マイクロソフトSIMでるみたい・AppleSIM・Google(Project Fi)比較

AppleSIMやGoogle(Project Fi)に続いてMicrosoftからもSIMが出るようです。

それぞれのSIMはMVNO(格安SIM)のような形態で大手キャリアの回線を間借りしたりWi-fiが使えるところは自動で切り替えたりしているようです。

現在と同じですね。

pose_5_rika

ただ、これらのSIMはAppleSIM以外はアメリカでのお話なので日本で使えるようになるにはもうしばらく時間がかかりそうです。

AppleSIM

AppleSIMはすでに日本(au)でも展開されていますが、あまり使えないようですね(汗)

iPadのWi-Fi + Cellularモデルを選ぶと、近くにWi-Fiが近くにない場所でもインターネットに接続できます。海外にいる時は、最適なプランをあなたのiPad上で選べます。

プリペイド式で現在はSIMフリーのiPadでしか使えないようです。

マイクロソフトSIM

こちらはまだ出ると決まったわけではないようで、WindowsストアのCellular Dataアプリに書かれていたのを発見したようです。

Apple SIM に続いて、今度はマイクロソフトSIMが登場します。マイクロソフトがWindows 10向けに公開したアプリ Cellular Data と組み合わせることで、Windows上で各事業者のモバイルデータ通信プランを選んで接続できる仕組みです。 必要な...

多分出るでしょうね。

日本のWindowsストアでCellular Dataを探した所、ありませんでした(汗)

噂によるとプリペイド式でフランスのMVNO Transatelが担当するようです。

Google(Project Fi)

モバイルでいつでもどこでもネットに繋がることを目的としていて、アメリカ SprintとT-Mobileの2社の回線に自動で電波の良いキャリアにつながるようです。

Simpler pricing and smarter coverage, from Google.

マイクロソフトSIM・AppleSIM・Google(Project Fi)比較

   マイクロソフトSIM  AppleSIM  Google(Project Fi)
キャリア   日本 au  Sprint・T-Mobile
対応国    90カ国  アメリカ
招待制
 日本  非対応  対応 非対応
 対応機種 不明 SIMロックフリー
iPad Pro/iPad Air2/iPad mini3/iPad mini4
Nexus 6
Nexus 5X & 6P
国際ローミング 非対応 - 対応
通信速度  不明   4G LTE 4G LTE
 SMS  不明   - 無料
SIMカード   600円  
月基本料金 プリペイド式  プリペイド式 $20(約2400円)
 追加料金 不明   1GB 1500円 1GB $10(約1200円)
データ繰越 不明    - あり

MicrosoftSIMはまだ正式に発表されてないので発表されたらもう一度まとめてみますね。

MVNO(格安SIM)より料金が高額な携帯キャリアですが、今後はB to C(個人消費者に販売)ではなく、B to B(企業間取引)でMVNOに回線を卸して、

将来は世界中のMVNOの元請けとして生き残っていく道が見えてきたような気がします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。