Jumper EZpad 5s・EZpad 5SE 2機種 レビュー Win10タブレット

背面の板がスタンドになって、本家のアレ(Surface)にヒッジョ~にそっくりなタブレットJumper EZpad 5sがおウチにやってきたので開封してみます。

この記事は複数のページに別れています

こちら、以前所有していたSurface2と違って普通のWindows10なので普通に扱いやすくほとんどのことがコレ1台でできてしまう。(ただし完成度はSurfaceのほうがぜんぜん高い)


Jumper EZpad 5s WITH KEYBOARD VERSION

この前レビューしたTeclast X98 Plusと似たようなスペックだけど、それの12インチ版といったところだろうか、さらに背面スタンドもあってキーボードもあって、ますますノートパソコンの変わりになりそうな機体。

目次

Jumper EZpad 5s スペックとバージョン

いまのところ中華パッドで11.6インチ以上の製品は無いんじゃないかと思います。

横幅がほぼ30cmあって、もう普通のノートパソコンと変わりない大きさだけどキーボードが取り外しできるところが違ってやはりタブレットですね。

Jumper EZpad 5s スペック

画像EZpad 5s Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
機種名EZpad 5s
メーカーJumper204
価格調査価格調査Amazon EZpad 5sYahoo!ショッピング EZpad 5s楽天市場 EZpad 5s
OSWindows10
SocブランドIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ11.6インチ
解像度フルHD(1920x1080)
パネルTFT
画素密度190ppi
バッテリー8500mAh
フロント カメラ200万画素
リア カメラ500万画素
重量941g
サイズ 縦x横x奥行299.5x185.8x10.5mm / 117.9x73.1x4.1mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0
WiFib/g/n
充電DCプラグ
接続MicroHDMI出力,標準USB2.0x2,標準USB3.0x1
実測値Antutu:72530
備考・特徴キーボード有り・無しの2バージョン
AC adapter:5V 3A
評価

★評価

Feel 表示
Wish
31
18
10
※誤ったスペック・情報が足りない場合がありますので詳細は実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

大きさだけで比べるとSurface Pro4に近いと思いますが、完成度・価格・機能は別物です。

ただ、形と大きさが似てるだけ。

Jumper EZpad 5s バージョン

キーボードあり、無しのバージョンがあります。価格は12ドルくらいの違いのようです。

GearBest

WITHOUT KEYBOARD(キーボード無し)  WITHOUT KEYBOARD(キーボード無し)
WITH KEYBOARD(キーボード有り)  WITH KEYBOARD(キーボード有り)

Jumper EZpad 5s が買いな方

Jumper EZpad 5sはIntel Cherry Trail Z8300なのでWindows10もちゃんと動くしちょっとしたエクセル・ネット検索やライトな使い方であれば十分な気がします。

ハードに業務として使う場合はSurface Pro4のほうが格段に良いというかJumper EZpad 5sじゃ無理だと思います。(特にデザイナー系や動画系はストレス溜まって無理)

あ と、Intel Cherry Trail Z8300の中華パッドで画面いっぱい(小さく表示すればコマ落ちしない場合がある。)で動画を見るとコマ落ちしますので、動画メインでの使用の場合は Intel Cherry Trail Z8300のAndroid機のほうがよろしいかと、

今おウチにあるXiaomi Mi Pad2 64GBの場合Z8500でAndroidですが、

Youtubeの動画で解像度高いし動画がキレイに表示されてまったくコマ落ちしません。

9.7インチの↑ Teclast X98 Plusでも書きましたが、以下のような使い方をする人がJumper EZpad 5sを買いだと思います。

  • パソコンを業務で使わない。
  • そもそもスマホだけでパソコンを持っていない。
  • ライトな使い方でパソコンに速度を求める作業をしない。
  • パソコンでゲームしない

そして、

  • 安価で12インチクラスのノートパソコンが欲しい
  • 使い道は特にないが家に1台くらいはノートパソコンが欲しい

こう考えている方はJumper EZpad 5sを導入すると良いと思います。

ノートパソコンのようにファンが無いので音もせず、キーボード外すこともできるので便利です。

キーボード付きでも250ドル程度で買えます、最近円高になってきたので約3万円を切ると思います。

Jumper EZpad 5s 開封の儀

それでは早速開けてみます。

DHLから来たデカイ段ボール箱

11.6インチと中華パッド最大の大きさなので段ボール箱も大きかった。

ジッパー付きの段ボール箱に入れたのはポイント高いのですが、プチプチがザツに巻いてあって化粧箱の左右側面にプチプチが巻いてない状態。

もう少し商品を丁寧に扱ったほうがお客に対しての信頼度があがると思います(汗)

化粧箱の状態

化粧箱もあまり良い状態とは言えないかもしれません。

元々薄いボール紙でできた化粧箱なので硬い化粧箱と比べたら高級感は無いです。

Jumper EZpad 5s 本体 付属品

アダプターがデカイのが気になります。

ACアダプター デカイ

さすがに11.6インチあるのでUSBから給電は無理っぽく、USB3.1 Type-Cにしてくれれば良かったのですが、そうもいかずデカイACアダプターが付いています。

困ったなぁ、またACアダプター増えるとゴチャゴチャしちゃう。

Jumper EZpad 5s 本体フィルムを取る

Windows10セットアップ

MicrosoftのIDを取得してWifi設定するなど特に目新しい部分はありませんが、画像を載せておきます。

Jumper EZpad 5s 外観 チラ見せ

さすがに11.6インチあって小物を撮影する撮影ブースだとはみ出てしまい、さらにカメラ素人なので撮影が難航しています。

手持ちで撮影してみた。

DSC_0433

ここでタイミング良く救世主のベルボン三脚が来た!

この2つを導入して撮影したらうまく撮れるようになった気がします。(自己満足の世界かも)

ズームの質感撮影などはワイドレンズで楽に撮れる。

DSC_0445

キーボードはやっぱり普通のノートパソコンのキーボードを流用したような厚みとタッチ感。  DSC_0451

アップでの撮影は大分慣れてきた、というより機材があれば簡単なんですね。

Jumper EZpad 5s 外観レビュー

やはりこれだけデカイ中華パッドだとうまく撮影できず・・・お伝えできない部分もあると思うのでとりあえずはお借りした画像を掲載して、その後自分で撮影した画像を載せていきます。

残念ながらプロの撮影した画像と自分のとじゃ格が違いすぎて遠く及びませんので両方掲載していきます。

裏面

IMG_4260

Surfaceにほんとそっくり・・・

566966

IMG_4253

裏面のUSBなどのアイコン表示やIntel,Windowsアイコンも要らない気がします。IMG_4252

キックスタンドですが、ツメでひっかけてあけるようにしないと開かなく、ちょっと開けづらいです。一応本体側の左右にスタンドが開けやすいようにスリッドがありますがそれが役に立っておらずツメが必要。

スタンドの角度はSurface2とより1段多い3段で、1段目のちょっと広げた状態で立た場合はあまり引っかかりが無く、ちょっと押しただけでスタンドが閉じてしまって倒れやしないかとかなり気をつかいます。

あとキックスタンドの鉄板の部分が内側が丸くなってないのでスタンドにした状態で動かした場合はデスクと擦れてキキキキー(鳥肌が立つような音)と言う場合があって、これはいただけない。

スタンド部分にスポンジシールでも貼ろうかと思っているところ。

側面

左:上からイヤホンジャック、USB3.0、DCジャック、スピーカー

左:上からイヤホンジャック、USB3.0、DCジャック、スピーカー

右:USB2.0 X 2個、スピーカー

右:USB2.0 X 2個、スピーカー

上部:左電源ボタン、右ボリューム

上部:左電源ボタン、右ボリューム

マグネットのキーボードドッキングポート

マグネットのキーボードドッキングポート

前面

IMG_20160415_135042

画面が11.6インチと大画面だしWindows10機なのでタブレットとしてよりパソコンとして普通に使えます。

キーボード

薄くはなく普通のノートパソコンのキーボードと同じキータッチ

かさばりますが打ちやすいのでこれはこれでありかも。

Jumper EZpad 5sとキーボード ドッキング

こうなるともう普通のノートパソコンと変わりないですね。

IMG_4269

IMG_20160415_171022

Jumper EZpad 5sを少し使ってみての感想など

キーボード装着した状態でスタンドやると

IMG_20160415_134030

このようにキーボードが下にずれて一体感があまりない。

DSC_0330

横からみるとやはりキーボードが厚みがあって重いので取ってつけたような感じになってしまう。

IMG_20160417_172910

見た目はあまり芳しくないのですが、キーボードを閉じた状態だと画面が消えてその辺のギミックもしっかりとできています。

Surfaceのタイプカバーのように洗礼されたキーボードではなく普通のノートパソコン用のキーボードなので一体感はあまりない。その辺は安いということで妥協するしかないですね。

キーボード自体はノートパソコンと同等なのでとても打ちやすく見た目をあまり気にしなければ普通に使えるレベルです。

あとキーボードのドッキングの部分は超強力な磁石でひっついていて取り外すのに少し苦労します。

初期の不出来 アラ探し

よく見ると2カ所、金属の凹みのようなのが確認できる。

これは個体差だと思うので他の機体では違うかもしれません。

DSC_1313

キーボードのドッキングのくぼみの中の塗装がおかしい。

Teclast X98 Plusよりもサクサク動くぞ

CPU・メモリ・ストレージともに同じなのにTeclast X98 Plusよりもサクサク動きます。

以下でTeclast X98 PlusとJumper EZpad 5sの仕様を比べてみます。

画像EZpad 5s Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアTeclast X98 Plus  Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
機種名EZpad 5sTeclast X98 Plus  Wifi 3G
メーカーJumper204Teclast170
価格調査価格調査Amazon EZpad 5sYahoo!ショッピング EZpad 5s楽天市場 EZpad 5s価格調査Amazon Teclast X98 Plus Yahoo!ショッピング Teclast X98 Plus 楽天市場 Teclast X98 Plus
OSWindows10Windows10,Android 5.1
SocブランドIntelIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ11.6インチ9.7インチ
解像度フルHD(1920x1080)QXGA(2048x1536)
パネルTFTTFT
画素密度190ppi264ppi
バッテリー8500mAh8000mAh
フロント カメラ200万画素200万画素
リア カメラ500万画素500万画素
重量941g533g,540g
サイズ 縦x横x奥行299.5x185.8x10.5mm / 117.9x73.1x4.1mm240x169x7.8mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.0+LE
WiFib/g/nb/g/n
充電DCプラグMicroUSB
SIM標準SIM
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8)
接続MicroHDMI出力,標準USB2.0x2,標準USB3.0x1MicroHDMI出力
実測値Antutu:72530
Antutu:56264(71792)
Geekbench:Single 708 / Multi 2048
RAM:3541.77
Memory:Read 137.34/Write 79.63
SD:Read 107.18 / Write 82.80
備考・特徴キーボード有り・無しの2バージョン
AC adapter:5V 3A
Wifi・3Gモデルあり
評価

★評価

★評価

Feel 表示
Wish
31
18
10
5
16
11
※誤ったスペック・情報が足りない場合がありますので詳細は実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

画面の大きさとデュアルブート以外のスペックがほとんど同じなのにサクサク動くのはどういうことだろうか?勘違いかもしれませんが速い気がします。

やはり解像度がフルHDと少し低いのでその分だけGPU負荷が減ってサクサク動くと予想してみる。詳しい方知ってたら教えて下さい。

次回、Windows10機としていじってみて体感してみます。今のところもたつきが無いように感じました。

USB端子 キツイ!

これびっくりしました、最初はUSBメモリなど刺しても半分くらいしか入らなく「えっ?」と思いましたがタブレットでUSBメモリが認識されず焦りました。

しかも3つ全部のUSB端子が半分しか入らず・・・なにか詰まってる?壊れてる?とおもったが、

ギュッと刺したら奥まで入って正常に認識された。

こんなにキツくしなくても良い気がします。ホントにUSBメモリなど刺すほうが壊れそうな硬さです。

どのUSB端子も0.5Aくらい出てるのでどこでもスマホを充電できそう。画像では出てないがUSB3.0のほうは0.9Aくらい出てた。

保護シート取っちゃおうか

画面に保護シート(輸送時の保護シートではなくもう一枚はってあります)が貼ってあるので気泡とかができててちょっと画面が見にくい時がある。

それに消灯しているときはちょっと曇ってるように見えて美しくない。何故か真ん中とか下のほうとかが擦れてきて拭いてもとれない。

もう少し我慢して耐えられなかったら保護シートとっちゃいます。

あー剥がしたい。

ディスプレイが明るすぎる

自分は普通のディスプレイでも明るさ0、コントラストも低めにしてあまり明るいモニタは好みでは無いのですが、このタブレットは明るさ0にしてもちょっとまぶしい時があり目が疲れます。

もう少し暗くする方法はないか探してみます。

完成度はXiaomi Mi Pad2より低いが中華パッドとしては高い

Xiaomi製品を見てしまったら完成度低いと言わざるをえませんが、中華パッドとしてはかなりの完成度です。

完成度を神経質に細部までチェックしなければなにも問題ないレベルでのデキです。

いつもの定位置はココにしようかと、

またよく確認もしないで新発売の物を買ってしまって(汗)現在はクローゼットに陣取っていらっしゃるASUS USBモニタ MB169C+様の変わりにしばらくの間右上のモニタアームに

こちらのUSBモニタですが、DisplayPort over USB-CをサポートしたType-Cじゃないとモニタとして使えないので、いつかPCI ExplessのDisplayPort over USB-Cが出るまでお蔵入りです。

その間はモニタアームを間借りして定位置にしてみます。

IMG_20160418_154256

Youtubeはコマ落ちしましたがゲオチャンネルではギリギリコマ落ちしないで見れるようで、仕事しながらたまに映画観たくなったら見ちゃいます。

予想以上にサクサク動く

そして予想以上にWindows10でサクサク動くのでなかなか使えるヤツです。

もしかしてCore i5などを積んだ低スペックのノートパソコンよりも使えるんじゃないだろうか?

なんか普通にサクサク動くのでリビングでちょっとした使用ではなくもう少し本格的に使用できる気がしてきました。

次はJumper EZpad 5s の中身について検証していきます。

Jumper EZpad 5s 内部チェック

CPUがZ8300でTeclast X98 PlusのWindows10だとちょっとトロい時があったのですが Jumper EZpad 5sはなぜかサクサクうごく・・・スミマセンZ8300かぁ、と舐めてましたm(_ _)m

同じCPUのはずのTeclast X98 PlusとJumper EZpad 5sをWindows10の操作を比べた場合の体感速度が違うのが気になったのでいじくりまわしてみます。

6

EZpadのバージョン情報はこのようになってました。

Jumper EZpad 5s ベンチマークテスト

まずはベンチマークテスト

AnTuTuベンチマークテスト

Windows10にもAnTuTuあったんですね、知りませんでした汗

9

Storeで検索したらありました。

なかなかの速さです。

ブランド 型番 AnTuTu 価格(約)
中国 Xiaomi Xiaomi Mi5 3/32GB 115219 50,000円
日本 Sony Xperia Z5 80154 60,000円
日本 Sony Xperia Z5 Premium 76504 78,000円
中国 Jumper EZpad 5s 72530 28,000円
韓国 Samsung Galaxy A8 68309 60,000円
日本 富士通 Arrows NX F-02H 65884 70,000円
中国 Teclast Teclast X98 Plus 52728 20,000円
中国 Chuwi Chuwi Hi8 48869 12,000円
日本 Sony Xperia C5 Ultra 44591 40,000円
日本 シャープ AQUOS ZETA SH-01H 43238 70,000円
中国 Ulefone Ulefone Power 37733 18,000円

同じCPUのTexlast X98 PlusはAndroidで計測した結果です。

それにしても2万も違うのはどういうことだろうか?チューニングの違いとかある?

ドラゴンクエストX ベンチマークテスト

Teclast X98 Plusと比較したいのでドラクエXのベンチマークもやってみます。

キャプチャ1

  • Teclast X98 Plus :1343
  • Jumper EZpad 5s:1757

まぁ両機とも『重い』ですがJumper EZpad 5sのほうが少し速いようです。もちろんPCゲームはできそうにないですね。

体感でも速いと感じたのでかなりの差かと思います。体感的には3世代前くらいのCore i5のノートパソコン程度の速さで、外出時の営業などのライトな業務では使えそう。

やはり同じCPU、4GB/64GBなのですが、フルHDとX98 Plusは9.7インチだけど解像度が高いQXGA(2048x1536)なのでGPUでパワーが必要なのだろうか?

画像EZpad 5s Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアTeclast X98 Plus  Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
機種名EZpad 5sTeclast X98 Plus  Wifi 3G
メーカーJumper204Teclast170
価格調査価格調査Amazon EZpad 5sYahoo!ショッピング EZpad 5s楽天市場 EZpad 5s価格調査Amazon Teclast X98 Plus Yahoo!ショッピング Teclast X98 Plus 楽天市場 Teclast X98 Plus
OSWindows10Windows10,Android 5.1
SocブランドIntelIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ11.6インチ9.7インチ
解像度フルHD(1920x1080)QXGA(2048x1536)
パネルTFTTFT
画素密度190ppi264ppi
バッテリー8500mAh8000mAh
フロント カメラ200万画素200万画素
リア カメラ500万画素500万画素
重量941g533g,540g
サイズ 縦x横x奥行299.5x185.8x10.5mm / 117.9x73.1x4.1mm240x169x7.8mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.0+LE
WiFib/g/nb/g/n
充電DCプラグMicroUSB
SIM標準SIM
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8)
接続MicroHDMI出力,標準USB2.0x2,標準USB3.0x1MicroHDMI出力
実測値Antutu:72530
Antutu:56264(71792)
Geekbench:Single 708 / Multi 2048
RAM:3541.77
Memory:Read 137.34/Write 79.63
SD:Read 107.18 / Write 82.80
備考・特徴キーボード有り・無しの2バージョン
AC adapter:5V 3A
Wifi・3Gモデルあり
評価

★評価

★評価

Feel 表示
Wish
31
18
10
5
16
11
※誤ったスペック・情報が足りない場合がありますので詳細は実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

Windows10の細かい設定など

日本語化

Windows10の場合は言語セットをダウンロードしてJapaneseに設定するだけです。

Teclast X98 Plusでやりました。

Teclast X98 Plusのほうは時刻が狂う時がありましたがこちらは設定せずとも合ってました。

中国のクラウド?

1つだけ中国のクラウドアプリのようなのが入っていたので速攻削除しました。

4

128GBのMicroSDカード認識されました

10

DSC_1350

キックスタンドの裏側にスロットがある。MicroSDカードが若干斜めに刺さるのがちょっと気になる。

Jumper EZpad 5s 細部の見た目

キーボードの磁石が強力

IMG_20160420_165352

逆さまにしても落ちる気配がありません。

表面の出っ張り

側面の金属の上にディスプレイを乗っけたような構造になっていて、ほとんどの中華パッド・スマホやXperiaなどと同じような構造になっています。

この構造はあまり見た目がよろしくないので、そろそろiPhoneやXiaomi,Galaxyのようにディスプレイを側面金属にすっぽり入れるようにしたほうが見た目が良いと思います。

DSC_1359

Jumper EZpad 5sにかんしては側面金属がシルバーで表面が黒なのでそれほど収まりが悪く見えずにこれはこれでよいのかもしれない。

キックスタンドの裏側

DSC_1349

裏側も悪くは無い見た目。

DSC_1355

ビスがたくさんある。

この楕円のゴムのようなのはなんだろうか?剛性を高めるために必要なのかも。

キックスタンドのスリッド

スリッドがありますが、微妙に役立たずで結局ツメを差し込んでスタンドを開くしかないです。

キーボードの収まり

キーボードをドッキングして使い終わったらキーボードをたたんだ状態が美しくなく、あまり良い見た目とは言えません。

こちらも神経質に見なければ問題はなく実用レベルです。逆にキーボードが分厚いのでしっかりしていてノートパソコンのキーボードと同じなのでSurfaceよりはキーが打ちやすい感じ。

美しさをとるか、使いやすさをとるか、どちらかですね。Surfaceは両方とも備えてるのでそっちのほうが良いと言えばそうですが、値段が少なくとも4倍は違うので美しさよりもコスパ優先の方が中華パッドを手にすると吉のようです。

IMG_20160420_165331

キーボードを上にすることは無いとは思いますが、真ん中が反っているので左右が浮いてしまう。

キーボードを下にして置くと反り返っている部分はまっすぐになって普通に使えるので逆にするほうが間違っている使い方だと思いますが、一応こういうふうになりましたというご報告です。難癖をつけてるともいう(汗)

Jumper EZpad 5sはどのような方が買いか?

icon

Jumper EZpad 5s、完成度はかなり高く使い心地も実用的とはいえ、Surfaceの完成度には遠く及びません。

ただ、コスパが劇的によろしいために【コスパ重視+ライトな使用+海外輸入したことがある】方向けでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。