additional settings >Buttons

こちらで後からも設定可能

これで全ての初期設定は完了しました。

Googleアカウント取得

初期設定時にGoogleアカウント取得しようとしたけど何故かスルー(どこか間違えたみたい)されてMi Accountの画面になってしまったのでPlay ストアを起動してもう一度Googleアカウントを取得します。

電話番号を追加とクレジットカードはスキップできる。ちなみに中華タブレットの場合は電話番号を追加はスキップできないで確認が必須になります。

ホーム画面

これでやっとホーム画面表示されて使い始められる。

真ん中の画面のAntutu以外はデフォルトのアプリ、MIUIアプリのみですね。

設定

設定はほぼ英語表示になっていて一部の設定のみ日本語表示になります。

Second Space

Second SpaceはXiaomiオリジナルなOSのMIUIの設定で普通のAndroidにはありません。

セカンドスペースはWindows10で言うところの「仮想デスクトップ」な機能で、クローンなホーム画面を作ることができます。

タスク ビューを使えば、用途に合わせて作成した「仮想デスクトップ」をいつでも切り替可能、作業の領域を無限に広げて効率を大幅アップしましょう。

Settings > Second space

こちらで「Turn on Second space」を押すと新たなホーム画面に移動する。

2つ目のホーム画面はデフォルトのアプリと別途インストールしたGoogleアプリのみ引き継がれていますが、設定とかは全て最初の状態なので別途違うアカウントでログインなどすることができそう。

LINEとかSkypeとか?OneDriveとか2つ使えそうな予感がしますので後ほどじっくり検証してみます。

最初のホーム画面に戻るには2つ目のホーム画面に出現した「Swich」を押すか通知パネルの「Go to First space」を押すと戻ります。その際に指紋認証する必要があった。

最初のホーム画面でもSwitchが表示されているのでタップするだけで2個目のホーム画面に移動できる。

Quick ball

以下のようなフローティングランチャーのことをQuick ballと呼ぶようです。これはアプリにしたりトグルを配置したりカスタマイズできます。

ショートカットを変更する場合は

Settings > Quick ball > Select Shortcuts

を選んで変更する。ショートカットは5個しか表示されず、左右の隅のほうにしか移動できない。まん中のボタンを押しながら上下に移動する。

ショートコードはいくつかのトグル・ホームボタンや戻るボタン・スクリーンショットとアプリを選ぶことができる。

試しにGoogleマップを選んでみた↓

端末情報

そのほかDual Appsというアプリのクローンを作って複数ログインできるような機能もありましてもしかしたらLINEでも??行けるかな?あとでじっくり検証してみます。

Xiaomi Mi MIX アプリ

天気アプリ

MIUI8からか?中国以外の都市も選択できるようになったようです。福岡市もあってGPSオンにすると自分の住んでいる都市の天気情報を自動で取得できるようになってます。

MIUIなので一部のアプリは使えない

ゲオチャンネル使ってますが、このMI MIXはMIUIなのでやはり使えませんでした。Huawei Honor note 8は使えたのでHuawei機は日本に来ているからかと思われます。

一部のゲームなどのアプリも同様に使えないと思います。ご注意あれ。

Xiaomi Mi MIX ベンチマークテスト

AnTuTu

16万くらい行くと思ってましたがよく考えてみたらスナドラ821なので14万あたりが普通ですね。OnePlus3Tが同じスナドラ821で16万台だったので、Mi MIXは安定性のためにアンダークロックしているようです。

Mi5s,Mi5s Plusが15万行くのでちょっと低い気もしますが画面が大きいからなのかもしれないし後何回か計測すれば15万出るのかもしれない。

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

メモリのスピード速いです。今まで計測した中でトップ

他のスマホとのベンチマーク比較

スマホ・タブレット ベンチマークテスト 一覧
AnTutuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 ブランド 型番 計測OS AnTuTu G...
スマホ・タブレット メモリ速度計測
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Xiaomi Mi MIX 内部調査 まとめ

スナドラ821なのにAntutu14万ほどでそれほど速い数値はでなかった。ディスプレイが大きいからなのかもしれない。まぁ、13万以上であればスマホとしてはどれも変わりないスピードだと思う。それ以上20万とかになるとパソコンとして使えるレベルになってくると思います。

初期時から日本語が表示されるようになって、さらにGoogle PlayストアもインストールしてあるのでXiaomi機もMIUI8になってかなり便利になってきました。ただショップROMなのでグローバルROMなどに変えたらPlayストアを別途入れなければいけないかもしれません。

5.5インチ並のサイズだけど幅が少し広く太っちょさんでディスプレイが6.4インチもあるという他には無いサイズ感で唯一無二なスマホ

プレミアム感がものすごく高いのでどこに連れて行っても恥ずかしくない子(スマホ)です。ただ革ケースを装着するとオジサンに変身します(汗)

次は他スマホとくらべてみましょう。


Xiaomi Mi MIX 6G/256GB

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。