RedMagick 5th

Xiaomi Mi MIX(6.4)・Huawei honor note 8(6.6)・OnePlus3T(5.5)・Motorola Moto Z(5.5) 外観・サイズ感比較

6.4インチな巨大ディスプレイなスマホなのにサイズは5.5インチの標準的なスマホに近いXiaomi Mi MIXを中心に、現在おウチにある他のハイスペック中華スマホ達とサイズを比べてみます。

それとOnePlus新型のOnePlus3Tは昨日来たのでついでにちょっと比較してみます。外観はOnePlus3と全く変わらず色がちょっと濃くなった程度でスペックが少し違うようです。(別記事で詳しく比較してみます。)

OnePlus3Tは色がちょっと濃くなった分、USB Type-Cのツヤあり面取りやスピーカーのツヤあり面取り部分がキラキラしてキレイになった。(左右のくぼみはビスでビスの周りもツヤあり面取り加工がしてある)

Xiaomi Mi MIX・Huawei honor note8 サイズ感比較

6.4インチと6.6インチのスペック

Mi MIXはWishを見るとBeヨンドにアクセスされた方だけでも4人の方が所有していて欲しい方は34人と1/21現在(Wishは1/16頃開始)でダントツに人気の中華スマホと言えそうです。

革ケースを外した状態ではものすごくプレミアム感がすごいゴージャスな筐体ですが6.4インチだけあって重さが209gと少しずっしりとした重みがあります。

軽すぎるスマホが嫌いな人にはピッタリですけど、多くの女性は軽いスマホが好きな傾向にあると思うのでその点では敬遠される可能性ありです。それと縦横のサイズは6.4インチにしてはものすごく小さいのですが、厚みが7.9mmと普通のスマホよりも厚めなので、厚い+重いスマホなのでゴージャスですがエレガンスさには欠けている気がします。

バッテリーも4400mAhと大容量な部類なので1日持ちそうで大画面なメイン機としては申し分のない性能です。

一方Huawei honor note 8も大画面6.6インチなスマホですが、実機のサイズ比較画像を見ていただけると一目瞭然にサイズがデカイ!Mi MIXと比べたら親子ほども違うのがちょっと持ち歩きに難点で服のポケットに入らない可能性が高いです。普段カバンを持ち歩く方は問題ないでしょう。

honor note 8の良い点としてはディスプレイが6.6インチと大型・高解像度WQHD(2560x1440)・有機ELで表示がキレイ・4500mAhと大容量バッテリーといったところでしょうか。

Mi MIXが革新的なサイズ感なのに大してhonor note 8のほうは5.5インチのハイスペックスマホをそのまま大画面にしたサイズ感なのでそれほどの特徴は無いのですが大画面でキレイとうことが最大の特徴。

画像Xiaomi Mi MIX Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コアHuawei Honor Note 8 Kirin 955 2.5GHz 8コア
機種名Xiaomi Mi MIXHuawei Honor Note 8
メーカーXiaomi456Huawei402
キャリアSIMフリー
SIMフリー
価格調査価格調査Amazon Xiaomi Mi MIXYahoo!ショッピング Xiaomi Mi MIX楽天市場 Xiaomi Mi MIX価格調査Amazon Huawei Honor Note 8Yahoo!ショッピング Huawei Honor Note 8楽天市場 Huawei Honor Note 8
OSAndroid 6,MIUI8Android 6,EMUI
SocブランドQualcommHisilicon
SocSnapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コアKirin 955 2.5GHz 8コア
メモリ4/6GB4GB
ストレージ128GB/256GB128GB
ディスプレイ6.4インチ(17:9 MIX)6.6インチ
解像度2040x1080WQHD(2560x1440)
スクリーン2.5D2.5D
パネルTFT有機EL
画素密度361ppi445ppi
バッテリー4400mAh4500mAh
フロント カメラ500万画素800万画素
リア カメラ1600万画素1300万画素
重量209g219g
サイズ 縦x横x奥行158x81.9x7.9mm178.8x90.9x7.2mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.2V4.2
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),1900(2),850(5),1900+(39),2000(34),CDMA2000(BC0)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),1900(2),1800+(3),850(5),900(8),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41)2100(1),2600(7),1800(3)
実測値Antutu:143813
Geekbench:Single 1821 / Multi 4302
RAM:17033.88
Memory:Read 511.84/Write 252.09

Antutu:96998
Geekbench:Single 1817 / Multi 5133
RAM:12273.82
Memory:Read 160.25/Write 78.15

評価

★評価

★評価

評価

評価4.7:1人

Feel 表示
Wish
48
362
77
51
154
43

6.4インチと6.6インチのサイズ感の違い

長さはMi MIXが158mmでhonor note 8が178.8mmで画面サイズが0.2インチ大きいので当然ですが20mmほどhonor note 8のほうが背高ノッポさんで幅も9mmほど広いので見た目サイズが大分違います。

Mi MIXは全身ツルツルで滑りすぎるので撮影時は下にゴム足を付けているのでその分だけ高くなっています。

それにしても親子ほどのサイズの違いがあって特徴も全然違うスマホでもちろん両機とも完成度は完璧で所有する喜びも得られます。

実際に使ってみると自分は自宅に居るのがほとんどなのでやはり大画面で表示がキレイなhonor note 8のほうが使いやすいと感じていてお出かけのメイン機としてMi MIXを使おうと思っています(まだお出かけしてません汗)

裸族だけどケースがあったほうが普段使いには良い

それぞれ専用のケースが同梱されていたので、本当はこのまま使いたい派の裸族ですがせっかくケースが付いていて、ガンッとラフにテーブルに置いても傷つかないのでケースを付けていまして、普段はこのままのお姿を見ることはあまりないです。

普段使いには画面を見るのみでボディは見ないので、ケースにくるまっていたほうが楽に感じてきています。

honor note 8のほうは普通のスマホなお色・形なので特になんとも思いませんが、Mi MIXは鏡面仕上げでゴールドなカメラ・指紋認証リングが特徴でツルツルしていてプレミアム感高すぎです♥

鏡面仕上げでうまく撮影できずにスンマセン

鏡面仕上げなので素人なカメラ撮影だと・・うまく撮れずに苦労します。コレでも100枚以上は撮影したのですがピンぼけばかりでうまくオートフォーカスだと撮影デキないんですよねぇ・・・

Mi MIXのフォントサイズは他機種と同じだった

Mi MIXは来た当初フォントサイズが大きく感じましたが他のスマホとくらべても同じサイズでホーム画面のアイコンの並びも縦honor note 8よりもアイコン同士が距離が短く横は狭い配置になっていました。

使っていては気づかなかったのですが、こうやって比べてみるとhonor note 8のほうのアイコンの並びが縦が間隔が広すぎて間延びしたように見えてしまいます。でも問題ないレベルですね。

下のほうで4機種アイコン間隔・フォントを比較しています。

それにしてもhonor note 8は表示はキレイだけどベゼルというか黒い枠が太すぎでこれはマイナスポイントですね。

フォントサイズがどれも同じなので、このままADB使って改造しなくても良い気がしてきました。

5.5インチOnePlus3TとMotorola Moto Zと追加比較

今度は5.5インチのハイスペック中華スマホとも比較してみましょう。

この2機種↓Mi MIXとMoto Zは不動産や高級クラブの営業などお金持ち相手の職業な方にはピッタリでしょう。コレだけで話しのネタになるしゴージャスなので人に見せるアイテムとしては良いのではないでしょうか。

実際にスマホ本来のベーシックな機能を究極に突き詰めて超使い安いのは右側のOnePlus3Tですけど、ゴージャス感が必要な営業やパーティーには左2つのどちらかですね。

坊主頭なMi MIX

こうやって他機種とくらべてみる↓と・・・Mi MIXがなんだか・・・坊主頭のような見た目ですね(汗)

どうせなら坊主ではなくベゼルのないハゲ頭にしてほしかったところ。そのうち四方全部ハゲになるでしょう。

それぞれ特徴があってステキな中華スマホたちです。この4台を気分によって使い分ければ最高なのですが、『LINEが同じIDで複数スマホで使えないのでスマホを気分で変えることはデキない。』とのご意見もいただきまして・・・たしかにその通りですね(泣)

5.5インチ2機種スペック

Androidというよりスマホに詳しく無い方でハイスペック中華スマホが欲しい場合は左2つのMotorola Moto ZかOnePlus3を選ぶと良い気がします。最初に日本語に設定すればその後は手間なく使い始められます。5.5インチの標準的な画面サイズなので使いやすいでしょう。

画像OnePlus 3T Snapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コアMoto Z(XT1650-05) Snapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コア
機種名OnePlus 3TMoto Z(XT1650-05)
メーカーOnePlus527LENOVO455
キャリアSIMフリー
SIMフリー
価格調査価格調査Amazon OnePlus 3TYahoo!ショッピング OnePlus 3T楽天市場 OnePlus 3T価格調査Amazon Moto ZYahoo!ショッピング Moto Z楽天市場 Moto Z
OSAndroid 6,OxygenAndroid 6
SocブランドQualcommQualcomm
SocSnapdragon 821 MSM8996 Pro 2.35GHz 4コアSnapdragon 820 MSM8996 lite 1.8GHz 4コア
メモリ6GB4GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ
解像度フルHD(1920x1080)WQHD(2560x1440)
スクリーン2.5D,ゴリラガラス4ゴリラガラス3
パネル有機EL有機EL
画素密度401ppi534ppi
バッテリー3400mAh2600mAh
フロント カメラ1600万画素500万画素
リア カメラ1600万画素1300万画素
重量158g137g
サイズ 縦x横x奥行15.27x74.7x7.4mm155.3x75.3x5.2mm
SDMicroSD(最大2TB)
BluetoothV4.2V4.1
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)2100(1),900(8),1900(2-39),850(5-26)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,42)
au(1,3,11,18,26,28,41,42)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,11,28,41,42)
2100(1),2600(7),900(8),1800(3),850(5-26)2100(1),2600(7),1800(3)
実測値Antutu:166656
Geekbench:Single 1905 / Multi 4352
RAM:16785.00
Memory:Read 428.83/Write 179.28

Antutu:133423
Geekbench:Single 1482 / Multi 3875
RAM:13174.63
Memory:Read 298.58/Write 141.48
SD:Read 286.76 / Write 144.01
備考・特徴CDMA EVDO: BC0
TD-SCDMA : Bands 34/39
TDD-LTE Bands 38/39/40/41
評価

★評価

★評価

評価

評価4.6:2人

Feel 表示
Wish
31
199
71
51
50
16

こうやって比べるとMi MIXが6.4インチなのに5.5インチのスマホとそれほどサイズが違わないのがスゴイ。

4機種 ホーム画面 アイコン間隔・フォントサイズ

4機種のアイコンの間隔はそれぞれ違いました。やはりHuawei honor note 8が縦に23mmと間隔が広くちょっと間延びしたような気がしました。

他機種もいろいろと最良な見た目になるように間隔を変えているようです。

ホーム画面のアイコン間隔

  • Huawei honor note 8:横約16mm/縦約23mm
  • Xiaomi Mi MIX:横約18mm/縦約19mm
  • OnePlus3T:横約17mm/縦約16mm
  • Motorola Moto Z:横約16mm/縦約18mm

5.5インチのOnePlus3もMotorola Moto Zもアイコンサイズ・フォントサイズは同じもので縦横の間隔が若干違う程度。

アイコン・フォントサイズの違い

ズームしてアイコンとフォントサイズを比較してみましょう。左からMotorola Moto Z・Xiaomi Mi MIX・Huawei honor note 8。

ちなみに左のMotorola Moto Z側がちょっとピンぼけしているようなので悪しからず(汗)

どれもフォントサイズはおなじようですね。Huawei honor note 8のみ影が付いたアイコンとフォント

  • Huawei honor note 8:6.6インチ・WQHD(2560x1440)・445ppi・有機EL
  • Xiaomi Mi MIX:6.4インチ・2040x1080・361ppi
  • Motorola Moto Z:5.5インチ・WQHD(2560x1440)・534ppi・有機EL

スペック的に見るとMotorola Moto Zの圧勝と言えそうだけど見た目はそれほど変わらないかな。それぞれサイズも違うし特徴も違うので解像度だけでは比べられない。

中華スマホ 4機種 厚みの違い

最後に厚みを比べてみましょう。

見ると大した厚みの違いが無さそうです。

  • Huawei honor note 8:7.2mm
  • Xiaomi Mi MIX:7.9mm
  • OnePlus3T:7.4mm
  • Motorola Moto Z:5.2mm

見た感じはOnePlus3Tは薄く感じていましたがスペックを見るとHuawei honor note 8よりも厚かったんです。Mi MIXも手に持った感じは厚い気がしますが7.9mmと他のスマホとあんまり変わりない。

それにしてもMotorola Moto Zは5.2mmとダントツに薄いがカメラ出っ張りすぎ。

それぞれの外観特徴をみてみました。いかがでしょう。比べて欲しい部分ありましたらコメントしてくださいね。

あなたはどの中華スマホがお好みでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。