Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン マイク付き IPX4防水 開封 レビュー

先日ワイヤード ノイキャンイヤホンをレビューしましたが、今回はワイヤレスでマットな高級感のあるノイズキャンセリングイヤホンをレビューします。

こちらも気軽にノイズキャンセリングを楽しめて普通の耳の方によさそう。なので音にこだわりがあって耳の良い方には物足りないないかもしれませんが、自分が聞いた限りではかなり自然な音が聞けて気に入りました。

前回は有線のノイズキャンセリングイヤホンをレビューしました。こちら↓もいいのですが、やはりワイヤレス派としてはわずらわしいケーブルがないほうが好み。

自分の耳は普通の耳なのでワイヤードのイヤホンでもBluetoothワイヤレスイヤホンの違いは分かるものの、ガッツリではなく適当に音楽を聞くタイプなのであまり参考にならないと思いますが(汗)ノイズキャンセリングのワイヤードイヤホンがやってきたのでレビューします。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホンはネックバンド型のノイズキャンセリングイヤホン。少し高級感もあって、実際に使った感じはノイズキャンセリングがすごく効くように思えた。

ではみていきましょう。

その前に、ランニング用の安いBluetoothイヤホン10選・レビューも書きました。BTイヤホンも検討中の場合は参考にしてくださると喜びます。↓

ランニングやトレーニング時に使う安く音質も良くハードに使える左右のハウジングがワイヤーやチューブでつながっている首掛け式Bluetoothイヤホンで1・2年使って買い換えることを前提にした3000円前後のBluetoothイヤホンを調査してみました。 3000円前後だと中華イヤホンが主流になりますが侮るなかれ、今や日本製よりもかなり質の良い完成度の高い製品が数多くでていて、選び方を間違えなければBluetoothイヤホンも格安で満足のいく製品を買うことができます。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 開封

化粧箱

イヤホンにしてはかなり大きめの化粧箱

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 梱包

Amazon.co.jpのフルフィルメントからやってきたので梱包は完璧。

開封

イヤホン本体の質感は全体的につや消しでマットで高級感あり♪

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 開封

取説・起毛の巾着袋・MicroUSBケーブルとイヤーフック・イヤーピース2種類づつ。1種類は最初からイヤホンに付いているので、大中小と合計3セットずつ同梱されています。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 開封2

取説

仕様

  • ノイズ低減システム:アクティブノイズ消去技術
  • ノイズ消去:最大28dB
  • スピーカー:10mm
  • インピーダンス:32Ω
  • 周波数レスポンス:20-20kHz
  • 充電時間:約2時間
  • 充電コネクタ:Micro USB
  • 連続再生/通話時間:(ANC OFF )13時間/(ANC ON )9時間
  • 待受時間:(ANC OFF )400時間/(ANC ON )25時間
  • ペアリング範囲:10メートル
  • 防水等級:IPX4
  • 重量:36g

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 特徴・機能説明

ネックバンド部分が平べったい太めのチューブになっていて、ネックバンド終わり部分に55mmほどの幅広部分のバッテリー(多分)が入っていて右側にノイズキャンセリングボタンがある。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 全体

電源・ペアリング

ペアリングは他のBluetoothイヤホンと同じように、「ON/OFF」と書いてある電源ボタンを長押ししてペアリングする。ペアリング後は長押しでオンで青LED点灯、また長押しで赤LED点灯でオフになる。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン On/off2

電源ボタンのすぐそばにLEDランプがあるので右手の親指で電源ボタンを押すとLEDランプが指で隠れてしまって認識しずらかった。この点が良くない部分。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン On/off

充電

充電はMicroUSBポートで電源ボタンと同じ右側のネックバンドにある。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン MicroUSB

リモコン

リモコンはネックバンドから少し先の右側ケーブルにある。通常のリモコンと同じ3つのボタン。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン リモコン

真ん中のボタンで音楽再生・停止、電話の受話などの操作可能。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン リモコン2

ノイキャンもリモコンも全て右側のボタンで操作できるようになっていました。

13時間再生

MicroUSBで充電して最大13時間使えるイヤホン。バッテリーはネックバンドの左右のモッコリした部分に入っていると推測。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 商品画像

モニターモード・ノイズキャンセリング

モニターモード(外部の音をひろう)とノイズキャンセリングの切替はネックバンド部分の右側に付いているボタンを押す。

なかなか高級感のあるボタンです。↓

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン ノイズキャンセリング

町中をランニングしたり散歩するときに外の音が聞こえないと危ないのでこれは助かる。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 商品画像2

ノイキャンもかなり効くようで、外の音がまったく聞こえなくなって音楽に集中できます。前回は有線のノイキャンイヤホンをレビューしましたが、こちらのほうがノイズキャンセリングが効いているかな、といった印象でより音に集中できる。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 商品画像4

IPX4防水

IPX4なので防滴仕様なのでちょっとした汗には対応できそうですが、水没だと壊れます。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 商品画像6

使わない時は磁石でまとめる

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン ハウジング

LINNERのアイコン部分が磁石になっている。ハウジング部分もメタルなカッコいい作りになっている。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン ハウジング

使用しない時は首にかけてハウジング部分の裏がひっつくのでネックレスのようにしてぶら下げておける。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 商品画像3

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 使ってみた感想

全体的にマットな質感の高級感があるノイズキャンセリングBluetoothイヤホン、しばらく使ってみましたがノイキャン・モニターモードのメリハリというか区別がしっかりされていて両方とも音は良いと感じました。

ノイズキャンセリング使用のときは音は大きめでしっかり表現して、モニターモードはサウンドは小さめになって外部のマウスクリック音やキーボードカチカチオンが聞こえて、外での散歩に使えそう。

ただ、ネックバンド部分が首下あたりに乗っかってちょい邪魔な気がする。服の上に乗っけるようにすればほぼ気にならないようですが、たまに首に触れるとくすぐったいかもしれません。イヤホンのケーブルが肌に触れるのに神経質なほうの自分があまり気にならないので多くの方は気にならないでしょう。

良い耳の方には向かないと思いますが、気軽に使えて普段使いにかなりよさそうです。

Linner bluetooth イヤホン アクティブ ノイズ キャンセリング イヤホン ワイヤレス ブルートゥースイヤホン 高音質 マイク付き IPX4防水 モニターモード付き カナル型 iPad iPhone Androidなど多機種対応 ブラック

Linner bluetooth イヤホン アクティブ ノイズ キャンセリング イヤホン ワイヤレス ブルートゥースイヤホン 高音質 マイク付き IPX4防水 モニターモード付き カナル型 iPad iPhone Androidなど多機種対応 ブラック

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

Linner bluetoothワイヤレス ノイキャン イヤホン 商品画像5

コメントを残す