iPadの動作(ブラウザ)が重いので改善してみる

スポンサーリンク

iPad miniの動作、特にブラウザが重いので改善してみる

前回、iPad miniのダウングレードを失敗したのでなんとか軽くしてもう少し使えないかと思いブラウザの設定を改善してみることにしました。

iOS8は今はダウングレードできない!iPad miniが激重なので軽くしたかったけど・・・

4つ改善方法があったのですが2つはSafariの設定です。ただ普段はChromeを多く使ってるのでどっちも速くなれば良いのですが。

日頃は、タブをたくさん開かないようにしていましたがそれでも重いのは変わらなかったです。

それでは改善してみます。

キーボードの変換学習をリセット

キーボードが表示されるのが遅いので学習機能が影響してるのか分かりませんがキーボードの学習機能をリセットしてみます。

IMG_1261

設定アプリを起動して、一般>リセット を選びます。

キーボードの変換学習をリセット

「キーボードの変換学習をリセット」を選びます。

辞書をリセット

辞書をリセットのダイアログが出るので「リセット」を押します。

Spotlight検索をオフにする

Spotlight検索は連絡先、ミュージック、ビデオなど横断して一括で検索してくれる機能のようです。

Spotlight検索をオフにする

設定は、設定アプリ 一般>Spotlight検索 にあります。

Spotlight検索、便利そうだけど・・・実際にやったことないので全部チェックを外しちゃいました。

チェックを外す

設定完了後、iPad miniを再起動させます。

Safariの履歴とWebサイトデータを消去

これはSafariの履歴やサイトへアクセスしたキャッシュを消去する作業です。

Safariのみの速度改善に有効

履歴とWebサイトデータを消去

設定アプリから左側を下にスクロールするとSafariがでてきますのでタップして、「履歴とWebサイトデータを消去」押します。

履歴とWebサイトデータを消去 確認画面

確認画面がでますので消去を押します。

Safari で JavaScript を オフ にする

JavaScriptをオフにすると正常に表示されないサイトが多発しそうですが(^_^;)重いよりはましなのでやってみます。

Safari で JavaScript を オフ にする設定アプリ Safari>詳細(下のほうにあります)

Safari で JavaScript を オフ 設定

 4つの設定をやってみて

それほど動作は速くはならないけどキーボードがサッと表示されるようになりました。

ただ、キーボードは直ぐに表示されますが、やはりSafariで「ひらがな」のフリック入力の最初の文字が入力してから表示されるまでプチフリーズしたように(感覚的に)1秒くらいかかります・・・

まぁ、(感覚的に)2秒か3秒くらいかかってた時よりは少し改善されたのでこれでよしとしましょう。

実用に耐えないわけではないのであと1年くらいもてばOKです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。