Capture POV 開封の儀 レビュー ジンバルFeiyuTech WG2をリュックベルトにマウント

アクションカメラを装着するジンバルFeiyuTech WG2をリュック ベルトの胸あたりに装着したいのでベルトマウントCapture POVを導入レビューします。

こいつ↓を旅行用リュックにマウントして移動中はFeiyuTech WG2+アクションカメラで自動で撮影してみる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ドリキンさんに感化されてCapture POV 導入

最近は「ドリキン」さんという自分と同じくらいの年齢のサンフランシスコ在住のオッサン ユーチューバーにハマってます♪↓

この方の年齢とか身長183cmの中肉高背というのは自分(身長181cm)とそっくりなのですが、非常に優秀なエンジニアというところが正反対で、雲の上の方といった印象。あと、おしゃべり好きというのが正反対で、自分は聞く専門の人間なのでユーチューバーには絶対なれない(話しっぱなしはストレスたまるので話以外の映像のみならOK)もしお友達になったらドリキンさんにずっと話してもらって、聞くのみで楽しそうで自分よりも専門的なガジェオタ話が聞けそう♪

で、このビデオを見てドリキンさんに感化されてCapture POVを導入しました。

あと、ガジェット系のレビューなどで世界的に有名なCaseyさんも非常に面白いです。↓それにしてもBoosted Board乗りたい(泣)日本ではLOADED(ローデッド) BHANGRAのみでガマンします(T_T)

中華でもっと安いのがあった(汗)

買った後に見つけたのですが・・・TOMTOPに激安で同じような機能を持ったブツを発見してしまった(汗)一応買う前に海外通販調べたのですが、その時は見つけられず買って届いた後に見つけた。

ちょっとちゃちい感じ↓だけど、15ドル弱で買えるので大分安く買えたけどまぁいいか。

Andoer Metal Quick Release Camera Waist Belt Strap Buckle Button Mount Clip

Capture POV 開封

化粧箱

キャプチャーwithPOV 化粧箱 表

箱はオシャレな感じで扉のようになっていて、買わないでも中が見える。

キャプチャーwithPOV 化粧箱 オープン

キャプチャーwithPOV 化粧箱 オープン2

付属品など

赤い雲台は付属の六角レンチが無いと装着できないタイプなので、この雲台は旅行に持っていけないかなぁ、

キャプチャーwithPOV 付属品

重量

旅行の時やトレッキングなどの時は身軽をモットーとしているので、ガジェットの重量がいつも気になっちゃうんです。一眼レフ+ジンバルとか持っているとものすごい重量でストレス溜まりそうなので、自分は旅行の時もアクションカメラとスマホのカメラのみで運用します。

そもそも一眼レフとかうまく撮れないし、自分には宝の持ち腐れなのでアクションカメラ+スマホカメラで十分。

で、このキャプチャーPOVだけで104g↓あるヨ、ちょっとキツイけど仕方がない。

キャプチャーwithPOV 本体重量

装着方法

以下、上下逆に撮影してしまったのでおかしな画像ですが・・・ご了承くださいませ。

画像追加しました。

キャプチャーwithPOV 開く

正面から見て左側のネジ部分が切り欠き↑してあるので左右の黒いネジはめ込んで、ネジを締めると装着完了。

赤いボタンはマウントを取り外す時に押して外す。右側の黒いネジはマウントがカタカタ言わないように締めることができる。閉めてロックも可能。

キャプチャーwithPOV 装着2

直でアクションカメラ装着するとこんな感じに↓ジンバルつけないとあまり目立たないですね。

ショルダーバッグやリュックのベルトに挟み込んで装着↓

ただ、ショルダーバッグに装着してもジンバルの重みで寝転んじゃうのでショルダーベルト1つでは使えず、こういうトレッキングベルト↓を胸あたりに横に回してCapture POVに挟み込んで装着すれば転ばずに多少は安定するので撮影できる。

キャプチャーwithPOV 装着3

取説

Capture POV+FeiyuTech WG2+アクションカメラ装着

重量

ジンバルもアクションカメラも数年したらコレの10分の1くらいにはなりそうだけど、現在はこの3点セットが軽い方の部類のようで、約500gあった。けっこうな重量で胸あたりにあるので腕が歩行中は腕が当たったりして邪魔。

旅行用カバンに装着

早速FeiyuTech WG2とアクションカメラに装着してみた↓リュックのベルトが硬いタイプだとチェストストラップ無くても安定するけど、ULリュックの柔らかいリュックベルトだとフニャッとなるのでチェストストラップ必須。

Capture POV+FeiyuTech WG2+アクションカメラ装着1

全く問題なく完全放置しておいて歩いて撮影してもブレずに動画が撮れそうで、あまり目立たない。

Capture POV+FeiyuTech WG2+アクションカメラ装着斜め

目立たない、といっても前に大分長くなるのですれ違う人には見られて目立つので嫌がられる場合もありそう。

Capture POV+FeiyuTech WG2+アクションカメラ装着 斜め2

真横からみるとこんなに前に出てるんです。↓まぁ、一眼レフでジンバル持っているよりもぜんぜん目立たないのであとは慣れかな?

Capture POV+FeiyuTech WG2+アクションカメラ装着 横

上の画像は底面の雲台ネジに装着したので前に出過ぎているけど、FeiyuTech WG2のオシリのほうにあるネジに装着すればもう少し引っ込んで目立たず存在感が薄れるかな?↓

今回の旅行 大阪・グアムはキャリーバッグは持っていかず、Arc’Teryx Covert ICO 50L↓のみで7日間の旅行に行ってきます。

緊急的に千葉の実家へ行くことになったのでLCCのピーチ航空の安いチケットを取って明日行ってきます。 ちょっとし…

あとは撮影後の編集をいかにうまく仕上げるかが問題で、ビデオ編集は面倒だなぁ。現在はCorel VideoStudio X10を試用中で買おうかどうか迷っているところ。

ホント、ビデオ編集ってWebサイトやブログと違って面倒ですね(汗)自分には多分向いてない。

【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン キャプチャーwithPOVキット CPOV-1

【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン キャプチャーwithPOVキット CPOV-1

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。