AUKEY Bluetoothスポーツイヤホン EP-B34 レビュー

スポンサーリンク

Bluetoothでスマホに接続して音楽や電話の時に使うAukeyのスポーツイヤホンが届きましたのでレビューします。

このAUKEY Bluetoothスポーツイヤホン EP-B34は現在愛用しているSonyのBluetooth 防水ウォークマン WS615と少し似ているのでそちらと比べてみます。

特徴としてはケーブルじゃなくてチューブ式でスポーツ時の激しい運動でケーブルがぶらぶらせずにイヤホンが気にならないというのが良い点。

こちらは通話連続8時間できるようで、多分音楽も8時間聞けるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク



AUKEY Bluetoothスポーツイヤホン EP-B34 開封

化粧箱

いつも通りAukeyの素敵使用な化粧箱です♪

開封

開けるとなにやら箱が2つあって小さい方はケーブルと替えのイヤーピースが入っていました。大きい方はイヤホン本体と取説です。

Sony WS615と違って本体は2重にくるくる丸まるタイプでコンパクトに収納できそうです。

img_20161204_111000

MicroUSBケーブル写し忘れましたが同梱されています。

取説

  • ペアリングモード:青赤点滅・電源ボタン長押し7秒間
  • ペアリング完了:7秒に青点滅2回
  • 起動・終了:電源ボタン長押し 起動時2秒ほど青点灯・終了時2秒ほど赤点灯
  • 起動中:5秒に1回青点滅
  • 充電時:赤点灯で充電完了時は消灯

2016%e5%b9%b412%e6%9c%8804%e6%97%a514%e6%99%8212%e5%88%8640%e7%a7%92_002

AUKEY Bluetoothスポーツイヤホン EP-B34 装着とペアリング

頭への装着は下のようにシェア掛けのようにして装着します。箱を頭にみたててみました ↓ 右が顔、左のチューブのほうが後ろです。

img_20161204_111154

ゴムの部分やプラは静電気でホコリを吸い取りやすいようで、ホコリだらけ・・・

操作ボタンは3つで右側に集中している。↓画像の奥が電源ボタン 兼 受話ボタン、手前を開くとMicroUSBポートで充電します。下にボリュームボタンがあるのみ。

img_20161204_111230

LEDランプは右内側にある。電源オンしてそのまま7秒ほど押しっぱなしにすると赤青点滅してペアリングモードにはいる。

ペアリング完了。2台同時接続可能なのでパソコンとスマホに接続しました。2台同時に音がなってる場合は早いほうの音が、片方の端末からしか音が鳴らない場合はそちらの音を拾います。自動で切り替えるようで便利です。

img_20161204_112501

内側のプラは安いので安っぽいのは当たり前ですが、機能はしっかりしているので良しとしましょう。

AUKEY EP-B34とSony WS615 比較

比較といっても同じようなチューブのイヤホンのみが似ていて、他の機能は全く別物なので比較にならないと思いますが、一応写真を交えて比べてみましょう。

Sony Bluetooth防水ウォークマン WS615

AUKEY スポーツイヤホン EP-B34は2600円ほどで、Sony WS615のほうは18000円ほどなので比べるほうがどうかしてますね(汗)

こちらのSony WS615は、防水・ウォークマン・Bluetoothなイヤホンで、スマホなどとBluetooth接続せずとも音楽を入れておけばそのまま聞けちゃって防水なので水泳やシャワーしながらも聞けちゃうスゴイ製品です。

コードがぶらつかないBluetoothヘッドフォン+防水ウォークマン NWZ-WS613が来た!
憧れの防水ウォークマン買っちゃいました!毎週日曜の夕方に通っているプールでももしかしたら防水ウォークマン使えるかな?と思い密かに今週持って行...

それと指輪型コントローラーも付いていて超お気に入りのイヤホンで、いつも運動するときに装着しています。

ウォークマンの指輪型コントローラーが「ジョジョ 漫画」キラークイーンの指爆弾ボタンとカブってどうしようもない
ジョジョの奇妙な冒険に20数年ハマってますはい、ワタクシ、小学生のころから少年ジャンプのファンでありまして、ドラゴンボールなどは小学4年生に...

レビューしていますのでSony WS615もチェックしてみてくださいね。

AUKEY EP-B34 Vs Sony WS615本体比較

一方のAUKEY EP-B34は防水ではなく防滴仕様でウォークマン(イヤホン単体で音楽聞けない)機能が無いのでBluetoothでスマホに接続しないと音楽は聞けません。

img_20161204_112203

見た感じは両方共同じような雰囲気で、左右のイヤホンをつなぐ部分がチューブ式でケーブルじゃないので肌をコチョコチョせずにストレス無し!

AUKEY EP-B34はチューブがまるまっているので使わないときはコンパクトです。Sony WS615のほうはこれ以上まるまらない。

img_20161204_112213

こちらの画像だと両者同じような完成度ですが、裏返すとAukeyのほうが安っぽいプラに見える。

img_20161204_112450

Sony WS615とイヤーピースを比べるとAUKEY EP-B34は特殊で耳穴にすっぽり入らない形状になっていて外部の音が聞こえるので外でマラソンなどのスポーツをやる時に最適です。

Sony WS615のほうは、耳孔を塞いでしまうために外部の音が聞こえにくくなってしまいます。その点でAUKEY EP-B34は耳孔に空気が入るようになっていて外部の音を拾いやすくなるよう配慮してグッド

充電器

Sony WS615は良くない充電方法で専用の充電器が必要です。コレは防水仕様だから仕方ないのかもしれませんが、防水のXperiaだってキャップレス防水のMicroUSBあったのでキャップレスでUSB接続にしてほしかった。

この専用充電器に装着する金属の接点も消耗しやすく1年ほど使うと摩耗してうまく充電できなくなります。

Bluetooth防水ウォークマン接触不良で充電できず接点復活剤で復活!
Bluetooth防水ウォークマンの充電ができない現在メインでの使用というか、無線ヘッドフォンはコレしか持ってないBluetoothの防水ウ...

img_20161204_112649

AUKEY スポーツイヤホン EP-B34のほうは防滴仕様なので防水性はそれほど気にすることはないようで、キャップを開けてMicroUSB接続で充電します。こちらの充電方法のほうが専用充電器も使わず汎用的で良いですね。

他のイヤホンと比較

img_20161204_112404

現在作業中に使っているSoundPEATSのBluetoothイヤホン、こちらは左右をケーブルでつなげているのでブラブラして首の後ろをさわさわして気になる時がある。ただ音は最高で名機と言えるのかもしれませんね(凡人の耳なので鵜呑みにしないでね。)

【SoundPEATS】 Bluetooth 防滴イヤホン Q15 開封の儀 レビュー
新たにレビューさせていただくことになったSoundPEATS、今回は3000円台と安価な割に防滴で音も良いQ15という機種のBluetoot...

img_20161204_112239

あとはAukeyのBluetoothイヤホンでこちらもケーブル式、ケーブルがグニャグニャしていてちょっとまとまりがないですね。

【Aukey】Bluetoothマイク付きスポーツイヤホン EP-B16 開封の儀 レビュー
今回からまた新たにAukeyというメーカーの商品をレビューさせていただくことになりました。ちょっと調べてみるとこのAukeyのCEOの方は元...

img_20161204_112345

結論としてケーブルはこちょばゆいのでイラッと来る時があってストレスたまる。チューブ式は固定されているのでコチョコチョされずに快適に耳に装着できるのでチューブ式のほうが好き。

Bluetoothイヤホンは050電話・LINE・Skype未対応!

いつかテストしましたが、AUKEY スポーツイヤホン EP-B34も同様に050IP電話・LINE電話・Skypeの受信時に着信音がなりませんでした!

LINE電話・050・SkypeはBluetoothヘッドセットで着信応答できない(TOT)
以前から疑問だったけどLINE電話や050Plus・Fusion・Skypeなどの無料電話・格安電話はBluetoothのヘッドセットやヘッ...

電話機能は携帯キャリアの電話のみ着信音がなります。Docomoにかかってきた電話はイヤホンから着信音がなりました。

携帯キャリア以外の050IP電話・LINE電話・Skype等は、音楽を聞いていた場合は再生が止まりますが着信音しません。

スマホ本体で着信音がなるので気がつく場合が多いとは思います。ウォークマン機能が無いのが幸いして着信音は鳴らないけど再生が止まるので気づくでしょう。

そういう時に便利なのはXiaomi Mi Band 2で着信時にブルブル震えて教えてくれます。

AUKEY Bluetoothスポーツイヤホン EP-B34 使ってみた感想

Sony WS615と比べたら使用用途も狭まるし防滴仕様なので水泳時にはつかえず、スマホが無いと音楽も聞けない・・・デメリットが多そうですがそんなことはなく適材適所で使い分けができるようです。自分の場合はパソコンで作業している時に映画とYoutube見る時に使っていきます。

トレッキングとかロングスケートボードの運動の時はやはりSony WS615のほうがスマホを介さないで音楽聞けるのでそちらを使っていきます。

AUKEY スポーツイヤホン EP-B34は安いので当たり前ですが内側を見るとプラ感がすごくて安っぽく見えます。表側の装着した状態でみるとハウジング部分のプラがツヤあり小奇麗で、Sony WS615のようにボコッと分厚く飛び出てないのでスマートに見えて見た目が良い。

チューブやシェア掛け部分のプラがちょっと硬い感じはしたのですが、2時間ほど装着した感想から言うと、特に違和感なくイヤーピースも耳孔に入れないので疲れることはなかった。

イヤーピースが耳孔を密封しないタイプなのでスポーツ時に外の音が聞こえやすくなっている構造で車や人通りの多い道でマラソンや散歩をしていても危険を回避できそう。

AUKEY Bluetooth ヘッドセット ワイヤレススポッツイヤホン 耳掛け式 8時間連続再生 iPhone 7,7 Plus,iPhone 6S,6S Plus,Sony,Android スマートフォンなど対応 (ブラック) EP-B34
AUKEY Bluetooth ヘッドセット ワイヤレススポッツイヤホン 耳掛け式 8時間連続再生 iPhone 7,7 Plus,iPhone 6S,6S Plus,Sony,Android スマートフォンなど対応 (ブラック) EP-B34

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。