【PC 自作】Mini ITXマザボから組み立てるPCもパーツ選定してみる

完全自作パソコンのほうが静音かもしれない

次期パソコンをなににするか、しつこく調査しています(汗)この記事完全にメモ用です。

Shuttle SH170R6は良いんですが、もしかしたら音がウルサイのかもしれないと思い、ベアボーンじゃなく、完全に自作のパソコンのほうが電源やCPUファンも静音の選べるしそっちのほうが安上がり+静音のような気がしたので調査してみた。

自作パソコンのパーツ選定

やはり小さいキューブ型のMini ITXのマザーボードで組みたいと思います。

Mini ITXは170x170mm規格のマザーボード

これ、ケースなしで机の裏に貼り付けても良さそうだけど耐久性おちるのかなぁ、ケース要らないような気がする。

マザーボード Mini ITX

Mini ITXのマザーを選ぶ条件は以下

  • CPUスロット:LGA1151
  • チップセット:H170、Z170(価格高め)
  • M.2ソケット:あり
  • メモリ:DDR4 2枚 最大32GB
  • PCI-Express 16X:1
  • WLAN:Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac

H170とZ170のチップセットの違い。

http://ark.intel.com/ja/compare/90591,90595

Z170はオーバークロック対応で、SLI対応(3Dゲームを高画質の場合)のGPUを差す時に有効らしい。ゲームやる人のマザボですね。H170でいいんですが、まだ出物ないようです。

各メーカー似たような仕様ですが違いだけ上げてみます。なんかゲーム用のマザボしかないんだよなぁ・・・(ToT)

MSI Z170I GAMING PRO AC

  • USB 3.1:フロント2、リア4
  • ディスプレイポート:1、HDMI:1
  • Bluetooth:Dual Mode 2.1, 2.1+EDR, 3.0, 4.0 BLE, 4.2

http://jp.msi.com/product/motherboard/Z170I-GAMING-PRO-AC.html#hero-specification

ASUS Z170I PRO GAMING

  • USB 3.1:2
  • ディスプレイポート:1、HDMI:1
  • Bluetooth:4.1

http://www.asus.com/jp/Motherboards/Z170I-PRO-GAMING/

ASRock Z170 Gaming-ITX/ac

Type-CのUSBもあるし、HDMIが2個あるので別途グラフィックボード買わないでOKでこれが良さそうな気がしてきた。

  • USB 3.1:2 (Type-A+Type-C)
  • ディスプレイポート:1、HDMI:2
  • Bluetooth:4.0 / 3.0 + High speed class II

http://www.asrock.com/mb/Intel/Fatal1ty%20Z170%20Gaming-ITXac/

GIGABYTE GA-Z170N-Gaming 5

  • USB 3.1:2 (Type-A+Type-C)
  • ディスプレイポート:なし、HDMI:1
  • Bluetooth:4.2, 4.1, BLE, 4.0, 3.0, 2.1+EDR

この4つのマザボのうちどれかがいいのかもしれない。ゲームやらないのにゲーミングマザボしかなく完全にターゲット層が違う。これからH170のマザボとか出るのかなぁ、

CPU Core i7-6700

どっちにしろこのCPUにほぼ決まりです。

価格が上がってます(汗)4万円くらいが底値のようです。

CPUクーラー

LGA1151用のCPUクーラーはまだ出回ってないようですが、LGA1150、LGA1155のCPUとネジピッチが同じなのでそれらに対応しているCPUクーラーを選択すればよさそう。

NH-L9x65

これが良さそうだけどAmazon.co.jpには在庫ないみたい。ツクモとかで買うしかなさそう。調べたので一応レビュー記事と対応マザボ載せておきます。

  • W95xD95xH65mm
  • 騒音値:23.6dBA (L.N.A使用時14.8dBA)
  • 重量413g
  • 風量:最大57.5m3/h (L.N.A使用時40.8m3/h)
  • ファン回転数:600rpm~2500rpm (L.N.A使用時1800rpm)

http://www.gdm.or.jp/review/2015/0409/109373

http://www.noctua.at/main.php?show=compatibility_gen&products_id=108&lng=en

虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000

これ、小さいケースには入らなそう。ケース買う場合はケースのCPUクーラーが入る高さを確認しないといけないですね。

  • W130xD58xH160mm
  • 騒音値:5.3dBA~28.0dBA
  • 重量480g
  • 風量:20.7 ~ 79.0CFM
  • ファン回転数:120角厚さ25mm 400±200rpm~1400rpm±10%

ケース

未定、無くても良いような気がしてきた。

机の裏に貼り付けられたらそれでもいい、ケースなしでCPUクーラーの騒音でないようにデカイCPUクーラーつけたいけど一応探してみました。

Thermaltake Core V1 CA-1B8-00S1WN-00

評判良いので、これにしようかどうか?ちょっと小さい気がしてCPUクーラーを選ばないといけない。

  • グラフィックボード:約267mmまで
  • 電源の奥行き200mmまで
  • CPUクーラー140mmの高さまで
  • フロントに200mmLEDファンを標準搭載

LIANLI フルアルミMini-ITXケース ブラック PC-Q33B

こっちは背が高くミニタワーのようになってしまって、良くないかも。

メモリ DDR4

メモリは2枚しか差せないので8Gx2枚で我慢しやす。

電源 SilverStone SFX電源 300W

55度くらいになるまでファンが回らないという静かな300W電源、ちょっと発売が2013年と古いのですが評判も良いのでコレでよさそう。

SSD M.2 2280 256GB

PCI-Express グラフィックボード

23インチのモニタ2枚だとHDMIとD-SUB25しかないのでマザボのHDMIとグラフィックボードを増設してもう一台のモニタとつなぐ。

OS Microsoft Windows 10 Home

Bluetooth 4.0

自作パソコン経費

マザーボード 未定25000円
CPU Core-i7-6700 3.4GHz43000円
CPUクーラー 未定7000円
電源6377円
ケース 未定6000円
SSD M.2 256GB13108円
メモリ DDR4 8GBx212480円
OS Windws1015999円
グラフィックボード PCI-Express 3900円
Bluetooth 4.0 USBアダプタ​980円
合計約133844円

チップセットZ170,H170のマザーボードもまだ9月に出だしたばかりなのでまだ数が少なく選べる状態ではないのでやはり12月ごろか来年1月ごろに買うようになるのかもしれません。

ケースなしで、ファイバー製の小物入れてる引き出しに自作パソコン入れちゃえば良いのかもしれない。

MicroATXマザボだったらチップセットH170とかけっこうあるし15000円程度と割安。

でもMicroATXは244mm×244mm規格だからちょっと横幅が大きくてキツイかもしれないが、検討してみます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。