Huawei Honor 9 中国版 ベンチマーク レビュー Playストア入ったヨ

Playストアが無いところがデメリットな特徴の中国版Huawei Honor 9のベンチマークとPlayストア導入方法をみていきましょう。

結果としてPlayストアは無事使えるようになりましたのでHuawei機をお使いでPlayストア無い機種お持ちでしたら参考にしてくださると嬉しいです。

banggood HUAWEI Honor 9 Kirin 960 2.4GHz 8コア GRAY(グレイ)

Huawei Honor 9

Huawei Honor 9 スペック

スペックは競合他社のXiaomi Mi6を並べて比べてみましょう。スペックも見た目もほぼ一緒、ちがうのはAndroidの使い勝手であるOS(Androidをベースに各社独自にカスタマイズされたOS)のEMUIとMIUIがちがって、どっちもクセがあってAndroidに詳しくない方は両方ともに手を出さないほうが無難です。

ただ、HuaweiのEMUIは日本で発売されているHuawei機は日本語に最適化されているのでスマホに詳しくない方でも全く問題はないと思います。今回レビューしているHonor9は中国版なので日本のEMUIとは仕様・内容が変わっていますので注意が必要です。

画像HUAWEI Honor 9 Kirin 960 2.4GHz 8コアイイヨシスキXiaomi Mi6 Snapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コアスキスキスキ
機種名HUAWEI Honor 9Xiaomi Mi6
メーカーHuawei696Xiaomi619
キャリアSIMフリー
SIMフリー
Banggoodクーポン

クーポンコード:赤枠タップでクーポン文字が全選択されますのでコピーしてください。

Feel 表示
口コミ

★評価 & 口コミ

★評価 & 口コミ

評価

低信頼 評価4.1:2人

低信頼 評価4.4:2人

Wish
9
22
6
26
171
20
OSAndroid 7,EMUIAndroid 7,MIUI8
SocブランドHisiliconQualcomm
SocKirin 960 2.4GHz 8コアSnapdragon 835 MSM8998 2.35GHz 8コア
メモリ4/6GB4/6GB
ストレージ64/128GB64/128GB
ディスプレイ5.15インチ5.15インチ
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
スクリーン2.5D2.5D
パネルTFTTFT
画素密度428ppi428ppi
バッテリー3200mAh3350mAh
フロント カメラ800万画素800万画素
リア カメラデュアルカメラ
2000+1200万画素
デュアルカメラ
1200+1200万画素
重量155g168g
サイズ 縦x横x奥行147.3x70.9x7.45mm145.17x70.497x7.45mm
SDMicroSD(最大256GB)-
BluetoothV4.2V5
NFC
GPS
WiFia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
生体認証指紋指紋
充電USB Type-CUSB Type-C
SIMDual(NanoSIM2枚)Dual(NanoSIM2枚)
DSDS(3G+4G同時待受)
2G(GSM)
MHz(BAND)
850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)850(5,26),900(8),1800(3),1900(2)
3G(W-CDMA)MHz(BAND)
Docomo(1,6,19),au(1,18)
Softbank,Y!mobile(1,8,11)
850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1),1700(4,9)850(5,26),900(8),1900(2,39),2100(1)
4G(LTE)MHz(BAND)
Docomo(1,3,19,21,28,TD42)
au(1,11,18,26,28,Wimax41)
Softbank,Y!mobile(1,3,8,XGP41)
850(5,26),900(8),1800(3),2100(1)850(5,26),900(8),1800(3),2100(1),2600(7),1700(3)
実測値Antutu:130991
Geekbench:Single 1855 / Multi 5965
RAM:7374.21
Memory:Read 186.70/Write 219.76
Antutu:176113
Geekbench:Single 1928 / Multi 6359
RAM:7023.93
Memory:Read 466.76/Write 221.47
備考・特徴TD-SCDMA B34/39
TD-LTE B38/39/40/41
TD-SCDMA: B34/39
TD-LTE: B38/B39/B40/B41

Huawei Honor 9 アプリ・機能

ホーム画面

HiBoard

ホーム画面の左画面はHiBoardになっていて、これはニュースや天気を表示するHuawei製のアプリですね。

ニュースやライフスタイルは・・・やはり中華向けの記事で日本人には使えそうになかった(汗)

HiBoard要らないので動作しないようにしました。↓

ホーム画面でなにもない部分を長押しで、右下の設定 > HiBoardをオフにして「受信しない」を押すとホーム画面の左のHiBoardは表示されなくなりました。

設定

端末情報

認証マークはアレ、中国の認証しか無いですね。

HiAppからPlayストアを入れる作戦

HuaweiのストアアプリHiApp、最初は中国語の表示だけど途中から日本語表示になる。ただし、アプリは中国語アプリが多く、日本のPlayストアにあるアプリも無いときもかなりあって日本人は使い勝手は悪い。中国語分かる方ならば問題なさそうで、そのあたりはかなり羨ましい。

中国版のHuawei Honor 9なのでPlayストアが無い!ということでHiAppから谷歌安装器を入れてPlayストア動かす。まずは色々とGoogleアプリを入れてみて試してみます。

HiAppにPlayストアあったので入れてみるが・・・

HiAppにPlayストアがあったので入れてみましたが・・・起動するとコアGMSパッケージが無いヨ、と言われて起動せず。

やはりこれだけで動かそうとするのは甘すぎですな・・・

谷歌服务框架安装器

なんて読むのか分かりませんが(汗)こんなアプリがあったので人柱インストールしてみます。

結果ぜんぜんインストールもできずナニコレ?Root必要みたいですね・・・

HiAppでAntutuとCPU-Zあったので測定

HiApp内にあったAntutuとCPU-Zの2つのアプリをみていきましょう。

HiApp Antutu

Antutu12万後半、同じSocのKirin 960を搭載しているHuawei P10 Plusが12万台前半だったのでなかなか良いスコア。

HiApp CPU-Z

他のいつも使っているアプリでGeekBenchはバージョン3のみでA1 SD Benchは無かった。

GO谷歌安装器でPlayストア動いた

Playストア動かないなぁ、と思っていてHiAppで「Google」とか「谷歌」で検索すると、GO谷歌安装器があったのでインストールしてみる。

GO谷歌安装器を起動すると、最初に4秒広告が表示されるので待つ。↑右画像

早速 GO谷歌安装器をインストールしてみます。

GMSInstallerインストール失敗

途中で、「提供不明のアプリをインストール」を許可しないといけないのでストップして、もう一度再開しようとしたら「点缶安装」→「もうインストールしてる?」みたいな表示になってタップしても先に進まなくなった(汗)

GoogleInstallerを削除して再度インストール

Huaweiのファイルアプリで調べたら GoogleInstaller > download のなかにHuwawei用GMS安装器.apk↓があったのでGoogleInstallerフォルダごと削除して最初からやりなおし。

再度GMSInstallerインストール

今度はちゃんと「提供不明のアプリをインストール」をオンにしてGMSInstallerをインストール完了。

GMSCoreインストール

次にGMSInstallerを起動するとPlayストア関連のツールをインストールして再起動するので今度は途中で辞めずに言われた通りにやります。

自動的に再起動します。

Playストア起動♪

再起動後にGO谷歌安装器を起動するとPlayストア関連ツールが全部入っている。

試しにPlayストアを起動すると♪起動しました!!

ただし、こちらのPlayストアはちょっとクセがあって、ログインやアカウントを作成する時に文字を変換時(薄青い背景の時↑右画像)に「次へ」をタップするとフリーズ!します。

変換完了してから「次へ」を押すと正常に次にすすみます。これだけ注意が必要。

最初に何故かWLAN(Wifi)が使えないようなことを言ってくるけど、「解除」を押せば正常にPlayストア使えるようになりました。↑

Huawei Honor 9 ベンチマークテスト

Playストアが使えるようになったのでPlayストアからベンチマークアプリをインストールしました。その結果は以下。

AnTuTu

ちょっとAntutuのスコアに開きがあって1万も違う。どっちが本当だろうか?

Geekbench

こちらもシングルコアはほぼ同じだけど、マルチコアの場合は1000くらいの差がある。

RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench

ハイスペックモデルにしてはメモリのスピード遅いなぁ、と思ってもう一度計測したら正常値になった。やっぱり2回くらい計測しないとダメかなぁ、

他のスマホとのベンチマーク比較

AnTutuとGeekbench3のベンチマークテスト結果 古いベンチマーク表↓、上とほぼ同じですが今後は上のベン...
RAM・ストレージスピードテスト A1 SD Bench Storage RAM Internal memory ...

こちらで比較しています。

CPU-Zのスペック詳細

Huawei Honor 9 使ってみた感想・まとめ

中国版なので多少のクセがあって、一部アプリは中国語しか表示できないのでガジェオタ・玄人の方以外は向いてない機種です。

もしかしたらインターナショナルバージョンがあるのかもしれませんが、今のところがBanggoodでは無さそうです。

GO谷歌安装器をインストールしたらPlayストアは使えるようになりましたので変わったAndroidが好きな変態さん(汗)は満足できる機種かもしれません。

サイズはXiaomi Mi6と同じ5.15インチで小さめなスマホでハイスペックモデルが必要な方の候補になりそう。両方ともOSにクセがあるのでやはり両方ともちょっとはAndroidを使いこなせるようになってないと苦労しそう。中国版のEMUIも多機能でいろんなアプリがあっていじくるとなかなか面白いですヨ。

見た目は両方ともほぼ同じなところが困るんです。↓

BanggoodからHuawei Honor 9がやってきたのでレビューします。 こちら中国版でPlayストアが入ってないバージョンでした...

なので、あとはXiaomiのOS MIUIが良いか、HuaweiのOS EMUIが好みかでどちらかを選べばよさそう。

見た目完成度はHuawei機なので完璧でハード保護ケース付き、リアカメラはライカ製では無いもののデュアルカメラでボカしのワイドアパーチャ機能があって近距離のブツ撮りでもボケが効きました。アレ?たしかHuawei P9あたりは物撮りでボケ効かなかった気がするのでカメラ性能もアップデートされたかも。

Xiaomi系のデュアルカメラはMi6(この先は不明)までは近距離のボケは効かず、1.8M以上離れた被写体の周りのボケのみ効くので、物撮りでボケ使いたい場合はHuawei機のほうが良さそう。

素人で撮影下手ですが・・・ボケあり物撮り比較でも検証してみようかしら。

Huawei Honor 9 カラー

4GB/64GB
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)
GOLD(ゴールド)  GOLD(ゴールド)
BLUE(ブルー)  BLUE(ブルー)
6GB/128GB
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)
GOLD(ゴールド)  GOLD(ゴールド)
BLUE(ブルー)  BLUE(ブルー)
6GB/64GB
GRAY(グレイ)  GRAY(グレイ)
BLUE(ブルー)  BLUE(ブルー)

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。