【Banggood】Chuwi Lapbook Notebook14.1 開封の儀 レビュー ノングレア画面美麗・完成度激高で質実剛健ノートPC

Chuwiから最新CPU Intel Apollo Lake Celeron N3450を積んだラップトップPCが出て気になっていたのですがBanggoodがサンプル提供してくださいましたのでレビューしてみます。

今までのChuwiタブレットだとメタルで同じような形でしたけど、今回のラップトップはプラスチックで出来ていて従来のメタルなChuwiタブレットよりかなり完成度が高くなっていました。

Chuwi Lapbook 商品画像1

そしてディスプレイはノングレア(非光沢)で画面がものすごく見やすく、長時間見ていても疲れない仕様です。これは開けた時にすごく好感触ですヨ。

Chuwi Lapbook Notebook ホワイトな外観

Chuwi Lapbook Notebook14.1

だいたいこの画像↑通りの製品で高級感は追求せずに使いやすさ画面のみやすさを追求したようなデザイン。ベーシックなノートパソコンの仕様なのでホントにライトな通常業務だったらコレ一台で事足ります。

ブログ執筆や文章書く程度のライトな作業だったらこれで十分。画面も14.1インチなので大きさで、持ち歩くのはちょっと大変かもしれませんが、この大きさならばキーボードも打ちやすいし使う人が無理なく使えるようにできている。

Chuwi Lapbook Notebook メモリ4GB/ストレージ64GB

ちょっと残念な所は、メモリ4GB/ストレージ64GBとメモリが6GBくらいは欲しかったけど換装すれば8GBまでアップグレードできるようです。ストレージのほうはMicroSDがさせるので容量不足になるということは無さそう。

Chuwi Lapbook Notebook ゲームには向いて無さそう

重いゲームをするにはグラフィックスもアレだけどCPUのほうがちょっと物足りないかもしれない。

中華なラップトップはXiaomi Mi Notebook Airといい、激安なのに高品質という新しい時代になりました。しばらくは20数年前の日本のように家電製品や電気製品は中国がトップを独走しそうな雰囲気です。

日本のオジイチャン体質な電気製品の大企業もどんどん新しい製品を出せるような内部的なイノベーションが必要なようですね。もうすでに20年くらい遅いか(泣)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Chuwi Lapbook Notebook 14.1 スペック

Chuwi LapbookのCPUはIntel Apollo Lake Celeron N3450 と Atom Cherry Trail x5-Z8300があるのでご注意ください。名前に違いを出すためにApollo Lake Celeron N3450のほうをLapbook Notebookとしてあるようです。

Chuwi Lapbook Notebook Apollo Lake CPU

Apollo Lake Celeron N3450はAtom Cherry Trail x5-Z8350の後継CPUなのでそれほどパワフルにPCを使う用のCPUではないため過度の期待は禁物で、もっとたくさんPCを使う用途でもっと速いCPUですとモバイル用のCore M3を積んだタブレットやノートPCのほうが速いので使い道は広がりそう。

Apollo LakeとAtom Cherry Trail x5-Z8350どちらも200ドル前半と200ドル切る価格なので本格的なノートパソコンとしてヘビーに使う用途ではなく、お遊び・ちょっと調べ物・学生のレポート書く時などライトな使用での用途になると思います。

画像CHUWI Lapbook Notebook Apollo Lake Celeron N3450 1.1GHz 4コア嬉しCHUWI LapBook Laptop Atom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア,Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア
機種名CHUWI Lapbook NotebookCHUWI LapBook Laptop
メーカーChuwi545Chuwi546
キャリアWi-Fiモデル
Wi-Fiモデル
Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

評価

低信頼 評価3.2:1人

Wish
6
19
9
12
5
2
OSWindows10Windows10
SocブランドIntelIntel
SocApollo Lake Celeron N3450 1.1GHz 4コアAtom Cherry Trail x5-Z8300 1.44GHz 4コア
Atom Cherry Trail X5 Z8350 1.44GHz 4コア
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
ディスプレイ14.1インチ15.6インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
パネルTFTTFT
画素密度156ppi141ppi
バッテリー9000mAh10000mAh
フロント カメラ200万画素200万画素
重量1740g1860g
サイズ 縦x横x奥行329.2x220.5x20.5mm371x239.7x22mm
SDMicroSD(最大128GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0V4.0
WiFia/b/g/n/acb/g/n
充電DCプラグDCプラグ
接続MicroHDMI出力,標準USB2.0x1,標準USB3.0x1MicroHDMI出力,標準USB2.0x1,標準USB3.0x1
動画https://youtu.be/SFlYmQBj5_w

その他のChuwi機はこちら「Chuwi機種 スペック一覧」をご覧ください。

Chuwi Lapbook Notebook 14.1 開封の儀

Banggoodの梱包

いつも通りにEMSでやってきました。

スゴイぞBanggood!巨大なエアチューブの梱包で化粧箱ごと包まれている♪

これなら輸送時に壊れることはなさそう。

Chuwi Lapbook エアパッキン

「GearBestがエアチューブ採用しています。」とBanggood担当に言った所、すぐさまBanggoodもエアチューブ採用してきた!この対応の速さはスゴイ。

これで今後エアチューブの梱包になれば良いのですがエアチューブ高そうなので経費がかかりそうで、今後はどうなるんでしょうか?まだエアチューブ正式採用ではなさそう。

化粧箱の状態

エアチューブ梱包のおかげで巨大な化粧箱も傷一つなくステキすぎ♪

Chuwi Lapbook 化粧箱

裏面の印刷

Chuwi Lapbook 化粧箱 裏面

側面のおなじみChuwiの型番シール

Chuwi Lapbook 化粧箱 側面型番

開封

箱の上を開くとDCアダプタ・付属品が入っている箱があるので取り出す。

Chuwi Lapbook DCアダプタが入っている箱

その下に本体登場。発泡スチロールで空中に浮いているのでちょっとやそっとじゃ壊れることはなさそう。

Chuwi Lapbook 本体登場!引き抜いて取り出す。

取り出してみました。ふわふわなケースに入っていてこのあたりも改善されて製品を大事に扱うようになりました。

Chuwi Lapbook 綿のような梱包

それでは開けてみましょう。

Chuwi Lapbook フタを閉じた状態

フタはホワイトでわずかにというより、よく見るとザラザラした質感の奥にツヤがあるようになっていて傷ついても目立たないようになって、さらに少しツヤがあるという見た目。

フタの手前は鋭角になっていて下のキーボードの部分よりも少し前に長い構造でフタを開きやすいようになっている。

親指一本でフタを開けてみると、さすがに指一本では開かなく下のキーボードの部分がついてきてしまう。親指でフタを少し持ち上げたら左手でキーボードの部分をおさえて開けるようになる。普通のノートパソコンと同じですね。

これに対してXiaomi Mi note book Air 12は指一本で開けられるスゴイ仕様だった。

Chuwi Lapbook オープン

キーボード周りはつや消しのザラザラした質感のホワイトのプラスチックで、多少傷が付いても目立たないようになっている。

Chuwi Lapbook 質実剛健

ディスプレイ面は左右のベゼルは8mm、上は鋭角になっていて裏のフタの白いプラが少し見える構造。上真ん中にインカメラがあってSkypeなどのビデオチャットもできる。

Chuwi Lapbook 本体 左から見る

本体の完成度はプラスチックながら文句のつけようがない出来でアラはまったく無く完成度高すぎ。

付属品

メガネケーブルはCタイプのコンセントなので使えない。充電は別途メガネケーブル用意する必要があります。

Chuwi Lapbook DCアダプタ Cタイプのコンセント使えない

以下のようなノートパソコンでよくあるメガネケーブルが必要でした。

出力は12V2Aで、このノートパソコンにはUSB Type-Cが無いので充電にはDCアダプタ必須なようです。

Chuwi Lapbook DCアダプタにメガネケーブル付ける

Chuwi Lapbook Notebook バッテリーは9000mAh

バッテリーは9000mAhあってビデオ再生4時間ほど可能なようです。

Chuwi Lapbook Notebook 14.1 外観チェック 特徴

起動

キーボード右上の電源ボタンを押すと起動、起動時は電源ランプが青く光ります。

Chuwi Lapbook Notebook 電源ランプ

画像ではあまり分からないかもしれませんがディスプレイがホントキレイ。

ノングレアで最近のデスクトップモニタと同等にキレイです。

Chuwi Lapbook 起動

ディスプレイの左右ベゼルは8mmの狭小ベゼルになっていて確かに左右のベゼルが狭いと先進的なデザインに見えます。上下のベゼルは1センチ以上あります。

Chuwi Lapbook Notebook 8mm 狭小ベゼル

裏面

裏面もキーボード周りの質感と同じで、つや消しのザラザラした質感のプラスチック製です。

Chuwi Lapbook 裏面

裏のビスを10本取ってメモリを換装できるようです。

側面

Chuwi Lapbook Notebook シンプルな側面

右側側面↓はMicroSD・ヘッドフォンジャック・USB2.0ポートがあります。

左側側面↓はマイク・DC・USB3.0・MicroHDMIポート

Chuwi Lapbook 右ポート

キーボード

Chuwi Lapbook Notebook キーボード

キーボードは決して高級感があるものではないのですが、こちらはフルサイズのキーボードでしっかりとした打キー感を得られるようになっていて、薄型ノートパソコンによくあるような「キーを打った感覚があまりない」ということはありませんでした。

Chuwi Lapbook Notebook キーボード ズーム

キーボード下には大型のトラックパッドありましてマウスが無くても使えますが、自分はやはりマウスのほうが使いやすいのでMi Mouseを接続して使います。

Chuwi Lapbook Notebook USBマウス使う

ユーザー作成・初期設定

通常Chuwiは最初からWindowsにログインできるIDが設定されていますが、今回はIDを作る必要がありました。(コレが普通ですね汗)

Chuwi Lapbook 最初から日本語選択できる

最初から日本語選択できて別途言語パックをダウンロードする必要ないです。

初期設定は適当に選択すれば進んでいきますので簡単に↑どのような項目があるのかスクリーンショット撮ってみました。

ディスプレイがすごく見やすい

初期設定完了しました。

見てください↓ディスプレイがすごく見やすいんです。

Chuwi Lapbook 初期設定完了

Chuwi Lapbook Notebook Full HD 14.1インチ

画像だとディスプレイのみやすさ伝わらないかもしれませんが、今までになく見やすいです。

Chuwi Lapbook ディスプレイ見やすい

このディスプレイすごく気に入った♪

Chuwi-Lapbook-Notebook-system

Chuwi Lapbook Notebook 14.1 ベンチマークテスト

AnTuTu

Chuwi-Lapbook-Notebook-antutu111050

ノートパソコンにしてはそれほど速くはないですね。

Chuwi-Lapbook-Notebook-antutu2

なぜか?2位につけた・・・

Chuwi-Lapbook-Notebook-antutu2rd

2回目はちょっとスコアが上がって112749だった。

他のスマホ・タブレット・ノートパソコンとベンチマーク比較↓

AnTutuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 古いベンチマーク表↓、上とほぼ同じですが今後は上のベン...

Crystaldiskmark

Chuwi-Lapbook-Notebook-bench

MaxxMEM

Chuwi-Lapbook-Notebook-Maxxmem

Crystaldiskmark Windowsタブレットやパソコンなどのストレージの速さ測定 Storage Seq Q3...

ドラゴンクエストX ベンチマーク

今回は久々にドラクエのベンチマークソフトでやってみました。

Windows版 ドラゴンクエストX のご購入を検討されている方に向けたFAQや、製品版購入特典など、Windows版の情報をまとめました。 ※ 2015/10/1 ベンチマークソフトの配布を再開しました。 詳しくは 『 こちら 』 をご覧ください。

[http://download.dqx.jp/dqbenchmark/DQXBenchmarkInstaller.exe]

結果は・・・

Chuwi-Lapbook-Notebook-ドラクエベンチマーク

やはり重い・・・ドラクエレベルのゲームは快適にはできないということでしょう。

Chuwi Lapbook Notebook 14.1 使ってみた感想

質実剛健な中華ラップトップで完成度激高でディスプレイもすごく見やすいのでパソコンエントリー機として最適、ホントにオススメできる。

Apollo Lake Celeron N3450はAntutu11万台とAtom Cherry Trail x7-Z8750と同等のスピードのようです。それほど速くはありませんので業務用としてガンガン使う用途では使えませんがパーソナルな用途としては最適でしょう。ただドラクエなどのゲームは無理なようです。

Atom Cherry Trail x7-Z8750は以下のTeclast Tbook 16 Powerに搭載されています。レビューしましたので参考にしてください。

GearBestから中華タブレットTeclast Tbook 16 Powerがやってきたのでレビューします。 こちらの中華タブレットはT...
前回のTeclast Tbook 16 Power外観レビューからだいぶ間があいてしまいましたが今回はナカミのAndroid6とWindow...

ネットで調べ物したり買い物したり本読んだりレポート書いたり、ブログ書いたり、などの用途で最適でしょう。

これでDCアダプタではなくUSB Type-Cで充電する仕様だったら完璧でしたけど、そのあたりは今後に期待です。(12V2AだからUSB Type-Cでも対応できると思うけど安全性が低いのかなぁ、)

Chuwi Lapbook Notebook ホワイトな外観

Chuwi Lapbook Notebook14.1

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。