【ハイスペック 中華スマホ 】Motorola Moto Z Moto X + OnePlus3筐体比較

Motorolaは今やLENOVOなので中華スマホと呼んでよいのか、ダメなのか分かりませんがMotorolaのMoto ZとMoto Xがおウチにあるので筐体を比較してみました。

ついでに愛用中のOnePlus3も登場させてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Moto Z と Moto X スペック

Moto Xの特徴は裏面ラバー・生活防水・スナドラ810・バッテリー3760mAhとけっこうな容量・2100万画素リアカメラ

Moto Zはラグジュアリー・薄い・オプションガジェットとトランスフォームできる・スナドラ820でDSDS可能・ゴリラガラス3

画像Motorola MOTO X (1581) Snapdragon 810 MSM8994 2.0GHz 8コアMoto Z(XT1650-05) Snapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コアOnePlus 3 Snapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コアスキ
機種名Motorola MOTO X (1581)Moto Z(XT1650-05)OnePlus 3
メーカーLENOVO513LENOVO455OnePlus295
キャリアSIMフリー
SIMフリー
SIMフリー
Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

評価

低信頼 評価4.3:1人

Wish
5
5
3
48
49
11
19
76
31
OSAndroid 5.1Android 6Android 6,Oxygen
SocブランドQualcommQualcommQualcomm
SocSnapdragon 810 MSM8994 2.0GHz 8コアSnapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コアSnapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア
メモリ3GB4GB6GB
ストレージ64GB64GB64GB
ディスプレイ5.4インチ5.5インチ5.5インチ
解像度WQHD(2560x1440)WQHD(2560x1440)フルHD(1920x1080)
スクリーンゴリラガラス32.5D,ゴリラガラス4
パネル有機EL有機ELTFT
画素密度540ppi534ppi401ppi
バッテリー3760mAh2600mAh3000mAh
フロント カメラ500万画素500万画素800万画素
リア カメラ2100万画素1300万画素1600万画素
重量174g137g158g
サイズ 縦x横x奥行141x77x7.1mm155.3x75.3x5.2mm152.7x74.7x7.4mm
SDMicroSD(最大2TB)MicroSD(最大2TB)-
BluetoothV4.1V4.1V4.2
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
防水機能生活防水
防塵性能生活防塵
充電MicroUSBUSB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)850(5,26),900(8),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
800(19,20),1800(3),2100(1),2600(7),700(17,12)1800(3),2100(1),2600(7)800(19,20),850(5,26),1800(3),2100(1),1900(2)
実測値Antutu:91769
Geekbench:Single 1348 / Multi 3642
RAM:8822.75
Memory:Read 207.71/Write 115.50
Antutu:133423
Geekbench:Single 1482 / Multi 3875
RAM:13174.63
Memory:Read 298.58/Write 141.48
SD:Read 286.76 / Write 144.01
Antutu:144152
Geekbench:Single 2403 / Multi 5586
RAM:9050.21
Memory:Read 443.16/Write 175.90
備考・特徴TD-SCDMA B34/B39
TD-LTE B38/B39/B40/B41
レビュー
カラー・バージョン表示
カラー・バージョン
3GB/64GB
BLACK(ブラック)
gearbest Motorola MOTO X (1581) Snapdragon 810 MSM8994 2.0GHz 8コア BLACK(ブラック)
WHITE(ホワイト)
gearbest Motorola MOTO X (1581) Snapdragon 810 MSM8994 2.0GHz 8コア WHITE(ホワイト)
4GB/64GB
BLACK(ブラック)
gearbest Moto Z(XT1650-05) Snapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コア BLACK(ブラック)
4GB/64GB
BLACK(ブラック)
banggood Moto Z(XT1650-05) Snapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コア BLACK(ブラック)
6GB/64GB
GRAY(グレイ)
gearbest OnePlus 3 Snapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア GRAY(グレイ)
Global Edition 6GB/64GB
GRAY(グレイ)
banggood OnePlus 3 Snapdragon 820 MSM8996 2.15GHz 4コア GRAY(グレイ)

Moto Z と Moto X + OnePlus3 裏面比較

やはりラバーなMoto XとフォーマルなMoto Zを並べるとジーンズと燕尾服くらいの違いがありますね。

これ2台持ってたらシーンごとにスマホを変えて持っていくのも良いかもしれません。友達と遊ぶ時はMoto Xでデートの時はMoto Zとか使い分けたら楽しそうですね。(ガジェオタさんは数台持っていてそういうことやってる確率高い。)

やっぱこの2つのスマホかっこええわ。なんとなくガジェットの頂点のような風格があるというかガジェット界ラグジュアリー機ですな。

両方とも王者の風格があってコレ持ってたらモテるわ・・・

Moto Z と Moto X + OnePlus3 表面比較

表面は新旧時代ごとに搭載しているものが違います。Moto Zは指紋認証を採用していますが、Moto Xは指紋認証無しで生活防水ありです。

やはりMoto Xは1世代前のスマホな雰囲気がします。

Moto Xをズームで見ると↓(右側)やはり現行の中華タブレットのような時代を感じさせる構造です。

側面金属の途中からプラパッキンが立ち上がっていてディスプレイより少し出っ張っている構造。この1,2年で左側のMoto Zのような構造になったのでガジェット製造もものすごいスピードで進化しているようです。

OnePlus3と並べてみるとMoto Zは上下も弓なりになっていて四隅のRが大きいので丸っこさが目立つ。

どちらもスナドラ820でDSDS可能、ベンチマーク速度はMoto ZがAntutu133423でOnePlus3が144152と1万くらい違います。Moto ZがMSM8996 lite 1.8GHzで、OnePlus3がMSM8996 2.15GHzを採用しているのでその違いでスピードが1万くらい違うのでしょう。

普段使っている時はその違いは全く感じず分からない。両方とも余裕で問題無いレベルのスピード

OnePlus3の唯一の不満点はディスプレイと側面金属の間に黒いプラパッキンがあるところ。Moto Zはディスプレイ面のエッジが少し(2.5D曲面ガラスではないくらいに)丸くなっていて側面の金属に入り込んでいてパッキンは無いところがエレガント♪

Moto Z Moto X + OnePlus3 厚み比較

薄い!Moto Z 薄すぎ!

Moto Zはカメラ出っ張ってるけど薄くてスゴイ。

下のUSBポートの部分に文字がプリントされている。日本で売られているMoto Zは違う文字がプリントされていると思う。裏面に文字があるよりはこの場所のほうが目立たなくて良いですね。

薄すぎなので比べても意味ないくらい違うのでOnePlus3も登場させましょう。

左右の真横から見ると!OnePlus3も同じく薄い?ように見せてます。

左右の側面すなわち指でつかむ部分は持ったときに薄く感じさせるように薄くなっていて、Moto Zとの厚みと同じくらいまで薄くしている。

ボタン類もOnePlus3とくらべて3分の2くらいの幅しか無いので指の太い方は押しづらいかも。

上下の側面を見るとOnePlus3が弓なりに丸くなっていて真ん中あたりは厚みがありますね。

Moto Zは薄さを特徴としているので犠牲になっている部分もある。バッテリー容量が2600mAhと少し少ないところとイヤホンジャックも省いています。

Motorola Moto Z Moto X 比較まとめ

Moto ZとMoto Xもどちらもハイスペックスマホで、Moto XはやはりMotorolaなので他の中華スマホのメーカーとは違うアメリカ人が好きそうな仕様・デザインですが、Moto Xになってからは中国人を意識したと思わせるデザインに変わってきたような気がしました。

アメリカ人が好きそうな裏面ラバーなポップで大味な感じのMoto Xから、薄さを求めて繊細に豪華に所有すると他人に自慢できることを前提にした作りのMoto Zとの考え方の違いが分かります。

さらにMoto Zはカメラやスピーカーなどを装着してトランスフォームできるという特徴もあってステキです。オプションのトランスフォームできるカメラ試してみたいけど・・・今のところ予定なし(泣)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。