【OnePlus5 root化】まさかのSIM挿入でシャッター音鳴るので、音消すまでの道のり

スポンサーリンク

ねぇねぇ聞いてくださいよぉ、ドコモSIMとSo-netSIM刺したらカメラアプリで、まさかのシャッター音が鳴って・・・カシャカシャと鳴り止まないんです(泣)

いやいや、中華スマホでシャッター音出るとか無いと思うから。まさか、シャッター音 オフにしてないとかいうオチじゃないでしょうね?

スポンサーリンク



OnePlus5 まさかの強制シャッター音鳴る

いやいや、いくらドジなオッサンでもそこまでドジではないですヨ(汗)↓ちゃんとシャッター音オフにしてますって。

シャッター音 オフ

というわけで、

まさかの日本のSIM刺したら・・・カメラのシャッター音が出る!(泣)、SIM抜いて再起動してカメラ撮影するとシャッター音がならない。

今まで見てきた中華スマホではSIM入れてもシャッター音出る機種無かったと思ったけど・・・なんでか?分かりませんがOnePlusも日本進出準備かな?困ったゾ。(ちなみにOnePlus3TはドコモSIM+So-netSIM入れてもシャッター音なりませんでした。)

他のカメラアプリ使えば消せるけどOnePlus5のデュアルカメラはほぼ使えなくなりそうで、スマホとして使うのやめて、写真撮る用とDJI Sparkのドローン飛ばす用にしようかと悩んでます。

Xiaomi Mi6にSIM入れて・・・2台持ちかなぁ、いやカンベンしてほしい。

カスタムリカバリ導入してroot取って、シャッター音のファイル消すしかなさそう。面倒ですがやりますヨ。

なんだかデジャヴ的な数年前に味わったことのあるシャッター音問題が今更また復活してきて困ったことになりましたが、root化してシャッター音のファイル名を変更するしかなさそう。

Xiaomi機のBAND問題もまだ解決してません(お待たせしてスンマセン)が、仕方なく先にOnePlus5の改造やりました・・・

シャッター音が鳴らなくなる方法は、最終的にシャッター音のファイル名を変更するだけ!の作業ですが、かなり長い工程の作業になりまして、文鎮化の危険もありますのでもし作業される方は自己責任でお願いしますね。

下準備 USBデバッグ+OEMロック解除

OnePlus5で操作する下準備として、Developerになって、開発者向けオプションでUSBデバッグとOEMロック解除をオンにします。

では操作していきましょう。

Developerになる

設定 > 端末の状態 でビルド番号を連打するとDeveloperになると「開発者向けオプション」が表示されているので入る。

DBデバッグとOEMロック解除をオン

スクリーンショット撮った後にブートローダーアンロックしたら全て消えてしまったので、「OEMロック解除」が薄くしか表示されてませんが、アンロックする前はオンにできるはずです。↓右画像

これができたらパソコンとケーブルで接続します。そうするとOnePlus5で下↓のように「USBデバッグを許可しますか?」と表示されるので、OKを押す。

USBデバッグを許可する

以上でOnePlus5の設定は終わりなので、OnePlus5をFastboot状態にしておきます。

OnePlus5 fastboot起動

fastboot起動

OnePlus5は再起動して、【ボリューム 上】+【電源ボタン】長押しでも起動します。

OnePlus5のFastbootは以下のようになります。↓

Fastboot

デバイスマネージャーを見る(ドライバは別途入れる必要無かった)

ここでOnePlus5のドライバーの状態はどうなっているのか見てみましょう。

Windows10でデバイスマネージャーを起動するには左下にあるWindowsアイコンを右クリックするとメニューが出て来るので「デバイスマネージャー」を選択します。

デバイスマネージャー 起動

OnePlus5のFastbootが正常起動している場合はAndroid Phone > Android Sooner Single ADB Interfaceが認識されているますので、あるか確認しましょう。

デバイスマネージャー Fastboot

上記↑のようになっていればOK、もし下記↓のようになっていたらOnePlus5がAndroid起動している状態ですので、Fastboot起動しましょう。

デバイスマネージャー 通常

アンロック

Android SDKが必要

続いてOnePlus5をアンロックします。こちらはAndroid SDKが必要ですので、まだADBが使える状態でない方は以下のページを参考にインストールしてください。

adbコマンドでAndroidカスタマイズ MIUIを日本語化したりスマホの表示拡大・縮小するのに使う
Xiaomi Mi 5 を日本語化するのにMoreLocale 2を導入しましたがadbコマンドが必要ということでここでadbコマンド導入ま...

fastboot oem unlockする

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Android\android-sdk\platform-tools

デフォルトでAndroid SDKは上記のパスにインストールされます。AppDataはデフォルトではアンビジブル(透明)状態なので、見えないので下の「AppDataが表示されない場合」を参考に見える状態にしましょう。

ここで、何も選択しない状態でフォルダの空白部分を【Shift】キーを押しつつ右クリックで「コマンドウィンドウをここで開く」を選択↓してコマンドプロンプト起動。

Android SDK コマンドウィンドウをここで開く

コマンドプロンプトが開いたら以下を入力してFailedが出なかったらアンロック完了!

fastboot oem unlock

成功例↓

fastboot oem unlock 成功

失敗例↓コレがでたらOnePlus5の設定で「OEMロック解除」されてません。上のほうに戻ってもう一度設定を見直してください。

fastboot oem unlock 失敗

AppDataが表示されない場合

AppDataが表示されない場合は以下↓のようにコントロールパネル > エクスプローラーのオプションの「表示」タブで「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」のチェックをしたらAppDataが表示されるようになります。

AppDataが表示されない場合

OnePlus5でUnlock許可する

fastboot oem unlockするとOnePlus5側で以下のような表示になりますので、ボリュームの上下ボタンで「Yes」部分を青くして電源ボタンを押しましょう。

OnePlus5 Unlock

そうすると、ワイプ(初期化)しちゃう(汗)のでAndroidは初期状態になりますのでご注意ください。バックアップ取っておきましょう。(自分はガジェット撮影した画像を数十枚無くしました。やっぱドジ汗)

WIPEしちゃう

ワイプ終了したら再びFastboot起動しておきましょう。

SuperSUダウンロード

ここでSuperSUをダウンロードして、OnePlus5のトップディレクトリにコピーしておきましょう。

現在7/19の最新版は多分以下のSuperSUだと思います。

SuperSU-v2.82-201705271822.zip

ドコからDLでも良いのですが、Xiaomi.euのサイトからダウンロードしたのが特に問題なさそうだったのでおなじみの以下のページからダウンロードしたZipファイルを使いました。

Status: RELEASED MI3WMI4W, MiNote 7.6.14 RELEASED DOWNLOAD WEEKLY DOWNLOAD STABLES...

Mi Pad 3 SuperSU

ダウンロードしたらOnePlus5の内部共有ストレージにZipファイルをコピーします。↓

OnePlus5にコピー

これであとはTWRPをインストール・起動してSuperSUをインストールします。

TWRP インストール・起動

ここまでうまくいったら、次にTWRPをインストールします。

OnePlus5用のTWRP ダウンロード

OnePlus5のTWRPは以下URLにあるようでした。

真ん中あたりの↓ここにリンクがあるので「Download latest working image here」をダウンロードしましょう。

Download latest working image here

以下のファイル名のTWRPをダウンロードしました。↓

twrp-3.1.1-cheeseburger-73-20170716-125431-CEST.img

TWRP書き込んで起動

またまたコマンドプロンプトを起動します。

以下のファイル名のTWRPをダウンロードしました。↓

twrp-3.1.1-cheeseburger-73-20170716-125431-CEST.imgと同じフォルダ内で、何も選択しない状態でフォルダの空白部分を【Shift】キーを押しつつ右クリックで「コマンドウィンドウをここで開く」を選択↓

TWRP起動

これを以下のように、書き込んで(fastboot flash recovery)、起動(fastboot boot)します。

fastboot flash recovery twrp-3.1.1-cheeseburger-73-20170716-125431-CEST.img
fastboot boot twrp-3.1.1-cheeseburger-73-20170716-125431-CEST.img

ファイル名が長いのでTwrp.imgなどに名前を変えたほうが良いかもしれません。

以下のようになります。↓

TWRP書き込んで起動

TWRP起動

fastboot bootやってうまくいくと、TWRPが起動します。

Bootloader Unlockしちゃったので以下のような表示が再起動のたびにでてきます。この後しばらくしてTWRPが起動します。

fastboot Unlock

TWRPでSuperSUインストール

TWRP 日本語表示

日本語表示のほうが分かりやすいので以下のようにまずは、日本語表示にしちゃいましょう。

TWRP 編集

右スワイプしてメニューが表示されたら、「インストール」を選びます。

SuperSUインストール

先ほどOnePlus5にコピーしておいたSuperSUを選んでインストールしましょう。

しばらくゴニョゴニョしますので待ちます。

無事SuperSUのインストール完了したら再起動。

SuperSUを有効にしてシャッター音のファイル名変更

OnePlus5起動後SuperSU確認

SuperSUがちゃんとインストールされているか確認しましょう。右画像のようにデフォルト設定で「スーパーユーザーを有効化」がオンになっていますが念のため確認。

シャッター音のファイル名変更

フゥ~、やっとここまで来ました。シャッター音でなくなるようにするためにここまで面倒だとやる気なくなります・・・(汗)

さて、もうひと踏ん張り。

コマンドプロンプトで以下のようにしますが、【su】入力してリターンキーを押すと下画像のようにOnePlus5側で表示されますので、「許可」を押します。

adb shell
su

OnePlus5を見ると以下のように表示されますので許可します。↓

はい、rootになったら以下のようにcdで音のディレクトリまで移動して、シャッター音の「camera_click.ogg」を削除するかファイル名を変更します。mvかrmどちらかやればOK。

cd /system/media/audio/ui
mv camera_click.ogg camera_click.back.ogg ←ファイル名変更
rm camera_click.ogg ←ファイル削除

以上でシャッター音が鳴らなくなりました♪

OnePlus5 シャッター音

なんだかんだ言ってOnePlus5かなり気に入りました♪

さらにroot取って改造もしたので愛着も湧いてきてしばらくメインで使ってみます。

OnePlus 5 Snapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コア

OnePlus 5

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。