【気軽にIoT化】Xiaomi ホームゲートウェイ+謎のCUBE+湿温度計 開封 レビュー

スポンサーリンク

去年から発売されていたXiaomiのホームゲートウェイと謎のCUBEがBanggoodから来たのでレビューします。それと湿温度計は以前他社から買って単体では使えなかったので放置しておいたものもあるので合わせてレビューします。

結論から言うとこの3つのガジェットのみでは湿温度計しか使えないので、後ほどもっと多くのスイッチ類が来ます・・・その様子は次回レビューしていきます。今回は前置きということでホームゲートウェイ周りの設定など。

今回のホームゲートウェイと謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box)は【Banggood】から来ました。

Xiaomi ホームゲートウェイ+謎のCUBE+湿温度計

ホームゲートウェイ↓はコンセントがI型の特殊な形状になっていてそのままだと日本では使えないのでBanggoodから変換アダプタが同梱されていました。

Xiaomi ホームゲートウェイ

Xiaomi Upgrade Smart Home WiFi Remote Control Multi-functional Gateway

こちら↓は最近発売されたガジェットで、謎のキューブ・・・コレ単体では使えないんです。何に使うかというと「スイッチ」ですね。今回は監視アラームをオフにする設定をしてみました。センサーや電源スイッチがあればもっと使い道は増えていきます。

Xiaomi Mini Magic Box Smart Home Magic Remote Controller

Xiaomi Mini Magic Box Smart Home Magic Remote Controller

こちら↓はホームゲートウェイが無いと使えないことを知らずに以前買っておいて使えず・・・放置しておいたものです。

Xiaomi Mini Smart Home Temperature and Humidity Sensor

Xiaomi Mini Smart Home Temperature and Humidity Sensor

Xiaomi ホームゲートウェイ+謎のCUBE 開封

Banggoodの梱包

Banggood 梱包

こちらホームゲートウェイ↓の梱包ですが、ゲートウェイ本体のコンセントプラグがO型プラグなので日本でおなじみのA型プラグに変換してくれる変換アダプタも付属されていてとっても親切です。

Banggood 梱包2

化粧箱

謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box)

ただのキューブなのでもっと小さいブツかと思いましたがけっこう大きめでかさばります。

ホームゲートウェイ

Xiaomi ホームゲートウェイ 横

開封

謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box)

白いキューブと金属のヘラ、取説が入っています。

謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box)

最初はなにするものか分からなかったけど、回転させたり降ったりするとスイッチ代わりになるものです。

謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box) 開封

手に取ってみると大きく感じる立方体。もう少しコンパクトでもよさそうだったけど。

謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box) 大きいキューブ

金属のヘラで隙間が空いている部分にさして持ち上げるとフタが開いた。電池交換時のみ使う。

 謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box) ヘラを入れる隙間

開けてみました。ボタン電池とリセットボタンがある。

謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box) 開ける2

ホームゲートウェイ

続いてホームゲートウェのほうもみてみましょう。

ホームゲートウェイ 表

コンセントプラグは↓以下のようにあまり見かけないタイプのO型プラグで日本で使うには変換アダプタが必要。

変換アダプタと合体させてみました・・・かなりゴツくなってしまいます。

ホームゲートウェイ 裏 変換アダプタ

せっかく変換アダプタを同梱していただいたのですが、dodocoolのトラベルウォールチャージャーも変換アダプタの機能があるのとUSBハブにもなっているのでこれを使用してみます。

海外旅行 充電器【dodocool】USB4つ同時充電器 トラベルウォールチャージャー
スマホ充電関連の話題が続きます。こちらはQuick Charge対応ではなく、旅行に行った時に同時に4個のUSB充電ができるものです。1個あ...

ホームゲートウェイ  dodocoolのユニバーサルコンセント

合体させると↓・・・さらに巨大になってしまいましたが安定性がありそう。

ホームゲートウェイの取説

謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box)取説

Xiaomi-Mini-Magic-Box3 Xiaomi-Mini-Magic-Box4 Xiaomi-Mini-Magic-Box1 Xiaomi-Mini-Magic-Box2

温度計の取説

Mi Home アプリ

以前はMi Homeを野良アプリでダウンロード・インストールしなければいけませんでしたが今はPlayストアやApp StoreにもMi Homeがありますのでインストールします。

MiHome
MiHome
Developer: Xiaomi Inc.
Price: Free

ただ、このアプリちょっとクセがあるのか?アプリのせいではなくて機器がクセあるのか、はたまた地域が日本というのもあって無理なのか分かりませんが、XiaomiのスタンドはなんとかこのMi Homeアプリで操作できるようになりましたが、XiaomiのLED電球はどうやってもペアリングできずにLED電球は最終的に使えませんでした(泣)

【Xiaomi Yeelight】RGBW LED電球 リモートコントロールライト 使えてないけどレビュー
かなりクセがあってまだスマホと接続できていませんが、せっかくおウチにやってきたのでレビューします。
【Xiaomi】LEDデスクランプ Mi LED Desk Lamp 開封の儀 レビュー
EverbuyingからMi LED Desk Lampが届いたので開封レビューしてみます。 このMi LED Desk LampはAnd...

今回は無事使えるようになることを祈って作業してみます。

Mi Homeアプリの注意点

Mi HomeをインストールしたらMiアカウントが無いと使えないのでアカウントを取得するかログインしましょう。

それと、ここ重要でロケールの設定があります。

Profile > Settings > Locale

ここでかならずMainland Chinaを選びましょう。多分デフォルトでMainland Chinaになっていると思いますが、他のTaiwanなどにすると台湾地域に対応したMi Homeのアプリのバージョンが古いようでうまく動きませんでした。

多分他の地域もそうなると思います。以下のように設定しましょう。

問題はロケールが中国時間なので日本時間よりも1時間遅い設定になりますのでアラームなどを使う場合は注意が必要です。

あと、天気予報もありますがコレも中国の天気になりますのでまったく使えません。

ホームゲートウェイ ペアリング

ホームゲートウェイのペアリングはすごくすんなりいきました。

ホームゲートウェイ ペアリング中

ホームゲートウェイのアイコンをタップして中を見ようとしたらファームウェアアップデートがあるようなので早速アップデートしてみます。

Home・Scene・Device 3つのタブ

ホームゲートウェイのアイコンをタップしてホームゲートウェイ独自の画面に入ります。以下の3つの画面で構成されています。

Mi Home アップデート

またまたアップデートがあるようなので、面倒ですけどちゃんと動くようにアップデートしておきます。

ホームゲートウェイ専用デバイスを追加

ホームゲートウェイの専用デバイスはいくつかありますが、今回は湿温度計と謎のCUBEしかないので2つ追加してみます。

ホームゲートウェイとペアリング

Deviceの画面(上の右側画像)で下のほうにある「+」(Add subdevice)をタップして追加、まずは湿温度計追加で側面にあるボタンを押すと青LEDが3秒おきくらいに点滅してペアリング準備完了。

続いて謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box)も追加してみます。謎のCUBEのペアリングはフタを取ってボタンを押すか縦に振る動作でペアリング開始される。

これで取りあえず3つの機器を追加できました。

ホームゲートウェイの使い道

ホームゲートウェイは小さなデバイスを管理する役割と、アラーム・LEDライト・音楽(ニュース)再生機能があります。

Homeタブを左右にスワイプすると上半分の画面が移動します。

音楽再生・ニュース画面

日本人で中国語分からない自分は3番目の音楽再生やニュースはちょっと使えない。

上記のように好きなニュースやラジオ番組を追加できてホームゲートウェイのスピーカーから聞けるようになっていますが、現在は全て中国語のサービスのみになっているので中国語が分かる方以外は利用不可でしょう。

将来的に日本語などのラジオやニュースも追加できるといいですね。

アラームの設定

このアラーム機能はホームセキュリティでのアラームで、留守中の監視に使うものです。外出中にアラームをセットしておきます。

今回は監視カメラや人が通過した時のセンサーが無いためにテストはできないので設定のみみていきましょう。

こちらは真ん中の丸をタップするとアラームをオン・オフにすることができます。

アラームをオフにすると『ビュッビュッ』とアメリカ車や韓国車のスマートキーの音がします。

時間がきたら自動でオン・オフできる設定は、Scene > Arm

設定する時の時刻は中国時間なので1時間遅い時刻で設定することをお忘れなく。

アラームの解除は手動でホームゲートウェイのボタンを押してもストップします。

目覚ましのアラームは別途「Wake & act clock」で設定できます。

目覚ましアラームも同様にホームゲートウェイのボタンとMi Homeのアラーム オフボタンでもストップします。

湿温度計の画面

下画像1枚目は大分デバイスが増えてしまった後にスクリーンショットを撮ったので今はHumidity & Temperatureのみ注目してください。

湿温度計も最終的に2個になったので部屋の中とベランダに設置しました。

謎のCUBE(Xiaomi Mini Magic Box)

謎のCUBEのほうもHome > Statusの欄にキューブアイコンで表示されているのでみてみましょう。

上画像右のように回転とかプッシュした時にログが残ります。

こちらはログなので本来は回転したら照明オン、プッシュしたらアラームオンなどの機能を持たせることができます。では、振るとホームゲートウェイのアラームをオフにする設定をしてみましょう。

中国語なのでハッキリと分かりませんが、なんとなくわかりました。

謎のCUBEは降ったり押したり回転させたりする動作でなにかのスイッチをオン・オフする機能として使えそうです。

Xiaomi ホームゲートウェイ 使ってみた感想

数十ドルとスマホを持っていれば簡単にスマホがリモコンになるIoT化を実現できるので、とりあえずIoTの取っ掛かりとして最適なデバイスかと思いました。

ホームゲートウェイ ライトオン

一部のデバイスでZigBeeの通信規格を使っているらしく、もしかしたらXiaomiホームゲートウェイに自作のデバイスを追加することも可能なのかもしれません。そのあたりが非常に気になっていて、なにか自分でデバイスを作れたら楽しい♪

次回はさらにXiaomiの小さなデバイスが増えていって玄関ドアやライトのオン・オフのセンサーも追加していきます。

Xiaomi ホームゲートウェイ

Xiaomi Upgrade Smart Home WiFi Remote Control Multi-functional Gateway

Xiaomi Mini Magic Box Smart Home Magic Remote Controller

Xiaomi Mini Magic Box Smart Home Magic Remote Controller

※この商品は一部サンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。