【スマホ スタンド】モニタアームにクランプブラケットを使ってスマホ3台空中設置

何台ものスマホをモニタの下に並べておくのがなんとなく邪魔になってきたので、ドローンの送信機にタブレットを装着するクランプブラケットを使ってモニタアームにとりつけてスマホを空中に設置することにした。

DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット

DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット

DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット

これ↑を買ってモニタアームに取り付けてみた。ドローン販売でおなじみの海外通販surehobbyで1個600円程度だった3つ買って送料無料。

買って5日ほどで届いたので早速開けて設置してみます。

開封

最初はパーツごとに分解されているので組み立てる。

DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット

こんな風に組み立てて、↓最後にホルダーを取り付ける。

DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット3

アームの長さも調整できるようになっている。

DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット2

3個中1個不良品

3個買ったうちの1個の角度調整部分が不良品でした・・・

角度調整部分のギア部分の出っ張りがある正常な状態↓

IMG_201DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット 正常

不良品・・・↓ これはヒドい(泣)出っ張りが無いので角度調整しても止まらず動いてしまう。

IMG_201DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット 不良

アームを付ける前の状態↓完全に不良品ですね。これドローンの送信機に取り付けても使えない・・・自分は別の用途なのでなんとか使えました。

IMG_201DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット 不良2

タブレットを取り付け

とりあえずクランプブラケットをモニタアームのバーに結束バンドで取り付けてみた。↓

IMG_201DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット タブレット2

クランプブラケットのアームを一番短くしてもPCモニタから大分前に出てしまう↑のでモニタアームのVESAバーの部分に取り付けるのはダメっぽい。

モニタアームのアーム部分にくくりつけたほうがよさそう。

正面から見るとこんな感じ↓なかなか使えそうだけど実際には随分前に出てて邪魔。

IMG_201DJI Mavic クアッドコプター用 ホルダー クランプブラケット タブレット

スマホ3台装着

マジックバンド結束テープで取り付ける

この前レビューしたマジックバンド結束バンドがかなり使える。

このようにして↓モニタアームのアーム部分にマジックバンド結束テープで固定してみた。

モニタ周り スマホ3台装着3

最終的にこんな感じに↓スマホの箱とかで高さを調整していて上から見るとかなりゴチャゴチャしている。

モニタ周り スマホ3台装着4

正面からみてもいまいちかも

なんだかチグハグでまとまりがない気がする。

モニタ周り スマホ3台装着2

全体的にみてもカッコよくはないですね・・・もう少し考えます。

モニタ周り スマホ3台装着

Spacedeskアプリでマルチモニタ化

モニタの隣にスマホを設置したのでせっかくなのでスマホでマルチモニタ化してみます。

Androidでは↑無料のSpacedeskでマルチモニタにできました。

設定はWindows10右下にある「アクションセンター」を開いてシステム > ディプレイの画面でします↓

スマホを縦表示にしたい場合はスマホの番号(以下の場合は5,3を選ぶ)を選んで「向き」の項目を縦にする。

Spacedesk 設定

スマホ3台追加してみました。

なかなか使えますが、遅延があるのと一定時間経つと落ちるので・・・実用的ではなさそう。SpacedeskはBeta版なのでもう少し経てば改良されて落ちにくくなることを期待します。遅延はどうしようもないと思うので、エクスプローラーを表示させておくなど補助的な役割で使うのがいいと思います。

もうすぐASUS MB16ACがやってくる

スマホをモニタの横に並べてみましたが、今年最後のお買い物でもうすぐASUS MB16ACがやってくるのでさらにモニタ周りが変わりそうです。

こちらをスマホの隣に取り付ける予定↓

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。