SIMフリー中華スマホ Huawei P10 Plus グリーナリー レビュー 他ハイスペックスマホと外観比較

Huawei P10 LiteにつづいてHuawei P10 Plusもしばらくの間、ウチに滞在しているのでレビューしてみます。お色は今年のトレンドと言われている「グリーナリー」で新しい枝豆?といった色で女性に受けそう。

Huawei P10 PlusはGearBestやBanggoodなどの中華系海外通販でも販売されていますが、日本でもSIMフリーで販売されています。

メモリが違うようで日本は4GB、中国のは6GBバージョンのようです。Amazon.co.jp↓にもありました。

Huawei P10 Plus スペック

画像Huawei P10 Plus Kirin 960 2.4GHz 8コアスキ嬉しHuawei P10 Lite Kirin 658 2.36Hz 8コアスネ嬉し
機種名Huawei P10 PlusHuawei P10 Lite
メーカーHuawei636Huawei710
キャリアSIMフリー
SIMフリー
価格表示
最安値▶

GearBest

6GB/64GB$509.99
Feel 表示
口コミ

★評価

★評価

評価

評価4.4:2人

Wish
20
26
10
3
5
5
OSAndroid 6,EMUIAndroid 7,EMUI
SocブランドHisiliconHisilicon
SocKirin 960 2.4GHz 8コアKirin 658 2.36Hz 8コア
メモリ4/6GB4GB
ストレージ64GB32/64GB
ディスプレイ5.5インチ5.2インチ
解像度WQHD(2560x1440)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D
パネルTFTTFT
画素密度432ppi424ppi
バッテリー3750mAh3000mAh
フロント カメラ800万画素800万画素
リア カメラデュアルカメラ
2000+1200万画素
1200万画素
重量165g143g
サイズ 縦x横x奥行153.5x74.2x6.98mm146.8x72.6x7.5mm
SDMicroSD(最大256GB)MicroSD(最大128GB)
BluetoothV4.2V4.0
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
充電USB Type-CMicroUSB
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)850(5-26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
2100(1),1900(2),1800(3),900(8),1900+(39),2000(34)2100(1),900(8),1900(2-39)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
2100(1),1800+(3),2600(7),TD2600(38),TD1900+(39),TD2300(40),TD2500(41)2100(1),2600(7),900(8),800(19-20),1800(3)
実測値Antutu:121025
Geekbench:Single 1855 / Multi 5577
RAM:7806.83
Memory:Read 625.15/Write 163.97
SD:Read 637.41 / Write 163.26
Antutu:60155
Geekbench:Single 901 / Multi 3306
RAM:6278.52
Memory:Read 226.53/Write 157.00
レビュー

その他のHuawei機はこちら「中華スマホHuawei機種 スペック一覧」をご覧ください。

Huawei P10 Plus カラー

こちらBanggoodのカラーですがけっこうな色展開です。

GearBest

6GB/64GB
GOLDEN(ゴールデン)  GOLDEN(ゴールデン)
BLACK(ブラック)  BLACK(ブラック)
BLUE(ブルー)  BLUE(ブルー)
ROSE GOLD(ローズゴールド)  ROSE GOLD(ローズゴールド)
WHITE(ホワイト)  WHITE(ホワイト)

Huawei P10 Plus 開封の儀

化粧箱

この箱がまた工夫されていて、観音開き!

開封

パカっと!開封体験すごいヨ!このくらい工夫しないとスマホは売れるようになりませんよねぇ、

Huawei P10 Plus 化粧箱 開封 観音開き Huawei P10 Plus 化粧箱 開封

そして、2017年の色であるグリーナリーを採用するあたりも気が利いていてHuaweiが売れるのが「色」だけでも分かる気がする。

Huawei P10 Plus 化粧箱 開封 裏 Huawei P10 Plus 化粧箱 開封 表

付属品

イヤホン・USBアダプタ・ケーブル・ハード保護ケース付き、

Huawei P10 Plus 化粧箱 付属品 セット

裏面上のほうのパネルのデュアルカメラ周りの部分は保護されずにくり抜かれています。

5V2AのUSBバッテリー

Huawei P10 Plus 化粧箱 付属品 USBアダプタ

Huawei P10 Plus 化粧箱 付属品 セット2

保護ケース装着

最初にケースを装着してみました。

Huawei P10 Plus 保護ケース装着 斜め上

ケースは左右もカバーされていてボタン部分のみ切り欠きがあって下はイヤホン・USB-C・スピーカーがあるので切り欠き多い。

あとはリアカメラの上部分の濃い緑のパネル全体が切り欠きがあって保護されてない。

Huawei P10 Plus 保護ケース装着 斜め

ちなみにディスプレイ面も保護シートが最初から装着されている。最近の保護シートはディスプレイにべっとりくっついていてテープだけでは剥がれず、ツメ立てて剥がさないと無理になってきた。それだけ精密にくっついていてスマホいじるときも保護シート無い状態と同じように使えるようになってきたようですけど、やはり剥がしたい(汗)

で、無理やり剥がした保護シートは丸まってしまって、サイド貼ることは困難になってしまったので捨てた。

Huawei P10 Plus 保護シート付き

Huawei P10 Plus 外観チェック

起動

ああっ!これメトロイドがデフォルトの起動画面になったみたい、P10 Liteも同じ起動画面だった。ちょっと気持ち悪いんですよねぇ、

表面

Huawei P10 Plus 表 斜め

最近のハイスペックなHuawei機は電源ボタンの側面が赤い。

Huawei P10 Plus 表 横

標準的な中華スマホのディスプレイ面、ディスプレイ下にはタッチ式の細長いホームボタン。

Huawei P10 Plus 表 斜め下

ベゼル幅

  • 上:側面+プラパッキン約1mm+白ベゼル部分約14mm+表示されない部分約1.5mm=約16.5mm
  • 左右:側面+プラパッキン約1mm+白ベゼル部分約1mm+表示されない部分約1.5mm=約2.5mm
  • 下:側面+プラパッキン約1mm+白ベゼル部分約13.5mm+表示されない部分約1.5mm=約16mm

裏面

側面・裏面一体型のメタルで上と下がアンテナラインで別れているよくある構造。

Huawei P10 Plus 裏 横

Huaweiの特徴としては上下のパーツがアンテナラインで別れていて、上のほうがツヤがあるパネルになっていてHuawei P8あたりからハイスペックモデルに多い特徴、ミッドレンジモデルのHuawei Honor note 8も上側のパーツがツヤありになってます。

Huawei P10 Plus 裏 斜め上

真ん中の部分はメタリック塗装で半光沢のような反射でグリーナリーの色がステキに輝いています。

Huawei P10 Plus 裏 斜め下

Huawei P10 Plus 裏 斜め

ズーム

Huawei P10 Plus ズーム 右角 Huawei P10 Plus ズーム 上角

Huawei機の数機種は電源ボタンの面取り部分が赤くなっている機種もあって、P10 Plusもその一つ。

Huawei P10 Plus ズーム ボタン

裏面上部分のつやありパネル↓が見た目が良いので高級感アップ。

Huawei P10 Plus ズーム デュアルレンズ

裏面下のUSB-Cポート・イヤホンジャックなど、アンテナラインのゴムっぽい部分はツヤがなく少し薄いような色になっていて、これがまた微妙な色で女性っぽい色。

Huawei P10 Plus ズーム 下

このあたりの仕上がりも完璧すぎ↓だけどゴミ箱アイコンやゴチャゴチャ書いてあるのでマイナスポイント。

Huawei P10 Plus ズーム アンテナライン

Huawei P10 Plusでカメラ撮影

スマホを何枚か撮影してみました。カメラ性能も上々のようですヨ。

以下3枚の画像は、無加工・大きな画像なのでデータ通信の場合はタップしないほうが良いでしょう。

Huawei P10 Plus カメラ撮影

メタルなスマホはは撮りづらいのですが、適当に撮ってもちゃんと撮れる。OnePlus・Xperia・Galaxy・Huawei・iPhoneのハイスペックスマホのカメラが今のところ適当に撮影してもちゃんと撮れるのでカメラを重要視する方はこのあたりを買ったほうが良さそう。

Xiaomiもなかなか良い画像が撮れるのですが、黄色っぽい画像になるので自分としてはあまり好みではないかなぁ、

Huawei P10 Plus カメラ撮影2

ワイドアパーチャでレベル調整、Huawei機はブツ撮りではあまりボケは出ない。人物など2M以上離れた被写体を撮るようですね。

スマホを立てて撮ればもう少し良い画像が撮れるのですが・・・面倒だったので(汗)寝かせるとやはりあまりキレイにスマホが撮れませんでした。

Huawei P10 Plus カメラ撮影4

Huawei P10 Plus 使ってみた感想・まとめ

ハイスペック中華スマホで、日本で買えば全く問題なく技適・Bandの心配もする必要もなく使えて、筐体の完成度・EMUI(AndroidベースのHuweiのOS)も完璧で完全にストレスフリーで使えそう。

ただし、Huawei機はブランド化しているので日本のスマホくらいに他の中華スマホと比べると少し割高感がありますねぇ、

このP10 Plusも少し割高、でもスマホにあまり詳しくない方は安心感を買う意味でも少し割高でも日本でHuawei P10 Plusを買ったほうが全くストレスにならずに2年くらい使えるのではないでしょうか。

ガジェオタな方は、Huaweiから三方狭小ベゼルが出たりGalaxy S8クローンのようなハイスペックモデルが出るまで待ったほうが良さそうです。

コメントを残す