【サヨナラ】11.6インチ中華パッド Jumper EZpad 5s と 最後に他の中華タブ5台比較レビュー

最近、中華パッドやスマホが急激な勢いでおウチにやってくるので徐々に手放していますが間に合わない。

レビューしたもので欲しいガジェットがあればコメントくださいね。条件によってはお譲りできます。

Teclast X89 Kindow Reader が好き

タブレットですがやはり自分としては読書用のが1台あればOKなので、個人的には8インチのTeclast X89 Kindow Readerだけあれば事足りる。

IMG_20160611_095831

この白いプラの機体、本読む時にピッタリのサイズで軽いし安いし重宝してます。

安っぽさ満載でオモチャっぽく金属の部分なし、ディスプレイ部もガラスではなく工業用プラ?のようなヒズミあり、その代わり軽くてキズ付けても問題なしで完全に実用用途のみです。

スマホは高級感あったほうが所有する喜びがあるので良いですけど、タブレットは実用用途のみと考えるとやはりX89 Kindowだと思いました。

X89 Kindow以外にJumper EZpad 5s、Teclast Tbook 10Chuwi Hi12Chuwi Hibook、ONDA Obookと5台あります。(ONDA Obookはまだレビューしてません。後ほど)

そのうちの一つ、今回はJumper EZpad 5sを嫁入りさせました。

(あと、Teclast X98 Plus 3Gも先日お嫁に行っちゃいました(泣))

今ある中華パッドの中で一番レスポンスよくサクサク動いてくれるJumper EZpad 5sですが自分にはデカくて使い道が無いので大事に使ってくださる方にお譲りしました。

Jumper EZpad 5sはキーボード付きで27319円

Jumper EZpad 5sは6/12現在、GearBestで27319円で販売されています。

このスペックで27319円だったら激安で12インチクラスのデカイWinタブが欲しい方にはオススメできます。

ただしハードな使い方を求める場合は無理ですよ(汗)この10倍ほどのお値段を出してSurface Proなどをお求めください。

あくまでも『ちょこっとネットをする』や『ちょこっとエクセルいじる』、『ブログを書く』などライトな使い方でのみ大活躍します。

重い画像処理や動画編集などは無理では無いにせよモタツイてストレス溜まると思います。

どちらにせよ業務で使わなければ70%以上の方はこれ1台あれば事足りるのではないでしょうか。


Jumper EZpad 5s WITH KEYBOARD VERSION

海外通販GearBestでの買物方法

こういう激安のタブレットは日本ではあまり売ってなく、売ってたとしても輸入業者が上乗せするので割高です。

ちょっと冒険は必要ですが海外通販で購入したほうがお得!

自分も人柱として買ってレポートしてますので参考にしてくださいね。

GearBestは全品送料無料ですが、100ドル以上の高額ガジェットは有料のExpedited Shipping(DHL)をオススメします。

海外通販は事故多発しますので(汗)速く確実に届くExpedited Shipping(DHL)を選んだほうがストレス・手間がかかりません。

https://bey.jp/?p=15969

https://bey.jp/?p=15620

https://bey.jp/?p=16319

https://bey.jp/?p=17532

海外通販なので外国人は日本人と常識が違います。化粧箱の状態・クレーム・返品送料など、日本の常識は通用しないので、完璧を求める方は向いてないと思います。

お遊びで激安ガジェットを手にしたい方は、まずはお安いガジェットから海外通販はじめてくださいね。

Jumper EZpad 5s スペック

Chuwi Hi12とスペック比較してみます。

画像EZpad 5s Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア文鎮イイChuwi Hi12 Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア,Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コアスキ嬉し
機種名EZpad 5sChuwi Hi12
メーカーJumper204Chuwi164
キャリアWi-Fiモデル
Wi-Fiモデル
価格表示
最安値▶

GeekBuying

4GB/64GB$229.99
Feel 表示
口コミ

★評価

★評価

Wish
28
16
10
6
24
15
OSWindows10Windows10,Android 5.1
SocブランドIntelIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ11.6インチ12インチ
解像度フルHD(1920x1080)2160x1440
パネルTFTTFT
画素密度190ppi216ppi
バッテリー8500mAh11000mAh
フロント カメラ200万画素200万画素
リア カメラ500万画素500万画素
重量941g852g
サイズ 縦x横x奥行299.5x185.8x10.5mm / 117.9x73.1x4.1mm296.7x202.8x8.9mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大64GB)
BluetoothV4.0V4.0
WiFib/g/nb/g/n
充電DCプラグMicroUSB
接続MicroHDMI出力,標準USB2.0x2,標準USB3.0x1MicroHDMI出力,標準USB3.0x1
実測値Antutu:72530
Antutu:58108
Geekbench:Single 739 / Multi 2152
RAM:3571.70
Memory:Read 122.67/Write 81.35
備考・特徴キーボード有り・無しの2バージョン
AC adapter:5V 3A
※誤ったスペックが表示されている場合がありますので実際の商品ページでご確認ください。
※クーポンは確認していないものも含まれます。適用不可や古い場合、高くなる場合があります。ご了承ください。
※表示されている価格は数時間~数日前の価格です。現時点の価格・ログイン後では価格が違う場合があります。
※表示されているBANDについて。グローバルバージョンや中国版など対応BANDが違う場合があります。詳細な対応バンドは商品ページでご確認ください。

Jumper EZpad 5s レビュー

なかなか良い機体ですが、完成度がイマイチだったりデメリットもありますので以下のレビューを見て納得済みで検討したほうが良いでしょう。

https://bey.jp/?p=19715

https://bey.jp/?p=20094

https://bey.jp/?p=20186

その他、他機種とのスペック比較ページ

他機種と比べてもJumper EZpad 5sはスペックは似たようなものですが、なかなか良い動きをしてくれます。

他機種と比較すると速いのでキビキビ動くようです。

https://bey.jp/?p=21216

https://bey.jp/?p=22940

https://bey.jp/?p=22986

https://bey.jp/?p=23103

https://bey.jp/?p=23365

Jumper EZpad 5sと他の中華タブ 画像で比較

中華タブ 5台画像

タブレットはデカイので撮影ブースが使えず、光がうまくあてられなくてちょっと薄暗い画像になってしまいました。悪しからずm(_ _)m

DSC_0567

見た目・佇まいはChuwi Hi12のほうが良い感じですがJumper EZpad 5sは軽い・薄い・コンパクトで持ち歩くとすればEZpad 5sのほうが良いでしょう。

DSC_0577

下の10インチ中華タブ達は光があたると高級感が増します。

Jumper EZpad 5s と Chuwi Hi12の細部など比較

同じ12インチクラスのキーボード付き付きタブが2台あるので比較してみます。

CameraZOOM-20160611103739881

上から見るとタブレットじゃなくノートパソコンのような見た目

前・後ろ

IMG_20160611_100132

前から見ると両方共あまり高級感が無い感じです。

IMG_20160611_100258

後ろは本体を開いた時のヒンジがあるので飛び出ててちょっと不格好

側面の拡張ポート

IMG_20160611_100151

右側はJumper EZpad 5sのみUSBが2つあります。

IMG_20160611_100108 

両方共左側に各種ポートがあります。

USBやMicroHDMI出力があって拡張性がありますね。

クラムシェルとキックスタンド

タブレットもキーボードを装着すればほぼノートパソコンと見た目が変わりなくなります。

CameraZOOM-20160611092349725

Jumper EZpad 5sはSurface以外にはあまりないキックスタンド方式の構造

IMG_20160611_100349

Jumper EZpad 5sのキーボードはデスクと平らにぺったんこですが、Chuwi Hi12の場合は分厚く、開くとタブレットを支えるヒンジが飛び出るのでデスクから少し浮かびます。

CameraZOOM-20160611092515807

Chuwi Hi12はこれ以上開かない、Jumper EZpad 5sもこの状態が限界だけどこっちのほうが傾きは大きい。

キーボード

Jumper EZpad 5sのほうはパンタグラフ式で、Chuwi Hi12も多分パンタグラフだと思いますが、キーがベースまでおおいかぶさってなかなか取れないタイプ。

Jumper EZpad 5sのキーはツメで引っ掛けるとすぐ取れるタイプのキーボードです。

CameraZOOM-20160611092835372

両方共普通に打ちやすいです。

当然ですが(汗)日本語キーボードではないので【かな入力】する場合はキー配列が少し違うので若干違和感あるかもしれません。

自分は英語キー配列のみしか使ったことがないのでどこが違うかは不明。

中華タブ5台 体重測定

Jumper EZpad 5sの体重 1299g

キーボード付きで測ってみました。

IMG_20160611_100605

まぁ、持ち歩くにはギリギリ許容範囲なのでしょうか。

Chuwi Hi12 体重 1604g

EZpad 5sより300gほど重い・・コリャ持ち歩くのキツイかな?

IMG_20160611_100548

やはりこの重さだとおウチでリビングで使うタブレットですね。

ONDA Obook 573g keyboardあり1099g

10インチクラスのObookでキーボード付きだと1Kgあります(汗)

見た目も持った感じも鉄の塊みたくずっしりとした重量感ありです。

IMG_20160611_100632

良い方向でとらえるとずっしりして高級感があるとも言う・・・

IMG_20160611_100658

タブレットのみだと半分近くになります。

Chuwi Hibook  565g

こちらも10インチクラスの高級感を出した中華タブなので同じくらいの重さです。

IMG_20160611_100720

Teclast Tbook 10  578g

3台の10インチ中華タブの中では一番重い。と言ってもほとんど代わりないですね。

IMG_20160611_100740

サヨナラ Jumper EZpad 5s

激安な中華タブも各社特徴を出して、生き残りの戦いを繰り広げてますね。

その中でもやはりTeclastとChuwiが2強のようです。

Jumperが出しているタブレットは3種類ほどしかありませんが見た目完成度はイマイチなものの、CPU速度は同じなのになぜかベンチマークが速く内部の完成度は高い気がしました。

見た目高級感を求めるならばTeclast Tbook 10、Chuwi Hibookがオススメです。

中華タブをご検討の場合は各社特徴がありますのでレビューを参考に検討してくださいね。

次は、ONDA Obookレビューしていきます。

コメントを残す