【SIMフリー 5インチ中華スマホ】Ulefone METAL 内部レビュー

引き続きUlefone Metalの中身をみていきます。

外観はディスプレイ面2.5D曲面ガラスで裏面はメタルつや消し仕上げでブラックは全身真っ黒で漆黒という感じ。黒好きな方には候補に上げていただきたい機種です。

前回、Ulefone Metalの外観レビューは以下で書きましたのでご覧ください。

Banggoodから漆黒のブラックが美しいUlefone Metalが届きましたのでレビューします。 こちらのUlefone Metalは手帳型横開きケースとガラス保護シート点付きでスマホ本体の他に買い足すことが無いし110ドルほどで買えるのでコスパに優れていると言えます。

img_20161206_155141

こちらガラス保護シートと手帳型横開きケースが同梱されていました・・・ただ自分に来たガラス保護シートは割れてたヨ(泣)

Ulefone Metal

Ulefone METAL スペックと価格比較

画像Ulefone Metal MTK6753 1.3GHz 8コアスキスキ
機種名Ulefone Metal
メーカーulefone392
キャリアSIMフリー
価格表示
最安値▶

GeekBuying

3GB/16GB$101.99
Feel 表示
口コミ

★評価

Wish
9
9
12
OSAndroid 6
SocブランドMediaTek
SocMTK6753 1.3GHz 8コア
メモリ3GB
ストレージ16GB
ディスプレイ5インチ
解像度HD(1280x720)
スクリーンゴリラガラス3
パネルTFT
画素密度294ppi
バッテリー3050mAh
フロント カメラ200万画素
リア カメラ800万画素
重量155g
サイズ 縦x横x奥行143x71x7.5mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0
GPS
WiFib/g/n
生体認証指紋
充電MicroUSB
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),2600(7),900(8),800(19-20),1800(3)
実測値Antutu:38580
Geekbench:Single 602 / Multi 2564
RAM:3454.01
Memory:Read 155.37/Write 79.25

その他のUlefone機はこちら「中華スマホUlefone機種 スペック一覧」をご覧ください。

Ulefone METAL アプリ・機能

初期設定で日本語に

Ulefone METALは初期設定があって最初の言語選択で日本語にすれば以降はすべて日本語表示になりますので即使い始められますね。

左中ほどにあるグレーの●は「Float Multi-Task」で下左画像のように●をタップするとツールが表示されて円を回転させて選べるようになっています。コレどこかで見たことがるなと思ったらGalaxy Noteあたりにあったような。

ホーム画面

ホーム画面はちょっと変わってて、左側2枚は画像ギャラリーとミュージックプレイヤーになっていました。

通知パネルとアプリ一覧

このあたりは普通のAndroid6ですね。アプリも必要最低限しか入ってないので邪魔ではありません。

設定

設定アプリは見た目がAndroid6とちょっと変わってますが内容は同じでした。

Float Multi-Taskをオフにする

ディスプレイにずっと表示されている「Float Multi-Task」がちょっと目障りな場合は、

設定 > インテリジェントアシスタント

この中にあるFloat Multi-Taskをオフにすると消えます。

Ulefone METAL ベンチマークテスト

AnTuTu

速くはないので少しもたつきがありますが、通常使用としてギリギリ使えるスピードでしょう。人によって感覚は違うと思いますが、これより低く2万台でも普通に使えるので4万弱だと問題無いレベルだと思います。

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

screenshot_20161206-152908

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果です。 古いベンチマーク表↓、は自作PCのみにしました。やはり自作PCのCPUはCore i7-6700なのでAntutu30万台でいまのと...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033.88 511.84 ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Ulefone METAL 日本での価格調査

合計:10 件   Amazon:リクエストに該当する結果がありません。
件 Yahoo!ショッピング:10件 
ショップ イメージ 商品名 価格
ポイント
送料

Aimable
Ulefone Metal スマートフォン 4G LTE Android 6.0 OS MTK6753 オクタコア 5.0 Ulefone Metal スマートフォン 4G LTE Android 6.0 OS MTK6753 オクタコア 5.0" 3GB RAM 16GB ROM 5MP 13MP 指紋認証 (シルバー) 24,270円
242P
設定無し

EML
Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー 29,800円
298P
設定無し

EML
Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー 29,800円
298P
設定無し

EML
Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー 29,800円
298P
設定無し

JDR
Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー 29,800円
298P
設定無し

MLF
Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー 29,800円
298P
設定無し

MLF
Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー 29,800円
298P
設定無し

MLF
Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー 29,800円
298P
設定無し

YOT
Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー Ulefone Metal スMTK6753 マートフォン グレー 29,800円
298P
設定無し
こちらの価格表は自動更新になっております。
型違いなど類似商品が表示されている場合がありますのでご注意ください。

Ulefone METAL 使ってみた感想・まとめ

メリット

ギフトでガラス保護シートと手帳型横開きケース付属なのでスマホの他に買い足す必要もなくすぐに使い始められるのも嬉しいところ。

ガラス保護シートを使わなくても最初から保護シートがガラスに付いているのでしばらくは付いている保護シートで使用できそう。

素に近いAndroid6なので初期設定から日本語にできて日本人でもすんなり使い始めらる。

120ドル程度で指紋認証・ゴリラガラス3・3050mAhバッテリー・3GBメモリと高スペックなのにおトクで激安価格と言えるでしょう。

デメリット

メタルの裏面はつや消しになっていて、塗装のせいか?手の油が目立つ。

ストレージが16GBしかないのがつらいところですが、MicroSD(最大128GB)がさせるのでMicroSDで補うことができる。

どんな人に向いてるか

5インチと少し小さめの中華スマホなので手が小さめの方か女性に向いています。

ガジェオタ以外のスマホをあまり重要視しない方は、ほとんどUlefone Metalで良いでしょう。

Ulefone Metal

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

Ulefone METALもADUPSツール入ってた

Ulefone MetalにもADUPS社のツールが入っていましたが今のところ脅威は検出されませんでした。

HOMTOM HT20にADUPS製のパッケージが入っていたので5日ほど監視していますが、動きがなくてつまらない、と思ってADUPSツールがどのアプリで動くのかいじくり回して調べていくうちにcom.adups.fotaが【ワイヤレスアップデート】の関連ツールということが分かりました。

こちらのようにワイヤレスアップデートかと思いましたが違うのか?セキュリティアプリでスキャンしてもワイヤレスアップデートは特に問題ないようです。

代わりにSearch Serviceがマルウェアかもしれないというので「無効にする」にしておきました。AVGはWindows時代から無料で使わせていただいている役立つセキュリティアプリなので今後もスマホで使わせていただきます。

以下、パッケージのリストも載せておきます。

コメントを残す