【AUKEY】LED リングライト 開封 レビュー

Aukeyからスマホで自撮りや夜撮影するのにも使えるLED リングライトが来たのでレビューします。

こちらはクリップでスマホに挟み込んで、リングライトの真ん中あたりにカメラレンズが来るように装着しますので、スマホのカメラが真ん中あたりにある場合は使えない場合があります。

AUKEY LED リングライト 開封

化粧箱

はい、普通の化粧箱で、裏にちょっと凹みがありました。

開封

開けてみます。本体のLEDリングライト・短いMicroUSBケーブル・取説・登録書

AUKEY LED リングライト 開封

本体のリングライトはプラ製で挟み込むところ、スマホの側面があたるリングライトの真ん中に白いゴムがくっついているのでスマホを傷つけることはなさそう。

AUKEY LED リングライト 開封 本体

仕様

  • LEDタイプ SMD 2835
  • 入力 DC 5V 1A
  • 動作電圧 DC 3V
  • 動作電流 0.6A
  • 消費電力 2W
  • CCT 6000K
  • 光束 160lm
  • CRI 80Ra
  • 充電時間 2時間
  • 連続使用時間 1時間
  • バッテリーの容量 720mAh
  • 材料 ABS
  • 寸法 90 x 90 x 35mm
  • 重量 90g

AUKEY LED リングライト 外観チェック

ダイヤル式スイッチ

側面にダイヤルのスイッチがあって、これでオンにしてダイヤルを回し続けると光が強くなる仕組みになっていました。

AUKEY LED リングライト ダイヤル

充電

ダイヤルの右下あたりにMicroUSBポートがあってここで充電します。充電中は赤くランプが光る。↓

AUKEY LED リングライト 充電

点灯

LEDライトが8個、円をかくようにして付いているようです。

以下のように6段階で点灯するようです。実際はダイヤル式なので無段階で光の強さを調節できます。

AUKEY LED リングライト 点灯 6段階

自撮り

AUKEY LED リングライト 点灯 自撮り

コレ、装着して自撮りすると瞳に光のリングができて女性はよりキレイに撮影できそうです。自分は始めてですけど、よく自撮りする女性はすでにいくつかのリングライト持っていそうですね。

オッサン顔を写しても気持ち悪いだけなので(汗)自撮り風景↓というより自撮り時はこんな感じで光って眩しいのをガマンしながら撮影します。モデルさんも大変ですね。

AUKEY LED リングライト 点灯 自撮り Mi6

物撮り

はい、物撮り用にも大活躍しそうで、被写体に寄ると撮影するスマホの影が写り込んでしまうことがよくあるので、そういう時に使うとかなり良さそう。

あとは、光量をうまく調節できればプロ並みの画像もとれそうな気がしてきた。光量調節が一番難しそうな感じであまり強すぎるとフラッシュたいたみたいな画像になってしまうので、そのあたりの修行が必要ですね。

AUKEY LED リングライト 物撮り

あと、スマホなどの光沢のあるガラスやディスプレイ面に近づけるとリングライトが写り込んでしまうところもデメリット。↓明るくなるのは良いけどなんとかこういうのが写らなくなる工夫も必要で、まぁプロの道は限りなく遠いということでしょう(汗)

AUKEY LED リングライト 物撮り 反射

AUKEY LED リングライト 使ってみた感想

物撮りなど、被写体に近寄って撮影するときにかなり役に立つライトでした。もっと速く導入しておけば良かった。

ただし、反射するガラスなどの被写体の場合はリングライトが写り込んでしまうので、写らないようにする工夫も必要なのかもしれません。

あと、スマホレンズとの同時使用も難しそうでこれはクリップを違う位置にずらして撮影すれば解決しそうです。

結局カメラレンズがリングライトの中心に来なくても使えそうなので試行錯誤して撮影すれば、よりよい画像が撮れそうなので今後使ってみます。

AUKEY 自撮りリングライト LED USB充電式 夜間写真撮影光補充ライト 緊急照明ライト 6段階の明るさ調節でき 軽量で持ち運び便利 クリップ式 ホワイト LT-PF1

AUKEY 自撮りリングライト LED USB充電式 夜間写真撮影光補充ライト 緊急照明ライト 6段階の明るさ調節でき 軽量で持ち運び便利 クリップ式 ホワイト LT-PF1

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。