【マザーボード Z170】ASUS Performance and Power Saving Utilities レビュー

自作パソコンのASUSマザーボード Z170M-Plusをカスタマイズするツール

ASUS Performance and Power Saving Utilities をいじくってみたので各項目を詳しく見てみます。

WS000006

ASUS Mini Bar

デスクトップに常駐されるASUS Mini Barは即座にファン回転数を変えたり省電力にしたり、離席の時はモニタを消すなどのことをワンクリックでできるツールです。

WS000003

こちら、デフォルトで常駐していますので、もし邪魔だったらASUS Performance and Power Saving Utilitiesのアイコンを右クリックすると右クリックメニューが出てきますので「ASUS Mini Bar」の項目のチェックを外すと出てこなくなります。

ASUS Performance and Power Saving Utilitiesの詳細

ASUS Performance and Power Saving UtilitiesでCPU・電圧・温度・ファンの詳細設定ができたり、PCクリーナーやUSBブーストなど他のこともできます。

一通り見ていきましょう。

WS000007

まずは左隅にある三本線のアイコンをクリックするとメニューがでてきますので見ていきます。

DIGI+VRM

CPU・GPUのパフォーマンスを設定できます。

EPU

EPUはASUS TekのEnergy Processing Unitの略でマザーボードや周辺機器を省電力や高パフォーマンスに切り替えたりするシステムです。

TurboV EVO

CPUの周波数を変えることができるようです。

オーバークロックをして遊ぶ用です。Auto Tuningのスタートボタンを押せば自動で最高のシステムパフォーマンス設定をしてくれるようですが・・・今のままで十分なのでやらないことにします(汗)

ゲームやる時とかに良さそうですね。バトルフィールドとかのガンシューティングで美麗な画面でゲームやるときに役立つみたいですね。

Fan Xpert 3

サイレント・標準・ターボ・フルスピードの4つのモードで各ファンを調整できます。

4つのモードは「ASUS Mini Bar」でクリックしてすぐに変更可能でゲームなどで熱くなってきたらターボとかに切り替えれば良さそうです。

WS000013

最初に左下の「ファン調整」ボタンを押せば各ファンの最適な調整をしてくれます。

その後、各モードでファンを個別に調整することができてものすごく便利です♪

PC Cleaner

不必要なファイルを削除してくれてディスクスペースの空き容量を増やします。

WS000015

これは、Windowsのディスククリーンアップを使えば良さそうですが、こっちのほうが詳細に設定できるのかもしれません。

USB3.0 Boost

USB3.0のストレージを最適化してくれるそうです。

USB3.0のUSBメモリないので割愛します。USB3.0でハードディスク繋いでるけどそれじゃダメみたいです。

EZ Update

UEFI BIOSなどの更新情報を確認してアップデートしてくれるようです。

今のところ2015/8/28から更新は無いようです。

System Infomation

マザーボード・CPU・SPD(メモリ)のシステム詳細を表示します。

それにしても、メモリが2666Mhzの買ったけど、2132MHzしか出ない。

どうやって設定したら分かないです。もしかしたらこのマザボでは性能を発揮できないのかしら?

まぁ、多少周波数が上がっても体感的には変わらないと思うけど、せっかくなので性能を最大限活かしたい。

Mobo Connect

こちらASUSのスマホやタブレットで対応しそうです。

WS000024

今度ASUS製品来た場合は試してみます。

Push notice

時刻で再起動・シャットダウン・スリープするスケジュールを設定したり、電圧・温度・ファンの異常が発生した時にメッセージを表示させる機能

Version

各ツールのバージョンを確認できます。

WS000027

CPU・電圧・温度・ファンを閲覧できる

ツール画面の下にあるCPU・電圧・温度・ファン4つの状態をリアルタイムに閲覧できます。

各状態の右下をクリックするとグラフ状に表示されます。

WS000035

WS000031 WS000028 WS000029 WS000030

ASUS Performance and Power Saving Utilitiesを一通りみてみました。

オーバークロックする人にはかなり便利なのかもしれませんね。

自分はファンの回転数がワンクリックで調整できるのが気に入りました。

夏でケース内部が熱くなった時は簡単にファンをフルスピードにして温度を下げることができそうです。

通常は標準にしておけばほぼ無音なのでストレスフリーで作業ができて非常に助かります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。