アクションカメラ用 自撮り棒 レビュー

アクションカメラ用の自撮り棒でオプションパーツがなく、自撮り棒本体のみがやって来たのでレビューします。

もし中華アクションカメラをお持ちの場合は、最初からハウジングやマウントするパーツが豊富に入っていて、雲台もあるのでこの自撮り棒ですぐに使い始められます。

逆にGoProはオプションパーツが入ってないので、別途ハウジングや雲台などを購入しないとこの自撮り棒にはつけられませんのでご注意ください。

【2018年7月 記事を再編集しました。】

Andoer 自撮り棒

Andoer 自撮り棒 最長74cm

シンプルに自撮り棒のみなので、アクションカメラのパーツを豊富に持っていて、自撮り棒本体のみしか必要ない場合はよさそうです。逆にスマホ専用に使いたい場合はスマホホルダーや雲台を追加しないと使えないのでこちらを選ばないほうよいでしょう。

自撮り棒はシュノーケリングで大活躍♪

自分は、グリップのゴムや余計なパーツを取って軽量化して、アクションカメラ+防水ハウジング+自撮り棒でシュノーケリングするときに使いました。

アクションカメラを手に持って撮影しても良いのですが、近くのお魚さんを撮影するときに手を近づけると逃げてしまいますが、自撮り棒にアクションカメラを装着して、そぉっとお魚に近づけるとなかなか逃げず、シュノーケリングで海の中を撮影する時に自撮り棒が大活躍します。

自撮り棒でカメラを近づけてもお魚はあまり逃げない

自撮り棒でカメラを近づけてもお魚はあまり逃げない

このよう↑に、アクションカメラを自撮り棒につけてお魚に近づいてもあまり逃げずに撮影できました。

シュノーケリングの様子が以下を参考にしてください。

全てこの自撮り棒を使ってアクションカメラで撮影しています。

Andoer 自撮り棒 開封

ではAndoer自撮り棒を見ていきましょう。中華系海外通販のTOMTOPからやってきました。TOMTOPという通販会社は規模がかなり大きく、日本のアマゾンでもガジェットが販売されています。プライベートブランドもいくつかありまして、dodocoolやKoogeek・CACAGOOなどはTOMTOPのブランドです。

海外通販も信用できるネットショップがいくつかありますが、TOMTOPもその一つ。

自撮り棒を開けていきましょう。

梱包

最近の発送で送料無料の場合はシノトランス経由でやってくることが多くなりまして、安心です。

Andoer 自撮り棒 梱包

普通の何の変哲もない自撮り棒です。

重量

雲台などのパーツなしで136gはちょっと重いですね。グリップのゴム部分を取ったりして改造・軽量化するしかなさそう。

Andoer 自撮り棒 重量

現在はゴムグリップやカールコードを取り除いて、軽量化したら97gになって軽くなったので旅行で愛用しています。

謎のボタンと内部のカールコード

ふと見ると謎の上下ボタンが付いている↓えっ?Bluetooth接続できるの?と思ってると・・・

Andoer 自撮り棒 ボタン

オシリの部分のフタを取ると黒電話でよく使われていたカールコードのようなケーブルが出てきた↓

Andoer 自撮り棒 裏フタ 取る

ケーブルは上のほうにつながっている。そしてゴムの中にも入っているので、その先はボタンにつながってるみたい。

Andoer 自撮り棒 裏フタ 謎のケーブル Andoer 自撮り棒 謎のケーブル

結局このケーブルは使わないものと判断して引っこ抜いてみた。↓いらなかったようです(汗)

Andoer 自撮り棒 謎のケーブル 抜く

Andoer 自撮り棒 伸ばしてみる

伸ばすのは少し右にひねって伸ばして長さを調整して左にひねるだけ。釣り竿のように伸ばしてひねって固定できて、ワンタッチですごく便利です。

Andoer 自撮り棒 伸ばす

オッサンな自分を自撮りしても意味ないので、子供やシュノーケリングで海の中を撮影するときに使います。

アクションカメラの防水ハウジングは雲台などなしにそのまま装着できます。↑

スマホホルダー+雲台のオプションパーツをつければスマホも装着可能

別売りの雲台を付けるとデジカメや一眼レフなどのカメラを装着可能になります。

スマホホルダー  雲台

雲台にスマホホルダーを付けるとスマホも装着可能に↓

スマホホルダー  雲台

スマホホルダーはたいてい裏と下にねじ切りが付いているので裏にも装着できます。↓

スマホホルダー 裏に装着

スマホを360度回転、上下にも動かすことができる。

スマホホルダー 裏に装着2

スマホを横にも縦にも向けられる↓アクションカメラ用の自撮り棒でもスマホホルダーと雲台があればほとんどのカメラを装着することが可能になってきます。

防水ハウジング

アクションカメラに防水ハウジングが付属されているか、別途購入した場合はすぐに装着することができます。

しかし、タッチパネル式のアクションカメラだと、防水ハウジングを装着すると操作できなくなるのが難点・・・アクションカメラを主に防水ハウジングに入れて使う場合はボタンで操作できるアクションカメラを選ぶとよさそうです。

下の画像はXiaomi Miniアクションカメラで電源オン・オフ+録画・停止以外の操作はタッチパネル式なので、防水ハウジングを装着すると設定は操作できなくなります。ただ必要最低限の録画などの操作ができるので予め設定しておけば問題はありませんが、ちょいと不便。

アクションカメラ用自撮り棒 防水ハウジング横

ちなみに防水ハウジングは使わない時は湿気を取るシリカゲルなどを入れておきましょう。よくお菓子の袋などについているのでそれを利用したり100円ショップにも売ってます。

アクションカメラ単体の場合は雲台が必要

GoProはオプションパーツが別売りになっているので、自撮り棒を使う場合は別途雲台が必要になってきます。

このXiaomi Miniアクションカメラも本体のみでオプションパーツが無いので、別途雲台を用意しないと自撮り棒に取り付けられないので雲台を別途買う必要がありました。

Xiaomiの新しいアクションカメラがGearBestからやってきたのでレビューします。こちらはグアム旅行には間に合わなくて持っていけませんでしたが、質感・安さ・簡単な操作性で他の中華アクションカメラよりは上を行っています。 ただ、防水ハウジングやオプションパーツが一切入っていないので別途導入する必要があり、そのあたりは注意が必要。それと操作パネルは中国語のみの表示になっているのも残念なところ。
Xiaomi Mini アクションカメラに雲台を付けて自撮り棒に装着

Xiaomi Mini アクションカメラに雲台を付けて自撮り棒に装着

Andoer 自撮り棒をジンバルFeiyuTech WG2で使う

ジンバルのFeiyuTech WG2+アクションカメラAndoer AN7000を装着してみました。あと、ミニ三脚はFeiyuTech WG2のやつです。

憧れのアクションカメラ用のコンパクトなジンバルFeiyuTech WG2がやって来たのでレビューします。 今度のグアム旅行に持っていってテストしてきます。(グアム旅行ですが釣られて応募しちゃったので、大阪行く費用や変更費用・ホテル等の追加費用がグアムに行く費用よりぜんぜんかかってしまって結局高くついてしまった状態・・・節約家としては失格です(泣)詳細は帰ってきたらご報告します。)
4K/30fpsで撮影できて付属の防水ハウジングを付ければ60Mまで水没可能なAndoer AN7000アクションカメラがTOMTOPからやってきたのでレビューします。

ジンバルを装着しても強度があって安定してます。

防水ハウジングを着けたアクションカメラでも安定している。棒を最大まで伸ばして椅子に座って撮影するのに最適でした。

Andoer 自撮り棒 使ってみた感想

右に回転させて伸ばして左に回転させて固定できて2回動作すれば良いので簡単・便利。

最大約74cmで通常は長さ20cmくらいの自撮り棒。

重さが136gもあるのでこれから余計なグリップのゴムを外したら97gと軽量になったので、軽くてすごく使いやすい自撮り棒に変身した♪

スマホホルダー+雲台装着

スマホホルダー+雲台装着

オプションパーツをつければスマホを装着もできますが、アクションカメラの自撮り棒としては最適です。

Andoer 自撮り棒

Andoer 自撮り棒 最長74cm

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

コメントを残す