【MVNO増量中】IIJmio・NifMo・楽天モバイル・hi-hoもデータ容量増量♪やばいぞOCNモバイルONE!

スポンサーリンク

4月からMVNO(格安SIM)各社が通信容量をアップ

去年に引き続きMVNOの激戦が続いて新年度に向けてデータ通信容量を各社増量してきた!

商売でいえば完全に成長市場のMVNO、この状況はいつまで続くのでしょうか?このまま続いて光回線くらいの速度で安くスマホが使えるようになれば言うことないですね。

MVNO データ容量増量

MVNOはb-mobileやOCNが先陣きってやってたのでOCNモバイルONEを基準として各社が追従するかたちでデータ通信容量をアップしたり料金を下げたりしているようです。

ただ、微妙にプランがMVNO各社細かく違うので比較が難しい(このへんも戦略だと思いますが)ので自分のライフスタイルに合うMVNOを選ぶのが大変かもしれない。

以下、SIMのみ(データ通信のみ・音声なし、スマホなし、SMSなし)のプランで各社変更されたプランを見ていきます。

ニフティ、MVNOサービス「NifMo」の月間データ通信容量を増量

「ニフティ、MVNOサービス「NifMo」の月間データ通信容量を増量」についてニフティ株式会社のニュースリリースです。

ニフティのニュースリリースでデータ通信容量の増量が書いてあります。

「データ通信容量増量記念 おかわりキャンペーン」なるものが2015年4月1日(水)~4月30日(木)まであって無料で0.5GB増量できるようです。

通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

プラン名 3/31まで 4/1から 料金(税抜き)
3GBプラン 2GB 3GB 900円
5GBプラン 4GB 5GB 1,600円
10GBプラン 7GB 10GB 2,800円

IIJ、「IIJmio高速モバイル/Dサービス」において高速通信用のデータ量を増量

IIJは、個人向けサービス「IIJmio(アイアイジェイミオ)高速モバイル/Dサービス」において、すべての料金プランの高速データ通信量を2015年4月1日より増量いたします。月額料金はそのまま、毎月SIMカードに付帯される高速データ通信量を最大で10GB(ファミリーシェアプラン)まで拡充します。

こちらもプレスリリースでバンドルクーポンを増量すると書いてあります。

IIJmioは「当月余ったバンドルクーポンは、翌月末まで繰り越しできます。」と書いてあり繰越できそうです。

通信速度(LTEエリア)下り最大150Mbps、上り最大50Mbps (低速時:最大200kbps)

プラン名 3/31まで 4/1から 料金(税抜き)
ミニマムスタートプラン 2GB 3GB 900円
ライトスタートプラン 4GB 5GB 1,520円
ファミリーシェアプラン 7GB 10GB 2,560円

楽天モバイル 、月額料金は据え置きで高速通信容量を大幅増量

楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池口 正剛、以下、「フュージョン」)は、楽天モバイルの通話SIM、および本日より申し込みを開始するデータSIMの高速通信容量を4月1日より大幅に増量します。

通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps ベストエフォート

プラン名 3/31まで 4/1から 料金(税抜き)
3.1GB パック 2.1GB 3.1GB 900円
5GB パック 4GB 5GB 1,450円
10GB パック 7GB 10GB 2,260円

「hi-ho LTE typeD」シリーズ「バンドルチャージ」増量のお知らせ

あなたの快適生活にリンクする。安全・安心プロバイダー、ハイホーのインターネット接続サービスサイトです。

バンドルチャージ増量(毎月1日にご契約のコースへ標準付与となる高速データ通信量(契約月のみ日割りで付与)です。)

LTE通信時:下り最大150Mbps/上り最大50Mbps、3G通信時:下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps

プラン名 3/31まで 4/1から 料金(税抜き)
hi-ho LTE typeD ミニマムスタート 2GB 3GB 900円

hi-ho LTE typeD アソート

(SIMカード3枚)

2GB 3GB 1,409円

hi-ho LTE typeD ファミリーシェア

(SIMカード3枚)

7GB 10GB 2,838円

OCN モバイル ONE 」全コース、料金据え置きで通信容量を大幅拡大

Wi-Fiスポットの無料提供トライアル付きです。(提供期限 2015年9月30日(水)まで)

通信速度 Xiエリアの受信時最大150Mbps

プラン名 3/31まで 4/1から 料金(税抜き)
110MB/日コース(月約3.3GB) 70MB/日 110MB/日 900円
170MB/日コース(月約5.1GB) 100MB/日 170MB/日 1,380円
3.0GB/月コース 2GB 3GB 1,100円
5.0GB/月コース 4GB 5GB 1,450円
500kbps (15.0GB/月)コース 7GB 15GB 1,800円

ワイヤレスゲート(ヨドバシカメラオリジナルSIM)

ヨドバシカメラのSIM ワイヤレスゲートも増量してきました。ワイヤレスゲートはドコモ系のネットワークとWi-Fiスポットも使えるSIMです。

プラン名 3/31まで 4/1から 料金(税抜き)
920円プラン 2GB 3GB 852円
1,380円プラン( SMS機能付) 4GB 5GB 1,278円
2,480円プラン( SMS機能付) 5GB 8GB 2,297円
5,490円プラン( SMS機能付) 10GB 10GB 5,084円

10GBのプランがそのまま変わらないのはちょっと・・・なので他社と比べて弱い感じがします。

MVNO(格安SIM)データ通信容量 増量した6社比較

ほとんど同じくらいのデータ通信容量の増量になってます。

  • 2GB→3GB :900円
  • 4GB→5GB :1,500円前後
  • 7GB→10GB :2,500円前後

各社上記の3プランを変更したようです。

料金が安いのを選ぶのも良いですが、速度(各社Docomo回線なので下り最大150Mbpsと同じですが経由によって違いがあるようです。)もMVNO各社微妙に違うので注意が必要です。時間帯や場所によっても速度が違うので一概にどのMVNOを選べば良いとは言えないのが困ります(^_^;)

今回のデータ通信容量増量で特にアップしたのは7GBが10GBになる2,500円前後のプランは3GBも増量してラッキーなんじゃないでしょうか?

BIGLOBE・b-mobileなどはMVNO激戦に参加せず様子見なのかな?

MVNOの最初はたしかb-mobileしか無く?しばらくb-mobileを使っていたが使い捨てっぽいのと今となってはお得感がなくなったのでここ2年ほどは使ってない。でも今月だけとか、3日だけとか気軽に使えるのはやっぱりb-mobileがいいですね。

携帯キャリア3社は今後どうなるのか?

キャリア3社でのプランはデータ定額10GBだと8000円くらいするので3分の1以下で使用することができますね・・・(汗)

(ただし、MVNOも音声通話付きだと700円前後 月額料金がアップしますのでMVNOデータ通信10GB音声通話付きで月3200円前後になります。)

キャリアの場合はデータ使用料のほかに基本料金とかプロバイダとかがあるので10GB使用ですと1万円の大台に乗るんじゃないでしょうか?

Docomo シェアパック10(家族でシェア) 9,500円
au データ定額10GB 8,000円
Softbank スマ放題のデータ定額パック・大容量(10)
キャンペーンで-1,500円(通常9,500円)
8,000円

こりゃ、いくらなんでも価格の差がありすぎでキャリアのほうが品質が良いから・・どうこうの問題ではなく・・・MVNOを知らない人でスマホ(ネット)を使う人は損をするということになりそうです。ただ、ネットを使わなくてガラケーだけだったら依然としてキャリアでの契約のほうが良いとは思います。

もうこの勢いでキャリア3社は絶滅の危機に瀕するんでしょうね。

でもなくなりはしないでしょう。MVNOは条件がSIMロックフリーのスマートフォンじゃないといけないし、老人や機械音痴の方はちょっと敷居が高い気がしますが、イオンのようなスマホセットでSIMを販売するなら知識がなくても手軽に安くスマホを持てるのでやっぱりキャリアは衰退しそう。

携帯キャリア3社は携帯電話が出た頃の固定電話のように主流ではなくなることは確かですが固定電話のように絶滅することなくひっそり生き続けるのでしょうか?

携帯キャリア3社はスマホやタブレットではMVNOに対抗できないからガラケーメインでスマホを使わない客層にターゲットを絞り込むしかなさそうです。

MVNOはこの勢いでLTEよりさらに高速で容量無制限になれば光回線いらなくなりますね。3年後くらいが楽しみ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。