中華スマホ一覧

Huaweiに代表される中華スマホはいまやAndroidスマホといえば中華スマホと言えるような位置につけておりまして、日本のスマホは衰退して瀕死の状態のようです。
代表的な中華スマホはHuawei・Xiaomi・OnePlus・LeTV・ZTEなどがあり、そのほか最近日本に進出してきたOnePlusの親会社のOPPOも中国では人気なスマホメーカーです。

一昔前のSocを採用したハイスペック中華スマホを激安で売るLeTV LeEcoなどがあります。
また、ミッドレンジ中華スマホ メーカーが多数ありまして、よく出回っているメーカーとしてUMI・ulefone・Bulboo・OUKITELなどがあります。

品質に関してはハイスペック中華スマホを出すメーカーはかなり品質たかかったのですが、2015年ごろまでのミッドレンジ中華スマホは完成度が低いスマホもありました。
2018年現在はミッドレンジ中華スマホまでもほとんどのメーカーが高品質なスマホを出してきていますので、どのメーカーのスマホを買っても品質はまったく問題ないと思います。

各メーカーの最新スマホのスペック表を下のほうにリストにしましたのでご覧ください。

【UMIDIGI A1 Pro 】ベンチマーク・開封 レビュー リアは縦放射状の反射キラキラパネル

UMIDIGI A1 Proの実機がUMIDIGIからやってきたのでレビューします。すでにいくつかの日本のガジェット関連ブログでレビューされていますので、ちょっと出遅れ感はありますがよかったら見ていってください。 ご購入を検討されている方は価格情報を2日置きに調査していますので御覧ください。今のところ、UMIDIGI A1 Proの最安値はプラチナムカラーの99.99ドルで販売されていて、TOMTOPも99.99ドルに急に下げて仁義なき戦いを繰り広げている状態に!今後はどうなるかわかりませんが、今だった...

OKUKITEL MIX 2 開封・外観・ベンチマーク レビュー

GearBestからOKUKITEL MIX 2がやってきたので開封レビューします。 こちらXiaomi Mi MIXクローンな5.99インチで最近流行りのアスペクト比18:9の縦長のミッドレンジ中華スマホでリアもデュアルカメラ、メモリ6GB/ストレージ64GBとかなり良いスペック。

【ミッドレンジ中華スマホ】ELEPHONE 特徴・価格調査 他社クローンなスマホ多数

今回はELEPHONEをみていきます。特徴的なELEPHONEアイコンと最新の機能をすばやく取り入れてELEPHONEミッドレンジスマホに搭載しています。それとExplorerという名前でアクションカメラも数種でています。 ELEPHONEはGearBest・Banggood・GeekBuying・TOMTOPのどの中華系ネットショップでも扱っているので手にいれやすい中華スマホかと思います。

Xiaomi Redmi 5 Plus 開封 レビュー ベンチマーク・MIUI9 標準的な18:9ディスプレイなRedmi機

Xiaomiのミッドレンジスマホシリーズの新しいRedmi 5 PlusがBanggoodからやってきたのでレビューします。 Xiaomi Redmi 5とXiaomi Redmi 5 Plusがあって、今回はディスプレイサイズが5.99インチの少し大きめディスプレイなXiaomi Redmi 5 Plusをレビューします。

【中華スマホ】Meizu(魅族) の特徴・価格調査 Flyme OSが秀逸・ネットショップに出物が少ないのが残念

Meizu(魅族)はアリババに出資してもらってAlibabaのネットショップ網で流通しだすようになってから中国大陸で急成長したスマホ企業。北京でも魅族の看板をかかげてる実店舗が多数ありました。 以前MEIZU M3 noteをレビューしましたが、そのOSの完成度の高さに惚れて、もっとレビューしたかったのですがあまりネットショップにも出てこないのでまだ1回しかレビューできていないのが残念。

【低スペック中華スマホメーカー】LEAGOO 特徴・価格調査 トレンド機能を積極搭載

低スペックで100ドル前後の激安価格のスマホLEAGOOを調べてみました。 LEAGOOはLTEではなく3Gスマホをけっこうな数出していてスペックも低めですが、アスペクト比18:9ディスプレイのスマホやiPhone Xのようなノッチ(切欠き)があるスマホをだしていて低スペックなわりに最新機能を積極的に取り入れているメーカーでした。

【中華スマホ】Ulefone 価格と特徴 フロント/リアデュアルカメラ・大容量バッテリー・IP68防水・18:9多彩なラインナップ

本日はミッドレンジ中華スマホでお馴染みのUlefoneの特徴と価格帯をみていきましょう。 Ulefoneは大容量バッテリーで有名なUlefone Powerですが、最近ではIP68防水のUlefone Armorシリーズや三方狭額縁ベゼルから上下狭額縁ベゼルに路線変更したUlefone Mixシリーズも出ていてラインナップが豊富なUlefoneをみていきます。

【SIMフリーミッドレンジ中華スマホ】UMIDIGIの特徴と価格情報 最先端スペックだがSocが惜しいスマホ

UMIから最近諸事情からかUMIDIGIという名称に変わったミッドレンジ中華スマホメーカーでSoc(CPU)がMediaTekで現在はMTK675●系のミッドレンジスマホを発売しているメーカーです。 価格帯は100ドル前後で一番高くてもUMIDIGI S2 Proの200ドル後半になっています。

【SIMフリー中華スマホ】世界3位スマホメーカー Huaweiの特徴と価格調査

現在では日本でも普通に携帯キャリアやMVNOで売っているHuawei機で誰もが知っている中華スマホですが、スマホを出してない時は以前はWifiルーターやキッズケータイのメーカーとして知られていました。携帯キャリアで販売されていたWifiルーターはかなりの確率でHuaweiでしたね。 今では急成長して3大スマホメーカーの一つとして君臨しており、日本人でスマホに詳しくない方でもHuaweiのスマホは見たことがあるのではないでしょうか。(余談ですがヤフオクドームで球場内にデカデカと「HUAWEI」の文字が踊っ...

【SIMフリー中華スマホ】HOMTOMの特徴と価格情報 調査 先進的な筐体で100ドル台の格安スマホ メーカー

最近は中華スマホやタブレット・ラップトップの価格情報など、そぉっと取得していてそれぞれネットショップによって大分価格差がありますので、もし買うときには参考にしてくださいね。 とりあえずはGearBest・Banggood・GeekBuying・TOMTOPの価格情報を取得しています。他にも別のショップの価格情報取得リクエストありましたらコメント書いてくださると嬉しいです。