【Xiaomi機プラスエリア化計画】Mi5s Plus BAND6有効に 電子レンジで検証 Mi5s Plus再チャレンジも失敗(泣)

Xiaomi Mi5s Plusのプラスエリア化、一応できましたが電子レンジで検証したところ電話が鳴らないという結果になりました(泣)

Xiaomi Mi Maxも同様に電子レンジでテストしたところ正常に電話が鳴ったので多分Mi5s PlusもMi Maxもプラスエリア化できたと思いますが、もしかしたらMi5s Plusのほうが電波の拾いが悪くTELが鳴らなかったのかもしれません。

Mi5s Plusを電子レンジに入れると・・・4G(電子レンジの外の通常は3Gになってた)になるんですけど(汗)暗部の方・・・どういうことだろうか?どちらにせよMi Maxのほうがアンテナが4つ立って、Mi5s Plusが3Gでアンテナ3つなので電波の拾いが悪いのでしょう。

ちなみにOnePlus3を電子レンジに入れたところ『こちらはNTTドコモです、おかけになった電話番号は電波の届かないところか・・・』の音声が出たので、プラスエリア化されてないということでしょう。アンテナピクトも「0」になったので電波拾ってないですね(泣)

なぜ急にMi5s Plusがプラスエリア化の設定ができたかというと、自分のドジでドライバがあたらないと思っていましたが、Mi5sをお譲りした星連さんからMi5sにMi5のドライバがあたりましたとのご報告をいただいたので焦ってプラスエリア化した次第です・・・ホントドジでスンマセンm(_ _)m

画像Xiaomi Mi5S Plus Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア
機種名Xiaomi Mi5S Plus
メーカーXiaomi428
キャリアSIMフリー
価格調査価格調査Amazon Xiaomi Mi5S PlusYahoo!ショッピング Xiaomi Mi5S Plus楽天市場 Xiaomi Mi5S Plus
OSAndroid 6,MIUI8
SocブランドQualcomm
SocSnapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コア
メモリ4/6GB
ストレージ64/128GB
ディスプレイ5.7インチ
解像度フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D
パネルTFT
画素密度386ppi
バッテリー3800mAh
フロント カメラ400万画素
リア カメラデュアルカメラ
1300+1300万画素
重量168g
サイズ 縦x横x奥行154.6x77.7x8mm
SD-
BluetoothV4.2
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/ac
生体認証指紋
充電USB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),2600(7),900(8),850(5-26)
実測値Antutu:151782
Geekbench:Single 1823 / Multi 4223
RAM:16953.89
Memory:Read 429.18/Write 172.28

評価

★評価

Feel 表示
Wish
15
48
24

プラスエリア化の作業とともにことの成り行きなどを説明していきましょう。

Mi5s Plus プラスエリア化の前準備

  • USBデバッグモードの確認
  • BAND 状況の確認  なくなってました。←これをやらないからうまくいかなかったみたいだけど自分はまだ未解決 (Hidden Android SettingsなどBANDを変更するアプリを入れてJAPAN BANDに変更したらうまくプラスエリア化できた方もいるようです。)
  • Diag USB Port enable の確認 (DIAGモードに変更)

Band状況は確認できなくなった?のでやらないで上の2項目だけをやってパソコンに接続します。

すでに2回同じような作業をしているので今回はより適当に説明していきます(汗)もっと詳しい説明が必要な場合は以下のページをご覧ください。

Xiaomi Mi5のプラスエリア化をして欲しいとコメントいただいたのと、前々からやろうと思っていて先送り(汗)にしていたのでコレを気にMi5をBAND6使えるようにしてみます。
以前Mi5のプラスエリア化に成功して、最近Mi Maxもプラスエリア化できるかどうかご質問いただいたのですが、忘れてましたm(_ _)mスンマセン

USBデバッグモードの確認

USBデバッグモードをオンにするにはデベロッパーにならないといけません。

デベロッパーになる

Settings > 端末情報 > MIUI version

こちらでMIUI versionを連打してデベロッパーになりましょう。

screenshot_2016-11-08-13-52-19-473_com-android-settings

USBデバッグをオンにする

Settings > Additional settings > 開発者向けオプション

USBデバッグをオンにします。

Diag USB port enableにする

電話アプリを使います。以下を打ってください。

*#*#717717#*#*

これで下準備完了。

Xiaomi Mi5s PlusのDiagドライバはMi5のでOK

パソコンと接続時はCharging onlyのままで

自分のやり方が悪くてDiagドライバ使えないと思ってましたが、余計なことをせずに接続したら普通にできました(汗)

余計な事というのは、接続したときに「Transfer files(MTP)」や「Transfer photos(PTP)」にわざわざ変えてしまっていたのです・・・ドジですね。そのままCharging onlyのままなにもいじらないでOKです。

screenshot_2016-11-08-10-34-18-089_com-android-settings

Diagドライバをあてる

ここからパソコンでの作業になります。

Transfer files(MTP)」や「Transfer photos(PTP)」にすると以下のようなMI 5s Plusの項目がビックリマーク付きで1個だけ表示されます。この状態だとうまくいきません。

wsa014001

以下のように「MI 5s Plus」が4つとQDSS DATAが1個表示されている状態で作業をします。

wsa014005

Mi5用のドライバ ダウンロード

 http://forum.xda-developers.com/mi-5/development/xiaomi-mi5-qualcomm-diagnostic-drivers-t3336200

WS000007

こちらからダウンロードします。

WS000007

rarを解凍すると上記のようにドライバーが出てきました。

デバイスマネージャーでDiagドライバをあてる

WS000001

デバイスマネージャーは左下のWindowsアイコンを右クリックするとあります。

以下のように4つの「MI 5s Plus」の部分を右クリックして「ドライバー ソフトウェアの更新」を選択します。

wsa014006

 「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を選んで先程ダウンロードして展開しておいたMi5_Qualcomm_Driversを選択します。

以下の4つ、正常にドライバあたればOK、多分「Qualcomm HS-USB MDM Diagnostics 90B0(COM**)」がちゃんとあたってればOK

最終的に以下のようにQDSS DATAだけビックリマークのままになりました。

wsa014015

プラスエリア化 BAND6を有効に設定

BAND6を有効にするためにツールをインストールします。

DFS CDMA Tool ダウンロード

こちらからダウンロードできます。

今回は前にインストールしたものよりちょっとアップグレードしたので使い勝手が少しちがってました。

wsa013995

といっても大した違いはないので、最新バージョンSetup DFS Evolution 16.11.05.0.zipをダウンロードしてインストールしました。

wsa014030

インストールしたツール郡のうち、Qualcomm Toolを使います。

DFS Qualcomm Tool 起動・Mi5s Plusとの接続確認

起動すると小さなウィンドウが出てログインフォームが表示されますが、無視して閉じます。

wsa014013

以下の青枠のセレクトからQualcomm HS-USB MDM Diagnostics 90B0(COM**)を選択 ダブルクリックします。その後、左側のコンセントアイコンをクリックして接続アイコンに変わります。

wsa014016

これでMi5s Plusと接続できました。正常であれば以下のようにDiagnosticでなにやら文字列が表示されていると思います。

wsa014018

試しにProgramingタブを押して以下のようにReadを押してMi5s Plusの情報を取得してみましょう。

Mac Addressとか・・・見えちゃってますけど、Mi5s Plusの情報を正常に読み込めてるようです。

BAND6(800MHz)を追加

いよいよプラスエリアのBAND6を追加してみましょう。Bandタブを押します。

wsa014021

この状態だとまだMi5s PlusのBANDを読み込んでないので以下のように、「RF BC Config」を選んでReadを押します。

wsa014023

正常にMi5s PlusのBAND情報を読み込めたら上記のようになりますので、WCDMA VI(800MHz)JPNにチェックを入れます。

良ければWriteボタンを押してMi5s Plusに書き込みます。この時に以下のようにデモモード云々と言われますので60秒ほど放置して待ちましょう。

wsa014025

さらに確認アラートがでますので「はい」を押すと書き込みます。

wsa014026

ログウィンドウを見ると以下のように表示されました。多分書き込み成功しているものと思われます。

wsa014027

Mi5s Plusを外してもう一度パソコンと接続してReadしてみましたが、WCDMA VI(800MHz)JPNがチェックされている状態です。↓成功ですね。

wsa014028

電子レンジでBAND6(800MHz)が有効になったか確認

「暗部」から「人柱課(自分の所属する課ですワ)」に電子レンジに入れてLTE電波を遮断すればBAND6が有効になっているか分かるから『人柱として試すように』という司令が来たので試してみます。

電子レンジは2450MHzを使っているのでLTEは2100MHzでちょっと違うけど・・・LTEを遮断して他の周波数体を受信するようなのです・・・にわかには信じられませんが人柱課なのでやらないわけにはいかず、実験してその結果を報告します。

img_20161108_110756

実験に使ったのは去年末買った安いPanasonicの電子レンジ

これでいけるかな?一応、万が一にもチンしたらヤバイのでコンセントは見えるところに出しておいて、絶対にコンセントを刺せない状態で実験開始。

img_20161108_111147

Mi5s Plus の結果

ドコモSIMで実験しました。Mi5s Plusの場合は外にだしていると3Gで、電子レンジに入れたらなぜか4Gになっていました・・・4Gは遮断するってあれほど・・・

結果は、

電子レンジに入れた状態で着信不可

このようになりました。4Gのアンテナが2本立ってましたが着信はせずに、発信元のスマホから5コールくらいしたら『こちらはNTTドコモです、おかけになった電話番号は電波の届かないところか・・・』の音声が流れ出しました。残念です。

電子レンジの窓はパンチングメタルがあるのでカメラでうまく撮影できないのでちょっと変な画像でスンマセン。

img_20161108_111317

Mi Max の結果

同様にドコモSIMでプラスエリア化したMi Maxで実験しました。

電子レンジに入れた状態で着信可能

という結果です。覗いたところ ↓ ちゃんと着信してました♪(上のほうに電話の白いバーが表示されています。)

img_20161108_113355

プラスエリア化されてないOnePlus3も着信不可

ちなみにプラスエリア化してないOnePlus3は当然のように着信不可でした(泣)

プラスエリアなんか、いらないもん・・・(汗)

Mi5のドライバでMi5後継機はプラスエリア化可能

Mi5のドライバでMi5s Plus・Mi5sともにプラスエリア化は可能でした。

電子レンジでの実験はちょっと不十分な気がしたので実際にプラスエリアのみの場所に出向いて発・着信できるか試すしかなさそうです。

Mi MaxのほうはなぜかDiagドライバを入れないでもプラスエリア化できたので、Xiaomiの場合はDiagドライバが無くてもちゃんとドライバがあたってる場合があるのかもしれません。

こうやって実験してみるとOnePlus3からMi5s Plusにメイン機を変えようかと思っていた矢先なのでMi5s Plusは電波の拾いが悪い気がしてきて心配になってきました。どうしようか。

もし、北海道などでプラスエリア化が絶対に必要な方はXiaomi機か、面倒な場合はまだまだ国産スマホを使うしかなさそうです。

今度は多分プラスエリアのみしか来ない裏山に登って実験してみます。

追記 Mi5s PlusでBand変更アプリを入れて再チャレンジ

たくさんの方にコメントでご指導いただきましたが、アプリ入れてもう一度やってみたのですが自分のMi5s Plusはうまくプラスエリア化できませんでした。

残すはROMの問題でしょう。ショップROMのまま作業したのでうまく行かなかったのだと思います。

このページを読んでいるあなたのスマホではもしかしたらできるかもしれませんのでやってみてくださいね。

Hidden Android Settings アプリでJAPAN BANDにする

コメントで教えていただいた通りまずはHidden Android Settingsなるアプリを入れて操作しましたので書いておきます。

Hidden Android Settings
Hidden Android Settings
Developer: 0alex
Price: Free

このアプリでJAPAN Bandにしたあとにもう一度DFS Qualcomm Toolに接続しましたが前の設定と変わらず、WCDMA VI(800 MHz) JPNにチェックが入ったままでした。

一度チェックを外して書き込み、Mi5s Plusを抜いてからもう一度接続して、WCDMA VI(800 MHz) JPNにチェックをいれて書き込み。・・・・結果は変わらず。電子レンジに入れてTELしても留守電になってしまいました(泣)やり方悪いのかなぁ、

現状はMi Maxはプラスエリア化できて、Mi5s Plusはプラスエリア化失敗です。

Mi5s PlusのROM書き換えたらもう一度やってみますね。

注記 中華スマホで日本国内のSIMを使うと技適違反の可能性があります。
当サイトは技適違反を助長するものではありません。
海外で使うことを前提にしています。お約束として中華スマホで日本SIM・Wifi・Bluetoothを使う場合はテストに留めて常用はしないでくださいね。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. もびお より:

    Mi5S Plusをこの手順でBAND6化してみました~
    私も電子レンジの中に入れて電話をかけてみると着信できなかったのですが、
    BAND設定ができるアプリ(私はHidden Android Settings っていうのを入れてみました。)でBANDをJAPAN BANDを選択した後に電子レンジに入れて試した処、着信をしましたのでご報告します。

    情報としては書き込めているけれど、BAND選択ができないからJPBANDに変わっていなかったのかな・・・と
    自宅付近はプラスエリアでなくても一応電波を拾ってくれるのですが、非常に入りが悪いので、帰ったらアンテナがどうなるのかも確認してみるつもりです。

    • GO より:

      もびお様
      コメントありがとうございます。
      そうですか!BAND設定しなくてよかったと思っていました・・・(汗)ドジです。
      再度BAND設定してやってみます。
      有力な情報ありがとうございますm(_ _)m

  2. たな より:

    mi5sのプラスエリア化をしたいのですが、Diagドライバのインストールで
    デシタル署名がされていないといったエラーが発生します。
    windows7で試していますが、Beヨンド様のwindowsバージョンを教えて
    いただけないでしょうか。

    • GO より:

      たな様
      コメントありがとうございます。
      自分はWindows10で作業しました。
      Win7でデジタル署名エラーが出た場合はWindows Updateを実行すると治るようですよ。
      やってみてください。

  3. kaeru より:

    とても貴重な情報をありがとうございます。
    電子レンジに入れてチェックするとか、素晴らしいアイディアですね!

    私も試しにプラスエリア化されたOPOをレンジに入れてみました。
    すると「LTE」から「3G」に変化しました。
    私の住んでいる場所の場合、プラスエリアでは「H」の表示になり
    「3G」は見たことがなかったため、いつものプラスエリアの電波とは
    違う電波を拾っているのかなという感じでした。

    なんの参考にもならない情報ですがご報告まで‥(笑)

    • GO より:

      kaeru様
      そうですか!
      お役に立てて嬉しいです♪
      ただ、自分はまだ電子レンジでの実験は100%は信用できないなぁと感じています(汗)

  4. まっくる より:

    Mi5ですが同様にBAND設定がなくなってしまいプラスエリア化されたのかもやもやしてたのですが、もびおさんのHidden Android Settingsで切り替えることができスッキリしました。ありがとうございます。
    電子レンジに入れてもLTEのままだったのでドコモマップでプラスエリアと表示されたところで確認すると見事Hマークが立ちました。そこでUSA BANDに切り替えると圏外になったのでJPN BANDへ切り替え作業はやはり必須なのではないでしょうか。

    • GO より:

      まっくる様
      コメントありがとうございます。
      そうですか!やはりXiaomi機側でBAND切り替え必要なようですね。コレがなくてプラスエリア化できなかったようです。
      時間見つけて再度やってみます。
      ご報告ありがとうございますm(_ _)m

  5. takeota より:

    こんにちは。takeotaと申します。
    私はmi5sですが、無事にプラスエリア化出来ています。
    JAPAN bandへの切り替えはほかのbandが認識されなくなるなど問題も生じる可能性がありますのでご注意ください。代わりにRF BC Configの上のband prefferredでも同様にbandを追加することで問題なく使用できます。

    手順に少し足りないところがあると思いますので、余計なお世話であれば恐縮ですがご確認ください。

    手順のProgramingタブのところですが、左上のSPCが空欄になっています。これだと少なくともmi5sでは書き込み時などにエラーが起こって実際にうまく書き込めないことを確認しました。(DFS toolのログにbad SPCなどと複数個出ているのではないかと思います。)

    そこで一度、コンセントアイコンの並びの中央近くにあるSPCというところのチェックを押してください。この手順でreadするとProgramingタブにもSPCが表示され、以後の手順でログにもエラーがつかなくなります。この状態で上記2つにbandを追加すればプラスエリア化が行えると思います。(一旦SIMを認識しなくなりますので再起動要です)

    なお、プラスエリア化の確認には、まずSIM設定で3Gのみにするほうがよりベターと考えます。プラスエリア化されていない状態で端末を入れると圏外になりますがプラスエリア化後はアンテナが数本立つと思います。

    長文失礼しました。

    • GO より:

      takeota様
      コメントありがとうございます。
      足りない点をご指摘いただき助かります。
      Mi5sでプラスエリア化できていない方はこちらの内容を参考に再度挑戦してみてくださいね。
      有力情報ありがとうございます。

  6. ジャン より:

    その後、mi5s plusはプラスエリア化出来ましたか?
    購入検討中なので宜しくお願いします

    • GO より:

      ジャン様
      コメントありがとうございます。
      その後、自分はROM焼きせずに手放してしまいました(汗)お役に立てずスンマセンm(_ _)m
      コメント頂いた中でプラスエリア化できている方もいらっしゃるので正規ROMなどに書き換えてからプラスエリア化するとできそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。