ジンバル FeiyuTech WG2 + Capture POV レビュー グアム・香港旅行で使ってみる

香港は日本の家電製品や日本車が多く、中国の珍しい家電やクルマなどはあまり目にしませんでした。

本当のところはどうか分かりませんが、旅行者から見ると現在爆進している中国よりも香港は日本と同様にちょっと衰退して遅れてきているかなぁ、といった印象を受けます。

この記事は複数のページに別れています

中国と違うところは様々な人種がいて国際的なところと、人によって違いますが香港人は中国人よりも少しだけマナーがあるかな、と思いました。あと、英語が通じるのでほとんどGoogle通訳に頼らずに過ごせたところがスゴイと感じた。自分は英語もほぼできませんが簡単なスペルを言うだけで話が通じる。

持っていった撮影ガジェット スマホブラケット導入

撮影用に持っていったガジェットはXiaomi Mijia Miniアクションカメラとアクションカメラ用ジンバルFeiyuTech WG2、

それと首からかけるタイプの首輪のようなスマホブラケットにジンバルとアクションカメラを装着してみました。少々重量オーバーで下手すると落下の危険性もありましたが、今回の旅では2・3回使ってみましたが落下せず。ただ、首うしろの引っ掛け部分が歩く度に重みでだんだん開いてくるので気をつける必要あり。

スマホブラケット 装着

これ、あまり目立たないだとうと思ったらけっこう目立つみたいでちょい恥ずかしいけど、オッサンなのでがまん。すれ違う方のみ気が付きますが、後ろから見たらまったく気づかれません。

こんなふうにして歩いてみました。↓

スマホブラケット  吊るす

九龍公園の様子

自分は子供のころ今のソウルや香港のように、キタナイゴミゴミしたところで育ったのでその反発からかオッサンになった今は空気の良い森・自然や静かな田舎が大好きなんです。

九龍島も30~40年前くらい前の東京の下町のようなゴミゴミした雰囲気ですが、九龍島にも都会のオアシスと言える九龍公園があったので朝早起きして散歩がてら中の様子をアクションカメラで撮影してみました。

九龍公園に行ってみる まずは画像

重慶大廈から朝早く一人で少し北の九龍公園に行ってみる。

尖沙咀 (チムサーチョイ)のネイサンロード周辺にはインド人やイスラム系の人種が多いのか九龍公園の南東角にはモスクがある。↓

九龍モスク

朝方モスク脇の公園の門が開く↓

香港は台湾より南に位置した場所で南国なので暑くジャングルのような公園。

都会の真ん中にフラミンゴがいる。↓

九龍公園の夜明け!↓

別の入り口は子供が来るようにフィギュアがたくさん並べてありました。

中国人はほんとうに早朝や夜の運動が好きで太極拳のチームやランニング・ストレッチなど団体でやっている方が多い。↓ 発展しても素朴で運動好きな方が多いようです。

九龍公園 動画

動画はビーサン(スニーカーで行けばよかった)で散歩しましたのでパタパタ歩く音も収録されていますのであしからずご了承ください。

あまり意味の無い長い動画ですが(汗)九龍公園に興味ある方はその雰囲気を参考に、それと自分の思い出としてとっておきます。ビデオは明るく広角レンズの丸まった映像を少し伸ばしてあります。

九龍公園

首からかけてカメラ撮影すると、スマホをいじったりスマホカメラ撮影するときに上げ下げするのが全部写ってしまってちょっと不便な気がした。今度は自分の腕がなるべく写らないように工夫してみます。

それにしてもビデオ編集は慣れないと時間かかってしょうがない・・・Youtuberの方々が神に見えてきた。

RAZERストア行ってみた

香港島 夜の散歩

香港名物な辣蟹(ミディアムな辛さにしたけど激辛だった)を食べて夜の香港島をブラブラと散歩しているとRAZERストアがあったのでのぞいてみました。

RAZERショップ外観↓

RAZERショップ

中に入ると真っ黒でMatrixカラーな蛍光緑の照明がカッコいい。

RAZERショップ 中

少年たちはリアルなスト2のようなゲームに夢中!

RAZERショップ 中 ゲーム

RAZERの近くにあった電気屋のショーウィンドウ↓

携帯電話など売ってる中古屋?

携帯電話など売ってる中古屋?

あんまりスマホは売ってない気がしました。

香港旅行の映像

今回は、香港に行った時のタイムラプス映像やアクションカメラにジンバルつけてトラムの2階で撮影した映像をアップしたので紹介します。

使用したガジェットは前回と同じくXiaomi Mijia Miniアクションカメラとアクションカメラ用ジンバルFeiyuTech WG2です。Xiaomi Mijia Camera Mini はなかなか使えるアクションカメラです。

ジンバルとアクションカメラがあれば手ブレすることもなく、それなりの映像が編集せずにできるのが素人にはたすかるところ。

Beヨンドとはほぼ関係なく、香港旅行の思い出ビデオになってしまいました・・・香港に興味ある方のみご覧ください。

香港島 トラム 2階前から撮影

香港島名物のトラム(2階建て路面電車)の2階に上がって一番まえからしばらく撮影してみました。子供の話し声が混じってしまいました。

香港 トラム 2階からジンバル+アクションカメラ撮影

トラム以外に山の斜面を登って太平山の山頂にいけるピークトラムもありましたが行列していて待ち時間1時間くらいだったので諦めた。

香港華美粤海酒店からパーティーピーポー タイムラプス

どうやら香港華美粤海酒店は多くの西洋人系パーティーピーポーが泊まるホテルのようで、同じ階に宿泊した自分たち以外のお客全員がパーティーピーポーで、午前4時きっかりから続々と部屋に入っていくのでバタバタとうるさくて目が覚めてしまった。

自分もパーティーピーポーだった昔の六本木・福生などの朝帰りを思いだします・・・どうやら世界中どこでもパーティーピーポーは同じような生態系の人種のようです。

香港華美粤海酒店の場所

香港島の繁華街ど真ん中で、前の道路にトラムも走っていてプールもあるホテル。西洋人がたくさん泊まってました。

ホテルの部屋から道路をタイムラプス撮影

ホテルの部屋の窓にアクションカメラを置いて夜の様子をタイムラプス撮影してみました。

この通りにたくさんのBarやクラブのようなところがあって夜遊びにはもってこいなところでした。

動画の真ん中あたりに人がたむろしてるのはセブンイレブンに来た人々。動画編集下手すぎてあまりおもしろくはない動画ですが・・・香港行く人は参考までによかったら見てってください。

香港島 パーティーピーポー タイムラプス

パーティーが終わった朝、朝食を食べに外に出たらまだパーティーピーポーがたくさんBarの前でたむろしてた。

こちら↓は香港の別のホテルでのタイムラプス、香港島は土地がないので道路を挟んで細長いビルが土地いっぱいに立っていて向かいの部屋が全部見えちゃう。

香港ホテル タイムラスプス

飛行機内タイムラプス

最後に香港から福岡への帰国の飛行機内タイムラプスもお届けします。

最近はいつも飛行機の窓に吸盤でアクションカメラを貼り付けて撮影しています。いつもは何も言われませんが今回はじめてHKexpressのCAさんに『外してください』と言われた。

HKexpress 香港から福岡へ

完全に思い出メモになってしまいまして・・・スンマセン。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。