T-mobile月5ドルでiPhone6sがリースできる♪ドコモと2年間総額で比べてみた

iPhone6s本体の価格設定でスマホ本来の相場を考える

僕はぜんぜん魅力を感じてないiPhone6sですが(汗)やっぱりiPhone6sが人気?
(ニュースで3日で1300万台売れたと騒ぎ立ててるけど見栄っ張りの中国人がたくさん買っている?みたいで臓器まで売って買おうとしている人もいたようで(汗)日本では静観している人が大多数?)
のようで、アメリカでは月5ドルでiPhone6sが使えるというニュースが飛び込んで来たので日本とくらべてiPhone6sが実際にいくらくらいで使えるか調べてみます。

Apple製品がめちゃくちゃ売れるのは、10数年前の売れなくて潰れそうな時からは考えもできなかったAppleの一般大衆に広く定着したブランド化(記号化)のせいでしょうか?それともスマホを発明した先行者利益かな?

たしかにTouch 3Dは先進的な機能だと思いますけど、それ以外は特に他のスマホと比べて良さそうな部分もなさそうで?iPhoneのハードウェア的な部分は周回遅れの気がするんですが・・・まぁ、昔からMacは半年遅れのハードウェアを搭載してたので今もその伝統を受け継いでるのかもしれません。

そしてAppleの製品はデザインで買う人もかなりいると思いますが、iPhone6のデザイン・・・ダサくないでしょうか?そんなことない?ちょっとiPhone6のデザインの良さが僕にはわかりません(汗)

と、いいつつ自分も今はタダ同然でもらったドコモのiPhone6を使っています(もらった分際で文句を言ってスミマセンm(__)m)あぁ、Xperia Z3が恋しいだべさ(T_T)

結局ドコモiPhone6しか良い案件がなかった やはりiPhone6以外に良さそうな案件がなかったので思い切ってドコモのiPhone6 16GBにMNPしてみた。(少しの経費がかかるけどどっちにしろ現状維持よりiPhone6一台分だけお得になる。) iPhone6はXperia Z3と比べると2世代くらい...

話を元にもどして・・・
普通に今年中にiPhone6sが欲しい場合は素直にSIMフリー機を買ってMVNO(格安SIM)
を使ったほうが一番安上がりだとは思いますが、
このタイミングでiPhone6sを買う人は節約家では無いのは確かでお金のことは気にしてない人が多いので、料金うんぬんは眼中に無さそうで、あまり役に立たない記事かもしれませんが半年後くらいに役にたつかもしれないので書いておきます。

それと、月5ドルでiPhone6sがリースできるT-mobileについて日本の携帯キャリアとくらべてみて、今後スマホはどのくらいの値段が妥当になってくるのか?スマホ本体料金の未来を考えてみます。

ドコモ iPhone6sの料金プラン

まずはドコモのiPhone6sの料金プランを見てみましょう

プラン(2年総額の金額は最安プラン)

  • カケホーダイライト:月1,836円
  • SPモード:月324円
  • データSパック 2G:月3,780円

月額費用税込み合計5940円 2年間で142,560円(税込み)

docomo iPhone6sとプランを含めた2年間の総額

 24ヶ月 モデル 月々サポート キャンペーン
のりかえボーナス
差し引き
本体費用
プラン含めた
2年総額
142,560円足す
iPhone6s
機種変更・新規
16GB
93,312円
 -67,392円   25,920円 168,480円
MNP -82,944円 -10,800円 0円 142,560円
機種変更・新規 64GB
99,792円
-60,912円   38,880円 181,440円
MNP -76,464円 -10,800円 12,528円 155,088円
機種変更・新規 128GB
99,792円
-47,952円   51,840円 194,440円
MNP -63,504円 -10,800円 25,488円 168,048円
iPhone6s Plus
機種変更・新規
16GB
99,792円
-60,912円   38,880円 181,440円
MNP -76,464円 -10,800円 12,528円 155,088円
機種変更・新規 64GB
99,792円
-47,952円   51,840円 194,440円
MNP -63,504円 -10,800円 25,488円 168,048円
機種変更・新規 128GB
99,792円
-34,992円   64,800円 207,360円
MNP -50,544円 -10,800円 38,448円 181,008円

上記は「下取り」を含みませんでしたので下取りするスマホを持っていればもう少し割引されると思います。

やっぱり毎年Appleストアから新しいiPhone6sを買える値段ですね(汗)前年分のiPhoneの下取りというか処分する利益でMVNOを1年くらいは使えるので、新しもの好きで我慢できない人は断然SIMフリーのiPhone6sを買ったほうがお得です♪

NTTドコモのiPhoneをご紹介します。ご購入は、24時間いつでも簡単、安心、おトクなドコモオンラインショップで!

T-mobile 月5ドルでiPhone6sがリースできる!

アメリカのT-mobileが月5ドル(約600円)を1年半払えばOKというプランが出てるようです。

ただし!条件はiPhone6、Galaxy6などを下取りに出した場合です(^_^;)

マンスリープリペイドプラン

T-mobileのプランは月30ドルでLTE5GB+通話100分できるプランのマンスリープリペイドプランがあるのでそれで計算してみます。

月額$30(約3600円)2年間合計$720(86,400)円

T-mobile iPhone6sとプランを含めた2年間の総額

モデル 初期費用 月額 本体費用
2年間払った場合
月費用 2年総額
iPhone 6s
16GB $0.00 $5.00 $120.00 $35.00
約4,200円

$840.00
約100,800円

64GB $99.99 $4.00 $195.99 $34.00
約4,080円
$915.99
約109,919円
128GB $199.99 $3.00 $271.00
$33.00
約3,960円
$991.00
約118,920円
iPhone 6s Plus
16GB $0.00 $9.00 $216.00 $39.00
約4,680円
$936.00
約112,320円
64GB $99.99 $8.00 $291.99 $38.00
約4,560円
$1011.99
約121,439円
128GB $199.99 $7.00 $367.99 $37.00
約4,440円
$1087.99
約130,559円

iPhone6s本体の価格も安いですしプランも30ドルなので、ドコモは1.5倍から2倍くらい高いのでこれだったらある程度は妥協できそうです。

月5ドルだったら1年半ごとにスマホ買い換えてもそれぞれ1万円行かないくらいの値段なので家計を圧迫せずに良い買い物なのではないでしょうか?


上図をみてください。
ただし!比較的新しいスマホを下取りに出した場合のみです!!
下取りなしの場合は月20ドルくらいです。それでも日本の半分くらいの機種代金!

ちょっと長くなったので続いちゃいます。

次はSoftbank auともiPhone6sのプランと機種代金をみてみます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。