激安でも完成度激高 中華スマホUlefone Power開封の儀♪レビュー

170ドル程度でバッテリーが大容量6050mAhもある中華スマホUlefone Powerの完成度など非常に気になっていたところ、

GearBest担当者から『Ulefone Powerを送るからレビューしてください♥』と言われて、『送ったら追跡できるように伝票番号を教える。』と言っていたのに昨日いきなり佐川から来た。

DSC_0217

ちゃんと伝票番号教えてヨ、まぁほとんどウチにいるからいいんだけど。

今回おウチに来たのはUlefone Powerのホワイトです。

DHLは相変わらず速い

今回もDHLで送られてきて3/4の17時に発送して到着が3/7の10:35という東京から送ってくるよりも速い到着でDHL速くてすごい。

DHLの参考配送状況

伝票番号:7977803595

DHLでお預かりしたお荷物が、今どこにあってどんな状況かをスピーディにご案内します。カスタマーサービスに電話で問い合わせることなく、オンラインやメールでタイムリーな貨物の輸送状況を確認することが可能です。

今回の荷物の配送状況は上記URLで確認できます。

GearBestの商品をDHLで送ってもらおうと考えている方、参考にしてくださいね。

ほとんどの商品が深センからの発送になるようです。

アメリカ・イギリス倉庫などもありますので日本以外にお住まいの方は深セン以外からの発送かもしれません。

DHLで送っても追加料金取られない場合がある?

前回、9.7インチ中華パッドTeclast X98 PlusをDHLで送ってもらった時は追加で30ドルを請求されましたが、コメント頂いたXiaomiスマホを購入された方は追加料金は請求されなかったようです。

発送方法をExpedited Shipping(日本へはDHLで送ってくれます)で送ってもらって、もし追加料金無しの場合は4~8ドル程度の料金なので高いスマホの場合はこちらのほうが速く着くし安心だしお得感がある。

どういったタイミングで30ドル追加請求されるのかGearBestに聞いてみます。

GearBestで中華スマホや中華タブレットを送料無料で送ってもらうと外国の配送って荒いのでかなり心配ですよね。 やはり自分も含め日本人だとヤマトさんや佐川さん郵便局さんの迅速・丁寧な配送クォリティに慣れてしまって荒っぽい配送をされて箱が潰れたり化粧箱がボコボコだとムカッとくる場合が多々あります。

追記:調べました↑↑↑こちらの記事に詳しく書いてます。

GearBestでもebay.comでもAmazon.comでもどこでも同じですが、送料無料の海外通販の場合は最低でも2週間は余裕をみておいたほうが良さそうです。ヘタすると到着まで3ヶ月くらいの時間がかかる場合があって、長く待てる人のみ得をします。

発送方法は3種類あります。上記に書きました。

前置きが長くなりましたのでUlefone Powerみていきましょう。

Ulefone Power スペック

Ulefone PowerのCPUはMediaTek MTK6753 1.3GHz オクタコアでXperia C5 UltraがMediaTek MTK6752 1.7GHz オクタコアなのでちょっと遅いCPUなのかな?

以下、今ウチにあるスマホとスペックをくらべてみます。

画像Ulefone Power MTK6753 1.3GHz 8コアXperia C5 Ultra MTK6752 1.7GHz 8コアXperia Z5 Premium (docomo>SO-03H) Snapdragon 810 MSM8994 2.0GHz 8コア
機種名Ulefone PowerXperia C5 UltraXperia Z5 Premium (docomo>SO-03H)
メーカーulefone181SONY2SONY16
キャリアSIMフリー
SIMフリー
ドコモ
価格調査価格調査Amazon Ulefone PowerYahoo!ショッピング Ulefone Power楽天市場 Ulefone Power価格調査Amazon Xperia C5 UltraYahoo!ショッピング Xperia C5 Ultra楽天市場 Xperia C5 Ultra価格調査Amazon Xperia Z5 Premium Yahoo!ショッピング Xperia Z5 Premium 楽天市場 Xperia Z5 Premium
OSAndroid 5.1Android 5Android 5.1
SocブランドMediaTekMediaTekQualcomm
SocMTK6753 1.3GHz 8コアMTK6752 1.7GHz 8コアSnapdragon 810 MSM8994 2.0GHz 8コア
メモリ3GB2GB3GB
ストレージ16GB16GB32GB
ディスプレイ5.5インチ6インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)4K(3840x2160)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス3
パネルTFTTFTTFT
画素密度401ppi367ppi801ppi
バッテリー6050mAh2930mAh3430mAh
フロント カメラ500万画素1300万画素510万画素
リア カメラ1300万画素1300万画素2300万画素
重量202g187g181g
サイズ 縦x横x奥行152x76x9.5mm164.2x79.6x8.2mm154×76×7.8mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大200GB)MicroSD(最大200GB)
BluetoothV4.0V4.1V4.1
NFC
GPS
WiFib/g/na/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
防水機能IPX5/8相当
防塵性能IP6X相当
充電MicroUSBMicroUSBMicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)NanoSIM
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),2600(7),900(8),800(19-20),1800(3)
実測値Antutu:37733
Geekbench:Single 618 / Multi 2862
RAM:995.55
Memory:Read 157.63/Write 58.76
SD:Read 103.53 / Write 59.06
Antutu:44591
Geekbench:Single 800 / Multi 4223
RAM:4469.35
Memory:Read 113.23/Write 7.17
SD:Read 74.61 / Write 21.93
評価

★評価

★評価

★評価

Feel 表示
Wish
18
18
27
28
22
7
9
21
13
画像Galaxy A8 SCV32 EXYNOS 5433 1.9GHz 8コア
機種名Galaxy A8 SCV32
メーカーSamsung195
キャリアau
価格調査価格調査Amazon Galaxy A8 SCV32Yahoo!ショッピング Galaxy A8 SCV32楽天市場 Galaxy A8 SCV32
OSAndroid 5.1
SocブランドSamsung
SocEXYNOS 5433 1.9GHz 8コア
メモリ2GB
ストレージ32GB
ディスプレイ5.7インチ
解像度フルHD(1920x1080)
パネルTFT
画素密度386ppi
バッテリー3050mAh
フロント カメラ500万画素
リア カメラ1600万画素
重量153g
サイズ 縦x横x奥行158×77×6.0mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.1
GPS
WiFia/b/g/n/ac
充電MicroUSB
SIMNanoSIM
評価

★評価

Feel 表示
Wish
15
9
1
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

右の2つXperia Z5 PremiumとGalaxy A8はUlefone Powerの4倍近いプレミアムな価格なのでスペックを比べたらそりゃ劣りますが、Xperia C5 Ultraは倍くらいの価格にもかかわらず近いというより勝ってるんじゃないか?(T_T)という・・・スペックだけ見るとなかなか高機能です。

このスペックで170ドルほどなので「もうハイスペックスマホ要らない」という気持ちにさせてくれる。

ただ実際に触ってみて体感してみないとなんとも言えないので早速手にとってみましょう。

Ulefone Power 開封の儀

DHL発送は別扱いの梱包みたい

DHLから送られてきてさすがにダンボール箱に入っていてプチプチも空きスペースに入っていました。

送料無料で外国の郵便局経由で来た荷物とは別扱いのようです。

GearBestで2月に購入した商品は2回あって買った日が違うので別梱包での発送になっています。2つの荷物で後に発送された荷物が先に今日届きまして、やはり送料無料だと発送のタイミングや経由ポストによっては10日程度の差がでるようです。

海外通販GearBestから送料無料で来た荷物のレビューはこちら、

Ulefone Power 化粧箱

Ulefoneは黒く平べったい正方形の化粧箱が目印のようです。

各スマホ会社によって化粧箱のこだわりがあって面白いのですが、海外通販の場合は化粧箱のキズを気にするのはやめましょう(汗)ボコボコになっている場合が多々ありますので。

今回はなかなか良い状態。封印もとかれてない。ただ、フタの裏が汚れてる、まぁいいか。

Ulefone Power ご対面!

大容量バッテリーなのに持った感じは意外と軽いぞ。

パット見かなりの完成度でNexus5Xに似た雰囲気

またまたお手伝いでNexus5Xが自宅に4台来ます。そのうち2台到着したので見てみます。 あと、Xperia Z5も来るのでそっちのほうが楽しみだけど、とりあえずはNexus5Xが来たので、また勝手に開封してチェックしちゃいます。

Ulefone Powerの付属品

USBアダプターは中国・韓国によくあるタイプの差し込みなので日本ではこのままでは使えない。海外旅行行く方は変換アダプター持ってれば使えますね。

スマホ側の接続端子はMicroUSB端子。長いUSBケーブルは、MicroUSB-標準USBになっている。

短いMicroUSBケーブルは反対側の標準USB端子がメスになっていて標準のUSB-USB端子に接続して使うもののようです。

中華スマホはケース・液晶保護フィルム付き

中華スマホはほとんど保護ケースと液晶保護フィルムが最初からついてます。

こういうの自分は保護したくないタイプの裸族なので使いたくないけど、

DSC_0411

せっかくなのでカバーだけ装着してみます。でも・・・なんかアレをかぶせるようであまり好きじゃないんですよ(汗)(撮影時はカバーつけていません)

反応が悪くなりそうな液晶保護フィルムは装着しないでおきます。

起動しないぞ?

早速起動しようと思い右側の丸いボタンを長押しするが、うんともすんとも言わない。

バッテリーがないのかな?と思い充電する。

あれ?54%あるぞ? もしかして初期不良?

と思っていたら「丸い」ボタンじゃなくて、その上の「長丸」のボタンが電源ボタンみたいだ!

コレには驚いた。【丸いボタンが電源ボタンだよ】とXperia君に教えこまれていたので全然気がつかなかったヨ

丸いボタンはカメラ起動やシャッターに使うようです。こんなに真ん中にシャッターボタンがついていて紛らわしい。

Ulefone Power 他の約5.5インチ スマホと比較

Ulefone Powerの重さ実測値

Ulefone Powerは大容量バッテリーなので重さが気になるところです。

他のスマホと比べてみましょう。

  • Ulefone Power   :201
  • Galaxy A8     :153
  • Xperia Z5 Premium :180

Xperia Z5 Premiumとあまり変わりないようです。

やはりGalaxy A8は軽くて薄くてエレガンスな仕上がりでした。ホント良いわコレ

上からの見ため比較

DSC_0227

相変わらず平置きだとうまく撮影できません。

上からというか普通に画面を見た場合はどのスマホでもほとんど変わりないようですね。

厚みを比べてみる

DSC_0228

横から見ちゃうと一発で中華だ!とバレてしまう構造です(^_^;)

完成度はかなり高いけど構造が美しくなく「まだまだですな」と言いたいけど170ドルほどでここまでの完成度とは驚きです。

もしも両脇のスマホが400ドル切ってたらUlefone Powerにダメ出しできるけど4分の1の値段でここまでの完成度じゃぁ、他のスマホ完敗ですな。

スマホにカバーする人だったら側面・底面の見た目はまったく問題なく、これで操作性が同等であれば完全にUlefone Powerの激安勝ちでしょうね。

次回はUlefone Powerの各部詳細を見ていきます。

前回からの続きでUlefone Powerの詳細と完成度をみていきます。 言い忘れましたが、こちらAndroidそのままなので最初から日本語を選択できて全部日本語表示になります。ご安心ください。
中華スマホulefone Powerの見た目完成度・仕上がり・質感も170ドルほどのスマホにしては驚くべき高次元で日本・韓国のミドルスペックスマホは抜かれてしまったような様相ですが、 肝心の使い心地が悪ければ意味がない。ということでチェックしてみます。

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。