【上左右・三方狭小ベゼル】DOOGEE MIX デュアルカメラ検証・ベンチマーク SIMフリー 中華スマホ

上・右・左の三方狭小ベゼルなスマホのDOOGEE MIXの中を見ていきましょう。

このスマホの2番目の特徴として最近流行りのデュアルカメラ搭載なのでデュアルカメラ機能もちょこっと検証してみましたので興味ありましたらご覧ください。

結論から言うと、180ドル切る価格でここまで特徴のあるミッドレンジ中華スマホはあまり無く、かなり頑張ったスマホなんじゃないでしょうか。

ただしAntutu62000台で速くはないので、カメラ撮影時にはもたつきがあります。そのあたりが許容範囲だったらかなり買いなスマホです。

  BLACK(ブラック)
DOOGEE MIX

スポンサーリンク
スポンサーリンク




DOOGEE MIX スペック

画像DOOGEE MIX MTK6757T Helio P25 2.5GHz 8コアイイヨシヨシ
機種名DOOGEE MIX
メーカーDOOGEE668
キャリアSIMフリー
Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

評価

低信頼 評価3.8:1人

Wish
26
44
9
OSAndroid 7
SocブランドMediaTek
SocMTK6757T Helio P25 2.5GHz 8コア
メモリ4/6GB
ストレージ64GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度HD(1280x720)
スクリーン2.5D
パネル有機EL
画素密度294ppi
バッテリー3380mAh
フロント カメラ500万画素
リア カメラデュアルカメラ
1600+800万画素
重量193g
サイズ 縦x横x奥行144x76.2x7.95mm
SDMicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.0
GPS
WiFib/g/n
生体認証指紋
充電MicroUSB
SIMDual(NanoSIM+MicroSIM)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
900(8),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
800(19,20),900(8),1800(3),2100(1),2600(7)
動画https://youtu.be/vW8sh1eKFdU
実測値Antutu:63720
Geekbench:Single 841 / Multi 3830
RAM:4558.27
Memory:Read 148.60/Write 207.47
レビュー

DOOGEE MIX アプリ・機能

ロツク・ホーム画面

ホーム画面左側に国外のニュースアプリが表示されているので、ちょっと邪魔だけど消去方法探しだせてない。

ホーム画面に「ネコちゃん」や「ゲームボーイ」が降りてくるので、下に引っ張るとテーマのリストが出てきて、好きなテーマをダウンロードできるようになってます。

テーマ変えたら元のオレンジ色のテーマに戻せなくなった(汗)どうやるの?

ウィジェット

ホーム画面のなにもない部分を長押しすると出て来る。

設定

日本語表示

Settings > Languages & input > Languagesと進んで「Add a language」を押して リスト中の日本語を選択すれば日本語表示になります。

日本語を追加したら、以下のように日本語の右側の「=」を1番目に移動すると日本語表示がメインの表示方法になります。

設定一覧

以下の設定内の機能は先日やったOUKITEL K6000 Plusの機能とほぼ同じで、やはりミッドレンジ中華スマホの専用のROMが出回っているようです。

さらっと流し見してください。

Float gesture

One Hand FloatView

左下から上にスワイプしても表示されると思いましたが、DOOGEE MIXは右側しか表示されませんでした。

Smart somatosensory

Gesture motion

Gesture Unlock

One-handed Mode

DOOGEE MIX One-handed Mode

Parallel Space

マルチアカウントでログインできるのかしら?これはちょっと役に立ちそうな気がします。

Scan

スキャンアプリダウンロードしなくても最初から付いてますね。

DOOGEE MIX SCAN

ETWS緊急通報

こちらのスマホはETWS対応です!

DOOGEE MIX 緊急通報

端末情報

DOOGEE MIX 設定 端末情報

通知パネル

アプリ一覧

DOOGEE MIX ベンチマークテスト

AnTuTu

Geekbench

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

DOOGEE MIX A1 SD Bench

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTutuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 ブランド 型番 計測OS Soc (C...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory ...

こちらで比較しています。

CPU-Zスペック

DOOGEE MIX カメラアプリ

DOOGEE MIXのメイン機能でもあるデュアルカメラの性能をカメラアプリを見つつ、ちょっと検証していきます。カメラは素人なので素人目線での検証です。ご了承くださいませ。

モード

モードは以下の7種類ありました。「Blur(ぼかし)」モードがそのまんまリアのデュアルカメラの性能になりそう。

このスマホだとBlurで撮影すると物撮りでもちゃんとボケてボケ範囲を指定することもできました。Xiaomi機のデュアルカメラは2メートル離れた人物を撮るのを目的としていますので、目的によってはこちらのDOOGEE MIXのデュアルカメラのほうが使えそう。

各モード、特徴のある部分のみ見ていきます。

FaceBearty

彼女をキレイに撮ったり自撮り時に使うモードですね。

自撮りする時など、フロントカメラにするとスマホを180度回転して、右下にあるフロントカメラを上にして撮影するように促されます。三方狭小ベゼルの場合はコレが不便なところですね。

DOOGEE MIX カメラ性能 フロントカメラにするとカメラを上にするように指示される

フロントカメラにするとカメラを上にするように指示される

FaceBeartyは4つのモードがあって、いじればいじるほど!より美しく、本来のお姿とは違った加工されたバーチャルなものが出来てしまうので、あまりの加工は禁物です(汗)

Blur

はい、このデュアルカメラのメインのボカし機能、小物撮影や近くの撮影でもボカしが効いてなかなか使えるヤツですヨ♪

スクリーンショット↓を撮った状態でもボケが効いてます。下の方にあるバーを右にスライドするとボケ味範囲が拡大してボケてない部分が小さくなってきているようです。

後ほど他のスマホとボケ味を比較してみます。

パノラマ

上下左右どこからでもスタートできるパノラマです。

PRO

こちらのPROモードは露出・ISO・ホワイトバランスしか調整できませんでした。

設定

右上のほうにある点3つアイコンをタップすると以下のような設定が表示されました。

DOOGEE MIX・OnePlus3T・Mi6と比較 カメラ撮影

以下、無加工で画像サイズが大きく、容量も5MB以上ある画像もあるので画像をクリックする時はWifiで表示させてください。

DOOGEE MIX

標準的なPhotoモードで撮影した場合↓ちょっと青っぽい色味かな?というよりカラーの発色が悪いのかもしれない。

DOOGEE MIX カメラ撮影

ううん・・・ぺったりとした被写体だとピントが一部しか合わずにあまり良い画は撮れないみたいです。

DOOGEE MIX デュアルカメラ撮影3

寄っていくと多少ましになるかな↓

DOOGEE MIX デュアルカメラ撮影4

大分寄っていくと良いみたい↓

DOOGEE MIX デュアルカメラ撮影5

引くと面白くない画になる。↓

DOOGEE MIX デュアルカメラ撮影6

モノクロでもボケが効くみたい。↓

DOOGEE MIX デュアルカメラ撮影 DOOGEE MIX デュアルカメラ撮影2

ちょっとコツがいりそうですが撮り方次第で面白い画像が撮れそうです。

Xiaomi Mi6

こちらは標準モードで撮影。Xiaomi機は黄色っぽい色味のカメラが特徴。

Xiaomi MI6撮影

デュアルカメラで撮影すると人物撮り用なので、被写体までの距離が近い物撮りはどうしても全体がピンぼけしてしまう。

Xiaomi MI6 デュアルカメラ撮影

OnePlus 3T

慣れているせいもあってか?OnePlus3Tで撮影するとキレイに撮れる気がする。

OnePlus 3T カメラ撮影

この色が見た目と同じ色だと思う。

OnePlus 3T カメラ撮影2

DOOGEE MIXと他のスマホとサイズ比較

後ほどアップします。

せっかくなので、数枚アップします。

DOOGEE MIX・Xiaomi Mi6・OnePlus3T 裏

DOOGEE MIX・Xiaomi Mi6・OnePlus3T 裏

 

DOOGEE MIX・Xiaomi Mi6・OnePlus3T 表

DOOGEE MIX・Xiaomi Mi6・OnePlus3T 表

DOOGEE MIX・Xiaomi OnePlus3T 裏

DOOGEE MIX・Xiaomi OnePlus3T 裏

DOOGEE MIX・Xiaomi Mi6 裏

DOOGEE MIX・Xiaomi Mi6 裏

DOOGEE MIX・Xiaomi Mi6 表

DOOGEE MIX・Xiaomi Mi6 表

DOOGEE MIXは5.15インチのXiaomi Mi6とほぼ同じサイズで、5.5インチのOnePlus3Tとくらべて少し長さが短い。あまりサイズは変わりないようですね。

DOOGEE MIX 使ってみた感想・まとめ

上左右の三方狭小ベゼルでディスプレイは有機ELとデュアルカメラ搭載でミッドレンジ中華スマホにしてはかなり頑張ったスマホになってます。

あとはもう少し速いCPU積んでいたら完璧でしたけど、Antutu62000台なので普段使いには問題なさそう。

デュアルカメラ機能のボカしは人物の背景だけではなく、近くの物でもボケ味が効いて、使い勝手がよさそう。ただ、ミッドレンジスマホなので撮影までに一呼吸間が必要ですぐにはシャッターが押せないのが辛い所。もう少しサクサク撮影できるようでしたら完璧でした。

自撮り用のフロントカメラは右下に付いているので、フロントカメラを使用するときは上下逆さまにして撮影しないといけないところが不便。

三方狭小ベゼルなのでフロントカメラの犠牲は仕方がないとしても、ベゼルがあまり無いので5.5インチながら若干上下が狭く、有機ELなので発色が良いので長く気に入って使えそうなスマホに仕上がっています。

専用保護ケースも付いていて保護シートも付属されているので、別途ケースなど買い足す必要もなくコスパ重視な方にも嬉しい。

これで180ドル切りなのでホントに頑張った中華スマホと言えそうです。

  BLACK(ブラック)
DOOGEE MIX

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。