【8インチ中華タブレット Windows10+Android】 Cube iwork 8 Air 内部 レビュー

続いて激安なのにWindows10+Androidが起動できる中華タブレットCube iwork 8 Airの内部を見ていきましょう。

こちら100ドル前後でWindows10+Androidが使えるということは、逆に考えると一応使えるが、あまり多くのことには活用できないかもしれないということを前提に考えて、過度の期待をしないほうが良いかと思います。

具体的にはWindows10は使えますがちょっともたつきがあるのでギリギリ軽く使える程度で本腰を入れてWindows10は使えないです。実質Androidのみの使用になるかと。

初心者がWindows10はライトな使い方でたまにエクセルを使う程度だったらコレで十分な機種です。

Cube iwork8 Air スペックと価格比較

画像Cube iwork8 Air Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コアヨシ
機種名Cube iwork8 Air
メーカーCube353
キャリアWi-Fiモデル
価格表示
最安値▶

Banggood

2GB/32GB$98.99
Feel 表示
口コミ

★評価

Wish
13
7
6
OSWindows10,Android 5.1
SocブランドIntel
SocAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
メモリ2GB
ストレージ32GB
ディスプレイ8インチ
解像度WUXGA(1920x1200)
パネルTFT
画素密度283ppi
バッテリー3500mAh
フロント カメラ200万画素
リア カメラ200万画素
重量314g
サイズ 縦x横x奥行213x127x9.8mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0
WiFib/g/n
充電MicroUSB
接続MicroHDMI出力

Cube iwork8 Air Android アプリ・ベンチマーク

日本語表示

まずは日本語に。

Settings > Language & input > Language

ホーム画面・アプリ一覧

アプリも必要最低限。主にAndroidを起動して使いましょう。Windowsは重いときがあるので。

設定・通知パネル

AnTuTu

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTuTuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 いままでレビューしたAndroid機・Windows10機のベンチマークを計測した結果です。 古いベンチマーク表↓、は自作PCのみにしました。やはり自作PCのCPUはCore i7-6700なのでAntutu30万台でいまのと...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory SD card MB/s Read Write Read Write Xiaomi Mi MIX 17033.88 511.84 ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Cube iwork8 Air Windows10ベンチマーク

最初は英語表示なので日本語に変更しましょう。やり方は以下のページに書きました。

ラップトップパソコン(ノートパソコン)としてライト使用に耐えうる激安の中華ウルトラブックがやってきましたのレビューします。

こちらを参考に日本語表示にしてくださいね。

Antutuはなかなか速いのにWindows10はちょっともたつきというかディスプレイのタッチが反応しにくいのか?なかなか動作しない場面がありました。

もしかしたら個体差かもしれませんがサクサク動くことは期待しないほうがよいでしょう。

AnTuTu

Crystaldiskmark

MaxxMEM

Crystaldiskmark Windowsタブレットやパソコンなどのストレージの速さ測定 Storage Seq Q32T1 4K Q32T1 Seq 4K MB/s Read Write Read Write Read Write Read Write ...

Cube iwork8 Air 使ってみた感想・まとめ

8インチと小さめのタブレットなのとプラ製なので軽く、片手で持つことができるので読書機として向いてそう。

チープな見た目の筐体で高級感が無いので雑に扱って多少傷ついても気にならずにリビングに転がしておいて家族が気軽に使えるタブレットにしておくのも良い方法かも。

ただ、Windows10はAtom Cherry Trail x5-Z8300(CPUを完全に活かせてない?)ですがもたつきが目立ってストレス溜まることがありそうなので、たまにWindows10を使う方のみで常用は難しいかな。

Androidメインで使うならば十分な速度でした。

100ドル前後なのでコスパ重視でWindows10とAndroidの両方起動できる小さめのタブレットを探している方、初中華タブレット入門用などの方に合います。

次は6インチ台のHuawei honor note 8とかCUBE WP10と大きさ比較してみます。

Cube iwork8 Air

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

Cube iwork8 AirもAdups入ってた

最近噂になった個人情報をサーバーに送信するツールです。

最近なにやら中華スマホにバックドアが仕掛けられている、というニュースがちらほら流れているのでウチの子供たち(中華スマホ・中華タブレット)は大丈夫かしら?という疑問がフツフツと湧いてきたのでちょっと調べてみました。

コメントを残す