【SIMフリー IP68防水 中華スマホ】Homtom HT20 スペック・アプリなど レビュー

前回に引き続きIP68防水 中華スマホのHomtom HT20の中身をみていきましょう。

この記事にADUPS製パッケージの詳細について書く予定でしたが、内容が長くなったのでまずはHomtom HT20のアプリやベンチマークを軽く見て次にセキュリティアプリを多数導入して調査した結果を書いていきます。

Homtom HT20は防水でアウトドアなどのハードな場所での使用を前提としたスマホです。

EverbuyingがらIP68規格の防水・防塵 中華スマホのHomtom HT20 がやってきたのでレビューします。 このIP68規格は日本のスマホ XperiaやAQUOSの防水性能と同じレベルですね。ただ実機をみてみるとやはり完成度は日本のメーカーにまだまだ及ばない気がして久々に嬉しい気がします。日本...

img_20161206_113227

画像Homtom HT20 MTK6737 1.3GHz 4コアイイ文鎮
機種名Homtom HT20
メーカーHOMTOM521
キャリアSIMフリー
価格表示
最安値▶

TOMTOP

2GB/16GB$107

TOMTOP

3GB/32GB$133
Feel 表示
口コミ

★評価

Wish
6
28
9
OSAndroid 6
SocブランドMediaTek
SocMTK6737 1.3GHz 4コア
メモリ2GB
ストレージ16GB
ディスプレイ4.7インチ
解像度HD(1280x720)
パネルTFT
画素密度312ppi
バッテリー3500mAh
フロント カメラ200万画素
リア カメラ800万画素
重量227g
サイズ 縦x横x奥行152x76x13.6mm
SDMicroSD(最大64GB)
BluetoothV4.0
GPS
WiFib/g/n
生体認証指紋
防水機能IP68水没に対する保護
防塵性能IP68耐塵形
充電MicroUSB
SIMDual(MicroSIM2枚)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),2600(7),800(19-20),1800(3)

その他のHOMTOM機はこちら「中華スマホHOMTOM機種 スペック一覧」をご覧ください。

Homtom HT20 アプリ・機能

ホーム画面と通知パネル

普通のAndroid機です。アイコンだけ変更してますね。

日本語設定

Android6なのですぐに日本語にできます。念のため日本語に変更する方法を書いておきますね。

ホーム画面のSettingsを起動して設定します。

Settings > Language & input > Language > 日本語

このように選んでいけば日本語表示になります。

設定

日本語表示になりましたので設定をみていきましょう。

Telephony Motion・System Motion・Gesture・LED notification

このあたりがHomtom HT20のオリジナルではないものの独自機能のようです。

端末情報

screenshot_20100101-000447

Homtom HT20 ベンチマークテスト

AnTuTu

このスピードだとちょっともたつきがある場面がありそうです。あまりアプリを使わない場合に適していると思いますが、実際にセキュリティアプリを7個ほど同時に起動してももたつきを感じませんでしたので普通にスマホとして使えそうです。

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

screenshot_20161205-194307

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果です。 古いベンチマーク表↓、は自作PCのみにしました。やはり自作PCのCPUはCore i7-6700なのでAntutu30万台でいまのと...

https://bey.jp/?page_id=29615

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Homtom HT20にADUPS社のパッケージ2つ発見

ADUPS製のパッケージを2つ発見したので次の記事でセキュリティアプリを使って検出とかパッケージの停止などを実行してみます。

adbの操作方法などは以下で書きました。

最近なにやら中華スマホにバックドアが仕掛けられている、というニュースがちらほら流れているのでウチの子供たち(中華スマホ・中華タブレット)は大丈夫かしら?という疑問がフツフツと湧いてきたのでちょっと調べてみました。

こちらの2つがありました。

次回、セキュリティアプリを入れて検証していきます。

Homtom HT20

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメント

コメントは手動認証後表示されます。

  1. daar より:

    HOMTOM HT20 この機種見かけもカッコイイし、買うか迷ってたのですが、
    やっぱりヤバそうなのですかね?

    次回の検証楽しさにしています。

    • GO より:

      daar様
      コメントありがとうございます。
      package:com.adups.fota.sysoper
      package:com.adups.fota
      この機種はこちらのツールが入っていて当初はadups社と通信していたようです。現在は特に通信はしていなくアンチウィルスアプリでも警告は出ませんでした。
      日本のスマホにもいくつかこのツールが入っている機種があるので一概に中華スマホがヤバイとは言えないのですが、
      心配な場合はやめておいたほうが良さそうです。
      機種よりもアンチウィルスアプリ導入や2段階認証など自己防衛のほうが重要だと思います。

      • daar より:

        ありがとうございます。
        現在もcoviaのcp-f03aを使っていますので中国製には、お世話になっています。。。
        購入を前向きに考えてみたいと思います。  ありがとうございました!

コメントを残す