AUKEY ワイヤレス エルゴノミクスマウス DPI変更ボタン付 KM-W1 開封 レビュー

スポンサーリンク

Aukeyからマウスが右に立ったようなちょっと変な形だけど人間工学に基づいた握りやすいマウスがやってきたのでレビューします。

こちらはDPI(Dots per inch)をボタンで800・1200・1600DPIと3段階に切り替えることができます。

通常自分が使っているマウスのDPIは1600DPIなので800DPIとかにするとマウスの移動が少なくなって使いづらいのですがコレどんな時に使うのか分かりません。ゲーム?ではないですよね。

スポンサーリンク



AUKEY ワイヤレス エルゴノミクスマウス KM-W1 開封

化粧箱

開封

本体・取説・登録カードとシンプルな内容です。

取説

取説は日本語部分をスキャンしました。

AUKEY ワイヤレス マウス KM-W1 外観・特徴

右側に斜めに立っているような変な形です。でもこれ人間工学に基づいたというか手が一番添えやすい形ですね。

右手を完全にリラックスさせると小指の付け根あたりの「小指球」+小指+親指が地面について、ほかは空中に浮くようになります。まっすぐ仰向けに寝るとそうなるので分かると思います。

このリラックスした右手の状態の形のマウスなのでとても自然に持つことができます。ただ見た目が不格好ですね(汗)

ボタンは左・右クリックとその上にホイール・DPIボタンがあって、左側面に戻る・進むボタンがあります。

左右非対称でどこから見てもあまり良い見た目とは言えない形。

底面

底面は左から電源ボタン・赤色LEDの光学センサー・電池ボックスとUSBドングルが刺してありました。

電池は単4電池2本で付属してないのでエネループの単4電池2本入れました。あとはパソコンにUSBドングルを刺すだけで使用できる。特に専用アプリは無いようです。

DPIの変更

DPIを変更するにはDPIボタン↓を押して変更します。

DPIボタンを押すと内側(左側面)の青いLEDが点滅する。

  • 1回点滅:800DPI
  • 2回点滅:1200DPI
  • 3回点滅:1600DPI

変更できると何か意味があるのかなぁ、自分は1600DPIでしか使わなそう。

他のマウスと比較

すみません、他のマウスと言ってもロジクールのマウスしか持ってないので比較にならないかもしれませんが、大きさをくらべてみましょう。

LogicoolのM905(左)とMX Anywhere2(右)同じ形ですが、Aukeyのマウスと比べてみるとそれほど大きさは変わり無いようなので手の小さい方でも使えそう。

Logicool ロジクール MX Anywhere 2 MX1500 レビュー
どうしちまったんだよ、お前昔はそんなんじゃなかっただろ、もっとキビキビしたインテリなヤツだったじゃねぇか・・・お前変わっちまったな・・・・も...

Logicoolのサポートは一昨年くらいまでは神対応でしたがサポートを担当する会社が変わったのか鬼対応に変わってしまいました。

【Logicoolサポートが最悪】神対応が鬼に変貌 8/31~マウス壊れて1ヶ月以上いまだ放置され中(泣)
もし、マウスが壊れて保証内なのですぐにサポートに連絡してすぐに対応して欲しいむねを伝えて1ヶ月以上なんの対応もしてくれなかったとしたら・・・...

その後は新しいマウスに交換してくれたので、ヨカッたのですが2ヶ月弱待ちました。

このMXエニウェア2は寝ながらスマホ見るときに使っていますが、寝落ちすると右手がAukeyマウスを持ったような形になっているのでこのマウスが人間工学に基づいたというのもうなずけます。

不格好だけどしばらく使ってみます。

AUKEY ワイヤレス エルゴノミクスマウス KM-W1使ってみた感想

右手専用で自然に手をそえるようにして持つことができるマウス。

ずっと持っていても疲れることはほぼ無いかと思います。

ただ、最初の数十分慣れるまでは使いにくそう。

AUKEY ワイヤレスマウス エルゴノミクス 人間工学 2.4Ghz 3DPIモード 1600DPI 高精度 5ボタン Win10/8/7/Vista/XP、OSX、Linux対応 ブラック KM-W1

AUKEY ワイヤレスマウス エルゴノミクス 人間工学 2.4Ghz 3DPIモード 1600DPI 高精度 5ボタン Win10/8/7/Vista/XP、OSX、Linux対応 ブラック KM-W1

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。