CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 開封 レビュー

スポンサーリンク

dodocool関連のカー用品ブランドCACAGOOからタイヤの空気圧監視システムが来たのでレビューします。

自分はクルマに関してはウトいので(汗)あまり詳しいことは分かりませんが、こちらはタイヤの空気を入れるバルブ部分にセンサーを装着すれば空気圧がLCDモニターにリアルタイムに表示されるというブツです。

空気圧やタイヤ温度ってそこまで頻繁に監視する必要があるかどうかは分かりませんが、パンク時のエア漏れがすぐに分かるのは嬉しいですね。クルマ好きな方でしたら使い方によっては魅力的なガジェットなのかもしれません。

こちらのLCDモニターはバッテリー駆動でMicroUSB接続で充電えきます。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター バッテリー

小さいのでクルマのダッシュボードに置いても気になる大きさではない。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター 小型

LCDモニターで空気圧・タイヤ温度・空気漏れの3つの項目が表示されます。3項目が異常になるとピッ・ピッとアラート音が鳴って警告してくれます。

空気圧は白い表示で、↓タイヤ温度は黄色い枠内で表示されます。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター 空気圧・温度・空気漏れ

最初にパッケージを開けてボタンを押すと・・・空気圧が測れずピッピッとずっと警告が鳴るので、ボタンを押す前にタイヤにセンサーを装着して空気圧を計測出来る状態にしておいたほうがやかましくなくていいと思います。

スポンサーリンク



CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 開封の儀

では実物を開けて、クルマのタイヤに装着していきます。

梱包

Amazon.co.jpから来たのでいつも通りキレイです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 梱包

化粧箱

梱包もビニールで封印されていて完璧な状態で届きました。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 化粧箱表CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 化粧箱裏

開封

取説の冊子が2冊入ってます。装着の仕方がまったく分からないのでちゃんと説明してくれるのは嬉しいです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 化粧箱 開封

4つのタイヤに装着するセンサーとLCDモニター・USBケーブルや6角レンチもはいってます。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 出す

LCDモニターは充電式なので常時ケーブルで接続しなくてもよく、バッテリーが減ってきたらMicroUSBケーブルで充電すれば良さそう。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター本体

バルブに付ける4つのセンサーは径が大きくバルブに装着すると不格好になりそう。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム センサー

なかなかカッコいいLCDモニターです。空気圧表示以外には使えないのが残念。

IMG_CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニターななめ

付属品など

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター本体と付属品 図

6角プラスチックのセンサーを締めるような工具は使い方がわからず最後まで使いませんでした。センサーの電池交換時に使用するようです。(電池は1~2年で寿命になる)

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター本体と付属品

このシート↓をLCDモニターの下に敷いてモニターをダッシュボードに乗っけても暴れたりひっくり返らないようにする。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニターに敷くシート

取説

ページがたくさんあるので日本語の部分のみアップしました。

別の冊子でバルブの装着方法も図で書いてありました。バルブについているゴムキャップを外して代わりにセンサーを装着して、外れないようにナットで固定するようです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 暗くても見やすいLCDモニター

クルマ素人でもそこまでムズカシイ作業ではなさそうです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 取説 1 CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 取説 12

タイヤ空気圧監視システムセンサーをエスティマに装着

4つのタイヤのバルブ部分にセンサーを装着すれば自動的に空気圧などがLCDモニターにワイヤレスで表示してくれるので装着も便利そうです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム ワイヤレス

センサーをタイヤに装着

まずはバルブにナットを入れて、その後センサーを装着してナットを締めるとセンサーが外れづらくなるようです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム センサー装着の前にナット入れる

センサー装着してみる。頭デッカチでちょっと不格好になってしまった。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム センサー装着

改めてタイヤホイールを洗って空気を入れてから4つのセンサーを装着した。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム センサー装着完了

CACAGOOタイヤ空気圧監視システムには空気圧は3.0bar~2.0barなどありますが、エスティマは215kPaくらいだったか?なので2.1barほどが正常値だと思います。詳しくは分かりませんがkPaはbar x 100の単位のようです。

CACAGOO タイヤ空気圧監視システム LCDモニター

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 明るくても見やすいLCDモニター

粘着力のあるシートがあるのでダッシュボードのどの部分に置いてもLCDモニターが暴れることはなかった。

とりあえずは運転席から見やすいところに設置してみる。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター 手前に設置

上の設置場所だとちょっと邪魔だなぁ、と感じたのでインパネ右側に設置してみた。ここだと誰が運転しても邪魔にならないのでこの場所にしよう。

晴れて眩しいとそれほど明るく表示されないので見づらい時もあった。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター 奥に入れる

下の画像はシートが無いので撮影用か?両面テープで貼り付けたようです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 暗くても見やすいLCDモニター

それほどモニターを見る機会はなさそうだけど、高速よく乗る方で空気圧を微調整する場合には大活躍しそうです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム まとめ

オフロードなど四駆で頻繁に空気圧が減ったり?する場合には良いかもしれません。

センサーはバルブのキャップを外して装着するタイプなのでそれほどムズカシイことはなく、素人でも装着できましたのでどのクルマでも簡単に使えると思います。

バルブに刺すタイプのセンサーもありましたので、こちらは素人ではちょっと扱いにくいのかもしれません。バルブに刺すタイプ・キャップタイプ(今回はコレ)の2種類のセンサーがありますのでご注意ください。

空気圧を2.1~2.2くらいにして春の旅行で高速走ったらなぜか2.3barくらいに空気圧が上がってしまって、高速走行中にフワフワして走りづらかった。こういう時に空気抜いて空気圧を低めに設定するときにこのCACAGOOタイヤ空気圧監視システムが役立ちそう。

ただ、センサー取って空気圧低めにするのが面倒なのでそのまま高速走りきって放置・・・マメな人しかこのガジェットは役立ちそうにないです(汗)

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム タイヤ空気圧温度測定 リアルタイム監視 4センサー LCDモニター

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム タイヤ空気圧温度測定 リアルタイム監視 4センサー LCDモニター

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。