ミッドレンジスマホで最高速い【5.5インチ SIMフリー 中華スマホ】Vernee Apollo Lite 内部 レビュー

180ドルほどと激安なのに全部入りでミッドレンジスマホで最高に速いVernee Apollo Liteの内部を見ていきましょう。

同じようなミッドレンジでコスパが高いXiaomi機のXiaomi Redmi Pro(一番スペック低いバージョンHelio X20と比較)がありますが、こちらはメモリ3GB・ストレージ32GBでVernee Apollo Liteはメモリ4GBなのでこちらのほうがおトクな気がします。

左:Vernee Apollo Lite・右:Xiaomi Redmi Pro 両方レビューしました。

違いはカメラでしょうか、Xiaomi Redmi Proのほうはデュアルレンズ1300万画素でVernee Apollo LiteはSAMSUNG 1600万画素であとは大差なく両方とも12/24現在は180ドル程度の値段です。

画像Vernee Apollo Lite MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コアスキヨシXiaomi Redmi Pro MTK6797 Helio X25 2.5GHz 10コア,MTK6797 Helio X25 1.55GHz 10コア,MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コアイイ
機種名Vernee Apollo LiteXiaomi Redmi Pro
メーカーVernee374Xiaomi386
キャリアSIMフリー
SIMフリー
価格表示
最安値▶

Banggood

4GB/32GB$119.99

Banggood

3GB/32GB$219.99

Banggood

3GB/64GB$279.99

Banggood

4GB/128GB$419.99
Feel 表示
口コミ

★評価

★評価

評価

評価3.6:1人

Wish
4
24
11
3
9
9
OSAndroid 6Android 6,MIUI8
SocブランドMediaTekMediaTek
SocMTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コアMTK6797 Helio X25 2.5GHz 10コア
MTK6797 Helio X25 1.55GHz 10コア
MTK6797 Helio X20 2.3GHz 10コア
メモリ4GB3/4GB
ストレージ32GB32/64GB/128GB
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス32.5D
パネルTFTTFT
画素密度401ppi401ppi
バッテリー3180mAh4050mAh
フロント カメラ500万画素370万画素
リア カメラ1600万画素デュアルカメラ
1300+1300万画素
重量178g174g
サイズ 縦x横x奥行152x76x9mm151.5x76.2x8.2mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.2
GPS
WiFia/b/g/na/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)Dual(NanoSIM+MicroSIM)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3)900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),2600(7),800(19-20),1800(3)2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)
動画https://youtu.be/QDrb2YT_8ow
https://youtu.be/bjL138b6fNM
実測値Antutu:85022
Geekbench:Single 1557 / Multi 3725
RAM:3202.43
Memory:Read 69.74/Write 67.53
レビュー
カラー・バージョン表示

こんなに高スペックで品質が高く激安でスマホが買えるなんていい時代ですな。

Vernee Apollo Lite アプリ・機能

ではVernee Apollo Liteを見ていきましょう。と言っても中身はほぼ標準的なAndroid6なのでAndroidを使っている方は特に目新しい機能は無いので読み飛ばしてくださいね。

日本語表示

こちらVernee Apollo Liteは初期設定がなかったので起動したらいきなりホーム画面になって英語表示なので以下のようにSettingsアプリで日本語表示にしましょう。

ホーム画面

日本語表示設定したらホーム画面とアプリ一覧を見ると、少ない。

設定 Navigatioin Bar

設定で一つだけ、物理ホームボタンが無い場合はディスプレイ内にホームボタンや戻るボタンがあって、その設定をするナビゲーションバーの設定を見てみましょう。他のスマホでもホームボタンがディスプレイ内にある場合はたいていついてます。

設定 > Navigation Bar

こちらを見ると、戻るボタンとマルチタスクボタンを逆にできたり他のオプションもあります。

Navigation bar can be hidden

こちらをオンにすると下にあるホームボタンの左側に下矢印アイコンがついて、タップするとホームボタンの黒いバーが隠れてアプリを全画面表示で見ることができます。

ホームボタン表示させるには下からスワイプすれば出てきます。

screenshot_20161223-200209

ホームボタンの表示が邪魔な場合は地味に便利です。

これってアプリによってはこの設定をしなくても最初からホームボタン排除して表示させるときは下からスワイプして表示させるアプリもあるので、ホームボタンがディスプレイの中にあるスマホをお持ちの方はもうおなじみですね。

通知パネル アイコン

こちらは右下に「=」と「↓」を合体させたようなアイコンが表示されて、タップすると通知パネルが降りてきます。アイコンは矢印が上向き↑になってもう一度タップすると通知パネルが隠れる。

screenshot_20161223-200225

特にアプリも無く、機能もほぼ標準的なAndroidなので自分色にカスタマイズするのにピッタリです。

Vernee Apollo Lite ベンチマークテスト

AnTuTu

Antutu85000台でスマホとして十分なスピードで全く問題なく快適に使えるレベルですね。

ハイスペックスマホの一世代前のXperia Z5より速く現行のHuawei P9よりもちょっと遅いくらいなので十分過ぎます。これで180ドル弱・・・価格破壊しすぎ。

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

メモリのほうはミッドレンジなりに遅い(汗)こっちも速かったら最高だったのに。

screenshot_20161214-082210

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果です。 古いベンチマーク表↓、は自作PCのみにしました。やはり自作PCのCPUはCore i7-6700なのでAntutu30万台でいまのと...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033.88 511.84 ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Vernee Apollo Lite 使ってみた感想・まとめ

ミッドレンジのスマホを探していて1万円前半を検討されている方はもう少し出してこちらのクラスを選んだほうが長く使えるのでおトクです。

スマホにこだわりが無い + なるべく安く済ませたい + スマホ初心者か、あまり知識が無い

これに該当する方はこちらのVernee Apollo Liteを選んだほうが幸せでしょう。

もし、スマホの知識が少しあってXiaomi機にする場合は多少の改造が必要です。ご注意ください。


Vernee Apollo Lite

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

Vernee Apollo Lite adups入ってる

最近噂になった個人情報をサーバーに送信するツールです。今は特に悪さはしていないようですがこういうツールが入ってる・入ってないというより、スマホを持ってネットに接続しているいじょうは警戒が必要でしょう。

クレジットカード情報よりも仕事・友達の個人情報が流出するほうが重大なヤバさです。蓄積された信用はお金では買えませんから。

アプリやサービスに必ず2段階認証を設定しましょう。(クレジットカードは買い物されたりお金引き出されてもある程度はクレジットカード会社が保証してくれます。ほぼ心配無用)

「アカウント・2段階認証」の記事一覧です。

2段階認証はこのあたり↑を参考にしてくださいね。

念のためAVGでスキャン

AVGでチェックしてみましょう。

ウィルス対策をオンにする

スキャンすると以下のように2項目リスクが出てきました。

設定 > ユーザー補助 でウィルス対策をオンにしましょう。

もう一度スキャン

AVGの無料バージョンなので広告がすごくでます。無料だから仕方ないですね。

screenshot_20161223-203806

AVGでスキャンしても脅威は見つかりませんでした。

adups.fotaはもう脅威としてレポートされなくなったようです。

adbでスマホに入っているパッケージ調査

adbでVernee Apollo Liteに入ると以下のように表示されますので「OK」を押すとadbでコマンドを打てるようになります。

screenshot_20161214-084732

最近なにやら中華スマホにバックドアが仕掛けられている、というニュースがちらほら流れているのでウチの子供たち(中華スマホ・中華タブレット)は大丈夫かしら?という疑問がフツフツと湧いてきたのでちょっと調べてみました。

その他の詳しいやり方などはこちら↑をご覧ください。

adupsは日本のスマホにも普通に入っているので『中華スマホだから、』ということはありません。

コメントを残す