Xperia 初代Z vs Z3 vs Z3compact 比較レビュー&Docomo Z3一括0円始まる!

スポンサーリンク

自分のスマホじゃないけど最新Xperia Z3見てみます

手持ちのというか頼まれて購入したXperiaがいくつか自宅に届いたのでついでに最新のスマホはどんなのか見てみたらXperia Z3の魅力に引き込まれて・・・スッゴク欲しくなってしまいました(^_^;)

どうせなのでちょっと写真でも撮ってレビューしてみたいと思います。(頼まれたXperiaはほぼ新品でキズはありませんが新品ではありません。)

 Xperia Z 3台

最近オッサンになってかシンプルライフでか物欲があまりなくなって(以前の物欲王ぶりはすっかり衰えたようです)パソコン(今は1台しかもってません)も3年目になっても買い替える気もおきずタブレット・スマホも2年くらい経つからそろそろ替えどきです。シンプルライフでも交換で物が増えなければOKですよね。

(毎度のことですが写真がうまく撮れなかったのでご了承くださいませm(_ _)m)

まずはXperia Z3 Compactレビュー

Xperia Z3 Compactはドコモとかで一括0円で投げ売りされているのもあって一時交換しようかな?と思った時期もあったけど、あまり興味がなかったので保留していた機種。

SO-02G

大きさはコンパクトでiPhone5くらいの大きさで手に馴染んで電話として使うならコレで十分な気がしました。ただ・・・最近のスマホの大型化で大きいスマホを使っているともうこの大きさには戻れない気がする(汗)まだ老眼にはなってないけど(そろそろ?)近眼なので大きい画面のほうがよく見えるしストレスもたまらない。

SO-02G 半透明

サイドは半透明の黒のような透き通ったプラスティック製のような感じ。

so-02G ヘッドフォンの出っ張り

ヘッドフォン端子の出っ張りが目立って気に入らない。これ(ヘッドフォン端子の部分)銀色にしないで黒にしたら目立たなかったのにちょっと安っぽく見えてしまいました。

 SO-02G

Xperia Zの特徴である電源ボタンも気持ち小さいように感じます。

これにかえるんだったら正直 初代Xperia Zのままでも良いかな?と思った。質感もあまりグレードアップしておらずところどころ安っぽさが伺える。CPUとかメモリとかの機能は格段にグレードアップされてると思うけど。

ただコンパクトなので適当にポケットに入れておけてどこにでも問題なく持っていける大きさというのは魅力的。2台持ちの場合は間違いなく2台目にXperia Z3 Compact選びます。

初代Xperia Zと比べて質感がすごくあがった!Z3レビュー

かなり進化して、質感がすごく良く完成度がメチャメチャ高いです。コレ以上ないくらいの質感でメロメロになってしまいました(汗)

今自宅にあるのはauのXperia Z3 SOL26という機種です。この淡いグリーンのようなお色のが手元にあるのですがこれがまた上品なお色で女性にピッタリです。

DSC09527

サイドの角は別のパーツに分かれているが仕上がりは良いと思う。

サイドの角は別のパーツに分かれているが仕上がりは良いと思う。

表面とサイドの境目に溝がほとんどなく綺麗に収まっていて美しい。

表面とサイドの境目に溝がほとんどなく綺麗に収まっていて美しい。

初代Xperia Zには妙な溝があってそこにホコリが入ったりして見た目もよくない。

初代Xperia Zにはガラスとサイドの間に妙な溝があってそこにホコリが入ったりして見た目もよくない。

Samsung Galaxy Note II GT-N7100と厚みを比べてみた

Samsung Galaxy Note II GT-N7100と厚みを比べてみた

比べてみるとギャラクシーノート2が分厚くて丸まってて子供が使うスマホとオトナのスマホを比較しているように思えてくる。まぁ、時代がぜんぜん違うので比べるのもどうかと思いますが。

Samsung Galaxy Note II GT-N7100

Samsung Galaxy Note II GT-N7100はペン入力できるファブレット

 これは日本では売らなかったのかな?2013年ころの機種です。

初代Xperia Z・Z3・Z3 Compact比較

Xperia Z比較 上部

上部は全部ヘッドフォン端子があります。初代Zだけカバーがあってカバーをいちいち外さないとヘッドフォンをさせません(汗)

Z3 Compactはヘッドフォン端子が1mmくらい飛び出てて銀色の部分が目立ち安っぽい感じがする。

Xperia Z比較 右サイド

Z3 Compact

Z3 Compact

Z3 Compactのサイドは半透明になっていてプラスティックが透き通っているのでちょっと安っぽい印象。この面はカバーなし。

初代Z

初代Z

初代Zはカメラボタンがなくボリューム上下とパワーボタンがありその上にSIMカードを入れるカバーがあります。

Z3 右サイド

Z3

Z3はサイドも非常に高級感があり完成された感漂ってます。MicroSDとSIMカードを入れるカバーがあります。

Z3 右サイドのカバーを開ける

Z3

Z3

左側がSDカード、右側がMicroSIMのトレーが刺さってる。トレーを引き出してMicroSIMを乗っけてトレーごと挿入。Xperia Zの3機種全部同じトレーに乗っける仕様。

右側の黄色いボタンのようなのは「OFF」と書いてあるのでリセットボタンかな?

カバーも改良されているようでカバー自体が意匠的に考えられていてプラスティック製のようだけどまるでアルミでできているかのような質感でカバーを閉じるとまったくズレがなく溝の隙間(黒い部分)も同じ0.2mmくらいの幅でピタッと完璧にハマってすごく気持ちが良い。

Xperia Z比較 左サイド

初代Z

初代Z

基本的には初代ZとZ3は同じですが充電の部分は磁石でひっつくようになったようです。カバーの中はUSB(microB)をさせるようになってます。充電スタンドが無い場合はUSB(microB)から充電します。

Z3

Z3

Z3 Compact 左サイドのカバーを開ける

Z3 Compactは左サイドに2つカバーが付いている。カバーには縦方向にツメを入れるようになっていてZ3のように横にツメを引っ掛ける溝はない。

Z3 Compact

Z3 Compact MicroSDとUSB(microB)

Z3 Compact 左下のカバー

Z3 Compact 左下のカバー

左上がMicroSIMその左の黄色いボタンは多分リセットボタン、右側はただの隙間みたい。左下になにやらビニールのシートのようなのが刺さっていて引き抜けるようになっているけど・・・怖いので引き抜かなかった。Z3にもMicroSDの部分に黄色いビニールのシートが刺さっていた。なんだろう?

Xperiaはディスプレイが柔らかいのかな?

iPhoneを使ってからXperiaを使っていますがXperiaの場合はiPhoneと違ってディスプレイの表面が強いガラスでは無いようです。1度Xperiaを落としましたが表面のフィルムのようなのが削れてしまいまいた(表面がガラスじゃないのかな?)。

初代Z 落とした時にできた表面のえぐられたようなキズ

初代Z 落とした時にできた表面のえぐられたようなキズ

また、iPhoneよりも傷つきやすいように感じます。ちょっとこすったら線のようなキズが付いてしまいました。(最近はケースに入れずそのまま胸ポケットに入れたりしてラフに扱うようになってしまった。)

なのでiPhoneのように傷つきにくいゴリラガラスなどにしてくれたらよかったのにXperia Z3では普通のガラスらしいです・・・

ガラス表面に虹色の線

光の加減でしか見えないけどガラス表面に線のようなのが見える時があります。これはiPhoneにはなかったので最初にXperiaを持った時には少し驚きました。表面のガラスはiPhoneと比べて柔らかいようなプラスティックのような印象をうけます。

ひと通り最新のXperia Zを見て、結局はハードウェア部分だけの進化でソフトウェア的には目新しさを感じなかったのでひと通りみたらちょっと物欲が冷めました(汗)より機能的により速くなっているようですが今の初代Zでも十分に感じます。

DocomoのXperia Z3を一括0円で手に入れるチャンス

というわけでもうすぐ春のスマホ大戦がやってきます!というか千葉方面の方は2/20にやってきます!

so-01g 一括0円に関連する最新のツイートです。みんなのコメントを見て会話に参加してみましょう。

「SO-01G 一括0円」でツイッターで検索したら出てきました。

ドコモ Xperia Z3 SO-01G MNP一括0円 2台で60000円キャッシュバック

テレワールドヤオコーで2/20にやるようです。(条件があるので後日計算してみます。)

僕も去年契約したSoftbank3円携帯2台でMNPやりたいんですが千葉なので実家のそばですが帰る予定はないので・・・見送りです。九州方面か、四国に来たら旅行ついでに行ってみたいけど、近くでSO-01Gキャンペーンやるかな?

次の記事でSO-01Gを2台MNPしたらどのくらいの月額になるか試算してみます。

それにしてもスマホの撮影は大変です(汗)写真の勉強しなきゃダメみたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。